裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61729 
刑事21905民事39824
罪名
住居侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
住居侵入の判決統計
24
7
0
25
27
42
8
837 件中 8/17 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
上告を棄却
は傷害の結果を発生し、あるいは住居侵入器物損壊等の事態を見るに至るかも知れ
一 暴力行為等処罰に関する法律第一条第一項にいわゆる「数人共同シテ」同条項に掲げる刑法各条の罪を犯すことを共謀したが自らは実行行為を分担しなかつた者の責任 二 同条項の「数人共同シテ」の「数人」には「多衆」を含むか 三 本件ラムネ弾は、爆発物取締罰則にいわゆる「爆発物」にあたるか
上告を棄却
刑法第二三八条の「逮捕ヲ免レ」るための暴行にあたる事例。
上告を棄却
 所論は「原判決が住居侵入罪の成立を認めた第一審判示第四の事実は、判示社長... 論旨中、証拠のない住居侵入の事実を認めたことの違法及び事実誤認をいう点は...刑訴四〇五条の上告理由に当らない。また判示住居侵入は判示労働者の団体行動権
上告を棄却
盗、住居侵入被告事件であるから必要的弁護事件であることはいうまでもない。さ
上告を棄却
傷害の同時犯の起訴を共同正犯と認定する場合と訴因変更手続の要否。
上告を棄却
一 偽証教唆被告事件において被教唆者の自白は憲法第三八条第三項の「本人の自白」に含まれるか。 二 釈放直後精神障害を呈した者の勾留中における供述の証拠力。
破棄
時飲酒酩酊のため心神耗弱の状態にあつたものである。」との住居侵入、強姦致傷の事実を認定し、その証拠として多数の証拠の標目を挙示している。そして第二審
刑訴法第四一一条第一号にあたる事例。―理由不備―
破棄
これよりさき、被告人は昭和二六年八月二四日名古屋地方裁判所において住居侵入、
一 一部破棄の一事例 二 原判決が既になされた高等裁判所の判例および原判決後になされた右判例と同趣旨の最高裁判所の判例と相反する判断をしている場合と刑訴法四〇五条第三号の適用
控訴を棄却
鉄砲で父、兄夫婦等七名を順次射殺した殺人事件を犯行時だけ一過性の精神障碍の状態にあつたとして無罪とした事例
上告を棄却
微罪の主張と刑訴法第三三五条第二項
上告を棄却
累犯となる前科を認定する証拠書類と刑訴法第三〇五条による取調の要否
控訴を棄却
 本件公訴事実中住居侵入、強盗殺人の事実の要旨は、「被告人は、昭和二五年一... 原判決が、右住居侵入、強盗殺人の公訴事実に対する無罪の理由において、「本...ものとは考えられないのである。この点につき論旨は、被告人は、本件住居侵入、
一、 自白の任意性(刑訴第三一九条弟一項強制・拷問・脅迫による自白) 二、 最高裁判所が自白の真実性が疑わしいとして破棄差戻した場合に右 判断は下級裁判所を拘束するものと認めた事例
破棄
乃至(五)、第四の各所為中、住居侵入の点はいずれも刑法第一三〇条、罰金等臨...至(五)及び第四の各所為中、住居侵入は強盗傷人、強盗、窃盗、同未遂のいずれ...(五)、第三、第四、第五の(一)の各所為中、住居侵入の点はいずれも同法第一
強盗未遂罪が準強盗既遂罪に吸収される一事例
破棄
     住居侵入暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の各事実について被告人を免...認定した判示第四の被告人に関する住居侵入、暴力行為等処罰ニ関スル法律違反の
上告を棄却
のため本件校舎を使用した事実があつたとしても被告人らの本件所為が住居侵入罪
建造物侵入罪が成立する一事例
破棄
住居侵入強姦致死の罪名で同裁判所予審判事に対し、起訴前の強制処分として被告
一 警察官による自白の強要とその後になされた検事および予審判事に対する自白の任意性の有無 二 被告人の検事および予審判事に対する自白の任意性に疑がある場合
破棄
 記録によれば、原略式命令が昭和三〇年九月一三日所論住居侵入の事実を認定し
上告を棄却
物」に当らない。刑法一三〇条に規定する住居侵入罪を構成すること勿論である。)。
管理人の管理下にある空別荘は軽犯罪法第一条第一号にいう「看守していない邸宅、建物」に当るか
上告を棄却
刑訴法第三二一条第一項第二号の法意
上告を棄却
第一審判決は、被告人の判示住居侵入、窃盗の事実を認定し、右所為は刑法五四条...申立書を提出しても、右窃盗被告事件と住居侵入被告事件とは、不可分一体の関係...にある以上、窃盗被告事件のみが控訴審に移審するのではなくて、住居侵入被告事
記録に編綴されている国選弁護人選任書の案に裁判長の押印がない場合
上告を棄却
公判手続の更新に関する刑訴第三一五条と控訴審における準用
上告を棄却
八一六頁参照)の示すとおりである。次に住居侵入の点に関するものは、単なる刑
高等裁判所の判例と相反する判断をした原判決に対する上告と、上告申立後最高裁判所によりその判例が変更された場合の措置
控訴を棄却
為中住居侵入の点につき刑法第百三十条、罰金等臨時措置法第三条第一項第一号
訴訟費用の負担を免除した場合判決理由中にその旨を説示することの要否
右の者に対する住居侵入、放火、詐欺被告事件(当庁昭和三〇年(あ)第一九八一号)
検察官から証拠物として提出し領置された物件と仮還付の請求
棄却
証拠調請求却下決定と刑訴法第四三三条第一項にいう「この法律により不服を申し立てることができない決定」
破棄
決定刑を超えた刑を科した第一審判決の違法を看過した控訴または上告審判決と非常上告理由
棄却
 右の者に対する強盗、住居侵入被告事件(当庁昭和三〇年(あ)第一七四一号)
破棄
即時窒息死に至らしめてその目的を遂げたものである(住居侵入強盗致死の一罪)...の通り(住居侵入強盗致死)であり、一方、本件記録(二八〇丁乃至三四三丁その... 原判決の確定した事実を法律に照らすと各被告人の所為はそれぞれ住居侵入の点
破棄
ある団体の結成式は刑法第二三四条にいう業務にあたるか
控訴を棄却
明らかであるか、これ以上の強制力を有する住居侵入、捜索、押収、逮捕のごとき
国政調査のため派遣された議員の調査方法と住居侵入
破棄
一、 巡査の夜警邏勤務と刑法第九五条の「公務員の職務の執行」 二、 何人かが不法に持ち出した巡査の拳銃等をその持ち出した者以外の者が返還のため携帯する行為といわゆる不法所持罪の犯意の存否
上告を棄却
訴四〇五条の上告理由に当らない(所論は、被告人の本件住居侵入の所為は、被告
837 件中 8/17 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in