裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61523 
刑事21863民事39660
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
29054 件中 3/582 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
訴訟代理人の訴訟行為排除決定に対する抗告審の取消...士の職務として相手方株式会社洛友商事の訴訟代理...前項の取消部分に関する抗告人竹松エキスプレス株..
1 弁護士法25条1号に違反する訴訟行為及び同号に違反して訴訟代理人となった弁護士から委任を受けた訴訟復代理人の訴訟行為について、相手方である当事者は、上記各行為を排除する旨の裁判を求める申立権を有する 2 弁護士法25条1号に違反することを理由として訴訟行為を排除する旨の決定に対し、自らの訴訟代理人又は訴訟復代理人の訴訟行為を排除するものとされた当事者は即時抗告をすることができるが、その訴訟代理人又は訴訟復代理人は自らを抗告人とする即時抗告をすることができない 3 破産管財人を原告とする訴訟において、破産者の依頼を承諾したことのある弁護士が被告の訴訟代理人として訴訟行為を行うことが、弁護士法25条1号に違反するとされた事例
却下
文書提出命令申立て却下決定に対する抗告審の変更決...抗告代理人宮崎浩二の抗告理由のうち文書の所持者に関する点について...平成25年度に受領した政務活動費の中に使途基準に違反して支出されたものがあ..
地方公共団体は、その機関が保管する文書について、文書提出命令の名宛人となる文書の所持者に当たる
上告を棄却
上告代理人升永英俊ほかの各上告理由について...本件は,平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙(以下「本件選...あるから,これに基づき施行された本件選挙の上記各選挙区における選挙も無効で..
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
上告を棄却
本件は,平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙(以下「本件選...挙」という。)について,東京都選挙区及び神奈川県選挙区の選挙人である上告人...定(以下,数次の改正の前後を通じ,平成6年法律第2号による改正前の別表第2..
平成28年7月10日施行の参議院議員通常選挙当時、公職選挙法14条、別表第3の参議院(選挙区選出)議員の議員定数配分規定の下での選挙区間における投票価値の不均衡は、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったものとはいえず、上記規定が憲法に違反するに至っていたということはできない
破棄
平成28年(行ヒ)第33号 求償権行使懈怠違法確認等請求及び共同訴訟参加...Dに対する求償権に基づく金員の支払を請求することを求...対する求償権の行使を怠る事実の違法確認を求める部分並..
県が求償権の一部を行使しないことは違法な怠る事実に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
上告代理人比嘉廉丈ほかの上告受理申立て理由(ただし,排除されたものを除...例に基づき,府との間で給水契約を締結して工業用水道を使用していたところ,上...記条例の改正により,工業用水道の使用者がその使用を廃止したときは負担金を納..
大阪府工業用水道事業供給条例(昭和37年大阪府条例第4号)23条等の規定により工業用水道の使用を廃止した者が納付しなければならないとされる負担金は、地方自治法224条、228条1項にいう分担金に当たらない
却下
配当表に対する異議申立て却下決定に対する抗告審の取...本件は,破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた破産債...権者である相手方が,破産手続開始の時における債権の額として確定したものを基..
破産債権者が破産手続開始後に物上保証人から債権の一部の弁済を受けた場合において、破産手続開始時の債権の額を基礎として計算された配当額が実体法上の残債権額を超過するときは、その超過部分は当該債権について配当すべきである
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...上告代理人定塚誠ほかの上告受理申立て理由について...法律(以下「公健法」という。)に基づく障害補償費の支給を請求したところ,熊..
公害健康被害の補償等に関する法律4条2項の認定を受けた者が原因者に対する損害賠償請求訴訟の確定判決に基づく損害賠償義務の全ての履行を既に受けている場合には、都道府県知事は、同法に基づく障害補償費の支給義務の全てを免れる
棄却
猶予費用の取立決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件...う。)との訴訟において受救助者に生じた訴訟費用の一部を負担することとさ...所から民訴法85条前段の費用の取立てとして受救助者に猶予した費用(以下..
民訴法85条前段の費用の取立てをすることができる額につき受救助者に猶予した費用に相手方当事者の訴訟費用の負担割合を乗じた額と定めるべきものとした原審の判断に違法があるとされた事例
却下
平成29年(許)第7号 売渡株式等の売買価格決定申立て却下決定に対する抗...し,同項の規定による株式売渡請求をしようとする旨及び株式売渡請求によりその...う。)等,法179条の2第1項各号に掲げる事項を通知した。..
