裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61526 
刑事21863民事39663
罪名
住居侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
住居侵入の判決統計
24
7
0
25
26
42
8
834 件中 5/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
懲役12年
第1項に,判示第8の所為のうち,器物損壊の点は刑法261条に,住居侵入の点...住居侵入は1個の行為が2個の罪名に触れる場合であり,住居侵入と暴行との間に
死刑
前記住居侵入をいわゆる下着泥棒の仕業に見せかけ,被告人による現金窃取目...住居侵入が発覚し,自己が警察に捕まり,刑務所に入れられて,それまでの自...   そこで,被告人は,自己の前記住居侵入が発覚して逮捕されるのを恐れ
懲役7年
各住居侵入の点     刑法130条前段...住居侵入の点      刑法130条前段...をした3件の住居侵入,強制わいせつの事案(判示第1,第2及び第4),エレベ
懲役1年
住居侵入の態様は悪質である。...子供にまで乱暴するようになった。また,被告人は,本件時,住居侵入を制止しようとした配偶者の祖父にも乱暴を加...偶者は,乱暴を繰り返す被告人の態度に怯えている。裁判所の保護命令に違反し,悪質な住居侵入にまで至った被告人
上告を棄却
窃盗犯人による暴行が窃盗の機会の継続中に行われたものとされた事例
懲役2年
   住居侵入の点       いずれも刑法130条前段...て使用不能にした住居侵入,器物損壊3件(第1),同年10月下旬,被害女性の
懲役17年
行為のうち住居侵入の点は刑法130条前段に,殺人の点は同法199条に,判示第3...の行為は同法190条にそれぞれ該当するところ,判示第2の住居侵入と殺人との間に... 判示第2及び第3の犯行(住居侵入,殺人,死体遺棄)は残虐非道な犯行であり,動機
懲役16年
火,住居侵入被告事件...  ア 住居侵入の点につき...刑法54条1項後段,10条(住居侵入と現住建造物等放火との間には手段結果の
上告を棄却
にあった現金約1200万円等在中のバッグを強取したという住居侵入,強盗殺人...及びほか1名との共謀による昏酔強盗の事案である。住居侵入,強盗殺人の事案は
死刑事件(富山の社長夫婦射殺事件)
破棄
 被告人の判示第一の行為のうち、住居侵入の点は刑法一三〇条前段に、窃盗の点...二二条に、それぞれ該当するが、判示第一の住居侵入と窃盗との間には手段結果の
窃盗犯人が他人の居宅内で財物を窃取後窃盗の犯意を持ち続けてその天井裏に潜み約三時間程度経過後に駆け付けた警察官に対して逮捕を免れるため加えた暴行が窃盗の機会継続中に行われたものとされた事例
上告を棄却
告人が第一審判決判示第二の住居侵入、強盗殺人、現住建造物放火の犯行を行った
死刑事件(埼玉の母子殺害事件)
上告を棄却
本件各犯行のうち、各住居侵入、強盗殺人、強盗強姦の点は、いずれも、留守宅に
死刑事件(徳島・愛知連続強盗殺人事件)
控訴を棄却
謀による住居侵入、窃盗及びスーパーマーケットにおける万引き窃盗各一件の事案
一〇歳の少年にバッグを盗ませた行為につき窃盗の間接正犯が成立するとされた事例
上告を棄却
いわゆる必要的弁護事件の公判期日について刑訴法二八九条一項の適用がないとされた事例
棄却
接見等禁止解除の申立てにつき簡易裁判所裁判官がした職権を発動しない旨の措置に対し不服申立てをすることは許されないとして右措置に対する特別抗告が不適法とされた事例
破棄
検察官が殺意につき錯誤論の適用を前提とする旨を明らかにした殺人未遂罪の訴因に対し事実の認識認容を前提とする殺意を認定するには右事実の認識認容の有無を争点として顕在化させる措置をとる必要があるとされた事例
棄却
接見等禁止決定に対する準抗告棄却決定の謄本が被告人と弁護人の双方に日を異にして送達された場合の特別抗告期間の起算日
破棄
