裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61328 
刑事21819民事39509
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23238 件中 7/465 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(反対意見がある。)(光市母子殺害事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
市が連合町内会に対し市有地を無償で神社施設の敷地としての利用に供している行為の違憲性を解消するための手段として、氏子集団による上記神社施設の一部の移設や撤去等と併せて市が上記市有地の一部を上記氏子集団の氏子総代長に適正な賃料で賃貸することが、憲法89条、20条1項後段に違反しないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 医師としての知識、経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた医師がその過程で知り得た人の秘密を正当な理由なく漏らす行為と秘密漏示罪の成否 2 医師が医師としての知識、経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた場合の刑法134条1項の「人の秘密」の範囲 3 刑法134条1項の罪の告訴権者
上告を棄却
本件各上告を棄却する。...じ。)の原則により,上記訴えについても上告を棄却するにとどめるほかなく,原...いても上告を棄却するにとどめるほかなく,原判決の上記違法は結論に影響を及ぼ
1 処分の差止めの訴えについて行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められる場合 2 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令の違反を理由とする懲戒処分の差止めを求める訴えについて行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められた事例 3 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについていわゆる無名抗告訴訟としては不適法であるとされた事例 4 公立高等学校等の教職員が卒業式等の式典における国歌斉唱時の起立斉唱等に係る職務命令に基づく義務の不存在の確認を求める訴えについて公法上の法律関係に関する確認の訴えとして確認の利益があるとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
1 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故について、同トラックの製造会社で品質保証業務を担当していた者において、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務があったとされた事例 2 トラックのハブが走行中に輪切り破損したために前輪タイヤ等が脱落し、歩行者らを死傷させた事故と、同種ハブを装備した車両につきリコール等の改善措置の実施のために必要な措置を採るべき業務上の注意義務に違反した行為との間に因果関係があるとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
法務大臣の許可を受けないで、消費者金融会社から不良債権を譲り受けてその管理回収業を営んだ行為が、債権管理回収業に関する特別措置法33条1号、3条に該当するとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
土壌汚染対策法3条2項による通知は抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 人の氏名、肖像等を無断で使用する行為がいわゆるパブリシティ権を侵害するものとして不法行為法上違法となる場合 2 歌手を被写体とする写真を同人に無断で週刊誌に掲載する行為がいわゆるパブリシティ権を侵害するものではなく不法行為法上違法とはいえないとされた事例
控訴を棄却
最高裁判所は,平成22年10月28日,上記上告を棄却するとともに,上記上
上告を棄却
本件上告を棄却する。
睡眠薬等を摂取させて数時間にわたり意識障害及び筋弛緩作用を伴う急性薬物中毒の症状を生じさせた行為につき傷害罪の成立が認められた事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
マンションの区分所有者が、業務執行に当たっている管理組合の役員らをひぼう中傷する内容の文書を配布するなどする行為が、建物の区分所有等に関する法律6条1項所定の「区分所有者の共同の利益に反する行為」に当たるとみる余地がある場合
上告を棄却
以上のとおりであるから,平成23年(行ツ)第263号上告人らの上告を棄却...らの控訴を棄却することとし,同号上告人のその余の上告を棄却することとする。
1 公立の高等学校又は養護学校の教職員が卒業式等の式典において国歌斉唱の際に国旗に向かって起立して斉唱すること又は国歌のピアノ伴奏を行うことを命ずる旨の校長の職務命令に従わなかったことを理由とする戒告処分が、裁量権の範囲を超え又はこれを濫用するものとして違法であるとはいえないとされた事例 2 公立養護学校の教職員が卒業式において国歌斉唱の際に国旗に向かって起立して斉唱することを命ずる旨の校長の職務命令に従わなかったことを理由とする減給処分が、裁量権の範囲を超えるものとして違法であるとされた事例
