裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61330 
刑事21820民事39510
破棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8382 件中 6/168 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...うものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,第1審判決を取り消
行政手続法12条1項により定められ公にされている処分基準に先行の処分を受けたことを理由として後行の処分に係る量定を加重する旨の定めがある場合における先行の処分の取消しを求める訴えの利益
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れない。そし
職場における性的な内容の発言等によるセクシュアル・ハラスメント等を理由としてされた懲戒処分が懲戒権を濫用したものとはいえず有効であるとされた事例
破棄
原判決中上告人ら敗訴部分を破棄し,同部分につき...反がある。論旨は理由があり,原判決中上告人ら敗訴部分は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれば,上記部分に関する被上告人の請求はいずれも理
非上場会社が株主以外の者に発行した新株の発行価額が商法(平成17年法律第87号による改正前のもの)280条ノ2第2項にいう「特ニ有利ナル発行価額」に当たらない場合
破棄
原判決を破棄する。...第3 破棄自判...よって,刑訴法397条1項,382条により,原判決を破棄し,同法400条た
破棄することについて了解を得てから行った。
懲役20年
原判決が第1審判決を破棄して無期懲役に処した理由の要旨...原判決は,第1審判決を破棄し,被告人を無期懲役に処したが,その理由の要旨...と認めた判断の具体的,説得的な根拠を示したものとは言い難い。第1審判決を破棄して無期懲役に処した原判決は,第1審判決の前記判断が合理的ではなく,本件
被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
上告を棄却
原判決が第1審判決を破棄して無期懲役に処した理由の要旨...原判決は,第1審判決を破棄し,被告人を無期懲役に処したが,その理由の要旨...具体的,説得的な根拠を示したものとはいえない。第1審判決を破棄して無期懲役
被告人を死刑に処した裁判員裁判による第1審判決を量刑不当として破棄し無期懲役に処した原判決の量刑が維持された事例
時に取次会社により回収され,被告会社に戻ることなく破棄されている。
棄却
際し,調査に対して真実を述べることや,証拠の破棄,隠匿,改ざんや...調査チームによる調査に際し,調査対象となる書類を破棄・隠匿するな
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上説示したと...金等の支払義務を認めた原審の判断には法令の違反があるとして原判決を破棄した
共同企業体を請負人とする請負契約における請負人「乙」に対する公正取引委員会の排除措置命令等が確定した場合「乙」は注文者「甲」に約定の賠償金を支払うとの約款の条項の解釈
取り消す
令の違反があるとして,控訴審判決のうち被告に関する部分が破棄
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上記説示したところによれば,上
相続税につき減額更正がされた後に増額更正がされた場合において、上記増額更正により新たに納付すべきこととなった税額に係る部分について上記相続税の法定納期限の翌日からその新たに納付すべきこととなった税額の納期限までの期間に係る延滞税が発生しないとされた事例
破棄
原審各判決を破棄する。...論旨は理由があり,原審各判決は破棄を免れない。そして,以上説示したところに
公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の合憲性
破棄,罰金88万円
原判決を破棄する。...法411条1号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...おり判示した上,本件は無許可輸出の予備罪にとどまるとして第1審判決を破棄
関税法111条3項、1項1号の無許可輸出罪につき実行の着手があるとされた事例
破棄,罰金88万円
原判決を破棄する。...法411条1号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...おり判示した上,本件は無許可輸出の予備罪にとどまるとして第1審判決を破棄
関税法111条3項、1項1号の無許可輸出罪につき実行の着手があるとされた事例
破棄
原決定を破棄し,原々決定に対する抗告を棄却する。...の違反がある。論旨は理由があり,原決定は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれば,相手方らに対し本件各文書の提出を命じた原々決定は正当であ
岡山県議会の議員が県から交付された政務調査費の支出に係る1万円以下の支出に係る領収書その他の証拠書類等及び会計帳簿が民訴法220条4号ニ所定の「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たらないとされた事例
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...は,この趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上
公序良俗に反する無効な出資と配当に関する契約により給付を受けた金銭の返還につき、当該給付が不法原因給付に当たることを理由として拒むことは信義則上許されないとされた事例
破棄
原判決を破棄する。
