裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61479 
刑事21852民事39627
上告を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
25214 件中 1/505 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
判所は,平成23年4月21日,上告を棄却し,本件第1審の実刑判決が
取り消す
附帯上告を棄却し,上記各受理申立てに係る事件を上告審として受理した...上,被控訴人の上告を棄却するとともに,正社員に対し上記皆勤手当を支給...帯上告を棄却する旨の判決をした(平成28年
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(資産家夫婦強盗殺人事件)
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
上告を棄却
本件上告を棄却する。
平成29年10月22日施行の衆議院議員総選挙当時、公職選挙法13条1項、別表第1の定める衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りは、憲法の投票価値の平等の要求に反する状態にあったということはできず、上記規定が憲法14条1項等に違反するものということはできない
上告を棄却
本件各上告を棄却する。
詐害行為取消しによる受益者の取消債権者に対する受領済みの金員相当額の支払債務は、履行の請求を受けた時に遅滞に陥る
上告を棄却
本件上告を棄却する。
金属スクラップ等の継続的売買契約において目的物の所有権が代金の完済まで売主に留保される旨が定められた場合に、買主が保管する金属スクラップ等を含む在庫製品等につき集合動産譲渡担保権の設定を受けた者が代金完済未了の金属スクラップ等につき売主に上記譲渡担保権を主張できないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
不正競争防止法(平成27年法律第54号による改正前のもの)21条1項3号にいう「不正の利益を得る目的」があるとされた事例
却下
判断を支持して上告を棄却した(裁判集民事167号359頁,判例タイム
棄却
最高裁判所は,平成18年12月11日,原告の上告を棄却し,同月22日に異
上告を棄却
本件上告を棄却する。
自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律2条5号の危険運転致死傷罪の共同正犯が成立するとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
金融商品取引法18条1項に基づく損害賠償請求訴訟において、裁判所は、民訴法248条の類推適用により金融商品取引法19条2項の賠償の責めに任じない損害の額として相当な額を認定することができる
上告を棄却
第1審被告の上告を棄却する。...第1審原告のその余の上告を棄却する。
1 被害者の行使する自賠法16条1項に基づく請求権の額と労働者災害補償保険法12条の4第1項により国に移転して行使される上記請求権の額の合計額が自動車損害賠償責任保険の保険金額を超える場合、被害者は国に優先して損害賠償額の支払を受けられる 2 自賠法16条の9第1項にいう「当該請求に係る自動車の運行による事故及び当該損害賠償額の確認をするために必要な期間」の意義及びその判断方法
上告を棄却
本件上告を棄却する。
給与所得に係る源泉所得税の納税告知処分について、法定納期限が経過したという一事をもって、その納付義務を成立させる支払の原因となる行為の錯誤無効を主張してその適否を争うことが許されないとはいえない
受理申立てをしたが,最高裁判所は,平成28年7月12日,上告を棄却するとと
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 郵便関連業務に従事する期間雇用社員について満65歳に達した日以後は有期労働契約を更新しない旨を定める就業規則が労働契約法7条にいう合理的な労働条件を定めるものであるとされた事例 2 郵政民営化法に基づき設立されて日本郵政公社の業務等を承継した株式会社がその設立時に定めた就業規則により日本郵政公社当時の労働条件を変更したものとはいえないとされた事例 3 期間雇用社員に係る有期労働契約が雇止めの時点において実質的に期間の定めのない労働契約と同視し得る状態にあったということはできないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(愛知一家強盗殺傷事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
日本放送協会の放送の受信についての契約に基づく受信料債権には、民法168条1項前段の規定は適用されない
上告を棄却
本件上告を棄却する。
被告人が強姦及び強制わいせつの犯行の様子を隠し撮りした各デジタルビデオカセットが刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供した物」に当たるとされた事例
取り消す
し,最高裁判所も,昭和55年11月19日,上告を棄却する判決をし,同...るから,これを維持した原判決には事実の誤認はないとして,上告を棄却す
破棄
上告人らのその余の上告を棄却する。
1 有期契約労働者が定年退職後に再雇用された者であることは、労働契約法20条にいう「その他の事情」として考慮されることとなる事情に当たる 2 有期契約労働者と無期契約労働者との個々の賃金項目に係る労働条件の相違が不合理と認められるものであるか否かについての判断の方法 3 無期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給する一方で有期契約労働者に対して能率給及び職務給を支給せずに歩合給を支給するという労働条件の相違が、労働契約法20条にいう不合理と認められるものに当たらないとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。...被上告人のその余の附帯上告を棄却する。...に差し戻すとともに,上告人の上告及び被上告人のその余の附帯上告を棄却するこ
