裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61328 
刑事21819民事39509
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23238 件中 2/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
本件上告を棄却する。
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
破棄
上告人らのその余の上告を棄却する。
県が求償権の一部を行使しないことは違法な怠る事実に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
却下
平成28年6月23日,上告を棄却し,上告審として受理しない旨の決定をし,同
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(鳥取連続不審死事件)
却下
上告を棄却する理由として,平成21年改正後施行規則のうち,店舗販売
上告を棄却
本件上告を棄却する。
特許権者が、事実審の口頭弁論終結時までに訂正の再抗弁を主張しなかったにもかかわらず、その後に特許法104条の4第3号所定の特許請求の範囲の訂正をすべき旨の審決等が確定したことを理由に事実審の判断を争うことの許否
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意がされていたとしても、当該年俸の支払により時間外労働等に対する割増賃金が支払われたということはできないとされた事例
棄却
上告審は,Aの訴訟承継人の上告を棄却するとともに,上告を受理しない旨
上記上告を棄却するとともに上告審として受理しない旨の決定をした。
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について、鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
A1らの請求に関する部分についてはA1らの附帯上告を棄却し,前件判
上告を棄却
本件上告を棄却する。
侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合における刑法36条の急迫性の判断方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(首都圏連続不審死事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
参考人として警察官に対して犯人との間の口裏合わせに基づいた虚偽の供述をする行為が刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの)103条にいう「隠避させた」に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 出願人が特許出願時に容易に想到することができた他人の製品等に係る構成を特許請求の範囲に記載しなかっただけで、同製品等が特許請求の範囲から意識的に除外されたなどの同製品等と特許請求の範囲に記載の構成とが均等なものといえない特段の事情が存するといえるか 2 出願人が特許出願時に容易に想到することができた他人の製品等に係る構成を特許請求の範囲に記載しなかったときにおける、同製品等が特許請求の範囲から意識的に除外されたなどの同製品等と特許請求の範囲に記載の構成とが均等なものといえない特段の事情が存する場合
上告を棄却
本件上告を棄却する。
地方公務員災害補償法32条1項ただし書及び附則7条の2第2項のうち死亡した職員の夫について一定の年齢に達していることを遺族補償年金の受給の要件としている部分と憲法14条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付けて位置情報を検索し把握する刑事手続上の捜査であるGPS捜査は令状がなければ行うことができない強制の処分か
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
1 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、同号該当による無効理由の存在をもって、同法39条において準用する特許法104条の3第1項の規定に係る抗弁を主張することの許否 2 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、その登録商標が自己の業務に係る商品等を表示するものとして周知である商標との関係で同号に該当することを理由として、権利濫用の抗弁を主張することの許否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
不特定多数の消費者に向けられた事業者等による働きかけと消費者契約法12条1項及び2項にいう「勧誘」
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項1号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 2 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項2号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 3 内閣総理大臣又は各省大臣が地方自治法245条の7第1項の是正の指示をすることができる場合 4 国土交通大臣が県に対し公有水面の埋立ての承認の取消しが違法であるとしてこれを取り消すよう是正の指示をしたにもかかわらず、県知事が当該承認の取消しを取り消さなかったことについて、地方自治法251条の7第1項にいう相当の期間が経過したとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)3条1項、16条1項1号と憲法22条1項 2 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)7条2号と憲法21条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
郵便物の輸出入の簡易手続として税関職員が無令状で行った検査等について、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号によって許容されていると解することが憲法35条の法意に反しないとされた事例
上告を棄却
平成27年(行ヒ)第512号上告人らの上告を棄却す...以上の次第で,第1審原告らの上告を棄却し,第1審被告の上告に基づき,原