破棄
上告人X1の上告を棄却する。...告人X1の上告を棄却することとする。
1 公立養護学校の教員が同校の記念式典において国歌斉唱の際に国旗に向かって起立して斉唱することを命ずる旨の校長の職務命令に従わなかったことを理由とする停職処分が、裁量権の範囲を超えるものとして違法であるとされた事例 2 公立中学校の教員が卒業式において国歌斉唱の際に国旗に向かって起立して斉唱することを命ずる旨の校長の職務命令に従わなかったことを理由とする停職処分が、裁量権の範囲を超え又はこれを濫用するものとして違法であるとはいえないとされた事例
破棄
第1審原告の上告を棄却する。
1 所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」の支出の主体 2 法人が保険料を支払った養老保険契約に係る満期保険金を当該法人の代表者が受け取った場合において、上記満期保険金に係る当該代表者の一時所得の金額の計算上、上記保険料のうち当該法人における保険料として損金経理がされた部分が所得税法34条2項にいう「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとされた事例 3 国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
長崎市長を射殺した事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
裁判員制度による審理裁判を受けるか否かについての選択権と憲法32条、37条
上告を棄却
本件上告を棄却する。
適法用途にも著作権侵害用途にも利用できるファイル共有ソフトWinnyをインターネットを通じて不特定多数の者に公開、提供し、正犯者がこれを利用して著作物の公衆送信権を侵害することを幇助したとして、著作権法違反幇助に問われた事案につき、幇助犯の故意が欠けるとされた事例
破棄
本件附帯上告を棄却する。
滋賀県選挙管理委員会の委員長以外の委員について月額報酬を定める滋賀県特別職の給与等に関する条例(昭和28年滋賀県条例第10号。平成23年滋賀県条例第17号による改正前のもの)の規定と地方自治法203条の2第2項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(千葉ファミレス銃殺事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
6名を殺害し、1名を死に致すなどした殺人、傷害致死等被告事件につき、被告人を無期懲役に処した控訴審判決を破棄しなければ著しく正義に反するとまでは認められないとされた事例(反対意見がある。)(北九州連続監禁殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(北九州連続監禁殺人等事件)
同裁判所は,平成14年3月12日,上告を棄却する旨の決定をした(甲
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
強制執行妨害幇助罪の成立を認めた原判決の事実認定が是認された事例(反対意見がある)(弁護士による強制執行妨害幇助事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(愛知県の交際2女性殺害事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
求償権が再生債権である場合において共益債権である原債権を再生手続によらないで行使することの可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(オウム真理教地下鉄サリン殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(オウム真理教地下鉄サリン殺人等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公有地に係る土地信託契約において、受益者に対する費用補償請求権を定めた旧信託法(平成18年法律第109号による改正前のもの)36条2項本文の適用を排除する旨の合意が成立していたとはいえないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 刑事裁判における国民の司法参加と憲法 2 裁判員制度と憲法31条、32条、37条1項、76条1項、80条1項 3 裁判員制度と憲法76条3項 4 裁判員制度と憲法76条2項 5 裁判員の職務等と憲法18条後段が禁ずる「苦役」
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第1項前段にいう「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義 2 飲酒酩酊状態にあった被告人が直進道路において高速で自動車を運転中、先行車両に追突し、死傷の結果を生じさせた事案につき、被告人はアルコールの影響により前方を注視してそこにある危険を的確に把握して対処することができない状態にあったとして、危険運転致死傷罪が成立するとされた事例
棄却
平成21年10月6日,上記判決に対する原告の上告を棄却し,上告受理の申
