裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
わいせつ図画販売
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
わいせつ図画販売の判決統計
0
0
0
26 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
Aに対するわいせつ図画販売幇助,わいせつ図...画販売・頒布幇助,Bに対するわいせつ図画販売幇助,Cに対するわいせつ図画
刑法175条と憲法13条、19条、21条、31条
上告を棄却
1 児童ポルノを、不特定又は多数の者に提供するとともに、不特定又は多数の者に提供する目的で所持した場合の罪数 2 児童ポルノであり、かつ、刑法175条のわいせつ物である物を、不特定又は多数の者に販売して提供するとともに、不特定又は多数の者に販売して提供する目的で所持した行為が、全体として一罪とされた事例
上告を棄却
児童ポルノ・わいせつ物である光磁気ディスクを販売用コンパクトディスク作成に備えてのバックアップのために製造所持した行為について児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成16年法律第106号による改正前のもの)7条2項の児童ポルノを販売する目的及び刑法175条後段にいう「販売の目的」があるとされた事例
上告を棄却
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律2条3項各号のいずれかに掲げる姿態を児童にとらせ電磁的記録に係る記録媒体に記録した者が当該電磁的記録を別の記録媒体に記憶させて児童ポルノを製造する行為と同法7条3項の児童ポルノ製造罪の成否
上告を棄却
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律7条2項、2条3項2号、3号と憲法13条、21条、31条
懲役2年
する法律違反,わいせつ図画販売,名誉毀損被告事件について,当裁判所は,検察... 児童ポルノ,わいせつ図画販売の各犯行についてみると,被告人らは,利欲目的
上告を棄却
刑法一七五条の規定が憲法二一条、三一条に違反しないとされた事例
上告を棄却
刑法一七五条と憲法一三条、二一条、三一条
上告を棄却
わいせつ図画販売目的所持の事案につき、懲役一〇月の実刑を科した原判決の量刑が維持された事例
上告を棄却
刑法一七五条が憲法一三条、二一条に違反しないとされた事例 刑法一七五条の「猥褻」の概念が不明確である旨の憲法三一条違反の主張が欠前提とされた事例(一、二につき補足意見がある)
上告を棄却
刑法一七五条が憲法二一条、三一条に違反しないとされた事例
上告を棄却
刑法一七五条が憲法一九条、二一条、三一条に違反しないとされた事例
上告を棄却
一 刑法一七五条と憲法二一条 二 刑法一七五条にいう「猥褻ノ図面」にあたるとされた事例
控訴を棄却
一 わいせつ性判断の基準としての社会通念を判示するにあたつて証拠上の根拠を示す必要があるか(消極) 二 性的に未成熟な女児の陰部をことさらに露骨かつ鮮明に撮影した写真がわいせつな図画にあたるとされた事例 三 陰部に相当する部分が塗りつぶされている写真についてその部分の復元が容易であるとしてわいせつ性を認めた事例
上告を棄却
モーテル用ビデオテープが刑法一七五条にいう「猥褻ノ図画」にあたるとされた事例―いわゆる日活わいせつビデオ事件―
破棄
み、本件行為の罪質、動機、態様、被告人がわいせつ図画販売罪により昭和四四年
刑法一七五条後段の販売目的をもつてする所持とその罪数
上告を棄却
刑法第一七五条は憲法第二一条に違反するか
控訴を棄却
で所持していた事実を、わいせつ図画販売目的所持罪に当るとした原判決の認定は
未現像のわいせつ映画フイルムと刑法第一七五条の適用
上告を棄却
起訴状記載の訴因不特定の違法がないとされた事例。
上告を棄却
ヌード盃を刑法第一七五条にいう猥褻図画に該当すると認定しこれを処罰の対象とすることと憲法第二一条。
上告を棄却
包括一罪を構成するものと認定された個々の事実のうち起訴状に記載されていない部分を審理するにあたり訴因追加の手続により公訴を受理したことの適否。
控訴を棄却
いうことはできない。何となれば被告人のわいせつ図画販売の事実は、その行われ
起訴状の公訴事実の記載が訴因の特定ありとされた事例
26 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in