裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61330 
刑事21820民事39510
破棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8382 件中 4/168 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
原判決を破棄する。...条1号,3号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...実の記録に当たるとして第1審判決を破棄し,本件公訴事実第1及び第2について
土地につき所有権移転登記等の申請をして当該登記等をさせた行為が電磁的公正証書原本不実記録罪に該当しないとされた事例
破棄
6年4月1日以降の賃金の支払請求を認容した部分を破棄し,...した部分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,同部分に関
私立大学の教員に係る期間1年の有期労働契約が3年の更新限度期間の満了後に期間の定めのないものとなったとはいえないとされた事例
破棄
の支払を命じた部分を破棄する。...ものとした部分は破棄を免れない。そして,成立した法定地上権がその後消滅した
地上建物に対する仮差押えが本執行に移行して強制競売手続がされた場合において、土地及び地上建物が当該仮差押えの時点で同一の所有者に属していたが、その後に土地が第三者に譲渡された結果、当該強制競売手続における差押えの時点では同一の所有者に属していなかったときの法定地上権の成否
破棄
原判決を破棄する。...破棄差戻し...97条1項,382条により原判決を破棄し,本件では,原審は,争点の
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れない。そし
弁護士法23条の2第2項に基づく照会に対する報告を拒絶する行為と同照会をした弁護士会に対する不法行為の成否
告が本件各ウェブサイトにアップデートした本件各著作物の画像データを破棄した...みの商品及び商品を撮影した写真データを破棄させる必要があるものと認められる。
棄却
と主張して,精神的損害及び同逮捕による身柄拘束時に破棄された物品代並び...捜査を中断すれば,被害品である本件商品を隠匿ないし破棄するなどの罪
取り消す
書の適用を受けることができるので,本件解雇は同項に違反しないとの理由で,差戻前の控訴審判決を破棄し,本件解雇の有効性に関する労働契約法1
破棄
求に関する部分を破棄する。...員の支払請求に関する部分は破棄を免れない。そして,上記承諾の有無等について
匿名組合契約の営業者が新たに設立される株式会社に出資するなどし、同社が営業者の代表者等から売買により株式を取得した場合において、営業者に匿名組合員に対する善管注意義務違反はないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
見舞金支払請求に関する1審原告敗訴部分の破棄差戻...求について,1審原告の敗訴部分を破棄するとしたのであるか...は,破棄差戻しとなった1審原告の敗訴部分である見舞金32
懲役1年10月
原判決を破棄する。...いる原判決は,全部の破棄を免れない。...第2 破棄自判
警察官らが、相手が警察官であることを認識していない被告人に対し、そのDNA型検査の資料を得るため、紙コップを手渡してお茶を飲むように勧め、そのまま廃棄されるものと考えた被告人から同コップを回収し、唾液を採取した行為につき、強制処分に該当し、違法であるとされた上、同行為及びこれに引き続く一連の手続には重大な違法があるなどとして、逮捕後に任意提出された口腔内細胞のDNA型鑑定に関する鑑定書の証拠能力が否定された事例
破棄
原判決を破棄する。...ら,事実誤認の論旨には理由があり,原判決は破棄を免れない。また,原判決...があり,結局,原判決は破棄を免れないので,刑訴法397条1項,382条に
1 検察官から実質証拠として取調べ請求がされた被告人の自白を内容とする取調べ状況の録音録画記録媒体について、取調べの必要性を否定して請求を却下した原審の証拠決定が、裁判所の合理的な裁量を逸脱したものとは認められないとされた事例 2 控訴審において検察官が取調べ請求をした被告人から弁護人を介し共犯者に授受された手紙について、刑訴法382条の2第1項の「やむを得ない事由」があるとされた事例
以上のとおり,乙50には重大な疑義があるから,原判決は破棄されなけれ
棄却
原判決中,上告人らの請求を棄却した部分を破棄す...の請求を棄却した部分は破棄を免れない。そして,A及びEの各損害賠償責任の有
市の経営する競艇事業の臨時従事員等により組織される共済会から臨時従事員に対して支給される離職せん別金に充てるため、市が共済会に対してした補助金の交付が、その後の条例の制定により遡って適法なものとなるとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...響を及ぼすことが明らかな法令の違反があるから,当該部分につき,原判決を破棄し,第1審判決を取り消して,上記請求に係る訴えを却下することとする。...に係る部分は破棄を免れない。そして,A,B,C及びDの各損害賠償責任の有無
市の経営する競艇事業の臨時従事員等により組織される共済会から臨時従事員に対して支給される離職せん別金に充てるため、市が共済会に対してした補助金の交付が、地方自治法232条の2所定の公益上の必要性の判断に関する裁量権の範囲を逸脱し、又はこれを濫用したものとして違法であるとされた事例