地方公共団体が指名競争入札等の方法により発注するごみ焼却施設の新設等の工事について、他の業者と共同して受注予定者を決定し、受注予定者が受注できるようにした行為が、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(平成17年法律第35号による改正前)2条6項にいう不当な取引制限に当たる場合に、当該工事にかかる契約につき、市議会において契約の締結が可決された後、契約書に市長の公印が押印された時点で締結されたものと認められるとして、当該契約締結日は私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律施行令(平成17年政令第318号による改正前)6条1項にいう実行期間内であるとしてした課徴金の納付を命ずる審決が、適法とされた事例
破棄
その余の本件上告を棄却する。
市の住民が市長に対し損失補償契約に基づく金融機関等への公金の支出の差止めを求める訴えが不適法とされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 訴訟条件である告発の事実を上告審において認定する方法 2 訴訟条件である告発の調査を怠った1、2審の法令違反と上告審において告発の事実を認定することができる場合の判決への影響の有無
上告を棄却
本件上告を棄却する。...く,その旨の原審の判断結果を正当と認めて上告を棄却すべきであるという結論に...有するとはいえないとの結論をとることが相当であり,本件上告を棄却すべきであるとする多数意見の結論には異議はない。
単独であれば保険診療となる療法と先進医療であり自由診療である療法とを併用する混合診療における保険診療に相当する診療部分に係る保険給付の可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
国際捜査共助に基づき中華人民共和国において同国の捜査官によって作成された供述調書が刑訴法321条1項3号の書面に当たるとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(大牟田の4名殺害等事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
長期譲渡所得に係る損益通算を認めないこととした平成16年法律第14号による改正後の租税特別措置法31条の規定をその施行日より前に個人が行う土地等又は建物等の譲渡について適用するものとしている平成16年法律第14号附則27条1項と憲法84条
上告を棄却
本件上告を棄却する。
長期譲渡所得に係る損益通算を認めないこととした平成16年法律第14号による改正後の租税特別措置法31条の規定をその施行日より前に個人が行う土地等又は建物等の譲渡について適用するものとしている平成16年法律第14号附則27条1項と憲法84条
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 被害者の証人尋問において、捜査段階で撮影された被害者による被害再現写真を示すことを許可した裁判所の措置に違法がないとされた事例 2 証人に示した写真を刑訴規則49条に基づいて証人尋問調書に添付する措置について、当事者の同意は必要か 3 独立した証拠として採用されていない被害再現写真を示して得られた証言を事実認定の用に供することができるか
上告を棄却
本件上告を棄却する。
国の補助事業における入札談合によって普通地方公共団体の被った損害の賠償を求める地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)242条の2第1項4号の規定による住民訴訟において住民が勝訴した場合の同条7項にいう「相当と認められる額」の認定に当たり、当該普通地方公共団体が回収した額を考慮する際にその回収に伴い国に返還されることとなる国庫補助金相当額を控除することの可否
上告を棄却
本件上告を棄却する。
遊客において周旋行為の介在を認識していなかったことと売春防止法6条1項の周旋罪の成否
懲役4年
らして不合理はなく,上告を棄却すべきものと考える。以下,その理由を述べる。
通行中の女性に対して暴行、脅迫を加えてビルの階段踊り場まで連行し、強いて姦淫したとされる強姦被告事件について、被害者とされた者の供述の信用性を全面的に肯定した第1審判決及び原判決の認定が是認できないとされた事例
懲役8年
その余の部分に対する本件各上告を棄却する。
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
上告を棄却
弁護士であるテレビ番組の出演者において特定の刑事事件の弁護団の弁護活動が懲戒事由に当たるとして上記弁護団を構成する弁護士らについて懲戒請求をするよう視聴者に呼び掛けた行為が、不法行為法上違法とはいえないとされた事例
棄却
認することができる。論旨は理由がなく,上告を棄却すべきである。
消費者契約である居住用建物の賃貸借契約に付されたいわゆる敷引特約が消費者契約法10条により無効ということはできないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
卒業式の開式直前に保護者らに対して大声で呼び掛けを行い、これを制止した教頭らに対して怒号するなどし、卒業式の円滑な遂行を妨げた行為をもって刑法234条の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公立高等学校等の校長が教職員に対し卒業式又は入学式において国旗掲揚の下で国歌斉唱の際に起立することを命じた職務命令が憲法19条に違反しないとされた事例
23238 件中 7/465 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in