裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61330 
刑事21820民事39510
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
29040 件中 8/581 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12
上告を棄却
31条,36条違反をいう点は,死刑制度が憲法のこれらの規定に違反しないこと...ら,理由がなく,被告人の捜査段階の自白に関して憲法31条,38条違反をいう...点は,自白の任意性を疑うべき証跡は認められないから,前提を欠き,その余は,..
死刑の量刑が維持された事例(あきる野 資産家姉弟強殺事件)
却下
戸籍訂正許可申立て却下審判に対する抗告棄却決定に...載する旨の戸籍の訂正をすることを許可する。...抗告代理人山下敏雅ほかの抗告理由について..
性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律3条1項の規定に基づき男性への性別の取扱いの変更の審判を受けた者の妻が婚姻中に懐胎した子と嫡出の推定
上告を棄却
上告代理人青野洋士ほかの上告受理申立て理由(ただし,排除されたものを除...本件は,拘置所に収容されている死刑確定者及びその再審請求のために選任...職員の立会いのない面会を許さなかった拘置所長の措置が違法であるとして,上告..
死刑確定者又はその再審請求のために選任された弁護人が再審請求に向けた打合せをするために刑事施設の職員の立会いのない面会の申出をした場合にこれを許さない刑事施設の長の措置が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合
上告を棄却
原判決中共有物分割請求に関する部分についての本...上告代理人砂川祐二の上告受理申立て理由について...二男である上告人Y2の4名による遺産共有の状態にある。..
1 共有物について遺産共有持分と他の共有持分とが併存する場合における共有物分割と遺産分割の関係 2 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決がされた場合に支払われる賠償金の性質とその支払を受けた者の保管義務 3 遺産共有持分の価格を賠償させる方法による共有物分割の判決において賠償金の支払等に関し命じ得る事項
上告を棄却
方法を含む死刑制度が憲法の上記各規定等に違反しないことは当裁判所の判例(最...交際していた女性(当時23歳)の頭部付近をハンマーで殴打して殺害し,その直後に,同女とともに被告人方に滞在していた同女の友人の女性(当時23歳)も同...どしていた女性から,更に現金を強く要求されるとともに頭髪を引っ張られるなど..
死刑の量刑が維持された事例(兵庫の2女性殺害等事件)
棄却
再審請求棄却決定に対する抗告棄却決定に対する許...本件は,株式会社の成立後における株式の発行の無効の訴え(以下「新株発...行の無効の訴え」という。)に係る請求を認容する確定判決の効力を受ける抗告人..
1 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に対する再審の訴えと上記確定判決の効力を受ける第三者の原告適格 2 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決と民訴法338条1項3号の再審事由 3 新株発行の無効の訴えに係る請求を認容する確定判決に民訴法338条1項3号の再審事由が存在するとみる余地があるとされた事例
上告を棄却
上告代理人待場豊ほかの上告受理申立て理由第2について...本件は,再生債務者A株式会社に対して債権を有する上告人が,当該債権は...生手続において再生債権として届出がされたことなどから,上告人が再生手続によ..
民事再生法上の共益債権に当たる債権につき、これが本来共益債権である旨の付記をすることもなく再生債権として届出がされ、この届出を前提として作成された再生計画案を決議に付する旨の決定がされた場合において、当該債権を再生手続によらずに行使することの許否
棄却
彦及び原審原告野々山哲郎の各上告理由並びに同年(行ツ)第210号及び同第2...11号上告代理人青野洋士ほかの各上告理由について...本件は,平成24年12月16日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選..
衆議院小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法(平成24年法律第95号による改正前のもの)13条1項、別表第1の規定の合憲性
破棄
上告代理人青野洋士ほかの上告理由について...本件は,平成24年12月16日施行の衆議院議員総選挙(以下「本件選...記選挙区における選挙も無効であると主張して提起した選挙無効訴訟である。..
衆議院議員小選挙区選出議員の選挙区割りを定める公職選挙法(平成24年法律第95号による改正前のもの)13条1項、別表第1の規定の合憲性
懲役3年,罰金50万円
原判決中「当審における未決勾留日数中90日を原判決...の主張であって,いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない。...い剤の営利目的所持の事実と同一性のある事実につき,起訴前である平成23年1..
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
懲役7年6月,罰金250万円
原判決中「当審における未決勾留日数中80日を原判決...記録によれば,被告人は,第1審判決判示第1の覚せい剤の営利目的所持の事実...を受け,その後第1,2審を通じて勾留を継続されていたものであるが,その間,..
