裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61328 
刑事21819民事39509
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23238 件中 3/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
本件上告を棄却する。
ある議案を否決する株主総会等の決議の取消しを請求する訴えの適否
上告を棄却
平成26年(受)第1434号上告人の上告を棄却
1 精神障害者と同居する配偶者と民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」 2 法定の監督義務者に準ずべき者と民法714条1項の類推適用 3 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の妻が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例 4 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の長男が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 甲社が乙社の発行済株式全部を買収して乙社を完全子会社とし、その後乙社を吸収合併した場合において、甲社の代表取締役社長が上記買収前に乙社の取締役副社長に就任した行為が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」の意義及びその該当性の判断方法 2 新設分割により設立された分割承継法人の発行済株式全部を分割法人が譲渡する計画を前提としてされた当該分割が、法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められるもの」に当たるとされた事例 3 法人税法(平成22年法律第6号による改正前のもの)132条の2にいう「その法人の行為又は計算」の意義
上告を棄却
本件上告及び附帯上告を棄却する。
1 民法910条に基づき価額の支払を請求する場合における遺産の価額算定の基準時 2 民法910条に基づく価額の支払債務が履行遅滞となる時期
棄却
たが,最高裁判所は,平成25年11月6日,原告の上告を棄却する
化粧品等の輸入、卸売販売等の事業を営む会社が、アメリカ合衆国所在の関連企業との間の問屋契約に基づき、上記関連企業が複数の製造者から購入した輸入貨物について、上記関連企業と製造者との間の売買が関税定率法(平成25年法律第6号による改正前のもの)4条1項の規定する輸入取引に該当し、同項の規定を適用して輸入貨物の課税価格を計算すべきであるなどとして、関税、消費税及び地方消費税の申告納税を行ったところ、上記売買は同項の規定する輸入取引には該当しないから、同法4条の3第1項1号等の規定に基づいて課税価格を計算すべきであるとしてされた更正処分等が、適法であるとされた事例
控訴を棄却
2月28日,控訴人の上告を棄却し,本件を上告審として受理しない旨の決定をし
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(大阪パチンコ店放火殺人事件)
却下
最高裁判所が,平成24年2月28日付けでその上告を棄却し,上告審と
10棟の建物から構成される共同住宅が建築基準法施行令1条1号にいう「一の建築物」に当たるものとは認められないとされた事例
却下
などと判示してその判断を是認し,被告熊本県等の上告を棄却した(甲2
食品衛生法58条2項所定の調査と抗告訴訟の対象
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 民法733条1項の規定のうち100日の再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 2 民法733条1項の規定のうち100日を超えて再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 3 立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 4 国会が民法733条1項の規定を改廃する立法措置をとらなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。...私は,本件上告を棄却すべきであるとする多数意見の結論には賛成するが,本件
1 民法750条と憲法13条 2 民法750条と憲法14条1項 3 民法750条と憲法24条
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
本訴請求債権が時効消滅したと判断されることを条件とする、反訴における当該債権を自働債権とする相殺の抗弁の許否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
市街化調整区域内における開発行為に関する工事が完了し検査済証が交付された後における開発許可の取消しを求める訴えの利益
上告を棄却
本件上告を棄却する。
補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律32条1項にいう「代理人」に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
旅行業法2条1項、3条、29条1号所定の登録制度と憲法22条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(さいたま保険金殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公訴時効を廃止するなどした「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の経過措置を定めた同法附則3条2項と憲法39条、31条
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公職選挙法243条1項3号、平成27年法律第60号による改正前の公職選挙法142条1項の合憲性
棄却
原審原告らの上告を棄却する。...求をいずれも棄却するとともに,原審原告らの上告を棄却することとする。
衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の規定の合憲性
上告を棄却
本件上告を棄却する。
衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法13条1項、別表第1の規定の合憲性
上告を棄却
本件上告を棄却する。
