裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61523 
刑事21863民事39660
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
5466 件中 3/110 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
却下
大阪労働局長が平成24年11月26日付けで原告に対してした一部開...及び大阪労働局長の同年4月8日付け通知により開示された部分を除く。...阪労働局長の同年4月8日付け通知により開示された部分を除く。..
却下
被告が平成29年6月27日付けで原告に対してした代理援助の不開始決定...の申込みに対して,日本司法支援センター東京地方事務所上野出張所長名でさ...行政事件訴訟法3条2項に規定する処分の取消しの訴え及び同条6項2号に規..
取り消す
処分行政庁が平成27年10月16日付けで原告に対してしたP1の厚...生年金保険原簿を訂正しない旨の処分のうち,平成20年7月1日から平...成23年8月21日までの期間について訂正しない部分を取り消す。..
取り消す
板橋区長が平成28年10月6日付けで原告に対してした公文書の部分公...橋区を被告とする訴訟事件の判決書の正本の公開を請求したところ,同条例6...条1項2号及び6号に該当する非公開情報に係る部分を除いて公開する旨の部..
棄却
処分行政庁が,平成26年10月30日付けで控訴人Aに対してした,平成...21年▲月▲日相続開始に係る相続税の更正処分のうち納付すべき税額3億5...201万1400円を超える部分及び重加算税賦課決定を取り消す。..
取り消す
東京入国管理局長が原告に対して平成27年12月10日付けで...した出入国管理及び難民認定法49条1項の規定による異議の申出...東京入国管理局主任審査官が原告に対して平成28年2月29日..
却下
α区議会幹事長会出席権及び発言権確認等請...各派代表者会出席権及び発言権確認等請求事件(以下「乙事件」という。...本件訴えのうち,原告がα区議会幹事長会及びα区議会各派代表者会に..
控訴を棄却
平成29年(行コ)第76号措置入院処分の取消し請求控訴事件(原審・東京地方裁...東京都知事が平成27年10月28日付けで控訴人に対してした措置入院決...「法」という。)29条1項に基づく措置入院決定の取消しを求めた事案である。..
被告は,原告らに対し,各126万5618円及びこれに対する平成2...9年1月12日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。...項4号に基づき愛知県知事に対して不当利得返還請求の義務付けを求めて提起した..
却下
本件訴えのうち,在留特別許可処分の義務付けを求める部分を却...東京入国管理局長が原告に対して平成27年11月18日付けで...した出入国管理及び難民認定法49条1項の規定による異議の申出..
取り消す
P1税務署長が平成23年2月18日付けで原告P2の相続税につい...てした更正処分のうち納付すべき税額5億7830万4100円を超え...P1税務署長が平成23年12月12日付けでした原告 P2の相続..
市街化区域内にある無道路地である雑種地の時価(相続税法22条)につき、財産評価基本通達に定める評価方式によっては適正な時価を算定することができない特別の事情があるとして、相続税更正処分等が一部取り消された事例
却下
旅館業法3条1項に定める江東区長の許可を受ける義務を負わないことを確...提供するに際し,旅館業法3条1項所定の江東区長の許可を受ける義務を負わ...本件に関係する旅館業法及び旅館業法施行令の定めは,別紙2「旅館業法及..
却下
本件訴えのうち,平成28年10月1日から同年11月30日ま...での期間の補償金及びこれに対する過怠金の支払を求める部分を却...被告は,原告に対し,35億5904万1712円及びうち29億9967..
取り消す
処分行政庁が原告に対して平成27年4月1日付け○第○号をも...処分行政庁が原告に対して平成27年4月1日付け○第○号をもっ...てした保有個人情報一部開示決定のうち保有個人情報を開示しない部..
取り消す
被告が平成26年6月11日付けで野村證券株式会社に対してした原告に係...る外務員の登録を取り消す旨の処分を取り消す。...被告は,内閣総理大臣から金融商品取引業者等の外務員の登録に関する事務..
棄却
外務大臣が平成27年2月6日付けで原告に対してした一般旅券の返納命令...外務大臣が平成27年4月7日付けで原告に対してした一般旅券の発給処分...る計画を有していたところ,外務大臣から平成27年2月6日付けで旅券法1..