原判決中未決勾留日数算入部分が破棄された事例
棄却
訴訟費用負担決定に対する抗告審の取消決定に対する許...管財人である相手方に対し,抗告人が更生手続開始前にAを被告として提起した過...て本案訴訟を提起し,同社との間の継続的な金銭消費貸借取引において発生した過..
更生債権に関する訴訟が更生手続開始前に係属し受継されることなく終了した場合における当該訴訟に係る訴訟費用請求権の更生債権該当性
上告を棄却
誤認の主張であって,いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらない。...人が,(1)不詳の方法によって自己の夫に傷害を負わせて死亡させ(傷害致死),...(2)糖尿病患者である別の男性を亡夫の身代わりとして病死を装って殺害し,亡夫..
殺人1件、傷害致死1件等の事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例(中国人妻による替え玉殺人事件)
破棄
れた道路に接する土地の所有者である上告人が,当該道路を管理する阿南市による...損失の補償について道路法70条4項に基づく土地収用法94条の規定による裁決...の申請をしたところ,徳島県収用委員会からその申請を却下する旨の裁決を受けた..
土地収用法94条7項又は8項の規定による収用委員会の裁決の判断内容が損失の補償に関する事項に限られている場合にその名宛人が上記裁決の取消訴訟を提起することの可否
上告を棄却
当審における未決勾留日数中450日を原判決の懲役刑...27日第三小法廷判決・刑集64巻3号233頁を引用して判例違反をいう点は,...事案を異にする判例を引用するものであって,本件に適切でなく,その余は,判例..
密輸組織が関与する覚せい剤の密輸入事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
死刑
再審開始決定及び死刑執行停止決定に対する異議...確定判決の認定した罪となるべき事実の要旨は,次のとおりである。...と考え,昭和36年3月28日,申立人及び両名らが所属する生活改善クラブの懇..
刑訴法435条6号所定の再審事由が認められないとした原判断が是認された事例(いわゆる名張毒ぶどう酒殺人事件第7次再審請求の差戻し後の特別抗告事件)
上告を棄却
9条2項1号所定の届書の記載事項である嫡出子又は嫡出でない子の別を記載しな...上告人子に係る戸籍及び住民票の記載がされなかったところ,上告人らが,同号の...規定のうち届書に嫡出子又は嫡出でない子の別を記載すべきものと定める部分(以..
戸籍法49条2項1号の規定のうち出生の届出に係る届書に嫡出子又は嫡出でない子の別を記載すべきものと定める部分と憲法14条1項
破棄,罰金6万円
道路交通法違反被告事件に係る略式命令に対する非常...31㎞毎時超える81㎞毎時の速度で普通乗用自動車を運転して進行した。」旨の...21㎞毎時となり,同法125条1項により反則行為となると認められる。したが..
反則行為に当たる速度違反を非反則行為と誤認してされた略式命令に対する非常上告
破棄
及びうち2590万9181円に対する平成19年...上告代理人北村明,同宮下進,同小池雅雄の上告受理申立て理由第2について...0万円を貸し付け,②平成10年3月9日に締結した貸越極度額を500万円とす..
保証人が主たる債務を相続したことを知りながら保証債務の弁済をした場合における主たる債務の消滅時効の中断
棄却
原審は,民法900条4号ただし書の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子...14条1項に違反しないと判断し,本件規定を適用して算出された相手方ら及び抗...論旨は,本件規定は憲法14条1項に違反し無効であるというものである。..
1 民法900条4号ただし書前段の規定と憲法14条1項 2 民法900条4号ただし書前段の規定を違憲とする最高裁判所の判断が他の相続における上記規定を前提とした法律関係に及ぼす影響
破棄
前項の部分及び上告人の民訴法260条2項の裁判...に基づいて継続的に金銭の借入れと弁済を繰り返したところ,各弁済金のうち利息...制限法(平成18年法律第115号による改正前のもの。以下同じ。)1条1項所..