1 自衛隊が設置し、海上自衛隊及びアメリカ合衆国海軍が使用する飛行場の周辺住民が、当該飛行場における航空機の運航による騒音被害を理由として自衛隊の使用する航空機の運航の差止めを求める訴えについて、行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められた事例 2 自衛隊が設置し、海上自衛隊及びアメリカ合衆国海軍が使用する飛行場における自衛隊の使用する航空機の運航に係る防衛大臣の権限の行使が、行政事件訴訟法37条の4第5項所定の行政庁がその処分をすることがその裁量権の範囲を超え又はその濫用となると認められるときに当たるとはいえないとされた事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
将来の給付の訴えを提起することのできる請求権としての適格を有しない ものとされた事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
私立大学の教員に係る期間1年の有期労働契約が3年の更新限度期間の満了後に期間の定めのないものとなったとはいえないとされた事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
地上建物に対する仮差押えが本執行に移行して強制競売手続がされた場合において、土地及び地上建物が当該仮差押えの時点で同一の所有者に属していたが、その後に土地が第三者に譲渡された結果、当該強制競売手続における差押えの時点では同一の所有者に属していなかったときの法定地上権の成否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 情報源を公にしないことを前提とした報道機関に対する重要事実の伝達と金融商品取引法施行令(平成23年政令第181号による改正前のもの)30条1項1号にいう「公開」 2 情報源が公にされることなく会社の意思決定に関する重要事実を内容とする報道がされた場合における金融商品取引法(平成23年法律第49号による改正前のもの)166条1項によるインサイダー取引規制の効力
高裁判所第三小法廷は,平成26年7月22日,上告を棄却し,また,上
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号)の議員定数配分規定の適法性 2 千葉県議会議員の定数及び選挙区等に関する条例(昭和49年千葉県条例第55号)の議員定数配分規定の合憲性
棄却
の上告を棄却する旨の判決を言い渡した。
上告を棄却,執行猶予
本件上告を棄却する。
刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(長崎ストーカー殺人事件)
棄却
上告人らのその余の上告を棄却する。
市の経営する競艇事業の臨時従事員等により組織される共済会から臨時従事員に対して支給される離職せん別金に充てるため、市が共済会に対してした補助金の交付が、その後の条例の制定により遡って適法なものとなるとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、警察署副署長に同署地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯は成立しないとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
債務整理を依頼された認定司法書士が、当該債務整理の対象となる債権に係る裁判外の和解について、司法書士法3条1項7号に規定する額を超えるものとして代理することができないとされる場合
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 児童福祉法34条1項6号にいう「淫行」の意義 2 児童福祉法34条1項6号にいう「させる行為」に当たるか否かの判断方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
ガス抜き配管内で結露水が滞留してメタンガスが漏出したことによって生じた温泉施設の爆発事故について、設計担当者に結露水の水抜き作業に係る情報を確実に説明すべき業務上の注意義務があったとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
破産手続開始前に成立した第三者のためにする生命保険契約に基づき破産者である死亡保険金受取人が有する死亡保険金請求権と破産財団への帰属
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(長野一家3人強盗殺人事件)
却下
この上告を棄却するとともに,上記事件を上告審として受理しない旨の決
1 土地区画整理事業の施行者が、事業計画の決定後に、高規格堤防の整備事業と共同して実施する旨の協定を河川管理者との間で締結した場合において、上記事業計画の定める設計の概要を変更する手続を経ずにされた仮換地の指定が違法なものとはいえないとされた事例 2 高規格堤防の整備事業と共同して実施することとされた土地区画整理事業における仮換地の指定が、行政権を濫用した違法なものとはいえないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
他人の刑事事件について捜査官と相談しながら虚偽の供述内容を創作するなどして供述調書を作成した行為が証拠偽造罪に当たるとされた事例
棄却
請求人の上告を棄却し(以下,その審理を「確定上告審」という。 ,同年9月...告審判決も,その説示に照らし,上記主張を踏まえて上告を棄却したものと
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
罪数に関する法令適用の誤りがあるが、刑訴法411条を適用すべきものとは認められないとされた事例
棄却
4日,上記上告を棄却する旨の決定をし,これにより,本件刑事事件に係
「世界貿易機関を設立するマラケシュ協定」(平成6年条約第15号。WTO協定)の附属書1Aの一内容である「農業に関する協定」(WTO農業協定)4条2項の我が国における直接適用可能性の有無
上告を棄却
本件上告を棄却する。
米国法人がウェブサイトに掲載した記事による名誉等の毀損を理由とする不法行為に基づく損害賠償請求訴訟について、民訴法3条の9にいう「特別の事情」があるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(福島夫婦強盗殺人事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
老人デイサービスセンターの利用者が当該センターの送迎車から降車し着地する際に負傷したという事故が、当該送迎車に係る自動車保険契約の搭乗者傷害特約にいう当該送迎車の運行に起因するものとはいえないとされた事例
23238 件中 2/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in