裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61773 
刑事21916民事39857
罪名
住居侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
住居侵入の判決統計
24
7
0
25
27
42
8
837 件中 10/17 ぺージ
◀前    次▶
6 7 8 9 10 11 12 13 14
上告を棄却
侵入、強盗の犯行を認め前者につき刑法一三〇条を適用処断しているが、住居侵入...と同趣旨の記載があり、ただ住居侵入という罪名の表示がなかつたに過ぎないこと...も起訴が無効であると解することはできないばかりでなく、原判決は住居侵入と強
破棄
法一三〇条、罰金等臨時措置法三条によれば、住居侵入罪の罰金の多額は二千五百
破棄
 論旨は、原判決がその主文で住居侵入の点について「被告人を懲役六月に処す...言渡をしているのは、本件公訴事実が牽連関係にある住居侵入窃盗の事実であるに...実を起訴し、罪名として「窃盗刑法第二百三十五条、住居侵入同法第百三十条」と
牽連犯として起訴されたものと認められる住居侵入窃盗の事実について審理の結果住居侵入の点について有罪窃盗の点について犯罪の証明なしと認定する場合と主文
控訴を棄却
同一家屋内でまず金品を窃取し更に引続き金品を強取した場合の罪責
上告を棄却
区検察庁検察官事務取扱検察事務官の公訴提起
上告を棄却
憲法第二八条の保障する団結権ないし団体行動権の行使にあたらない一事例
上告を棄却
憲法第二八条の保障する団結権ないし団体行動権の行使にあたらない一事例
破棄
び住居侵入、殺人未遂乃至傷害の事実について)並びに(ホ)E方に於ける謀議の...告人の判示所為中住居侵入の点は刑法一三条六〇条に、殺人未遂の点は同二〇三条、...同一〇六条三号に該当するところ、住居侵入と殺人未遂、傷害の間には互に手段、
一 騒擾罪の成立には多衆の暴行脅迫が群集の暴動に発展し社会の治安を動揺せしめる危険または社会の治安に不安動揺を生ぜしめた事実を必要とするか 二 刑法第一〇六条にいわゆる「多衆」の意義 三 騒擾罪にあたる殺傷行為が特定の一個人に対するものである場合と騒擾罪の成否 四 騒擾罪の首魁の意義 五 騒擾罪の判示方法 六 不利益変更にあたる一事例
上告を棄却
居住者または看守者の居住または看守の権限の有無と居住侵入罪の成否。
上告を棄却
記録によれば第一審判決が起訴状記載の訴因を解して住居侵入の共同正犯と認め、
上告を棄却
一 捜索差押許可状の違法は差押調書の証拠能力に影響するか 二 同一書記官が第一、二審の審理に立ち会つたことと憲法第三七条
棄却
刑法第五条本文によりわが国の裁判所がさらに無期懲役刑を宣告する場合と同条但書の適用の有無
破棄
な十分に期待しうる正当の事由がない限り被告人の所為は住居侵入罪を構成するこ...人の看守する邸宅に侵入する行為となり住居侵入罪を構成するものと云わなければ... 被告人の判示所為中住居侵入の点は刑法第百三十条に窃盗未遂の点は同法第二百
一、 邸宅内に侵入後違法の目的を生じた場合と住居侵入罪の成立 二、 他人の宅地内にある物件の窃取行為と未遂罪の一形態
破棄
住居侵入の事実、原判示第四の多衆脅迫の事実及び原判示第五及び第七の住居侵入、
理由不備の違法ある一事例
上告を棄却
判決に罰金等臨時措置法第二条第一項の如き総則的規定を引用することの要否
上告を棄却
 現行刑法において住居侵入罪と窃盗罪とはその被害法益及び犯罪の構成要件を異...にし、住居侵入の行為は窃盗罪の要素に属せず、別個独立の行為であり、しかも通
住居侵入罪と窃盗罪との関係
上告を棄却
控訴趣意書に事実誤認の記載があつても、これを撤回したものと認められる場合における判断の要否
破棄
ると住居侵入の点は刑法一三〇条に、窃盗の点は同法二三五条に当るところ、両者
上告を棄却
公判調書に検察官の冒頭陳述の記載を欠いた場合と冒頭陳述の有無。
破棄
一 刑法第二三四条にいう「業務ヲ妨害シタル」ことの意義 二 同条にいう「威力」の意義
837 件中 10/17 ぺージ
◀前    次▶
6 7 8 9 10 11 12 13 14

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in