1 継続的な金銭消費貸借取引に関する基本契約に基づいて金銭の借入れと弁済が繰り返され、同契約に基づく債務の弁済がその借入金全体に対して行われる場合において、過払金が発生している時点で新たな借入れをしたときにおける利息制限法(平成18年法律第115号による改正前のもの)1条1項にいう「元本」の額 2 民訴法260条2項の裁判を求める申立ての相手方が破産手続開始の決定を受けた場合における同申立てに係る請求権の破産債権該当性 3 本案請求と民訴法260条2項の申立てに係る請求とが併合されている場合における本案請求に係る部分についてのみの受継又は続行命令の許否 4 訴訟当事者の一方が破産手続開始の決定を受け、破産債権である当該訴訟に係る請求権につき破産債権としての届出がないのに破産管財人に対して違法にされた続行命令の瑕疵が治癒されるとされた事例
破棄
上告代理人吉田修平,同友田順,同沼井英明の上告受理申立て理由第3及び第4...その敷地権(同法44条1項9号)に係る固定資産税の納税義務を負う上告人が,...府中市長により決定され土地課税台帳に登録された上記敷地権の目的である各土地..
1 固定資産課税台帳に登録された基準年度に係る賦課期日における土地の価格が固定資産評価基準によって決定される価格を上回る場合におけるその登録された価格の決定の適否 2 固定資産評価基準によって決定される基準年度に係る賦課期日における土地の価格とその適正な時価との関係
上告を棄却
有に係る不動産のBの持分につき,Bが滞納していた相続税を徴収するため国税徴...収法47条1項に基づく差押処分がされたことから,上告人が,選定当事者とし...Cは,第1審判決別紙不動産目録記載1の各土地を所有し,また,その妻..
滞納者と他の者との共有に係る不動産の滞納者の持分に対する差押処分の取消訴訟と他の共有者の原告適格
破棄
前項の部分及び上告人の民訴法260条2項の裁判...上告代理人高澤嘉昭ほかの上告受理申立て理由第1について...付けられた石綿(アスベスト)の粉じんを吸入したことにより悪性胸膜中皮腫に罹..
原審が、壁面に吹き付けられた石綿が露出している建物が通常有すべき安全性を欠くと評価されるようになった時点を明らかにしないまま、同建物の設置又は保存の瑕疵の有無について判断したことに審理不尽の違法があるとされた事例
上告を棄却
なお,所論に鑑み,本件公訴提起の有効性につき職権で判断する。...道路を二人乗りで進行中の原動機付自転車の左側が歩道縁石に接触するなどし,乗...車していた被害者が路上に転倒して高次脳機能障害の後遺症を伴う傷害を負ったと..
少年の被疑事件につき一旦は嫌疑不十分を理由に不起訴処分にするなどしたため家庭裁判所の審判を受ける機会が失われた後に事件を再起してした公訴提起が無効であるとはいえないとされた事例
上告を棄却
をいう点は,死刑制度が憲法のこれらの規定に違反しないことは当裁判所の判例...認 , 量 刑 不 当 の主張であって,いずれも刑訴法405条の上告理由に当たらな...対立する暴力団の元幹部を殺害することを企て,待ち..
死刑の量刑が維持された事例(前橋スナックけん銃乱射殺人等事件)
上告を棄却
上告代理人大谷典孝の上告受理申立て理由について...本件は,解雇により2年余にわたり就労を拒まれた被上告人が,解雇が無効...であると主張して上告人を相手に労働契約上の権利を有することの確認等を求める..
労働者が使用者から正当な理由なく就労を拒まれたために就労することができなかった日と労働基準法39条1項及び2項における年次有給休暇権の成立要件としての全労働日に係る出勤率の算定の方法
上告を棄却
上告代理人今村峰夫ほかの上告受理申立て理由について...である。上告人は,既に,本件未収金債権の一部を請求する訴えを提起し,この請...である。上記の一部請求に係る訴えの提起が残部についても消滅時効の中断の効力..
1 いわゆる明示的一部請求の訴えに係る訴訟において、債権の一部消滅の抗弁に理由があると判断されたため判決において上記債権の総額の認定がされた場合における、残部についての消滅時効の中断 2 いわゆる明示的一部請求の訴えの提起と残部についての裁判上の催告としての消滅時効の中断 3 消滅時効期間の経過後、その経過前にした催告から6箇月以内にした催告と消滅時効の中断
棄却
担保取消決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗...る相手方が,Aが仮執行宣言付判決に対する控訴の提起に伴って立てた担保の取消...保債権である損害賠償請求権につき更生債権又は更生担保権としての届出がされな..