控訴を棄却
平成28年(行コ)第303号 障害基礎年金不支給決定取消等請求控訴事件...厚生労働大臣が平成25年7月17日付けで控訴人に対してした障害基礎年...た裁定請求に係る障害基礎年金を支給する旨の裁定をせよ。..
取り消す
新宿税務署長が平成(省略)付けで原告に対してした原告の平成9年9月1...日から平成10年8月31日までの事業年度の法人税の更正(平成(省略)付...新宿税務署長が平成(省略)付けで原告に対してした原告の平成10年9月..
却下
処分行政庁が,平成26年10月30日付けで原告B1に対してした,...平成21年6月13日相続開始に係る相続税の更正処分のうち納付すべ...き税額3億5201万1400円を超える部分及び重加算税の賦課決定..
1 更正処分の瑕疵を是正するために再更正及び再々更正がされた場合と更正処分の取消しを求める訴えの利益 2 偽りその他不正の行為により国税の全部若しくは一部の税額を免れたとして税額を増額する更正決定等の後にされた当該増額更正決定等において増額された税額をその増額された範囲内において減額する旨の更正決定等と国税通則法70条4項1号
棄却
中野税務署長が原告に対し平成24年3月27日付けでした再更正処分(中...資特第85号)のうち,修正申告額1億7480万6500円を超える部分並...日付け(中資特第85号)でそれぞれした過少申告加算税の賦課決定処分をい..
却下
取消し,医業の停止又は戒告の処分をしてはならない。...という。)を受け,さらに,医師法4条4号に規定する医事に関する不正の行為...があった旨の弁明通知書の送付を受けたため,同法7条2項に基づく医師免許の..
医師法7条2項に基づく医業の停止処分又は戒告処分の仮の差止めの申立てにつき、行政事件訴訟法37条の5第1項所定の「償うことのできない損害」を生ずるおそれがあるとは認められないとされた事例
却下
平成25年(行ウ)第618号 租税協定に基づく情報交換要請取消等請求事件...平成27年(行ウ)第172号 租税条約に基づく情報交換要請取消等請求事件...本件各訴えのうち原告らが被告に対し金員の支払を請求する以外の請求..
1 所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とシンガポール共和国政府との間の協定26条1項及び所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とオランダ王国との間の条約25条1項に基づき、我が国が要請国としてする情報の要請行為と抗告訴訟の対象 2 所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とシンガポール共和国政府との間の協定26条1項及び所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とオランダ王国との間の条約25条1項に基づき、我が国が要請国としてする情報の要請行為により情報を交換されない地位にあることの確認並びに上記協定及び上記条約に基づき得られた資料を利用されない地位にあることの確認を求める訴えの適否
棄却
処分行政庁が平成27年10月28日付けで原告に対してした措置入院決...)29条1項に基づき措置入院決定を受けたのに対し,...本件に関係する法及び東京都精神保健及び精神障害者福祉に関する法律施行..
入院措置が解除された後における措置入院決定の取消しを求める訴えの利益
取り消す
東京都A福祉事務所長が平成25年8月21日付けで原告に対して...した生活保護法63条に基づく返還金額の決定処分を取り消す。...より,原告が収入として申告していた原告の長女に係る児童扶養手当について..
保護の実施機関である都道府県知事の権限の委任を受けた福祉事務所長が生活保護法63条に基づいて被保護者に対してした、同福祉事務所の職員の過誤により過支給となった生活保護費の全額を返還すべき額とする旨の決定が、裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用したものとして違法とされた事例
棄却
今治税務署長が平成23年3月10日付けで原告に対してした平成17年分...の所得税の決定処分及び無申告加算税の賦課決定処分をいずれも取り消す。...いう。)に本店が所在する外国法人が同項所定の特定外国子会社等に該当し,..
租税特別措置法(平成18年法律第10号による改正前のもの)40条の4第1項所定の居住者に係る外国関係会社が同項所定の特定外国子会社等に該当する場合において、同項所定の課税対象留保金額の算定の基礎となる同条2項2号所定の未処分所得の金額の計算における租税特別措置法施行令(平成18年政令第135号による改正前のもの)25条の20第1項に規定する同施行令39条の15第1項1号に掲げる金額としての減価償却費の算出につき、当該特定外国子会社等がその決算において作成した損益計算書に基づいて行うべきものであり、居住者が事後に修正した損益計算書に基づいて行うことができないとされた事例
棄却
処分行政庁が原告に対し平成24年5月18日付けでした平成22年度の労...働保険の保険料の認定処分のうちその認定に係る保険料額が5576万605...庁から,本件支給処分がされたことにより労働保険の保険料が増額されるとし..