保証人が主たる債務者に対して取得した求償権の消滅時効の中断事由がある場合における共同保証人間の求償権の消滅時効中断の有無
上告を棄却
本件上告を棄却する。
衆議院比例代表選出議員の選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定める公職選挙法13条2項、別表第2の規定の合憲性
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 医薬品の製造販売につき、特許権の存続期間の延長登録出願の理由となった承認に先行する承認が存在することにより、上記出願の理由となった承認を受けることが必要であったとは認められないとされる場合 2 医薬品の製造販売につき、特許権の存続期間の延長登録出願の理由となった承認に先行する承認がされている場合において、先行する承認に係る製造販売が、上記出願の理由となった承認に係る製造販売を包含するとは認められないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
地方税法11条の8にいう「滞納者の地方団体の徴収金につき滞納処分をしてもなおその徴収すべき額に不足すると認められる場合」の意義
上告を棄却
本件上告を棄却する。
配当表記載の根抵当権者の配当額に相当する金銭が供託され、その後、当該根抵当権者に対し上記配当表記載のとおりに配当がされる場合における、当該供託金の充当方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲の主張が原判決の結論に影響のない事項に関するものであるとして不適法とされた事例
無罪
申立てをしたが,最高裁判所は,平成23年4月21日,上告を棄却する決
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 一部の区分所有者が共用部分を第三者に賃貸して得た賃料のうち各区分所有者の持分割合に相当する部分につき生ずる不当利得返還請求権を各区分所有者が行使することができない場合 2 一部の区分所有者が共用部分を第三者に賃貸して得た賃料につき生ずる不当利得返還請求権を他の区分所有者が行使することができないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
訴訟の目的である金銭債権の数量的な一部に対応する訴え提起の手数料につき訴訟上の救助を付与する決定が確定した場合において、請求が上記数量的な一部に減縮された後の訴えを却下することの許否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律(平成23年法律第74号による改正前のもの)3条1項9号にいう「詐欺罪に当たる行為を実行するための組織」に当たるとされた事例
却下
4年3月12日,上告を棄却する旨の決定をし,平成13年訴訟の第一審判決が確
却下
本件上告を棄却する。
在外被爆者が日本国外で医療を受けた場合における、原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律18条1項の適用の有無
棄却
ころ,最高裁判所は,同年12月17日,各上告を棄却するとともに,...2項に規定する事由に該当しないとして,各上告を棄却し,上告受理の申
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公判調書の整理期間を定める刑訴法48条3項と憲法31条との関係
懲役2年
審は決定により被告の上告を棄却し(最高裁平成21年(あ)第1985
懲役2年
審は決定により原告の上告を棄却し(最高裁平成21年(あ)第1985
破棄
上告人らのその余の上告を棄却する。
1 匿名組合契約に基づき匿名組合員が受ける利益の分配と所得区分の判断 2 匿名組合契約に基づき航空機のリース事業に出資をした匿名組合員が、当該契約に基づく損失の分配を不動産所得に係るものとして所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
取り消す
7年3月10日,次のとおり判示した上で,上告を棄却する判決(以下
所得税決定処分等の取消請求が却下された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公判前整理手続で明示された主張に関しその内容を更に具体化する被告人質問等を刑訴法295条1項により制限することはできないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 妄想性障害に罹患していた被告人が実行した殺人、殺人未遂等の事案につき、事理弁識能力及び行動制御能力が著しく低下していたとまでは認められないとする原判決が是認された事例 2 死刑の量刑が維持された事例(加古川8人殺傷事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
音楽著作権の管理事業者が放送への利用の許諾につき使用料の徴収方法を定めるなどの行為が、独占禁止法2条5項にいう「排除」の要件である他の事業者の参入を著しく困難にする効果を有するとされた事例
最高裁判所は,平成25年5月27日,上告を棄却し,本件を上告審と
3日,上告を棄却する旨及び上告受理の申立てを上告審として受理しな
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「役員、代理人、使用人その他の従業者」の意義 2 金融商品取引法(平成20年法律第65号による改正前のもの)166条1項1号にいう「その他の従業者」に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 西宮市営住宅条例(平成9年西宮市条例第44号)46条1項柱書き及び同項6号の規定のうち、入居者が暴力団員であることが判明した場合に市営住宅の明渡しを請求することができる旨を定める部分と憲法14条1項 2 西宮市営住宅条例(平成9年西宮市条例第44号)46条1項柱書き及び同項6号の規定のうち、入居者が暴力団員であることが判明した場合に市営住宅の明渡しを請求することができる旨を定める部分と憲法22条1項
年9月30日,上告を棄却し,上告不受理の決定をして,同判決が確定...上告を棄却し,上告不受理の決定をして,同判決が確定した。
上告を棄却
本件上告を棄却する。
国籍法12条と憲法14条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員裁判における審理及び裁判の特例である区分審理制度と憲法37条1項
23238 件中 3/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in