原判決は、法令の適用において、住居侵入罪と強盗強姦未遂罪を牽連犯とし、重い... <要旨>そこで、検討するに、原判決が、罪となるべき事実として住居侵入罪と強
強盗が既遂の強盗強姦未遂罪につき未遂減軽をする場合における処断刑の範囲
事実取調べ(精神鑑定)をした上、上告取下げは有効であり、上告取下げの撤回も認められないとした事例
控訴を棄却
びせたという暴力行為等処罰に関する法律違反及び住居侵入の事案である。
弁護人不在のまま行われた公判審理が刑訴法二八九条の例外として容認されるとされた事例
破棄
(刑法二k条)に、判示第二及び第三の各所為中、各住居侵入の点は刑法一三〇条...当するところ、各住居侵入と各強姦との間にはそれぞれ手段結果の関係があるの
警察署の留置場に被告人をことさら一人にして長期間留置し、留置中の動静を厳しく監視するなどしてほとんど連日長時間取り調べた結果得られた自白の任意性に疑いがあるとされた事例
上告を棄却
人が約九か月の間に累行した未成年者誘拐、殺人、死体遺棄、住居侵入、強盗殺人、
死刑事件(女子中学生誘拐殺人等事件)
破棄
原判決中未決勾留日数算入部分のみが破棄された事例
上告を棄却
跳躍上告申立が不適法とされた事例
破棄
の累犯となる住居侵入、強盗致傷、強盗強姦未遂、窃盗等の前科を含め、盗犯等で...第一の住居侵入、強盗強姦の事実の証拠物として挙示されているが、これは、右犯
一 賍物還付の言渡しとその賍物が認定されたどの犯罪事実にかかるものであるかを判示することの要否(積極) 二 どの犯罪事実にかかる賍物であるかを判示しない被害者還付の言渡しと理由不備
上告を棄却
控訴審が被告人本人による反対尋問を許されなかったのは憲法三七条二項に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
強盗殺人(被害者一名)、放火等被告事件につき、無期懲役が相当とされた事例
棄却
 右の者に対する住居侵入、建造物損壊被告事件(昭和五七年(あ)第七二九号)
決定に記載された自己の本籍の表示の訂正を求める異議の申立が不適法とされた事例
上告を棄却
 1 本件は、二三個の窃盗と一個の住居侵入を内容とする常習累犯窃盗の事案で
未決勾留日数の本刑算入過少と刑訴法四一一条二号
控訴を棄却
ないこと、被告人は、原判示の累犯前科のほかにも窃盗や住居侵入の非行による二
任意捜査として適法と認められた事例
破棄
未決誤算入の原判決を判例違反として破棄した事例(反対意見がある)
上告を棄却
同種前科があることを被告人の発行を推認する情況証拠のひとつとして考慮するのは憲法違反であるとの主張が「欠前提」とされた事例
上告を棄却
憲法三一条、三八条三項、三九条違反及び判例違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
四条違反をいう点は、所論主張の住居侵入、器物損壊被疑事実による被告人の逮捕、
逮捕、勾留又は勾留期間の延長が違法であるとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 検察官の上告趣意の主な論点は、本件住居侵入・強盗殺人の犯行が被告人による...別件勾留中求令状で本件住居侵入・強盗殺人で起訴されたものであることが認めら
一 検察官の判例違反をいう上告趣意が実質事実誤認、単なる法令違反の主張として不適法とされた事例 二 被告人の自白及び客観的証拠の信憑性について詳細な職権判断を示した事例
破棄
いは建物等への侵入行為を伴うのが通常であるから、住居侵入罪と軽犯罪法一条二...内をひそかにのぞき見たものであるというのであり、右住居侵入罪と軽犯罪法一条...号にそれぞれ該当するところ、右住居侵入と軽犯罪法違反との間には手段結果の関
住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係 住居侵入罪と軽犯罪法一条二三号の罪との罪数関係(反対意見がある)
834 件中 5/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in