労働保険の保険料の徴収等に関する法律12条3項所定の事業に該当する事業に従事する労働者について労働者災害補償保険法7条1項1号の業務災害に関する保険給付等に係る支給処分がされたことを前提として、当該事業の事業主に対し、労働保険の保険料の徴収等に関する法律19条4項に基づく労働保険料の額の決定処分がされている場合に、当該決定処分の取消訴訟において、当該事業主が上記支給処分の違法を当該決定処分の取消事由として主張することの可否
控訴を棄却
していた被控訴人が,他人が指定射撃場に指定されていない場所において射撃...練習目的で銃砲を発射することを幇助したとして,愛知県公安委員会から銃砲...原判決が被控訴人の請求を認容したことから,控訴人が控訴した。..
他人による指定射撃場以外での射撃行為等を幇助する行為をした場合は、銃砲刀剣類所持等取締法11条1項1号にいう「この法律・・・の規定・・・に違反した場合」に当たるか
棄却
青森税務署長が平成23年5月24日付けで原告に対してした平成21年4...月1日から平成22年3月31日までの事業年度の法人税の更正処分のうち,...所得金額マイナス11億8294万6785円を超える部分及び翌期に繰り越..
1 親会社がその企業グループの財務改善計画の一環として行った子会社の事業譲渡に伴って当該子会社に対して有する債権の全額を放棄した場合において、当該債権の額につき、法人税法22条3項3号所定の「当該事業年度の損失の額」に含まれる貸倒損失に該当するものとして損金の額に算入することはできないとされた事例 2 親会社がその企業グループの財務改善計画の一環として行った子会社の事業譲渡及び解散に伴って当該子会社に対して有する債権の全額を放棄した場合において、当該債権の額につき、法人税法37条1項所定の「寄附金の額」に該当しないものとして損金の額に算入することはできないとされた事例
却下
本件訴えのうち,第47回社会保険労務士試験について原告を合格とする旨...処分行政庁が原告に対してした第47回社会保険労務士試験について,...処分行政庁は,第47回社会保険労務士試験について原告を合格とする..
1 社会保険労務士試験不合格処分の取消訴訟が法律上の争訟に当たるとされた事例 2 社会保険労務士試験不合格処分の取消請求が棄却された事例
棄却
金融庁長官が原告に対し平成26年8月21日付けでした課徴金39万円を...国庫に納付することを命ずる決定を取り消す。...式及びその処分する自己株式を引き受ける者の募集(以下「公募増資」と..
1 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資を行うことについて、金融商品取引法166条2項1号にいう「業務執行を決定する機関」に当たるとされた事例 2 会社の取締役兼代表執行役が、公募増資に必要な準備を開始するよう担当部下に指示する行為が、金融商品取引法166条2項1号にいう公募増資を「行うことについての決定」に当たるとされた事例 3 会社と法律顧問契約を締結していた弁護士が、会社の業務執行を決定する機関が公募増資を行うことについての決定をしたことを「知った」(金融商品取引法166条1項4号)ものとされた事例
却下
0月26日付けでした精神保健指定医の指定...前に本案事件が完結した場合はその時点まで)...厚生労働大臣が申立人に対し平成28年10月26日付けでした精神..
棄却
京橋税務署長が第1事件原告株式会社天賞堂(以下「原告天賞堂」という。)...京橋税務署長が原告天賞堂に対してした別紙2処分目録記載1(2)の各過少...申告加算税賦課決定処分又はその部分を取り消す。..
1 米国ワシントン州の法律に基づき設立されて不動産に係る事業を営むリミテッド・パートナーシップの持分を有する法人につき、当該不動産の減価償却費を当該法人が有する減価償却資産の償却費として当該法人の所得金額の計算上損金の額に算入することができないとされた事例 2 米国ワシントン州の法律に基づき設立されて不動産に係る事業を営むリミテッド・パートナーシップの持分を有する者につき、当該事業により生じた損益を同人の不動産所得の金額の計算における収入金額又は必要経費に算入することができないとされた事例
棄却
江戸川スーパー堤防事業仮換地処分取消請求控訴事...処分行政庁が控訴人B及び同Cに対し平成25年7月16日付けでした...原判決別紙1-1「物件目録」記載1の土地について仮換地を指定する処分..