会社法179条の4第1項1号の通知又は同号及び社債、株式等の振替に関する法律161条2項の公告がされた後に会社法179条の2第1項2号に規定する売渡株式を譲り受けた者が、同法179条の8第1項の売買価格の決定の申立てをすることの可否
上告を棄却
は,記録を調査しても,第1審の公判期日において被告人が不利益な供述を強要さ...被告人が,各被害者から債務の弁済を請求されていたところ,同人らを殺害してこ...れを免れようと考え,同人らに対し睡眠薬等を服用させて意識もうろう状態に陥ら..
死刑の量刑が維持された事例(鳥取連続不審死事件)
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...Aと上告人との間の継続的な金銭消費貸借取引に係る各弁済金のうち利息制限法所...定の制限利率により計算した金額を超えて支払った部分を元本に充当すると過払金..
認定司法書士が弁護士法72条に違反して締結した裁判外の和解契約の効力
棄却
執行費用額負担決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件...民事執行法42条1項は,強制執行の費用で必要なものを執行費用として債...同項の規定により執行費用が債務者の負担とされることは明らかである。これに対..
既にした執行処分の取消し等により強制執行が目的を達せずに終了した場合における執行費用の負担
上告を棄却
上告代理人鮫島正洋,同幸谷泰造,同山本真祐子の上告受理申立て理由について...原審の適法に確定した事実関係の概要及び記録によって認められる本件訴訟...上告人は,平成25年12月,第1審判決別紙物件目録記載の工具を販売してい..
特許権者が、事実審の口頭弁論終結時までに訂正の再抗弁を主張しなかったにもかかわらず、その後に特許法104条の4第3号所定の特許請求の範囲の訂正をすべき旨の審決等が確定したことを理由に事実審の判断を争うことの許否
破棄
前項に関する上告費用は上告人の負担とする。...本件は,医療法人である被上告人に雇用されていた医師である上告人が,被...並びにこれに係る付加金の支払等を求める事案である。..
医療法人と医師との間の雇用契約において時間外労働等に対する割増賃金を年俸に含める旨の合意がされていたとしても、当該年俸の支払により時間外労働等に対する割増賃金が支払われたということはできないとされた事例
上告を棄却
うち,判例違反をいう点は,事案を異にする判例を引用するものであって,本件に...被告人Aは平成4年6月から平成9年3月までの間,被告人Bは平成9年...4月から平成15年4月までの間,被告人Cは平成15年4月から平成18年2月..
曲線での速度超過により列車が脱線転覆し多数の乗客が死傷した鉄道事故について、鉄道会社の歴代社長らに業務上過失致死傷罪が成立しないとされた事例
却下
市町村長の処分に対する不服申立て却下の審判に対...する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件...抗告代理人武笠圭志ほかの抗告理由について..
戸籍法104条1項所定の日本国籍を留保する旨の届出について同条3項にいう「責めに帰することができない事由」があるとした原審の判断に違法があるとされた事例
却下
平成28年(許)第26号 債権差押命令取消及び申立て却下決定に対する抗告審...本件は,輸入業者である抗告人から依頼を受けてその輸入商品に関する信用...状を発行した銀行である相手方が,抗告人につき再生手続開始の決定がされた後,..
銀行が、輸入業者の輸入する商品に関して信用状を発行し、当該商品につき譲渡担保権の設定を受けた場合において、上記輸入業者が当該商品を直接占有したことがなくても、上記輸入業者から占有改定の方法によりその引渡しを受けたものとされた事例
上告を棄却
当審における未決勾留日数中310日を本刑に算入する。...所論に鑑み,本件における正当防衛及び過剰防衛の成否について,職権で判断す...第1審判決及び原判決の認定並びに記録によれば,本件の事実関係は,次の..
侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合における刑法36条の急迫性の判断方法
破棄
上告代理人定塚誠ほかの上告受理申立て理由について...る支給決定を受けたことから,退職改定がされるべきであって同支給決定は違法で...こと,②保険料納付済期間と保険料免除期間とを合算した期間が25年以上である..
厚生年金保険法附則8条の規定による老齢厚生年金について厚生年金保険法(平成24年法律第63号による改正前のもの)43条3項の規定による年金の額の改定がされるために同項所定の期間を経過した時点において当該年金の受給権者であることの要否
上告を棄却
態等に陥らせた上,練炭を燃焼させるなどして一酸化炭素中毒等により死亡させて...被害者死亡時に近接してそれぞれの死亡場所において各被害者と二人だけで行動し...ていること,②被告人は,各被害者の遺体近くで発見された各練炭コンロ及び各練..
