裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61526 
刑事21863民事39663
罪名
住居侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
住居侵入の判決統計
24
7
0
25
26
42
8
834 件中 6/17 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
破棄
必要的弁護事件において弁護人不出頭のまま実質審理を行つた原審の訴訟手続が刑事訴訟法二八九条に違反するとされた事例
棄却
刑訴法八九条三号の常習性を認定するのに同種前科があることを考慮したこと等を理由とする違憲(憲法一四条、三一条、三七条、三九条)の主張が前提を欠くとされた事例
上告を棄却
一 刑訴法四〇二条における刑の軽重の比較と刑の執行猶予の言渡の有無 二 刑訴法四〇二条に違反しないとされた事例
上告を棄却
死刑事件 著名事件 第一審判決の主文が死刑と懲役刑であり、上告審における未決勾留は前者を本刑とするもののみである場合に、右未決勾留日数を後者の刑期に満ちるまで算入した事例―いわゆる寝屋川若夫婦強殺事件―
上告を棄却
判例違反の主張が「事案異」とされた事例
上告を棄却
全日本自由労働組合員らが職業安定所長に対して行つた交渉が、使用者対被使用者という関係を前提とする団体交渉権の行使に該当しないとされた一事例
上告を棄却
一 失業対策事業等に就労する日雇労働者と団体交渉権 二 団体交渉ないし団体行動権の正当な行使にあたらないとされた事例
棄却
即時抗告文はこれに代わる異議の申立について申立理由が示されない場合の処置
控訴を棄却
 所論は、要するに、住居侵入罪の「侵入」とはあくまで内部に入ることであつ...ら、この行為を住居侵入罪に間擬することは法令の適用の誤りである、というにあ...に降りたことが認められる。住居侵入罪の「侵入」の対象となる住居又は人
住居の屋根の上にあがることは住居侵入にあたるか
破棄
の住居侵入罪、同第三の窃盗罪、同第四の各詐欺罪、同第五の業務上過失傷害罪、...れているため、右住居侵入は自己の犯行であることが早晩発覚するであろうとおそ...したものであり、他方、E及び本件被害者は、I方への前記住居侵入の事犯があつ
親族相盗例において同居関係が解消していないとされた事例
棄却
 そうすると、威力業務妨害罪又は住居侵入罪に該当する本件車両確保行為には刑
威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務にあたるとされた事例 バス会社のストライキに際し組合側の争議手段として行われたいわゆる車両確保行為が威力業務妨害罪又は建造物侵入罪の違法性に欠けるところがないとされた事例
破棄
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害及び不退去行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
棄却
入場券による入場を手段とする無賃乗車と詐欺利得罪の成否
破棄
 本件記録によると、古川簡易裁判所は、被告人に対する住居侵入被告事件(同庁...より、被告人の住居侵入の事実を認定し、刑法一三〇条、一八条、罰金等臨時措置... ところで、刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によると、住居侵入罪
罰金の法定刑を超過してなされた略式命令に対する非常上告が認容された事例
上告を棄却
違憲の主張が具体性を欠くとされた事例
破棄
六年四月九日大津地方裁判所で住居侵入、常習累犯窃盗罪((三)の刑の執行終了...も、右第二の一ないし三の各住居侵入未遂は、被告人が右第一の犯行日の午前一時...犯した窃盗罪であり、右(四)の前科の住居侵入罪も窃盗の目的で夜間他人の住居
一、 盗犯等の防止及処分に関する法律二条と同法三条の両要件を具備する窃盗に対する擬律 二、 同法二条四号の常習夜間侵入窃盗と同一機会に常習性の発露としてなされた住居侵入未遂に対する擬律
上告を棄却
被告人の供述調書の任意性を疑うべき証跡は認められないとされた事例
破棄
 記録によると、社簡易裁判所は、被告人に対する住居侵入被告事件(同庁昭和四... しかしながら、本件住居侵入の事実につき、刑法一三〇条、昭和四七年法律第六... 原略式命令によつて確定された住居侵入の事実に法令を適用すると、右事実は、
罰金の法定刑に超過してなされた略式命令に対する非常上告が認容された事例
破棄
