裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61479 
刑事21852民事39627
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23243 件中 6/465 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(架空請求詐欺グループ仲間割れ殺人等事件)
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
1 区議会議員が区民として提起した住民訴訟の控訴の提起に係る訴訟費用の政務調査費からの支出が、目黒区政務調査費の交付に関する規程(平成13年目黒区議会告示第1号。平成18年目黒区議会告示第1号による改正前のもの)5条及び別表の定める使途基準に適合しないとされた事例 2 区議会議員が区民として提起した住民訴訟の証拠及び参考にするとして区長から開示を受けた区の機関の議事に係る録音テープの反訳及び複製の費用並びに当該住民訴訟の尋問期日における関係者の証言及び供述の反訳費用の政務調査費からの支出が、目黒区政務調査費の交付に関する規程(平成13年目黒区議会告示第1号。平成18年目黒区議会告示第1号による改正前のもの)5条及び別表の定める使途基準に適合しないとはいえないとされた事例
裁判所は,平成16年9月30日,同上告を棄却し同上告受理申立てを受理しない
上告を棄却
本件上告を棄却する。
薬事法施行規則15条の4第1項1号(同規則142条において準用する場合)、159条の14第1項及び2項本文、159条の15第1項1号並びに159条の17第1号及び2号の各規定の法適合性
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
将来の給付の訴えを提起することのできる請求としての適格を有しないものとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
強盗殺人事件等に関する無期懲役の確定裁判のある被告人が、同事件の13日後に犯した被殺者1名の住居侵入、強盗殺人の事案(確定裁判の余罪)につき、無期懲役の量刑が維持された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
根保証契約の主たる債務の範囲に含まれる債務に係る債権の譲渡が元本確定期日前にされた場合に譲受人が保証債務の履行を求めることの可否
懲役3年6月
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(フィリピン人女性殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(山梨の2名殺害等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 国家公務員法(平成19年法律第108号による改正前のもの)110条1項19号、国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号による政党の機関紙の配布の禁止と憲法21条1項、15条、19条、31条、41条、73条6号 2 国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号により禁止された政党の機関紙の配布に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 国家公務員法102条1項にいう「政治的行為」の意義 2 人事院規則14−7第6項7号、13号に掲げる政治的行為の意義 3 国家公務員法(平成19年法律第108号による改正前のもの)110条1項19号、国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号、13号による政党の機関紙の配布及び政治的目的を有する文書の配布の禁止と憲法21条1項、31条 4 国家公務員法102条1項、人事院規則14−7第6項7号、13号により禁止された政党の機関紙の配布及び政治的目的を有する文書の配布に当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法18条後段、19条、32条、37条1項、76条1項、3項
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
家族に対する殺人5件、殺人未遂1件の事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例(反対意見がある。)(岐阜中津川家族殺害事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律9条2項所定の継続雇用制度の対象となる高年齢者に係る基準に基づく再雇用の制度を導入した事業主とその従業員との間に、当該制度に基づき再雇用されたのと同様の雇用関係の存続が認められた事例
却下
告したが,最高裁判所は,平成24年2月3日,上告を棄却した(同庁平成○
土壌汚染対策法第3条2項に基づく通知の取消しを求める訴えが、前記通知が取り消されている以上、訴えの利益は存しないとして、却下された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
金融機関Yをいわゆるアレンジャーとするシンジケートローンへの参加の招へいに応じた金融機関Xらに対しYが信義則上の情報提供義務を負うとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
共謀加担後の暴行が共謀加担前に他の者が既に生じさせていた傷害を相当程度重篤化させた場合の傷害罪の共同正犯の成立範囲
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(品川の製麺所夫婦強盗殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法14条1項、18条後段、19条、32条、37条、第6章
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
売買代金が時価相当額であったとしても、土地の売買による換金の利益が賄賂に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
株式会社を設立する新設分割と詐害行為取消権
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無 2 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合に成年後見人と成年被後見人との間の親族関係を量刑上酌むべき事情として考慮することの当否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