1 有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が労働契約法20条に違反する場合における当該有期契約労働者の労働条件 2 労働契約法20条にいう「期間の定めがあることにより」の意義 3 労働契約法20条にいう「不合理と認められるもの」の意義 4 乗務員のうち無期契約労働者に対して皆勤手当を支給する一方で有期契約労働者に対してこれを支給しないという労働条件の相違は、労働契約法20条にいう不合理と認められるものに当たるとされた事例
取り消す
の請求に関する部分については同人らの附帯上告を棄却する判決を言い渡...最高裁判所は,昭和55年12月17日,上告を棄却するとの決定をし
却下
平成28年6月23日,上告を棄却し,上告審として受理しない旨の決定をし,同
懲役9年
本件上告を棄却する。
原判決が理由中において訴因外の共同正犯が成立するとしたことが是認できないとされた事例
棄却
その上告を棄却するとともに,上告審として受理しない旨の決定をし,こ
上告を棄却
本件上告を棄却する。
抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合には、民法396条は適用されず、債務者及び抵当権設定者に対する関係においても、当該抵当権自体が、同法167条2項所定の20年の消滅時効にかかる
棄却
最高裁判所は,上告を棄却し,上告受理の申立てを受理し,上告受理申立ての理由中,割増賃金及び付加金請求に係る部分を除いた部分を排除した上,差
取り消す
号)は,一審被告の上告を棄却したが,上告受理の決定をした上,使用者
に上告を棄却したため,上記却下決定を取り消すとの判決が確定した。
上告を棄却
本件上告を棄却する。
殺人未遂幇助被告事件について、第1審判決が説示する間接事実の積み重ねによって殺人未遂幇助の意思を認定できないとして事実誤認を理由に有罪の第1審判決を破棄し無罪とした原判決が是認された事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
改良住宅の入居者が死亡した場合において、市長の承認を受けて死亡時に同居していた者等に限り使用権の承継を認める京都市市営住宅条例(平成9年京都市条例第1号)24条1項は、住宅地区改良法29条1項、公営住宅法48条に違反し違法、無効であるとはいえない
懲役13年
本件上告を棄却する。
現住建造物等放火罪に該当する行為により生じた人の死傷結果を量刑上考慮することの可否
破棄
上告人らのその余の上告を棄却する。
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳交付申請及び健康管理手当認定申請の各却下処分の取消しを求める訴訟並びに同取消しに加えて被爆者健康手帳の交付の義務付けを求める訴訟につき訴訟の係属中に申請者が死亡した場合における訴訟承継の成否(積極)
却下
上告人らのその余の上告を棄却する。
原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律に基づく被爆者健康手帳交付申請及び健康管理手当認定申請の各却下処分の取消しを求める訴訟につき訴訟の係属中に申請者が死亡した場合における訴訟承継の成否(積極)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 競馬の当たり馬券の払戻金が所得税法35条1項にいう雑所得に当たるとされた事例 2 競馬の外れ馬券の購入代金が雑所得である当たり馬券の払戻金を得るため直接に要した費用として所得税法37条1項にいう必要経費に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
不動産は、商法521条が商人間の留置権の目的物として定める「物」に当たる
上告を棄却
本件上告を棄却する。
1 日本国外で合意されたテレビ用ブラウン管の販売価格に係るカルテルを行った事業者に対し、我が国の独占禁止法の課徴金納付命令に関する規定の適用があるとされた事例 2 日本国外で合意された販売価格に係るカルテルの対象であるテレビ用ブラウン管が外国法人に販売され日本国外で引渡しがされた場合において、当該ブラウン管の売上額が独占禁止法7条の2第1項所定の当該商品の売上額に当たるとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
共犯者による欺罔行為後にだまされたふり作戦開始を認識せずに共謀の上被害者から発送された荷物の受領行為に関与した者が詐欺未遂罪の共同正犯の責任を負うとされた事例
上告を棄却
本件上告を棄却する。
死刑の量刑が維持された事例(大阪ドラム缶遺体事件)
上告を棄却
本件上告を棄却する。
自動車売買で所有権留保の合意がされ、代金債務の保証人が販売会社に代金残額を支払った後、購入者の破産手続が開始した場合において、その開始の時点で自動車につき販売会社名義の登録がされているときは、保証人は、留保所有権を別除権として行使することができる
上告を棄却
本件各上告を棄却する。...断は,是認することができるから,本件各上告を棄却することとする。
1 放送法64条1項は、受信設備設置者に対し受信契約の締結を強制する旨を定めた規定であり、日本放送協会からの受信契約の申込みに対して受信設備設置者が承諾をしない場合には、その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決の確定によって受信契約が成立する 2 放送法64条1項は、同法に定められた日本放送協会の目的にかなう適正・公平な受信料徴収のために必要な内容の受信契約の締結を強制する旨を定めたものとして、憲法13条、21条、29条に違反しない 3 受信契約の申込みに対する承諾の意思表示を命ずる判決の確定により受信契約が成立した場合、同契約に基づき、受信設備の設置の月以降の分の受信料債権が発生する 4 受信契約に基づき発生する受信設備の設置の月以降の分の受信料債権の消滅時効は、受信契約成立時から進行する
上告を棄却
本件上告を棄却する。
再生債務者が無償行為若しくはこれと同視すべき有償行為の時に債務超過であること又は当該行為により債務超過になることは、民事再生法127条3項に基づく否認権行使の要件ではない
上告を棄却
本件上告を棄却する。
公職選挙法204条の選挙無効訴訟において、選挙人は、同法205条1項所定の選挙無効の原因として同法10条1項2号の規定の違憲を主張することができない
25214 件中 1/505 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in