懲役1年,執行猶予
原判決を破棄する。...備に該当するといわざるを得ず,破棄を免れない。...破棄自判
懲役5年6月
原判決中被告人Aに関する部分を破棄する。...刑訴法397条2項により原判決中被告人Aに関する部分を破棄し,
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,前記説示によ
労働者が、業務を一時中断して事業場外で行われた研修生の歓送迎会に途中から参加した後、当該業務を再開するため自動車を運転して事業場に戻る際に、研修生をその住居まで送る途上で発生した交通事故により死亡したことが、労働者災害補償保険法1条、12条の8第2項の業務上の事由による災害に当たるとされた事例
懲役1年2月,執行猶予
原判決を破棄する。...同福祉的支援を継続させることが相当であり,被告人を実刑に処した原判決を破棄...そこで,刑訴法397条2項により原判決を破棄し,同法400条ただし書によ
懲役1年
原判決を破棄する。...破棄し,本件被告事件について更に判決することとする。
処断刑超過による非常上告(心神耗弱者の行為についての必要的減軽を看過)
棄却
原決定を破棄し,原々決定を取り消す。...く,原決定は破棄を免れない。
株式会社の株式の相当数を保有する株主が当該株式会社の株式等の公開買付けを行い、その後に当該株式会社の株式を全部取得条項付種類株式とし、当該株式会社が同株式の全部を取得する取引において、上記公開買付けが一般に公正と認められる手続により行われた場合における会社法(平成26年法律第90号による改正前のもの)172条1項にいう「取得の価格」
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...は破棄を免れない。そして,上記の点等について,更に審理を尽くさせるため,同
地方自治法(平成14年法律第4号による改正前のもの)100条12項及び13項の政務調査費の制度が設けられた後において、普通地方公共団体が地方議会の会派に対し、地方自治法232条の2に基づき補助金を交付することの可否
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄し,同部分につき第...部分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,同部分に関する
市が土地開発公社の取得した土地をその簿価に基づき正常価格の約1.35倍の価格で買い取る売買契約を締結した市長の判断が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用するものとして違法となるとはいえないとされた事例
の文書及び電磁的記録媒体について十分な秘密保全措置を講じた上で破棄すること
取り消す
としては,当該文書をそもそも作成していない場合,作成はされたが破棄又
被告は,別紙被告標章目録記載の標章を付した消臭剤を破棄せよ。...標章を付した消臭剤の破棄,②商標権侵害の不法行為に基づき,7009万550
破棄
原判決中被上告人の請求に関する部分を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決中被上告人の請求に関する部分は破棄を免れ
いわゆる花押を書くことと民法968条1項の押印の要件
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...うものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,第1審判決を取り消
外国国家が発行した円建て債券に係る償還等請求訴訟につき、当該債券の管理会社が任意的訴訟担当の要件を満たすものとして原告適格を有するとされた事例
破棄
原判決中被告人Aに関する部分を破棄する。...は破棄を免れない。...よって,刑訴法397条1項,379条により,原判決中Aに関する部分を破棄
懲役1年
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...部分は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれば,被上告人の請求は
拘置所に収容された被勾留者に対する国の安全配慮義務の有無
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,被上告人の請求は
拘置所長が死刑確定者から発信を申請された信書を返戻した行為が国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとされた事例
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...うものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上説示したところ
宅地建物取引業法30条1項前段所定の事由が発生した場合において、同条2項本文所定の公告がされなかったときにおける営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点
破棄
原判決を破棄する。...以上によれば,原判決は破棄を免れず,本件差押えが適法であるとして被上告人
信託契約の受託者が所有する複数の不動産の固定資産税に係る滞納処分としてされた、上記不動産のうちの信託財産である土地とその上にある固有財産である家屋に係る賃料債権の差押えが、適法であるとされた事例
