裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61328 
刑事21819民事39509
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
23238 件中 9/465 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13
棄却
の前科はない被告人について,死刑の判断を是認して上告を棄却した事案...事案で,死刑の判断を是認して上告を棄却するに際し,被告人が強盗致傷
上告を棄却
本件上告を棄却する。
満員電車内における強制わいせつ被告事件について、被告人が犯行を行ったとした控訴審の判断が是認された事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
弁護士資格等がない者らが、ビルの所有者から委託を受けて、そのビルの賃借人らと交渉して賃貸借契約を合意解除した上で各室を明け渡させるなどの業務を行った行為について、弁護士法72条違反の罪が成立するとされた事例
15日,上告を棄却し,原審決が確定した。
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 株式会社の新設分割において、会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律(平成17年法律第87号による改正前のもの)3条によれば分割をする会社との労働契約が分割によって設立される会社に承継されるものとされている労働者が、当該承継の効力を争うことができる場合 2 株式会社の新設分割において、会社分割に伴う労働契約の承継等に関する法律(平成17年法律第87号による改正前のもの)3条によれば分割をする会社との労働契約が分割によって設立される会社に承継されるものとされている労働者につき、当該承継の効力が生じないとはいえないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
権利能力のない社団を債務者とする金銭債権を表示した債務名義を有する債権者が、当該社団の構成員全員に総有的に帰属し、当該社団のために第三者がその登記名義人とされている不動産に対して強制執行をしようとする場合における申立ての方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
売買の目的物である新築建物に重大な瑕疵がありこれを建て替えざるを得ない場合に、買主からの工事施工者等に対する不法行為に基づく建て替え費用相当額の損害賠償請求において買主が当該建物に居住していたという利益を損益相殺等の対象として損害額から控除することの可否
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
花火大会が実施された公園と最寄り駅とを結ぶ歩道橋で多数の参集者が折り重なって転倒して死傷者が発生した事故について、雑踏警備に関し現場で警察官を指揮する立場にあった警察署地域官及び現場で警備員を統括する立場にあった警備会社支社長に業務上過失致死傷罪が成立するとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
虚偽記載半期報告書提出罪及び虚偽記載有価証券報告書提出罪について、当該会社と会計監査契約を締結していた監査法人に所属する公認会計士に会社代表取締役らとの各共同正犯の成立を認めた原判断が是認された事例
棄却
上告人のその余の上告を棄却する。...文第1項のとおり変更することとし,その余の上告を棄却することとする。
1 甲乙の共有に属する不動産につき甲乙丙を共有者とする所有権保存登記がされている場合における、甲の丙に対する上記登記のうち丙の持分に関する部分の抹消登記手続請求は、更正登記手続を求める趣旨を含むか 2 甲乙の共有に属する不動産につき甲乙丙を共有者とする所有権保存登記がされている場合に甲が丙に対して上記登記の更正登記手続を求めることができる範囲
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
1 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律4条1項に基づく発信者情報の開示請求に応じなかった特定電気通信役務提供者が損害賠償責任を負う場合 2 インターネット上の電子掲示板にされた書き込みの発信者情報の開示請求を受けた特定電気通信役務提供者が、請求者の権利が侵害されたことが明らかでないとして開示請求に応じなかったことにつき、重大な過失があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
いわゆる経由プロバイダは、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律2条3号にいう「特定電気通信役務提供者」に該当するか
告受理の申立てをしたが,最高裁判所は,平成19年9月21日,上告を棄却し,
無罪
とおりの判断を示して,上告を棄却する決定をした。
