裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61328 
刑事21819民事39509
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23238 件中 5/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
上告審は,第1審被告の上告を棄却し,上告受理申立てを受理するとと
1 壁面に吹き付けられたアスベストが露出している建物が遅くとも昭和63年2月頃には通常有すべき安全性を欠くと評価されるようになったとされた事例 2 壁面に吹き付けられたアスベストが露出している建物の所有者兼賃貸人が民法717条1項にいう「占有者」に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
権利能力のない社団の構成員全員に総有的に帰属する不動産につき所有権の登記名義人に対し当該社団の代表者の個人名義に所有権移転登記手続をすることを求める訴訟と当該社団の原告適格
受理申立てをしたが,最高裁判所は,平成25年5月27日,上告を棄却
破棄
上告人らのその余の上告を棄却する。
1 商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)266条1項5号に基づき取締役が会社に対して支払う損害賠償金に付すべき遅延損害金の利率 2 商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)266条1項5号に基づく取締役の会社に対する損害賠償債務が履行遅滞となる時期
却下
告及び上告受理申立てをしたが,同年9月29日,上告を棄却するとともに上告審
1 出入国管理及び難民認定法24条1号所定の退去事由に該当するとの認定に服して口頭審理の請求をせず、退去強制令書発付処分を受けた外国人がした、法務大臣又は法務大臣から権限の委任を受けた地方入国管理局長に対して、在留特別許可の義務付けを求める訴えが、却下された事例 2 出入国管理及び難民認定法24条1号所定の退去事由に該当するとの認定に服して口頭審理の請求をせず、退去強制令書発付処分を受けた外国人がした、同処分後に永住者の在留資格で本邦に在留する外国人女性と婚姻し同居生活を継続していることを理由に、地方入国管理局主任審査官に対して、同処分の撤回の義務付けを求める請求が、棄却された事例 3 出入国管理及び難民認定法24条1号所定の退去事由に該当するとの認定に服して口頭審理の請求をせず、退去強制令書発付処分を受けた外国人がした、地方入国管理局特別審査官に対して、口頭審理請求受理の義務付けを求める訴えが、却下された事例 4 出入国管理及び難民認定法24条1号所定の退去事由に該当するとの認定に服して口頭審理の請求をせず、退去強制令書発付処分を受けた外国人がした、地方入国管理局長に対して、いわゆる再審情願手続を開始することの義務付けを求める訴えが、却下された事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
一般廃棄物収集運搬業又は一般廃棄物処分業の許可処分又は許可更新処分の取消訴訟と当該処分の対象とされた区域につき既にその許可又は許可の更新を受けている者の原告適格
上告を棄却
本件上告を棄却する。
募集型の企画旅行における添乗員の業務につき、労働基準法38条の2第1項にいう「労働時間を算定し難いとき」に当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律7条1項、32条1号所定の罰則を伴う届出制度と憲法21条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
認知者が血縁上の父子関係がないことを理由に認知の無効を主張することの可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(あきる野 資産家姉弟強殺事件)
24年2月28日,原告の上告を棄却し,本件を上告審として受理しない
上告を棄却
本件上告を棄却する。...の上告を棄却する判決をそれぞれ言い渡し,上記死刑判決は確定した。以後,被上
死刑確定者又はその再審請求のために選任された弁護人が再審請求に向けた打合せをするために刑事施設の職員の立会いのない面会の申出をした場合にこれを許さない刑事施設の長の措置が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合
上告を棄却
件上告を棄却する。
1 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係 2 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決がされた場合に支払われる賠償金の性質とその支払を受けた者の保管義務 3 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決において賠償金の支払等に関し命じ得る事項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(兵庫の2女性殺害等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
民事再生法上の共益債権に当たる債権につき、これが本来共益債権である旨の付記をすることもなく再生債権として届出がされ、この届出を前提として作成された再生計画案を決議に付する旨の決定がされた場合において、当該債権を再生手続によらずに行使することの許否
棄却