棄却
処分行政庁が平成27年3月31日付けで原告に対してした納付(納入)通...処分行政庁が平成27年4月16日付けで原告に対してした納付(納入)催...所定の第二次納税義務があるとして納付通知及び催告をしたところ,原告がこ..
東京都知事が地方税法11条の8の第二次納税義務があるとしてした納付通知及び催告は、行政手続法3条3項にいう「地方公共団体の機関がする処分(その根拠となる規定が条例又は規則に置かれているものに限る。)」に当たり行政手続法14条1項本文の定める理由提示を要しないか
棄却
平成28年(行コ)第98号違法建築物除却命令義務付け請求控訴事件...準法86条1項に基づく一団地認定及び同法59条の2第1項に基づく総合...の10棟の建物(以下,この10棟の建物により構成される原判決別紙物件..
控訴を棄却
平成28年(行コ)第138号 α西地区第一種市街地再開発事業に係る資産価額...2 裁決行政庁が控訴人に対し平成26年1月23日付けでした,α西地区第一...種市街地再開発事業の施行地区内にある原判決別紙1-1「物件目録」記載1..
第一種市街地再開発事業の完成の期待と都市再開発法80条1項にいう「相当の価額」
棄却
東京都公安委員会が平成27年6月12日付けで原告に対してした運転免許...被告は,原告に対し,100万円及びこれに対する平成27年6月12日か...ら支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。..
交差点の具体的形状を誤認した場合における交差点安全進行義務違反該当性
却下
が同法28条1項に基づきこれを認証する処分(以下「本件処分」という。)をし...職代務者が権限を濫用し又はその範囲を逸脱して行ったものであること,P1を包...た寺院教会条例等に反するものであることなどから違法であり,したがって,これ..
宗教法人である寺の規則に、住職が当該宗教法人の代表役員となり、かつ、住職となるための資格要件として特定の姓を名乗る教師とする旨が定められていた場合において、当該宗教法人の前住職・前代表役員であって上記特定の姓を名乗る教師である者が、住職となるための資格要件を単なる教師に拡大する旨の規則変更に対する知事の認証処分の取消しを求める訴えの原告適格を有しないとされた事例
控訴を棄却
平成28年(行コ)第219号所得税納税告知処分取消請求控訴事件...処分行政庁が控訴人に対して平成24年6月27日付けでした控訴人の平...成20年3月分の源泉徴収に係る所得税の納税告知処分を取り消す。..
1 日本国内にある不動産を譲渡した者が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)2条1項5号の非居住者に該当するか否かについて判断した事例 2 日本国内に住所があると説明して住民票を提出するなどしていた売主に対する不動産の売買代金の支払につき、買主である不動産会社が所得税法(平成26年法律第10号による改正前のもの)212条1項に基づく源泉徴収義務を負うか否かについて判断した事例
却下
原告株式会社太新興産及び原告Z1の訴えをいずれも却下する。...原告Z2のその余の請求をいずれも棄却する。...が平成24年5月7日付けで許可を受け平成27年4月24日付けで廃止の届..
河内長野市土砂埋立て等による土壌汚染と災害を防止するための規制条例に基づく措置の義務付けを求める訴えについて、土砂等の埋立て等を行う事業の事業区域の周辺に所在する土地をみかんの木の栽培のために使用する者の原告適格が肯定された事例
取り消す
東京都練馬都税事務所長が平成26年6月2日付けで原告に対して...した平成26年度分の固定資産税の賦課決定のうち,別紙物件目録記...載1の土地の固定資産税相当額が31万4171円を超える部分,同..
駐車場が地方税法349条の3の2第1項に定める併用住宅の敷地の用に供されている土地に該当する場合
取り消す
東京都立川都税事務所長が平成27年1月9日付けで原告に対して...分割による不動産の取得であり,地方税法73条の7第2号の3の適用により...ては,不動産取得税を課することができない旨を定めた上,その2号の3で..
1 地方税法73条の7第2号の3にいう「共有物の分割」の意義 2 地方税法73条の7第2号の3にいう「分割前の当該共有物に係る持分の割合」の意義
棄却
国土交通大臣が平成27年1月27日付けで原告らに対してした執行停止を...本件は,原告らが,国土交通大臣から権限の委任を受けた四国地方整備局長...とする県道改築工事について同法20条に基づく事業の認定(以下「本件事業..
