裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61523 
刑事21863民事39660
破棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8398 件中 5/168 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
棄却
を受領しておきながらこれを破棄するなどして隠滅したと認めることはでき
上告を棄却
判決を破棄し,事件を第1審に差し戻した原判決は相当である。
1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
破棄
原判決を破棄する。...条1号,3号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...は事実誤認があるとして破棄し,被告人に禁錮2年,4年間執行猶予を言い渡した
自動車運転過失致死の公訴事実について防犯カメラの映像と整合しない走行態様を前提に被告人を有罪とした原判決に、審理不尽の違法、事実誤認の疑いがあるとされた事例
棄却
年6か月分の営業利益の賠償義務を認めた原判決を破棄し,カラオケ店の
破棄
原判決中上告人ら敗訴部分を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決中上告人ら敗訴部分は破棄を免れない。
顧客が証券会社の販売する仕組債を運用対象金融資産とする信託契約を含む一連の取引を行った際に証券会社に説明義務違反があったとはいえないとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。以上に説示したところに
1 個人情報の一部を不開示とする決定の取消しを求める訴えが、行政事件訴訟法14条1項本文の定める出訴期間を経過した後に提起されたものとされた事例 2 個人情報の一部を不開示とする決定の取消しを求める訴えが出訴期間を経過した後に提起されたことにつき、行政事件訴訟法14条1項ただし書にいう「正当な理由」があるとはいえないとされた事例
取り消す
上,控訴審判決中の控訴人敗訴部分を破棄し,各所得税の更正処分等に係る部
米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者が、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除して所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」がないとされた事例
または破棄しなければならないとされていることから...納し,又は破棄しなければならない。」とされている(同55条...資料,データその他の情報を直ちに返納し,又は破棄することとは
上告を棄却
訴部分を破棄し,同部分につき第1審判決を取り消...決のうち第1審被告Y 1 敗訴部分は破棄を免れない。この点をいう第1審被告Y 1
1 精神障害者と同居する配偶者と民法714条1項にいう「責任無能力者を監督する法定の義務を負う者」 2 法定の監督義務者に準ずべき者と民法714条1項の類推適用 3 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の妻が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例 4 線路に立ち入り列車と衝突して鉄道会社に損害を与えた認知症の者の長男が法定の監督義務者に準ずべき者に当たらないとされた事例
告が本訴請求に係る訴えを提起して本件基本合意を一方的に破棄したことは,本件
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れな
1 就業規則に定められた賃金や退職金に関する労働条件の変更に対する労働者の同意の有無についての判断の方法 2 合併により消滅する信用協同組合の職員が、合併前の就業規則に定められた退職金の支給基準を変更することに同意する旨の記載のある書面に署名押印をした場合において、上記変更に対する当該職員の同意があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
さらに,平成22年最判によって破棄された原判決は,取消訴訟等を経ず
却下
考え方を示して破棄し,原審に差し戻した最高裁判所平成24年(行ヒ)
食品衛生法58条2項所定の調査と抗告訴訟の対象
と専属的所属契約を締結していたところ,被控訴人Y₁が同契約を一方的に破棄し
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...原判決のうち上告人敗訴部分は破棄を免れない。そして,被上告人が他に主張する
特別の利害関係を有する理事が加わってされた漁業協同組合の理事会の議決の効力
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...以上説示したところによれば,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れず,被上告
台湾統治中の日本がXの父親を含む台湾の一民族の暮らしぶりを博覧会で見せ物として展示したという内容を含むテレビ番組が、Xの名誉を毀損するものではないとされた事例
棄却
を及ぼすことが明らかである。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そし
破棄
原判決を破棄する。...及ぼすことが明らかである。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そし
破棄
原判決を破棄する。...を及ぼすことが明らかである。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そし
破棄
原判決を破棄する。...をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上告人の保証債務の免責の抗弁について更に審理を尽くさせるため,本件を原審に差し戻すことと
1 信用保証協会と金融機関との間で保証契約が締結されて融資が実行された後に主債務者が反社会的勢力であることが判明した場合において、信用保証協会の保証契約の意思表示に要素の錯誤がないとされた事例 2 金融機関による融資の主債務者が反社会的勢力であったときにおける信用保証協会と金融機関との間の信用保証に関する基本契約に定められた保証債務の免責条項にいう「保証契約に違反したとき」に当たる場合
却下
原命令を破棄する。...があり,原命令は破棄を免れない。
抗告提起の手数料の納付を命ずる裁判長の補正命令を受けた者が、当該命令において定められた期間の経過後にこれを納付した場合の抗告状の効力
上告を棄却
決を破棄して損害額の算定のため本件を原審に差し戻すのが相当と考える。以下に
1 民法733条1項の規定のうち100日の再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 2 民法733条1項の規定のうち100日を超えて再婚禁止期間を設ける部分と憲法14条1項、24条2項 3 立法不作為が国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受ける場合 4 国会が民法733条1項の規定を改廃する立法措置をとらなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではないとされた事例
上告を棄却
けるべきものであるから,原判決を破棄して損害額の算定のため本件を差し戻すの
1 民法750条と憲法13条 2 民法750条と憲法14条1項 3 民法750条と憲法24条
破棄