1 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴い金銭を供託する方法により担保を立てさせて強制執行の停止がされた後に債務者につき更生手続開始の決定がされた場合における上記担保の被担保債権の性質 2 仮執行宣言付判決に対する上訴に伴う強制執行の停止に当たって金銭を供託する方法により担保が立てられた場合において債務者につき更生計画認可の決定がされた後であっても供託金の還付請求権を行使することの可否
破棄
文書提出命令申立一部認容決定に対する許可抗告事...抗告代理人青野洋士ほかの抗告理由について...本件の本案訴訟は,広島県内に居住して生活保護法に基づく生活扶助の支..
全国消費実態調査の調査票情報を記録した準文書が民訴法231条において準用する同法220条4号ロ所定の「その提出により…公務の遂行に著しい支障を生ずるおそれがあるもの」に当たるとされた事例
棄却
う。)4条2項の規定に基づく水俣病の認定の申請(以下「本件認定申請」とい...申請者がそのかかっていた疾病が水俣市及び葦北郡の区域に係る水質の汚濁の影響...による水俣病である旨の認定を受けることができる者であった旨の決定をすること..
公害健康被害の補償等に関する法律4条2項に基づく水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟における審理及び判断の方法
棄却
1項に基づき,本件申請者のかかっていた疾病が水俣市及び葦北郡の区域に係る水...質の汚濁の影響による水俣病である旨の認定をすることの義務付けを求める事案で...水俣湾周辺地域においては,昭和28年頃から原因不明の中枢神経疾患にり..
公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法3条1項に基づく水俣病の認定の申請を棄却する処分の取消訴訟における審理及び判断の方法
破棄
上告代理人大窪和久の上告受理申立て理由について...本件は,弁護士である被上告人に債務整理を依頼した第1審原告亡Aの相続...人である上告人が,被上告人に対し,債務整理の方針についての説明義務違反があ..
債務整理に係る法律事務を受任した弁護士が、特定の債権者の債権につき消滅時効の完成を待つ方針を採る場合において、上記方針に伴う不利益等や他の選択肢を説明すべき委任契約上の義務を負うとされた事例
破棄
上告代理人新谷勇人の上告受理申立て理由1ないし7について...本件は,普通傷害保険契約の契約者兼被保険者が嘔吐した物を誤嚥して窒息...被上告人は,被保険者が急激かつ偶然な外来の事故によってその身体に被っ..
吐物の誤嚥は傷害保険普通保険約款において保険金の支払事由として定められた「外来の事故」に該当するか
上告を棄却
当審における未決勾留日数中370日を原判決の懲役刑...月,メキシコ国内の国際貨物会社の営業所において,覚せい剤を隠匿した段ボール...査場における税関職員の検査を受けさせたが,税関職員により本件覚せい剤を発見されたため,本件貨物を受け取ることができなかった。」というもので,覚せい剤..
覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めながら共謀を認めずに無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
上告を棄却
被告人Aの弁護人岩本憲武の上告趣意のうち,判例違反をいう点は,事案を異に...自白の任意性を疑うに足りる証跡は認められないから,前提を欠き,その余は,単...なお,所論に鑑み,被告人両名に対する危険運転致死傷幇助罪の成否について,..
刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例
上告を棄却
上告代理人白川博清ほかの上告受理申立て理由第3章について...本件は,被上告人が平成14年7月に厚生労働大臣の輸入承認を得て輸入販...質性肺炎を発症して死亡した末期の肺がん患者らの遺族である上告人らが,イレッ..
1 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な情報とその提供方法 2 医療用医薬品について製造物責任法2条2項にいう「通常有すべき安全性」が確保されるために必要な添付文書の副作用に係る記載の適否を判断する際に考慮すべき事情及びその判断の観点
破棄
上告代理人石井宏治の上告受理申立て理由について...本件は,上告人が,貸金業者である被上告人との間の継続的な金銭消費貸借...前のもの。以下同じ。)1条1項所定の制限を超えて利息として支払った部分を元..
継続的な金銭消費貸借取引に係る基本契約が過払金充当合意を含む場合における、過払金について発生した民法704条前段所定の利息を新たな借入金債務に充当することの可否及びその充当方法
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...上告代理人安藤順一郎,同安藤秀男の上告受理申立て理由第8について...本件は,建物の地下1階部分を賃借して店舗を営む上告人において,同建物..
建物の地下1階部分を賃借して店舗を営む者が建物の所有者の承諾の下に1階部分の外壁等に看板等を設置していた場合において、建物の譲受人が賃借人に対して当該看板等の撤去を求めることが権利の濫用に当たるとされた事例
却下
間接強制申立ての却下決定に対する執行抗告棄却決定...独で監護する相手方に対し,抗告人と相手方との間で成立した抗告人と未成年者と...の間で抗告人と長男及び二男との面会交流について調停が成立した。その調停調書..