行政不服審査法34条2項(平成26年法律第68号による改正前のもの)に基づく執行停止をしない旨の審査庁の決定は、取消訴訟の対象となる行政処分に当たるか
棄却
更正すべき理由がない旨の通知処分取消請求事件...成25年分の所得税及び復興特別所得税に係る同年5月27日付け更正の...請求に対する更正をすべき理由がない旨の通知処分のうち,総所得金額4..
納税義務者が弁護士に委任して提起した所得税に関する訴訟の判決の確定後に過納金の還付及び還付加算金の支払を受けた場合において、弁護士費用の金額を上記過納金と上記還付加算金の各金額に応じて按分した上記還付加算金に対応する金額が、所得税法37条1項前段に規定する必要経費である「総収入金額を得るため直接に要した費用」に該当しないとされた事例
却下
本件訴えのうち,①被告が株式会社ビッグヴァンに対して平成25年4月...に対して平成26年12月9日付けでした各建築計画変更確認処分(第H2...被告が平成27年10月13日付けで株式会社ビッグヴァン外2社に対..
斜面地に建築予定のマンションに係る建築計画が建築基準法55条1項の定める高さ制限に適合していないとされた事例
却下
本件訴えのうち,主位的請求のうちの墓地経営許可申請に対する許可処分の...被告は,原告に対し,7898万円及びこれに対する平成24年4月1日か...ら支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。..
1 墓地、埋葬等に関する法律10条1項に基づいて宗教法人がした墓地経営許可の申請に対しこれを許可しない旨の市長の処分が違法ではないとされた事例 2 墓地の設置に係る事業を計画していた宗教法人が市長との事前協議をするよう求める行政指導に従う意思がないことを真摯かつ明確に表明した後においても上水道及び公共下水道に上記墓地の給排水設備を接続するのに必要な工事承認の申込み及び適合確認の申請についての審査を開始しなかった市の職員の行為が国家賠償法上違法とされた事例
棄却
消費者庁長官が平成27年2月27日付けで原告株式会社翠光トップラ...対第254号)及び同日付けで原告株式会社ジェイトップラインに対して...る平成27年2月27日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払..
1 事業者の供給する商品に係る表示が不当景品類及び不当表示防止法(平成26年法律第118号による改正前のもの)4条2項により同条1項1号に規定する実際のものよりも著しく優良であると示す表示等とみなされるとして同法6条に基づいてされた措置命令の取消訴訟の審理の対象 2 事業者がその供給する商品に係る表示の根拠として不当景品類及び不当表示防止法(平成26年法律第118号による改正前のもの)4条2項に基づいて提出した資料が、同項に規定する当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料に該当しないとされた事例
却下
被保険者資格確認請求却下処分取消請求事件...被告が平成24年7月24日付けで原告に対してした原告の厚生年金保険及...び健康保険被保険者資格確認請求を却下する旨の処分を取り消す。..
会社の代表取締役の権利義務を喪失した後も会社の業務に従事していた者につき、健康保険法3条1項及び厚生年金保険法9条にいう「事業所に使用される者」に当たるとされた事例
棄却
被告は,原告に対し,5億1000万円並びにこれに対する平成23年12...月8日から平成25年12月31日まで年4.3パーセントの割合による金員...及び平成26年1月1日から支払済みまで年1.9パーセントの割合による金..
国税の予納申出書を提出してされた納付が、国税通則法59条1項2号の要件に該当しない不適法な納付であるとされた事例
棄却
更正をすべき理由がない旨の通知処分取消請求事...富田林税務署長が,平成25年7月1日付けで原告に対してした,亡A...べき理由がない旨の通知処分(平成25年8月22日付けでした減額更正処..
1 財産評価基本通達26(注)2にいう「継続的に賃貸されていた各独立部分で、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められるもの」の意義 2 構造上区分された複数の独立部分からなる家屋の一部が課税時期に賃貸されていない場合において、賃貸されていなかった各独立部分が、財産評価基本通達26(注)2にいう「継続的に賃貸されていた各独立部分で、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められるもの」に当たらないとされた事例
5466 件中 3/110 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in