無車検の車両を銀行の駐車場内で運転した事案につき、道路以外の場所のみにおいて同車両を当該装置の用い方に従い用いたものでないとして、その運転は道路運送車両法2条5項にいう「運行」に当たるとした事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
豚肉の差額関税制度が憲法22条1項、25条1項、13条に反するとの主張が、輸入豚肉について差額関税を含むいかなる関税制度を採用するかは立法政策の問題であるとして欠前提処理された事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
賃料債権の差押えの効力発生後に賃貸借契約がその目的物の賃借人への譲渡により終了した場合において、その後に支払期の到来する賃料債権を取り立てることの可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(大阪の中国人留学生・会社員強盗殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
不法に被害者を監禁し、その結果、被害者に外傷後ストレス障害(PTSD)を発症させた場合について、監禁致傷罪の成立が認められた事例
棄却
上告を棄却し,上告受理申立てを不受理とする旨の決定をし,原告ら...る上告を棄却し,上告受理申立てを不受理とする旨の決定をし,原告...上告を棄却し,上告受理申立てを不受理とする旨の決定をし,原告ら
1 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定が、土地収用法20条3号の要件に適合しているとされた事例 2 一般有料自動車専用道路及びジャンクションの新設工事等の事業に係る起業地について国土交通大臣がした土地収用法16条所定の事業の認定が、同法20条4号の要件に適合しているとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(香川坂出3人殺害事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
被害者1名の強盗殺人等の事案につき無期懲役の量刑が維持された事例(名古屋闇サイト殺人事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
児童ポルノのURLをホームページ上に明らかにした行為は、児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条4項の「公然と陳列した」には当たらないとする反対意見が付された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
貸金業者Yの完全子会社である貸金業者Aが、その顧客Xとの間の基本契約に基づく継続的な金銭消費貸借取引に係る債権をYに譲渡した場合において、YがAのXに対する過払金返還債務を承継したとはいえないとされた事例
再審を開始
15年10月20日,請求人の上告を棄却し,同年11月4日には請求人の異議申
新証拠が「無罪を言い渡すべき明らかな証拠」に当たるとして再審が開始された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条4項前段の規定は、児童の権利(性的自由)を侵害するから憲法13条、24条に違反するとの主張が、欠前提処理された事例
棄却
1日,上告を棄却するとの決定をし,前記判決が確定した。
上告を棄却
本件上告を棄却する。
従業員の欠勤が就業規則所定の懲戒事由である正当な理由のない無断欠勤に当たるとしてされた諭旨退職の懲戒処分が無効であるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)280条ノ21第1項に基づく株主総会決議による委任を受けた取締役会が定めた新株予約権の行使条件をその発行後に変更する取締役会決議の効力 2 非公開会社において株主総会の特別決議を経ないまま株主割当て以外の方法によってされた募集株式発行の効力 3 非公開会社が株主割当て以外の方法により発行した新株予約権の行使条件に反した当該新株予約権の行使による株式発行に無効原因がある場合
上告を棄却
本件上告を棄却する。
第1審判決の仮執行宣言に基づく強制執行によって建物が明け渡されている場合における当該建物の明渡請求と併合されている他の請求の当否等についての控訴審の判断
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法76条1項、80条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
補佐人提出の上告趣意を判断対象とした事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
不動産の取得時効の完成後、所有権移転登記がされることのないまま、第三者が原所有者から抵当権の設定を受けて抵当権設定登記を了した場合における、再度の取得時効の完成と上記抵当権の消長
棄却
上告人のその余の上告を棄却する。3...第1項のとおり変更し,上告人のその余の上告を棄却することとする。
1 検察官は金融商品取引法21条の2第3項にいう「当該提出者の業務若しくは財産に関し法令に基づく権限を有する者」に当たるか 2 金融商品取引法21条の2第3項にいう「虚偽記載等に係る記載すべき重要な事項」の意義 3 金融商品取引法21条の2第5項にいう「虚偽記載等によって生ずべき当該有価証券の値下り」の意義 4 虚偽記載等のある有価証券報告書等の提出者等を発行者とする有価証券につき、投資者がこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で取得しこれを複数回にわたってそれぞれ異なる価額で処分した場合における、上記投資者が金融商品取引法21条の2に基づき請求することのできる額の算定方法 5 金融商品取引法21条の2に基づく損害賠償債務が遅滞に陥る時期
控訴を棄却
上告人のその余の上告を棄却する。
基本給を月額で定めた上で月間総労働時間が一定の時間を超える場合に1時間当たり一定額を別途支払うなどの約定のある雇用契約の下において、使用者が、各月の上記一定の時間以内の労働時間中の時間外労働についても、基本給とは別に、労働基準法(平成20年法律第89号による改正前のもの)37条1項の規定する割増賃金の支払義務を負うとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法32条、37条1項、76条1項、3項、78条、80条
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法18条後段、31条、32条、37条1項、76条1項ないし3項、80条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(埼玉・本庄の知人夫婦強盗殺人事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度と憲法32条、37条1項
23243 件中 6/465 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in