非監護親と子が面会交流をすることを定める調停調書に基づき間接強制決定をすることができないとされた事例
棄却
間接強制に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗...抗告代理人祖母井里重子の抗告理由について...独で監護する抗告人に対し,相手方と未成年者との面会及びその他の交流(以下..
1 監護親に対し非監護親が子と面会交流をすることを許さなければならないと命ずる審判に基づき間接強制決定をすることができる場合 2 監護親に対し非監護親が子と面会交流をすることを許さなければならないと命ずる審判に基づき間接強制決定をすることができるとされた事例
棄却
間接強制決定に対する抗告審の取消決定等に対する許...独で監護する相手方に対し,抗告人と未成年者との面会及びその他の交流(以下...ることを許さなければならないなどとする審判がされ,同審判は,同年3月確定し..
監護親に対し非監護親が子と面会交流をすることを許さなければならないと命ずる審判に基づき間接強制決定をすることができないとされた事例
破棄
前項の部分につき本件を名古屋高等裁判所に差し戻す。...上告代理人西澤博ほかの上告受理申立て理由第2について...本件は,三重県の志摩市等により組織される鳥羽志勢広域連合(以下「本件..
広域連合が土地を賃借する契約につき賃料額が私的鑑定において適正とされた賃料額より高額であることを理由として当該契約が違法でありその賃料の約定が無効であるとした原審の判断に違法があるとされた事例
棄却
再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対...記録によれば,申立人は,平成22年3月21日頃から同月末日頃までの間に死...亡により終了したものというべきであるから,裁判官全員一致の意見で,主文のと..
再審請求事件の特別抗告審において有罪の言渡しを受けた者の兄である申立人の死亡により再審請求事件の手続の終了宣言がされた事例
破棄
前項の部分のうち第1審判決中上告人敗訴部分...第1項の部分に係る被上告人の控訴を棄却す...及びうち3412万6942円に対する平成22年..
銀行と顧客との間で固定金利と変動金利を交換してその差額を決済するという金利スワップ取引に係る契約を締結した際に銀行に説明義務違反があったとはいえないとされた事例
上告を棄却
上告代理人山崎浩一の上告受理申立て理由について...主事が属する被上告人に対し,確認の申請書に添付された構造計算書に一級建築士...による偽装が行われていたことを看過してされた確認は国家賠償法1条1項の適用..
1 建築士の設計に係る建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合 2 一級建築士により構造計算書に偽装が行われていた建築物の計画についての建築主事による建築確認が国家賠償法1条1項の適用上違法となるとはいえないとされた事例
破棄
控訴費用及び上告費用は被上告人らの負担とする。...上告代理人井上正信,同岡林幸雄の上告受理申立て理由第3について...本件は,土地区画整理事業の施行地区内の土地を上告人らから売買により取..
土地区画整理事業の施行地区内の土地を購入した買主が売買後に土地区画整理組合から賦課金を課された場合において、上記売買の当時、買主が賦課金を課される可能性が存在していたことをもって、上記土地に民法570条にいう瑕疵があるとはいえないとされた事例
破棄
前項の部分に関する被上告人らの請求を棄却する。...使用していた団体との間で同団体に移転補償をすることを合意してその旨の契約を...締結した上,その契約に基づき町長が補償金の支出命令をしたところ,町の住民で..
普通地方公共団体が締結した支出負担行為たる契約が違法であっても私法上無効ではない場合において当該契約に基づく債務の履行としてされた支出命令の適法性
破棄
神奈川県臨時特例企業税通知処分取消等請求事...控訴費用及び上告費用は被上告人の負担とする。...上告代理人長島安治ほかの上告受理申立て理由について..
資本金等が一定額以上の法人の事業活動に対し臨時特例企業税を課すことを定める神奈川県臨時特例企業税条例(平成13年神奈川県条例第37号)の規定と地方税法72条の23第1項本文(平成15年法律第9号による改正前は72条の14第1項本文)
上告を棄却
に関して憲法38条1項違反をいう主張について...所論は,公判前整理手続において被告人に対し主張明示義務及び証拠調べ請求義...事件の争点及び証拠を整理する公判準備であるところ,公判前整理手続において十..
刑訴法316条の17と自己に不利益な供述の強要
29040 件中 8/581 ぺージ
◀前    次▶
4 5 6 7 8 9 10 11 12

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in