生活保護法62条3項に基づく保護の廃止の決定に先立ち、処分行政庁による被保護者に対する同法27条1項に基づく指示が生活保護法施行規則19条により書面によって行われた場合において、当該書面に記載されていた事項に代わる対応として処分行政庁が口頭で指導していた事項が指示の内容に含まれると解することはできないとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れな
女性労働者につき妊娠中の軽易な業務への転換を契機として降格させる事業主の措置の、「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」9条3項の禁止する取扱いの該当性
棄却
成され,電子ファイルに供された紙の書籍は控訴人らの手元で破棄さ
客を対象とした行動予定表を作成し,これに従って,行動予定表の使用後の破棄
イ号物件では一時的にしか使用されず,毎回破棄される一時的識別子
破棄
原判決中,被上告人X1に関する上告人敗訴部分を破棄する。...以上によれば,原判決中,被上告人X 1 に関する上告人敗訴部分は破棄を免れ
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとされた事例
破棄
原判決中次の部分を破棄する。...前項の破棄部分につき,本件を大阪高等裁判所に差し戻す。...を除く部分は破棄を免れず,上記破棄部分については,更に審理を尽くさせるた
労働大臣が石綿製品の製造等を行う工場又は作業場における石綿関連疾患の発生防止のために労働基準法(昭和47年法律第57号による改正前のもの)に基づく省令制定権限を行使しなかったことが国家賠償法1条1項の適用上違法であるとはいえないとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
制が採用されており,平成▲年の東京高裁決定が最高裁判所により破棄...ていたから,被告P1が平成▲年の東京高裁決定に言及する際に破棄さ
元市長に対する債権を放棄する旨の市議会における議決がその裁量権の範囲の逸脱又は濫用に当たらないとして、現市長が上記債権を放棄する旨の意思表示をしないのはその権限を濫用するものであり、市による上記債権の行使が信義則に反するとされた事例
棄却
原決定を破棄する。...反がある。論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,原決定は破棄を免れな
1 行政組織法上の行政機関以外の組織が行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たった下級行政機関」に該当する場合 2 日本年金機構の下部組織である事務センターが行政事件訴訟法12条3項にいう「事案の処理に当たった下級行政機関」に該当しないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...以上と異なる原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を免れな
土地又は家屋につき賦課期日の時点において登記簿又は補充課税台帳に登記又は登録がされていない場合における、賦課決定処分時までに賦課期日現在の所有者として登記又は登録されている者の固定資産税の納税義務の有無
破棄
原判決を破棄する。...反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上の見地を踏
借地借家法32条1項の規定に基づく賃料増減請求により増減された賃料額の確認を求める訴訟の確定判決の既判力
取り消す
に破棄することは不当労働行為を構成する。...る労働組合等との基本協定の破棄)を実施したのであり,平成▲年度不
破棄
する部分を破棄し,同部分につき第1審判決を取...う限度において理由があり,原判決のうち上記の上告人らに関する部分は破棄を免
1 産業廃棄物処分業及び特別管理産業廃棄物処分業の許可処分及び許可更新処分の取消訴訟及び無効確認訴訟と産業廃棄物の最終処分場の周辺住民の原告適格 2 産業廃棄物の最終処分場の周辺住民が産業廃棄物処分業及び特別管理産業廃棄物処分業の許可処分の無効確認訴訟並びに上記各処分業の許可更新処分の取消訴訟の原告適格を有するとされた事例
破棄
破棄する。...年5分の割合による金員を超える金員の支払請求に関する部分は破棄を免れない。
元利均等分割返済方式によって返済する旨の約定で金銭消費貸借契約が締結された場合において、借主から約定の毎月の返済額を超過する額の支払がされたときの充当関係
取り消す
るものとして承認しないものとし,二審判決を破棄して差し戻す判決をし...審判決を破棄して差し戻すという判決をし,その後である同年10月24
行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条3号及び同条4号所定の不開示情報該当性の主張立証責任と判断基準
破棄
原判決中上告人敗訴部分を破棄する。...のとして理由があり,原判決中上告人敗訴部分は破棄を免れない。そして,上記の
元利均等分割返済方式によって返済する旨の約定で金銭消費貸借契約が締結された場合において、借主から約定の毎月の返済額を超過する額の支払がされたときの充当関係
懲役10年
原判決及び第1審判決を破棄する。...は,刑訴法411条2号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりであ...択の余地のある範囲内に収まっているというのみで合理的な理由なく第1審判決の量刑を是認した原判決は,甚だしく不当であって,これを破棄しなければ著しく正
傷害致死の事案につき、懲役10年の求刑を超えて懲役15年に処した第1審判決及びこれを是認した原判決が量刑不当として破棄された事例
棄却
ら得たデータを全て破棄した。...提供された教材をすべて破棄し,短時間で教材を作成する必要に見舞われ,この
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれ
夫と民法772条により嫡出の推定を受ける子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであるなどの事情がある場合における親子関係不存在確認の訴えの許否
破棄
原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。...は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれ
夫と民法772条により嫡出の推定を受ける子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであるなどの事情がある場合における親子関係不存在確認の訴えの許否
棄却
原決定を破棄し,原々決定を取り消す。...原決定は破棄を免れない。...があるというべきであるから,原決定を破棄して,本件を原審に差し戻すのが相
1 株式会社の解散の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 当事者の一方の請求に対して訴え却下又は請求棄却の判決を求めるのみの独立当事者参加の申出の適否
上告を棄却
を理由に第1審判決を破棄し,被告人に対し無罪の言渡しをした。
女子高校生に強いてわいせつな行為をして殺害したとして起訴された事案につき、目撃証言の信用性を否定するなどして事実誤認を理由に有罪(無期懲役)の第1審判決を破棄し無罪とした原判決が是認された事例(舞鶴女子高校生殺害事件)
懲役20年
原判決を破棄する。...理則違反があるというべきであるから,破棄を免れない。他方,弁護人の事実誤...そこで,刑訴法397条1項,382条により原判決を破棄し,同法400条
破棄
原判決中,上告人の第2次的請求に関する部分を破棄する。...2次的請求に関する部分は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれ
再生債務者が支払の停止の前に再生債権者から購入した投資信託受益権に係る再生債権者の再生債務者に対する解約金の支払債務の負担が、民事再生法93条2項2号にいう「前に生じた原因」に基づく場合に当たらず、上記支払債務に係る債権を受働債権とする相殺が許されないとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...あり,原判決は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれば,被上告人
再生債務者と別除権者との間で締結された別除権の行使等に関する協定における同協定の解除条件に関する合意が、再生債務者がその再生計画の履行完了前に再生手続廃止の決定を経ずに破産手続開始の決定を受けた時から同協定が効力を失う旨の内容をも含むものとされた事例
破棄
原判決中,上告人敗訴部分を破棄する。...以上によれば,原判決中,上告人敗訴の部分は破棄を免れない。そして,被上告...破棄部分につき本件を原審に差し戻すこととする。
1 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち、議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず、当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法21条1項 2 府中市議会議員政治倫理条例(平成20年府中市条例第26号)4条1項及び3項の規定のうち、議員の2親等以内の親族が経営する企業は市の工事等の請負契約等を辞退しなければならず、当該議員は当該企業の辞退届を徴して提出するよう努めなければならない旨を定める部分と憲法22条1項及び29条
に係る部分について原判決を破棄し,東京高裁に差し戻した(最高裁平成5年
請求に係る部分について原判決を破棄し,東京高裁に差し戻した(最高裁平
不測のデータ中断の発生により破棄される時にだけ用いられる」もので,SDUを...の破棄を要求する。不測のデータ中断を受信した後,MAC層は,MAC要求を送...従って,RLC層はMAC層に少なくとも一つのPDUを伝送し,破棄されたSD
取り消す
差戻し前の控訴審判決中1審被告敗訴部分は破棄を免れないとして,上記部
破棄
原判決を破棄する。...うものとして理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,上記の点については
1 人事に関する訴え以外の訴えにおける民訴法118条1号のいわゆる間接管轄の有無の判断基準 2 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがある者が提起する差止請求に関する訴えと民訴法3条の3第8号の「不法行為に関する訴え」 3 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがある者が提起する差止請求に関する訴えにおける民訴法3条の3第8号の「不法行為があった地」の意義 4 違法行為により権利利益を侵害され又は侵害されるおそれがあるとして差止請求を認めた外国裁判所の判決について民訴法118条1号のいわゆる間接管轄の有無を判断する場合において、民訴法3条の3第8号の「不法行為があった地」が当該外国裁判所の属する国にあるというために証明すべき事項
破棄
原判決を破棄する。...条1号により破棄を免れない。その理由は,以下のとおりである。...第1審判決を破棄し,事件を第1審に差し戻した原判決には違法があるから,その
公判前整理手続を終了するに当たり確認された争点に明示的に掲げられなかった点につき、公判手続で争点として提示する措置をとることなく認定した第1審判決に違法はないとされた事例
8382 件中 6/168 ぺージ
◀前    次▶
2 3 4 5 6 7 8 9 10

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in