 所論は、原判示第四の三の住居侵入罪を認定した原判決には、判決に影響を及ぼ...住居侵入は、その目的においても態様においても違法性を欠くというのであるが、...難いところであり、その他原判決が住居侵入罪が成立するとして説示する部分(原
一、 暴力行為等処罰に関する法律一条にいう「兇器ヲ示シ」の意義 二、 爆発物取締罰則一条及び三条にいう「治安ヲ妨ケル目的」の内容たる事実認識の程度
上告を棄却
反をいう点は、実質量刑不当の主張に帰し、憲法九条違反をいう点は、住居侵入罪
結論に影響のない事項に対する論難として不適法とされた事例
上告を棄却
強制、脅迫があつた旨の主張を原認定にそわないものであるとして違憲主張を不適用とした事例 なお書において原審の任意性判断は相当である旨付記あり
棄却
 右の者に対する住居侵入、現住建造物等放火被告事件(昭和四七年(あ)第二〇
上告棄却の裁判と刑訴法五〇一条にいう刑の「言渡をした裁判所」
上告を棄却
補強証拠を欠くとの違憲主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
原審において主張、判断がないとされた事例
破棄
いものでもない。」その「行為が住居侵入罪を構成するか否かの判断をするために...なかで、原判決が住居侵入罪の成立を否定したのはR事件についての札幌高裁函館...五、もともと住居侵入罪は、立入り行為が、社会生活上特に異とするには当らない
一、勤労者の争議行為に際して行なわれた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 二、A労働組合員らの争議行為の際における信号所侵入行為が刑法上の違法性を欠くものでなくその刑事責任を問うことが憲法二八条に違反しないとされた事例 三、鉄道営業法四二条一項により鉄道係員が旅客公衆を車外または鉄道地外に退去させるにあたり必要最少限度の強制力を用いることの可否と憲法三一条 四、旧「鉄道公安職員基本規程」(昭和二四年一一月一八日総裁達四六六号)三条、五条(現「鉄道公安職員基本規程(管理規程)」(昭和三九年四月一日総裁達一六〇号)二条、四条)に定める鉄道公安職員の鉄道施設警備等の職務と公務執行妨害罪における公務 五、A労働組合員らの争議行為の際におけるてこ扱所二階の信号所への立入り、同所に通ずる階段へのすわり込みが鉄道営業法三七条、四二条一項三号にいう公衆がみだりに鉄道地内に立ち入つた場合にあたるとされた事例 六、鉄道公安職員がてこ扱所二階の信号所に立ち入り同所に通ずる階段にすわり込んだA労働組合員らを鉄道営業法四二条一項により退去させる場合に許される強制力行使の程度
上告を棄却
被告人の指紋採取が違法になされたとは認められないとして鑑定書の証拠能力が肯定された事例
破棄
一 憲法三七条一項の迅速な裁判の保障条項の趣意 二 迅速な裁判の保障条項に反する事態に至つているか否かの判断基準 三 迅速な裁判の保障条項に反する事態が生じた場合の事件処理の方途
却下
一、刑訴法二〇条六号にいう「裁判官が事件について検察官の職務を行つたとき」の意義 二、さきに最高検察庁次長検事の職にあつた最高裁判所の裁判官につき刑訴法二〇条六号の除斥原因がないとされた事例
上告を棄却
原判決が所論事実を余罪と認定処罰した趣旨ではないとして、三一条違憲主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
は、被告人らの共謀による住居侵入、暴力行為等処罰に関する法律違反(多衆の威...たものであるところ、第一審判決は、右のうち住居侵入ならびに暴力行為等処罰に...として起訴され、また、右暴力行為処罰法違反(暴行、器物損壊)ならびに傷害は前記住居侵入と刑法五四条一項後段の手段、結果の関係にあるものとして起訴され
牽連犯または包括一罪として起訴された事実の一部を無罪とした第一審判決につき、被告人だけが控訴を申し立てた場合における控訴審の職権調査の範囲
破棄
対し「騒ぐと殺すぞ」と言うなどして脅迫したものであると認定し、住居侵入、準...原審公判冒頭の被告事件に対する陳述として、本件住居侵入、準強盗を含めすべて...一号に、当審の認定した第五の二の所為中住居侵入の点は同法一三〇条前段、罰金
準強盗罪の成立が否定された事例
控訴を棄却
 検察官の控訴趣意は、原判決は、被告人四名に対する本件住居侵入及び傷害の公...いつて直ちに刑法第一三〇条前段の住居侵入罪を構成するものではない。行為者の...朗読に至るまでの滞留行為につき住居侵入乃至不退去罪の成立の認め難いことは前
一、 不退去罪の成立要件 二、 一般人が現行犯人の容ぼうを含む写真を撮影するための要件 三、 誤想防衛を認めた事例
834 件中 6/17 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in