原審原告らの上告を棄却する。...請求をいずれも棄却するとともに,原審原告らの上告を棄却することとする。よって,判示3について裁判官大谷剛彦,同大橋正春,同木内道祥の各反対意見
衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法(平成24年法律第95号による改正前のもの)13条1項、別表第1の規定の合憲性
懲役3年,罰金50万円
その余の部分に対する本件上告を棄却する。
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
懲役7年6月,罰金250万円
その余の部分に対する本件上告を棄却する。
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
棄却
最高裁判所は,a東京訴訟について,平成25年4月2日,上告を棄却...して事件を受理する旨の決定をし,同月12日,上告を棄却する旨の判決...をし,また,a大阪訴訟について,同日,上告を棄却するとともに,上告
1 厚生労働大臣の指示によりイレッサ訴訟問題検証チームが作成した同訴訟における和解勧告に係る調査報告書のうち関係者からの事情聴取に係る回答内容をまとめた聴取記録が行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号柱書き所定の不開示情報(事務事業情報)に当たるとされた事例 2 厚生労働大臣の指示によりイレッサ訴訟問題検証チームが作成した同訴訟における和解勧告に係る調査報告書のうち関係者からの事情聴取に係る回答内容をまとめた聴取記録が行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号柱書き及びロ所定の不開示情報(争訟事務情報)に当たるとされた事例 3 厚生労働大臣の指示によりイレッサ訴訟問題検証チームが作成した同訴訟における和解勧告に係る調査報告書のうち関係者からの事情聴取に係る回答内容をまとめた聴取記録が行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条5号所定の不開示情報(意思形成過程情報)に当たるとされた事例 4 厚生労働大臣の指示によりイレッサ訴訟問題検証チームが作成した同訴訟における和解勧告に係る調査報告書のうち関係者からの事情聴取に係る回答内容をまとめた聴取記録に記録されている個人に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条1号イ(公にされている情報)又はハ(公務員等の職務遂行情報)所定の情報に当たらないとされた事例 5 厚生労働大臣の指示によりイレッサ訴訟問題検証チームが作成した同訴訟における和解勧告に係る調査報告書のうち関係者からの事情聴取に係る回答内容をまとめた聴取記録中の被聴取者である学会関係者の氏名、押印、所属する学会名及び役職、過去に役員であった学会名及び当該過去の役職並びに回答内容及び訂正内容が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イ所定の不開示情報(法人等情報)に当たるとされた事例
却下
た被爆者についても適用されると判示して,福岡県知事の上告を棄却
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律1条にいう「被爆者」であって国内に居住地及び現在地を有しないものがその居住国の医療機関で医療を受けた場合が、同法18条1項にいう「緊急その他やむを得ない理由により被爆者一般疾病医療機関以外の者からこれらの医療を受けたとき」に当たるか
上告を棄却
本件上告を棄却する。
密輸組織が関与する覚せい剤の密輸入事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
取り消す
上告を棄却している。
1 被相続人の全ての遺産を、共同相続人中の一人を除くその他の相続人らに相続させる趣旨の遺言が、前記遺言に記載のない相続人の相続分を零と定める限度で、相続分の指定があるものとされ、前記その他の相続人らが、国税通則法5条2項の規定によって当該指定された相続分に応じて国税の納付義務を承継するとされた事例 2 国税通則法5条2項の共同相続人が納税義務を承継する同税の額の計算の基礎となる相続分の定めに遺留分減殺請求が及ぼす影響
所は,平成24年2月23日,被告Cの上告を棄却するとの決定をした。そ
上告を棄却
本件上告を棄却する。
戸籍法49条2項1号の規定のうち出生の届出に係る届書に嫡出子又は嫡出でない子の別を記載すべきものと定める部分と憲法14条1項
棄却
成22年6月25日,上告を棄却するとともに基本事件を上告審として受
地方自治法242条の2第12項の支払請求権の消滅時効期間
棄却
上告を棄却する旨の決定及び本件を上告審として受理しない旨
地方自治法(平成14年法律第4号による改正前)242条の2第7項にいう「相当と認められる額」が1億5000万円とされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。...法313条,304条参照)により,上告を棄却するにとどめるほかなく,原判決
滞納者と他の者との共有に係る不動産の滞納者の持分に対する差押処分の取消訴訟と他の共有者の原告適格
上告を棄却
本件上告を棄却する。
少年の被疑事件につき一旦は嫌疑不十分を理由に不起訴処分にするなどしたため家庭裁判所の審判を受ける機会が失われた後に事件を再起してした公訴提起が無効であるとはいえないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(前橋スナックけん銃乱射殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
