裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61523 
刑事21863民事39660
控訴を棄却
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
7042 件中 8/141 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
本件控訴を棄却する。...当であるから,本件控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
破棄
前項の部分につき,被上告人の控訴を棄却する。...却した第1審判決は正当であるから,上記部分につき,被上告人の控訴を棄却すべ
弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告を拒絶する行為と同照会をした弁護士会に対する不法行為の成否
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。...人らの請求を棄却した原判決は相当であるから,本件控訴を棄却することとし
東日本大震災により発生した災害廃棄物の処理施設の整備事業を対象とする補助金の交付が違法であるとはいえないとされた事例
章(原告標章2)の廃棄請求を除いたほか,別件一審判決を維持して控訴を棄却し
本件控訴を棄却する。...よって,本件控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
本件控訴を棄却する。...よって,本件控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
棄却
2 控訴人の乙事件に係る控訴を棄却する。
棄却
1審被告の控訴を棄却する。...係る1審被告の控訴を棄却した。...被告の控訴を棄却するとともに, 戻し前の控訴審における1
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。
国立大学の附属植物園の周辺道路について特別区が行う整備工事について、特別区が同大学との間で、同大学が同植物園の一部の用地を無償で道路法の適用を受ける道路とすることを承諾することなどを内容とする基本協定を締結したことが違法であり、その違法を原因として後続する上記整備工事に係る支出負担行為及び支出命令も違法となるなどとして、地方自治法242条の2第1項1号に基づき、特別区長等に対してされた上記支出負担行為及び支出命令の差止請求が棄却された事例
本件控訴を棄却する。...がなく,控訴人の請求を棄却した原判決は相当であるから,本件控訴を棄却するこ
本件控訴を棄却する。...よって,本件控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。
銃砲刀剣類所持等取締法11条7項の規定による猟銃所持許可の更新の申請をした者につき申請書提出先の警察署がその者に配偶者暴力のおそれがある旨の情報を得ていた場合において、申請書添付書類の同居親族書に別居中の妻子が同居親族として記載されていたことが、同法5条1項に規定する重要な事項についての虚偽の記載に該当しないとされた事例
懲役5年6月
被告人Bの本件控訴を棄却する。...そこで,刑訴法396条により被告人Bの本件控訴を棄却することとし,当
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。...を経ないで本件控訴を棄却することとし(最高裁第3小法廷昭和57年10月19
原告の本件控訴を棄却する。...被告の本件控訴を棄却する。
却下
控訴人のその余の控訴を棄却する。
1 特定地域及び準特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法(以下「特措法」という。)16条1項に基づいて指定された運賃(以下「公定幅運賃」という。)の範囲を下回る運賃の届出をした一般乗用旅客自動車運送事業者が上記届出をしたことを理由とする同法16条の4第3項に基づく運賃変更命令及び同命令に違反したことを理由とする同法17条の3第1項に基づく輸送施設の使用停止処分及び事業許可取消処分について提起した差止めの訴えにつき、上記の運賃変更命令及び事業許可取消処分について提起した差止めの訴えは適法であるが、上記の使用停止処分について提起した差止めの訴えは不適法であるとされた事例 2 近畿運輸局長による公定幅運賃の範囲の指定が裁量権の範囲を超え又はその濫用があったものとして違法であるとされた事例
その余の控訴を棄却する旨の控訴審判決をした。被告は,同判決を不服として,最...判所は,平成25年3月19日,同控訴を棄却する旨の判決をした。被告は,同判...平成27年10月29日,同控訴を棄却する旨の判決をした(乙85,159。
等裁判所も,平成16年9月29日,同旨の理由によりBの控訴を棄却
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。...よって,本件控訴を棄却することとして,主文のとおり判決する。
日用雑貨等の販売業において、商品を購入した顧客から返品又は交換等の申出を受けた際に使用する「お客様返金伝票」と題する伝票綴りが「判取帳」(印紙税法別表第1の20号)に当たるとされた事例
取り消す
1審原告の控訴を棄却する。...た部分の取消請求を棄却するとともに,1審原告の控訴を棄却することとし
カウンターインテリジェンス機能の強化に関する基本方針(平成19年8月9日カウンターインテリジェンス推進会議決定。ただし、平成23年12月6日付け改訂後のもの)のうち、クリアランス手続の構成に係る項目に関する情報、クリアランス手続の配意事項に関する情報等が行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号に当たるとされた事例
本件控訴を棄却する。...よって,本件控訴を棄却することとし,主文のとおり判決する。
控訴を棄却
本件控訴を棄却する。
薬事法(平成25年法律第84号による改正前のもの)2条14項に規定する指定薬物を所持する罪の故意が認められる場合
7042 件中 8/141 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in