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(久留米の連続保険金殺人事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 街頭募金詐欺について包括一罪と解することができるとされた事例 2 包括一罪を構成する街頭募金詐欺について、その罪となるべき事実の特定に欠けるところはないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
高等裁判所の判決中の判断がその上告審である最高裁判所の決定において否定された場合における上記判決の刑訴法405条3号の「判例」該当性
上告を棄却
本件上告を棄却する。
複数の債権の全部を消滅させるに足りない弁済を受けた債権者が、特約に基づく充当指定権を行使することが許されないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 インターネットの個人利用者による名誉毀損と摘示事実を真実と誤信したことについての相当の理由 2 インターネットの個人利用者による名誉毀損行為につき、摘示事実を真実と誤信したことについて相当の理由がないとされた事例
控訴を棄却
上告を棄却するとともに,事件を上告審として受理しない旨の決定(乙67)をし
破棄
1審原告の上告を棄却する。
市立学校の教職員の評価・育成制度の下で教職員が作成した自己申告票中の設定目標、達成状況等に係る各欄に記載された情報及び校長が作成した評価・育成シート中の当該教職員の評価、育成方針等に係る各欄に記載された情報が、茨木市情報公開条例(平成15年茨木市条例第35号)7条6号柱書き及び同号エ所定の非公開情報に当たるとされた事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
市議会の会派に交付する政務調査費の使途を「会派が行う」調査研究活動と定める函館市議会政務調査費の交付に関する条例施行規則(平成13年函館市規則第4号)の下で、会派の代表者の承認を得て政務調査費が会派から所属議員に支出された場合において、当該支出が上記の「会派が行う」との要件を満たすとされた事例
懲役1年2月
本件上告を棄却する。
前訴の建造物侵入、窃盗の訴因と後訴の非現住建造物等放火の訴因との間には公訴事実の単一性がなく、前訴の確定判決の一事不再理効は後訴に及ばないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(岐阜、大阪の連続強盗殺人等事件)
破棄
ては賛成することができず,本件上告を棄却すべきものと考える。その理由は以下
1 市が連合町内会に対し市有地を無償で神社施設の敷地としての利用に供している行為が憲法89条、20条1項後段に違反するとされた事例 2 市が連合町内会に対し市有地を無償で神社施設の敷地としての利用に供している行為が憲法の定める政教分離原則に違反し、市長において同施設の撤去及び土地明渡しを請求しないことが違法に財産の管理を怠るものであるとして、市の住民が怠る事実の違法確認を求めている住民訴訟において、上記行為が違憲と判断される場合に、その違憲性を解消するための他の合理的で現実的な手段が存在するか否かについて審理判断せず、当事者に対し釈明権を行使しないまま、上記怠る事実を違法とした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
市が町内会に対し無償で神社施設の敷地としての利用に供していた市有地を同町内会に譲与したことが憲法20条3項、89条に違反しないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(オウム真理教地下鉄サリン殺人等事件)
に,上告を棄却し,原審決は確定した。
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
請負人と雇用契約を締結し注文者の工場に派遣されていた労働者が注文者から直接具体的な指揮命令を受けて作業に従事していたために、請負人と注文者の関係がいわゆる偽装請負に当たり、上記の派遣を違法な労働者派遣と解すべき場合に、注文者と当該労働者との間に雇用契約関係が黙示的に成立していたとはいえないとされた事例
破棄
原審の判断は,結論において是認することができ,本件上告を棄却すべきものと考...用に当たらないとして,被上告人の請求を認容すべきものとした原審の判断は,結論において是認することができる。論旨は理由がなく,本件上告を棄却すべきであ
株式会社が株主総会の決議等を経ることなく退任取締役に支給された退職慰労金相当額の金員につき不当利得返還請求をすることが信義則に反せず権利の濫用に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
強盗殺人1件、強盗致死・強盗致傷1件等の事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例
破棄
上告人のその余の上告を棄却する。
東京都建築安全条例(昭和25年東京都条例第89号)4条3項に基づく安全認定が行われた上で建築確認がされている場合に、建築確認の取消訴訟において安全認定の違法を主張することの可否
棄却
し,上告を棄却した(同庁平成▲年(行ヒ)第▲号)。
運転免許証の有効期間の更新に際し、一般運転者に当たるとして、有効期間は5年であるが道路交通法93条1項5号が規定する優良運転者である旨の記載のない運転免許証を交付された者がした、同人を一般運転者とする部分の取消しを求める訴えが、却下された事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