死刑の量刑が維持された事例(首都圏連続不審死事件)
破棄
道路交通法違反被告事件に係る略式命令に対する非常上告事件...9時までの間及び午後2時から午後4時までの間車両(自転車を除く)の通行を禁...止されている大阪市鶴見区諸口3丁目3番付近道路において,同標識を確認してこ..
反則行為に当たる通行禁止場所通行を犯した被告人に対し運転免許が失効しているものと誤認してされた略式命令に対する非常上告
破棄
本件は,建物の設備管理等の作業に従事する労働者であったAが,福岡労働...局長に対し,じん肺法15条1項に基づいてじん肺管理区分の決定の申請をしたと...ん肺健康診断の結果によれば管理4に該当するとして,被上告人を相手に,その取..
じん肺管理区分が管理1に該当する旨の決定を受けた常時粉じん作業に従事する労働者等が管理4に該当するとして提起した当該決定の取消訴訟の係属中に死亡した場合における労働者災害補償保険法11条1項に規定する者による訴訟承継の成否
破棄
原判決中上告人敗訴部分のうち預金及び積金に係る...前項の部分に関する被上告人の請求をいずれも棄却...上告補助参加人らのその余の上告を却下する。..
共同相続された定期預金債権及び定期積金債権は、相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されるか
棄却
再審請求棄却決定に対する即時抗告の決定に対する特別抗告事件...転倒させて臀部を床に打ち付ける暴行を加え,よって,同人に加療約5日間を要す...述書等の新証拠は,捜査段階におけるAの供述を覆すに足るものではなく,無罪を..
陳述書等の新証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるとして再審開始の決定をした原審の手続に審理不尽の違法があるとされた事例
上告を棄却
所論に鑑み,本件における刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの。...以下同じ。)103条の罰金以上の刑に当たる罪を犯した者を「隠避させた」罪の...れている交差点の対面信号機の赤色表示を認めたにもかかわらず,停止せずに同交..
参考人として警察官に対して犯人との間の口裏合わせに基づいた虚偽の供述をする行為が刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの)103条にいう「隠避させた」に当たるとされた事例
上告を棄却
上告代理人新保克芳ほかの上告受理申立て理由(ただし,排除されたものを除...本件は,角化症治療薬の有効成分であるマキサカルシトールを含む化合物の...製造方法の特許に係る特許権の共有者である被上告人が,上告人らの輸入販売等に..
1 出願人が特許出願時に容易に想到することができた他人の製品等に係る構成を特許請求の範囲に記載しなかっただけで、同製品等が特許請求の範囲から意識的に除外されたなどの同製品等と特許請求の範囲に記載の構成とが均等なものといえない特段の事情が存するといえるか 2 出願人が特許出願時に容易に想到することができた他人の製品等に係る構成を特許請求の範囲に記載しなかったときにおける、同製品等が特許請求の範囲から意識的に除外されたなどの同製品等と特許請求の範囲に記載の構成とが均等なものといえない特段の事情が存する場合
上告を棄却
遺族補償年金等不支給決定処分取消請求事件...所論は,地方公務員災害補償法の遺族補償年金につき,死亡した職員の妻につい...ては,当該妻が一定の年齢に達していることは受給の要件とされていないにもかか..
地方公務員災害補償法32条1項ただし書及び附則7条の2第2項のうち死亡した職員の夫について一定の年齢に達していることを遺族補償年金の受給の要件としている部分と憲法14条1項
上告を棄却
り,原判決の結論に影響を及ぼさないことが明らかであり,判例違反をいう点は,...事案を異にする判例を引用するものであって,本件に適切でなく,その余は,憲法...以下,所論に鑑み,車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付けて位..
車両に使用者らの承諾なく秘かにGPS端末を取り付けて位置情報を検索し把握する刑事手続上の捜査であるGPS捜査は令状がなければ行うことができない強制の処分か
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...本件は,上告人と保証契約を締結していた被上告人が,上告人に対し,同契...保証債務履行請求権の時効消滅を主張したのに対し,被上告人が上告人に対する貸..
貸金の支払を求める旨の支払督促が、当該支払督促の当事者間で締結された保証契約に基づく保証債務履行請求権について消滅時効の中断の効力を生ずるものではないとされた事例
懲役1年
あって,いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない。...本件公訴事実並びに第1審判決及び原判決の各判断...内の記帳台の上に置いていた現金6万6600円及び振込用紙2枚在中の封筒1通..