労働者が使用者から正当な理由なく就労を拒まれたために就労することができなかった日と労働基準法39条1項及び2項における年次有給休暇権の成立要件としての全労働日に係る出勤率の算定の方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 いわゆる明示的一部請求の訴えに係る訴訟において、債権の一部消滅の抗弁に理由があると判断されたため判決において上記債権の総額の認定がされた場合における、残部についての消滅時効の中断 2 いわゆる明示的一部請求の訴えの提起と残部についての裁判上の催告としての消滅時効の中断 3 消滅時効期間の経過後、その経過前にした催告から6箇月以内にした催告と消滅時効の中断
棄却
の余の部分についての被控訴人の上告を棄却すべきであるとした。
自らが経営する法人が契約者となり保険料を支払った養老保険契約に基づいて支払を受けた満期保険金の金額を一時所得に係る総収入金額に算入した上で前記法人の支払った前記保険料の金額を一時所得の金額の計算上控除し得る「その収入を得るために支出した金額」(所得税法34条2項)に当たるとして所得税の確定申告をした者に対し、前記保険料の一部は前記「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとしてされた過少申告加算税賦課決定処分の取消請求が、棄却された事例
取り消す
最高裁判所は,平成24年2月20日,上告を棄却する旨の判決を言い渡
棄却
本件上告を棄却する。
公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法3条1項に基づく水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟における審理及び判断の方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めながら共謀を認めずに無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な情報とその提供方法 2 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な添付文書の副作用に係る記載の適否を判断する際に考慮すべき事情及びその判断の観点
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 建築士の設計に係る建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合 2 一級建築士により構造計算書に偽装が行われていた建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となるとはいえないとされた事例
上告を棄却し,上告審として受理しない旨の決定をした(当裁判所に顕
市が住民基本台帳ネットワークシステムに接続していないことは住民基本台帳法に違反するものであり、この不接続に伴って生じた郵送費等を支出したことは財務会計上の違法行為に該当するなどとして、地方自治法242条の2第1項4号に基づき当時の市長個人に損害賠償の請求をすることを市長に対して求める住民訴訟において、前記郵送費等相当額の損害賠償の請求を命ずる判決が確定した後、同法242条の3第2項に基づき提起された訴訟による同損害賠償の請求が、認容された事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
刑訴法316条の17と自己に不利益な供述の強要
上告を棄却
本件上告を棄却する。
本位的訴因を否定し予備的訴因を認定した第1審判決に対し検察官が控訴の申立てをしなかった場合に、控訴審が職権調査により本位的訴因について有罪の自判をすることが違法であるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
公判調書中の被告人供述調書に添付されたのみで証拠として取り調べられていない電子メールが独立の証拠又は被告人の供述の一部にならないとされた事例
懲役6年
本件上告を棄却する。
1 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることの許否 2 前科に係る犯罪事実及び前科以外の他の犯罪事実を被告人と犯人の同一性の間接事実とすることが許されないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
1 区議会議員が区民として提起した住民訴訟の控訴の提起に係る訴訟費用の政務調査費からの支出が、目黒区政務調査費の交付に関する規程(平成13年目黒区議会告示第1号。平成18年目黒区議会告示第1号による改正前のもの)5条及び別表の定める使途基準に適合しないとされた事例 2 区議会議員が区民として提起した住民訴訟の証拠及び参考にするとして区長から開示を受けた区の機関の議事に係る録音テープの反訳及び複製の費用並びに当該住民訴訟の尋問期日における関係者の証言及び供述の反訳費用の政務調査費からの支出が、目黒区政務調査費の交付に関する規程(平成13年目黒区議会告示第1号。平成18年目黒区議会告示第1号による改正前のもの)5条及び別表の定める使途基準に適合しないとはいえないとされた事例
裁判所は,平成16年9月30日,同上告を棄却し同上告受理申立てを受理しない
上告を棄却
本件上告を棄却する。
薬事法施行規則15条の4第1項1号(同規則142条において準用する場合)、159条の14第1項及び2項本文、159条の15第1項1号並びに159条の17第1号及び2号の各規定の法適合性
23238 件中 5/465 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in