神奈川県青少年保護育成条例11条1項、30条3項4号(平成17年神奈川県条例第36号による改正前のもの)、30条3項6号、31条、平成19年群馬県条例第19号による改正前の群馬県青少年保護育成条例18条1項、42条3号、46条の規定と憲法21条1項、22条1項
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 遺産分割協議は国税徴収法39条にいう第三者に利益を与える処分に当たり得るか 2 滞納者に詐害の意思のあることは国税徴収法39条所定の第二次納税義務の成立要件か
上告を棄却
本件上告を棄却する。
手品ないしマジック用に変造された貨幣(いわゆるギミックコイン)を貨幣損傷等取締法及び関税法が規制することは、憲法21条1項に含まれる手品ないしマジックを演じる自由を侵害するとの主張が、欠前提処理された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 精神鑑定の意見の一部を採用した場合と責任能力の有無・程度の判断 2 責任能力の有無・程度について原判決の判断手法に誤りがないとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
人工の砂浜の管理等の業務に従事していた者につき砂浜での埋没事故発生の予見可能性が認められた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
気管支ぜん息の重積発作により入院しこん睡状態にあった患者から、気道確保のため挿入されていた気管内チューブを抜管した医師の行為が、法律上許容される治療中止に当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(北見の保険外交員による顧客夫婦殺害事件)
上告を棄却
更生会社であった貸金業者において、届出期間内に届出がされなかった更生債権である過払金返還請求権につきその責めを免れる旨主張することが、信義則に反せず、権利の濫用にも当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
租税特別措置法(平成14年法律第79号による改正前のもの)40条の4第1項は、「所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とシンガポール共和国政府との間の協定」7条1項に違反するか
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 分譲マンションの各住戸にビラ等を投かんする目的で、同マンションの共用部分に立ち入った行為につき、刑法130条前段の罪が成立するとされた事例 2 分譲マンションの各住戸に政党の活動報告等を記載したビラ等を投かんする目的で、同マンションの共用部分に管理組合の意思に反して立ち入った行為をもって刑法130条前段の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
棄却
上告人らのその余の上告を棄却する。...上告人らのその余の上告を棄却することとする。
A銀行が、県から要請を受け、県において再建資金の融資を計画していたB社に対し、上記融資が実行されるまでのつなぎ融資をした後に、B社に追加融資をしてもその回収を容易に見込めない一方で、これをしなければB社が破綻、倒産する可能性が高く、上記つなぎ融資まで回収不能となるおそれがある状況の下で、B社に対して追加融資をした場合において、その追加融資の一部につき、これを決定したA銀行の取締役らに善管注意義務違反があるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
市の設置する特定の保育所を廃止する条例の制定行為が抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるとされた事例
破棄
変更すべき理由はなく,本件上告を棄却すべきものと考える。その理由は,以下の
地方自治法施行令115条、113条、108条2項及び109条の各規定のうち、公職選挙法89条1項を準用することにより、公務員につき議員の解職請求代表者となることを禁止している部分は、地方自治法85条1項に基づく政令の定めとして効力を有するか
上告を棄却
本件上告を棄却する。
保管又は処分した国産牛肉の量に応じて交付される補助金につき、対象外の牛肉等を上乗せして補助金の交付を受けた場合、補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律29条1項違反の罪(補助金等不正受交付罪)は、交付を受けた補助金全額ではなく、上乗せした牛肉に係る受交付額について成立するとされた事例
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
銀行の代表取締役頭取が、実質倒産状態にある融資先企業グループの各社に対し、客観性を持った再建・整理計画もないまま、赤字補てん資金等を実質無担保で追加融資したことが、特別背任罪における取締役としての任務違背に当たるとされた事例
23238 件中 9/465 ぺージ
◀前    次▶
5 6 7 8 9 10 11 12 13

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in