置き忘れられた現金在中の封筒を窃取したとされる事件について、封筒内に現金が在中していたとの事実を動かし難い前提として被告人以外には現金を抜き取る機会のあった者がいなかったことを理由に被告人による窃取を認定した第1審判決及び原判決の判断が論理則、経験則等に照らして不合理で是認できないとされた事例
破棄
本件は,上告人に雇用され,タクシー乗務員として勤務していた被上告人ら...が,歩合給の計算に当たり残業手当等に相当する金額を控除する旨を定める上告人...上告人は,一般旅客自動車運送事業等を目的とする株式会社である。..
歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の賃金規則上の定めが公序良俗に反し無効であるとして未払賃金の請求を認容した原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
請求に関する部分及び反訴請求に関する部分を破棄...前項に関する上告費用は上告人の負担とする。...使用して本件湯沸器を販売している被上告人が,本件湯沸器を独自に輸入して日本..
1 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、同号該当による無効理由の存在をもって、同法39条において準用する特許法104条の3第1項の規定に係る抗弁を主張することの許否 2 商標法4条1項10号該当を理由とする無効審判が請求されないまま商標権の設定登録の日から5年を経過した後に、商標権侵害訴訟の相手方が、その登録商標が自己の業務に係る商品等を表示するものとして周知である商標との関係で同号に該当することを理由として、権利濫用の抗弁を主張することの許否
破棄
相続税更正及び加算税賦課決定取消請求事件...上告代理人脇田敬志の上告受理申立て理由について...官通達。以下「評価通達」という。)の24に定める私道の用に供されている宅地..
私道の用に供されている宅地の相続税に係る財産の評価における減額の要否及び程度の判断の方法
却下
に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件...抗告人が,平成27年9月30日に開催された相手方会社の株主総会における相手...方Y2 を相手方会社の取締役に選任する旨の決議及び代表取締役に定める旨の決議..
取締役会設置会社である非公開会社における、取締役会の決議によるほか株主総会の決議によっても代表取締役を定めることができる旨の定款の定めの効力
破棄
上告代理人金昌宏の上告受理申立て理由第1及び第3について...上告人らは,信販会社である被上告人の加盟店であった有限会社A(以下...「本件販売業者」という。)との間で宝飾品等の売買契約を締結したとして,被上..
個別信用購入あっせんにおいて、購入者が名義上の購入者となることを承諾してあっせん業者との間で立替払契約を締結した場合に、販売業者が上記購入者に対してした告知の内容が、割賦販売法35条の3の13第1項6号にいう「購入者の判断に影響を及ぼすこととなる重要なもの」に当たるとされた事例
棄却
投稿記事削除仮処分決定認可決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件...号による改正前の児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関...する法律違反の容疑で平成23年11月に逮捕され,同年12月に同法違反の罪に..
検索事業者に対し、自己のプライバシーに属する事実を含む記事等が掲載されたウェブサイトのURL並びに当該ウェブサイトの表題及び抜粋を検索結果から削除することを求めることができる場合
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人らの負担とする。...上告代理人野原薫の上告受理申立て理由第4について...上告人は,平成23年▲月,Aの長男であるBとその妻であるCとの間の長男と..
専ら相続税の節税のために養子縁組をする場合と民法802条1号にいう「当事者間に縁組をする意思がないとき」
上告を棄却
上告代理人長野浩三ほかの上告受理申立て理由第5について...体である上告人が,健康食品の小売販売等を営む会社である被上告人に対し,被上...告人が自己の商品の原料の効用等を記載した新聞折込チラシ(以下「本件チラシ」..
不特定多数の消費者に向けられた事業者等による働きかけと消費者契約法12条1項及び2項にいう「勧誘」
懲役2年
平成29年(し)第8号 各刑の執行猶予の言渡し取消し決定に対する各即時抗...各原決定が是認する各原々決定及び記録によれば,次の事実が認められる。...検察官は,前記(1)(2)の各刑の執行猶予の言渡し取消しを請求したところ,原々..
1 刑の執行猶予の言渡し取消し請求において刑訴規則34条により刑の執行猶予の言渡し取消し決定の謄本の送達を受けるべき者 2 刑の執行猶予の言渡し取消し請求における被請求人が選任した弁護人に対する刑の執行猶予の言渡し取消し決定の謄本の送達の効果
上告を棄却
地方自治法251条の7第1項の規定に基づく...合意がされた沖縄県宜野湾市所在の普天間飛行場の代替施設を同県名護市辺野古沿...人が本件埋立承認は違法であるとしてこれを取り消したため(以下「本件埋立承認..