棄却
を破棄するなどしたが,一部の回答については破棄を明言していないし,...破棄したというDVDも,そのデータのコピーは極めて容易であるから,
棄却
を受領しておきながらこれを破棄するなどして隠滅したと認めることはでき
上告を棄却
判決を破棄し,事件を第1審に差し戻した原判決は相当である。
1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
破棄
原判決を破棄する。...条1号,3号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...は事実誤認があるとして破棄し,被告人に禁錮2年,4年間執行猶予を言い渡した
自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
棄却
年6か月分の営業利益の賠償義務を認めた原判決を破棄し,カラオケ店の
破棄
原判決中上告人ら敗訴部分を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決中上告人ら敗訴部分は破棄を免れない。
顧客が証券会社の販売する仕組債を運用対象金融資産とする信託契約を含む一連の取引を行った際に証券会社に説明義務違反があったとはいえないとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。以上に説示したところに
1 個人情報の一部を不開示とする決定の取消しを求める訴えが、行政事件訴訟法14条1項本文の定める出訴期間を経過した後に提起されたものとされた事例 2 個人情報の一部を不開示とする決定の取消しを求める訴えが出訴期間を経過した後に提起されたことにつき、行政事件訴訟法14条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとはいえないとされた事例
取り消す
上,控訴審判決中の控訴人敗訴部分を破棄し,各所得税の更正処分等に係る部
米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者が、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除して所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」がないとされた事例
または破棄しなければならないとされていることから...納し,又は破棄しなければならない。」とされている(同55条...資料,データその他の情報を直ちに返納し,又は破棄することとは
上告を棄却
訴部分を破棄し,同部分につき第1審判決を取り消...決のうち第1審被告Y 1 敗訴部分は破棄を免れない。この点をいう第1審被告Y 1
1 精神障害者と同居する配偶者と民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」 2 法定の監督義務者に準ずべき者と民法714条1項の類推適用 3 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の妻が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例 4 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の長男が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例
告が本訴請求に係る訴えを提起して本件基本合意を一方的に破棄したことは,本件
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れな
1 就業規則に定められた賃金や退職金に関する労働条件の変更に対する労働者の同意の有無についての判断の方法 2 合併により消滅する信用協同組合の職員が、合併前の就業規則に定められた退職金の支給基準を変更することに同意する旨の記載のある書面に署名押印をした場合において、上記変更に対する当該職員の同意があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
さらに,平成22年最判によって破棄された原判決は,取消訴訟等を経ず
却下
考え方を示して破棄し,原審に差し戻した最高裁判所平成24年(行ヒ)
食品衛生法58条2項所定の調査と抗告訴訟の対象
と専属的所属契約を締結していたところ,被控訴人Y₁が同契約を一方的に破棄し
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...原判決のうち上告人敗訴部分は破棄を免れない。そして,被上告人が他に主張する
特別の利害関係を有する理事が加わってされた漁業協同組合の理事会の議決の効力
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...以上説示したところによれば,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れず,被上告
台湾統治中の日本がXの父親を含む台湾の一民族の暮らしぶりを博覧会で見せ物として展示したという内容を含むテレビ番組が、Xの名誉を毀損するものではないとされた事例
8382 件中 4/168 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in