裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61773 
刑事21916民事39857
罪名
住居侵入
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
住居侵入の判決統計
24
7
0
25
27
42
8
837 件中 7/17 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11
上告を棄却
一 国家公務員法(昭和四〇年法律第六九号による改正前のもの、以下同じ)九八条五項一一〇条一項一七号の合憲性 二 国家公務員法一一〇条一項一七号にいう同法九八条五項前段の違法な行為の遂行をあおつた罪が成立するとされた事例 三 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(昭和三五年六月二三日条約第六号、以下新安保条約という)は違憲であることが明白か
上告を棄却
姦淫の手段である暴行により傷害を負わせた場合と強姦致傷罪の成立
上告を棄却
住居不退去罪につき違法性を阻却すべき事由が認められないとされた事例
破棄
至第三の事実にはそれぞれ住居侵入の所為があるとして起訴したところ、原判決...は、右住居侵入の所為は判示認定の事実と牽連犯の関係にあり科刑上一罪とされる...各住居侵入の所為は昭和三八年中に犯されたものであつて本件起訴当時は既に公訴
牽連犯の公訴時効の完成時期
破棄
 被告人の原判承所為中、住居侵入の点は刑法第一三〇条前段、罰金等臨時措置法...後段第二三六条第一項にそれぞれ該当するところ、右住居侵入と各強盗殺人との間
居直りによる強盗殺人と認定された一事例
棄却
公判期日の続行の措置が公判裁判所の裁量権を逸脱せず迅速裁判の要請に反しないとされた事例
破棄
住居侵入罪に当らないとの主張を骨子とするものである。そこで、当裁判所は、ま...(3)つぎに、住居侵入罪の成否について判断をする。おもうに、点検活動を目的...わらず局舎事務室へ立ち入つた行為が、住居侵入罪を構成するか否かの判断をする
一 住居侵入罪が成立するとされた事例 二 刑訴法第四一一条第二号に該当するとされた事例
破棄
 被告人は、本件住居侵入、窃盗(第一審判決判示第二、第三)事実につき、起訴...月一〇日東京地方裁判所において、窃盗、住居侵入、傷害の罪により懲役一〇月以
 被告人の判示所為中住居侵入の点は刑法一三〇条、六〇条に強盗未遂の点は同法...二三六条一項、二四三条、六〇条に当るのであるが、右住居侵入と強盗未遂は手段
一、 他人の身体に対する刑法上の傷害と暴行との区別 二、 創傷の程度が極めて軽微であるとして傷害と認めず強盗致傷罪の成立を否定した事例
破棄
 被告人らに対する本件住居侵入の公訴事実は、被告人A1はB1労働組合B2地...て、本件住居侵入の公訴事実に対し無罪の言渡をしているのである。...よれば、被告人らの本件安西局事務室内への立入行為が一応住居侵入罪の構成要件
刑訴第三二二条第一項の「被告人が作成した供述書」の署名押印の要否
上告を棄却
被告人B、同Cの本件住居侵入行為を正当な組合活動でなく違法のものであると判
破棄
対する住居侵入被告事件につき、同被告人が同年二月二四日柏市ab番地B方宅地
上告を棄却
第二審判決と不利益変更の禁止。
破棄
 しかし、刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によれば、住居侵入罪の... 原略式命令によつて確定された住居侵入の事実につき法令を適用すると、右事実
破棄
 職権をもつて調査すると、原判決は、被告人Aに対し住居侵入の事実を認定した...と、住居侵入罪の罰金の法定刑の最高額は二、五〇〇円であるから、これを超過し... 原判決によつて確定された被告人Aにかかる住居侵入の事実に法令を適用すると、右事実は刑法一三〇条、六〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号、二条に該当する
破棄
 松本簡易裁判所が被告人に対する住居侵入被告事件(同庁昭和三七年(い)第九...一一号について、昭和三七年三月一六日附の略式命令により、被告人の住居侵入の... ところで刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によれば、住居侵入罪の
破棄
 紋別簡易裁判所が被告人に対する住居侵入被告事件(同庁昭和三七年(い)第一... ところで刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によれば、住居侵入罪の...告事件につき更に判決することとする。原略式命令によつて確定された住居侵入の
破棄
 十和田簡易裁判所が被告人に対する住居侵入被告事件(同庁昭和三七年(い)第... ところで刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によれば、住居侵入罪の...住居侵入の事実につき法令を適用すると該事実は、刑法一三〇条に該当するから、
破棄
住居侵入と暴行とは刑法第四五条前段の併合罪であるとして同法第四七条第一〇条...を適用して重い住居侵入罪の刑に併合罪加重をした刑期範囲内で被告人を量<要旨>...刑処断していることが原判示に徴して明らかである。しかし、住居侵入をした上暴
暴行の目的をもつて住居に侵入した場合の両罪の関係
上告を棄却
憲法第二八条の保障する団体行動権の正当な行使にあたらない事例。
破棄
 水沢簡易裁判所が被告人に対する住居侵入被告事件(同庁昭和三五年(い)第一... ところで刑法一三〇条、罰金等臨時措置法三条一項一号によれば、住居侵入罪の...告事件につき更に判決することとする。原略式命令によつて確定された住居侵入の
破棄
刑訴法第四一一条にあたる事例。
破棄
罰に関する法律違反及び住居侵入の各犯罪事実を認定し、両者は刑法四五条前段の...罰に関する法律違反及び住居侵入の所為と刑法四五条前段の併合罪であるとして被
上告を棄却
起訴状に罰条の記載の遺脱があつた場合と控訴提起の効力。
上告を棄却
権利行使の方法が社会通念上一般に忍容すべきものと認められる程度を逸脱している事例
上告を棄却
一 脅迫罪の成立する事例 二 刑法第一三〇条の罪の成立する事例 三 いわゆる「ラムネ弾」が爆発物取締罰則にいう爆発物にあたらないとされた事例
上告を棄却
控訴審において控訴を棄却する場合と少年法適用の基準時期。
上告を棄却
弁護人に対する公判期日の通知が適法になされなかつた違法があつても弁護権を侵害したことにならぬとされた事例。
837 件中 7/17 ぺージ
◀前    次▶
3 4 5 6 7 8 9 10 11

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in