裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
破棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
25760 件中 8/516 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
懲役3年
原判決を破棄する 。...刑は,重きに失し て破棄を免れず, 執行猶予を付すべ きであると...よって,刑事 訴訟法397条2 項により原判決を 破棄し,同法
棄却
原決定を破棄する。
1 仲裁人が当事者に対して仲裁法18条4項にいう「自己の公正性又は独立性に疑いを生じさせるおそれのある」事実が生ずる可能性があることを抽象的に述べたことは、同項にいう「既に開示した」ことに当たるか 2 仲裁人が、当事者に対して仲裁法18条4項にいう「自己の公正性又は独立性に疑いを生じさせるおそれのある」事実を開示しなかったことについて、同項所定の開示義務に違反したというための要件
上告を棄却
との明らかな事実誤認があるとして,第1審判決を破棄し,被告人を懲役3年,5
共犯者による欺罔行為後にだまされたふり作戦開始を認識せずに共謀の上被害者から発送された荷物の受領行為に関与した者が詐欺未遂罪の共同正犯の責任を負うとされた事例
控訴を棄却
原判決に,訴訟手続の法令違反に該当する破棄事由はない。...する破棄理由は存しない。
控訴を棄却
原判決に,訴訟手続の法令違反に該当する破棄事由はない。...79条に該当する破棄理由は存しない。
上告を棄却
死刑の量刑が維持された事例(大阪ドラム缶遺体事件)
破棄
原判決を破棄する。...破棄自判...そこで,刑訴法397条1項,382条により原判決を破棄した上,同法400
上告を棄却
である」として,原判決を破棄したものである。...いう所論は,原判決破棄の理由にならない。なお,このように原判決を維持するこ
強制わいせつ罪の成立と行為者の性的意図の要否
契約等の合意を一方的に破棄し,取引を終了させたことにより,損害を被っ
棄却
判断は失当であるとして上記無罪判決を破棄し,東京地方裁判所に差し戻す判決
懲役15年
原判決を破棄する。...由から破棄を免れない。...刑訴法397条1項,379条により原判決を破棄した上,さらに審理を尽くさせ
懲役3年
原判決を破棄する。...原判決の上記判断は論理則経験則違反があるというほかなく,破棄を免...実の誤認があり破棄を免れないところ,原判決には更に後記4(4),(5)のとおりの
破棄
原判決中,主文第1項を破棄する。...は破棄を免れない。そして,以上に説示したところによれば,同部分につき,上告
1 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項にいう株式の保有に係る事業に含まれるとはいえないとされた事例 2 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項及び4項にいう主たる事業であるとされた事例
破棄
原判決を破棄する。...令の違反がある。論旨は,この趣旨をいうものとして理由があり,原判決は破棄を
個人情報の漏えいを理由とする損害賠償請求訴訟における損害に関する原審の判断に審理不尽の違法があるとされた事例
却下
破棄差戻し...れたが,控訴審で破棄差戻しとなり,上告は棄却された。差戻し後の第2次第1審
却下
を破棄して周辺住民らの控訴を棄却する判決を言い渡した(裁判集民事224
却下
原決定を破棄し,原々決定を取り消す。...反がある。論旨は理由があり,原決定は破棄を免れない。そこで,本件申立てを却
債権差押命令の申立書には請求債権中の遅延損害金につき申立日までの確定金額を記載させる執行裁判所の取扱いに従って債権差押命令の申立てをした債権者が差押債権の取立てとして金員の支払を受けた場合、申立日の翌日以降の遅延損害金も上記金員の充当の対象となる
破棄
原決定を破棄する。...以上によれば,原決定は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれ
1 弁護士法25条1号に違反する訴訟行為及び同号に違反して訴訟代理人となった弁護士から委任を受けた訴訟復代理人の訴訟行為について、相手方である当事者は、上記各行為を排除する旨の裁判を求める申立権を有する 2 弁護士法25条1号に違反することを理由として訴訟行為を排除する旨の決定に対し、自らの訴訟代理人又は訴訟復代理人の訴訟行為を排除するものとされた当事者は即時抗告をすることができるが、その訴訟代理人又は訴訟復代理人は自らを抗告人とする即時抗告をすることができない 3 破産管財人を原告とする訴訟において、破産者の依頼を承諾したことのある弁護士が被告の訴訟代理人として訴訟行為を行うことが、弁護士法25条1号に違反するとされた事例
25760 件中 8/516 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in