1 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項1号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 2 公有水面の埋立てが公有水面埋立法4条1項2号の要件に適合するとした県知事の判断に違法又は不当があるとはいえないとされた事例 3 内閣総理大臣又は各省大臣が地方自治法245条の7第1項の是正の指示をすることができる場合 4 国土交通大臣が県に対し公有水面の埋立ての承認の取消しが違法であるとしてこれを取り消すよう是正の指示をしたにもかかわらず、県知事が当該承認の取消しを取り消さなかったことについて、地方自治法251条の7第1項にいう相当の期間が経過したとされた事例
棄却
平成27年(許)第11号 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する...抗告代理人久保井一匡ほかの抗告理由について...本件は,Aの共同相続人である抗告人と相手方との間におけるAの遺産の分..
共同相続された普通預金債権、通常貯金債権及び定期貯金債権は遺産分割の対象となるか
破棄
不動産取得税還付不許可決定処分取消請求事件...控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...本件は,土地の取得に対する不動産取得税を納付した被上告人が,当該土地..
地方税法施行令附則6条の17第2項にいう「居住の用に供するために独立的に区画された部分が100以上ある共同住宅等」の該当性の判断
破棄
前項の部分に関する第1審判決中上告人敗訴部分を...前項の取消部分に関する被上告人の請求を棄却する。...第1項の部分に関する被上告人の控訴を棄却する。..
信用保証協会と金融機関との間で保証契約が締結され融資が実行された後に主債務者が中小企業者の実体を有しないことが判明した場合において、信用保証協会の保証契約の意思表示に要素の錯誤がないとされた事例
破棄
例が所論のような趣旨まで判示したものではないから,前提を欠き,その余は,憲...で刺殺し,その際,業務その他正当な理由による場合でないのに,上記文化包丁を...被告人は,上記殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反の事実により,平成7年9月25日に起訴された。同年11月20日の第1回公判期日において,人定質問,起..
被告人に訴訟能力がないために公判手続が停止された後訴訟能力の回復の見込みがないと判断される場合と公訴棄却の可否
上告を棄却
上告代理人藤居弘之の上告理由第2及び第3について...「本件条例」という。)は,風俗案内所に起因する府民に著しく不安を覚えさせ,...又は不快の念を起こさせる行為,犯罪を助長する行為等に対し必要な規制を行うこ..
1 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)3条1項、16条1項1号と憲法22条1項 2 京都府風俗案内所の規制に関する条例(平成22年京都府条例第22号)7条2号と憲法21条1項
上告を棄却
当審における未決勾留日数中550日を第1審判決の懲...東京税関東京外郵出張所で郵便物の検査等を担当していた税関職員は,平成...24年8月21日,郵便事業株式会社東京国際支店内にあるEMS・小包郵便課検..
郵便物の輸出入の簡易手続として税関職員が無令状で行った検査等について、関税法(平成24年法律第30号による改正前のもの)76条、関税法(平成23年法律第7号による改正前のもの)105条1項1号、3号によって許容されていると解することが憲法35条の法意に反しないとされた事例
上告を棄却
らの予備的請求に係る訴えをいずれも却下する。...機」,「米軍機」という。)の発する騒音により精神的及び身体的被害を受けて...厚木基地における一定の態様による自衛隊機及び米軍機の運航の差止めを,予備..
1 自衛隊が設置し、海上自衛隊及びアメリカ合衆国海軍が使用する飛行場の周辺住民が、当該飛行場における航空機の運航による騒音被害を理由として自衛隊の使用する航空機の運航の差止めを求める訴えについて、行政事件訴訟法37条の4第1項所定の「重大な損害を生ずるおそれ」があると認められた事例 2 自衛隊が設置し、海上自衛隊及びアメリカ合衆国海軍が使用する飛行場における自衛隊の使用する航空機の運航に係る防衛大臣の権限の行使が、行政事件訴訟法37条の4第5項所定の行政庁がその処分をすることがその裁量権の範囲を超え又はその濫用となると認められるときに当たるとはいえないとされた事例
破棄
原判決中被上告人らの平成27年5月15日以降に...生ずべき損害の賠償請求を認容した部分を破棄する。...告人らの控訴及び別紙被上告人目録2記載の被上告..
将来の給付の訴えを提起することのできる請求権としての適格を有しない ものとされた事例
破棄
指定暴力団松葉会岡一家総長Bが不動産の所有者等になることを隠蔽するため不実...市内の宅地,畑等4筆の土地の真実の買主はBであるのに,平成24年2月14...日,A社を名目上の買主として,売主Dとの間で上記各土地の売買契約を締結した..
土地につき所有権移転登記等の申請をして当該登記等をさせた行為が電磁的公正証書原本不実記録罪に該当しないとされた事例
29054 件中 3/582 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in