破棄する。...と同旨をいう論旨は理由があり,原判決のうち上記部分は破棄を免れない。そし
本訴請求債権が時効消滅したと判断されることを条件とする、反訴における当該債権を自働債権とする相殺の抗弁の許否
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...ある。論旨は理由があり,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れない。そして,以
国家公務員共済組合法(平成24年法律第63号による改正前のもの)附則12条の12第4項及び厚生年金保険法等の一部を改正する法律(平成8年法律第82号)附則30条1項と憲法41条及び73条6号
破棄を求め,代理人を通じて警告文を送付しております。」と記載されて
破棄
求に関する部分を破棄し,同部分につき第1審判決
特例財団法人は、その同一性を失わせるような根本的事項の変更に当たるか否かにかかわらず、その定款の定めを変更することができるか
変お手数ですが,誤っての使用を避ける為,破棄をお願いします。」「無断使用が...そして,被告Aⅱは,本件各写真についてデータの破棄を求められていたにもか
破棄
原判決を破棄する。...論旨は以上の趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。
1 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合と不利益変更禁止の原則 2 訴訟上の和解が成立したことによって訴訟が終了したことを宣言する第1審判決に対し被告のみが控訴した場合において、控訴審が、当該和解が無効であり、かつ、請求の一部に理由があるが第1審に差し戻すことなく自判をしようとするときの判決主文
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...う。)について,上告人が,Aが故意に本件遺言書を破棄したことにより本件遺言...破棄したとき」には該当しないとして,上告人の請求を棄却すべきものとした。
遺言者が自筆証書である遺言書の文面全体に故意に斜線を引く行為が民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当し遺言を撤回したものとみなされた事例
審原告との事前交渉を一方的に破棄したという事情),②仮処分手続や無効審判2
破棄
原判決を破棄する。...の違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,本件債務免
権利能力のない社団の理事長及び専務理事の地位にあった者が当該社団からの借入金債務の免除を受けることにより得た利益が、所得税法28条1項にいう賞与又は賞与の性質を有する給与に当たるとされた事例
品を破棄したと主張するが,これを認めるに足りる証拠がない以上,被告製
しかしながら,日米通商航海条約破棄は,米国からの輸入に依存していたが日本
棄却
察官に対する処分や任意提出させた物品の破棄など,何らの是正措置が採ら...提出に抗議するとともに,本件任意提出物の謄本の破棄を求める旨の書面を...提出した。しかし,本件任意提出物の謄本は破棄されていない。
である。即ち,呼の確立もしくは破棄またはソフト渡し中の第2の呼
破棄
原判決中自動車運転過失傷害に関する部分を破棄する。...とは明らかであるから,論旨はその限りで理由があり,破棄を免れないのに対し,...条1項,382条によりこれを破棄して,同法400条ただし書により更に判決す
懲役3年
原判決中被告人に関する部分を破棄する。...79条により,原 判決中被告人に関 する部 分を破棄し ,同法400条た だし
破棄
原判決中,上告人敗訴部分を破棄する。...敗訴部分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,被上告人ら...記破棄部分のうち上記請求に係る部分につき,本件を原審に差し戻すこととする。
1 外国法に基づいて設立された組織体が所得税法2条1項7号及び法人税法2条4号に定める外国法人に該当するか否かの判断の方法 2 米国デラウェア州の法律に基づいて設立されたリミテッド・パートナーシップが行う不動産賃貸事業に係る投資事業に出資した者につき、当該賃貸事業に係る損失の金額を同人の所得の金額から控除することができないとされた事例
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...以上によれば,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れない。そして,本件各土地
登記簿の表題部の所有者欄に「大字西」などと記載されている土地につき、地方税法343条2項後段の類推適用により、当該土地の所在する地区の住民により組織されている自治会又は町会が固定資産税の納税義務者に当たるとした原審の判断に違法があるとされた事例
属的所属契約を締結していたところ,被告X1が同契約を一方的に破棄して...衣装の全てを旧倉庫から共同して持ち出し,その後,一部を破棄し,
ードバックメッセージは利用されず,データ送信者側で破棄される。更新
懲役2年
を破棄し,被告を懲役2年に処し,その刑の執行を4年間猶予した。上告
懲役2年
を破棄し,原告を懲役2年に処し,その刑の執行を4年間猶予した。上告
破棄
部分を破棄し,同部分につき第1審判決を取り消す。...る部分は破棄を免れず,同部分につき第1審判決を取り消し,上記の取消請求をい
1 匿名組合契約に基づき匿名組合員が受ける利益の分配と所得区分の判断 2 匿名組合契約に基づき航空機のリース事業に出資をした匿名組合員が、当該契約に基づく損失の分配を不動産所得に係るものとして所得税の申告をしたことにつき、国税通則法65条4項にいう「正当な理由」があるとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...る。論旨はこれと同旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そ
労働者災害補償保険法による療養補償給付を受ける労働者につき、使用者が労働基準法81条所定の打切補償の支払をすることにより、解雇制限の除外事由を定める同法19条1項ただし書の適用を受けることの可否
破棄
原略式命令を破棄する。...破棄し,同法338条4号により本件公訴を棄却することとし,裁判官全員一致の
反則行為について通告を欠いたまま反則金不納付事件として発付された略式命令に対する非常上告
破棄
原略式命令を破棄する。...を破棄し,同法336条前段により,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決
「車両通行帯の設けられた道路」と誤認して法定の車両通行帯以外を通行したとしてされた略式命令に対する非常上告
破棄
原判決を破棄する。...断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,本判決の示すところに従い,本件発明の技
1 物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームにおける特許発明の技術的範囲の確定 2 物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームと明確性要件
破棄
原判決を破棄する。...破棄を免れない。そして,本判決の示すところに従い,本件発明の要旨を認定し,
物の発明についての特許に係る特許請求の範囲にその物の製造方法が記載されているいわゆるプロダクト・バイ・プロセス・クレームにおける発明の要旨の認定
8398 件中 5/168 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in