裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
不法監禁
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
35 件中 1/1 ぺージ
控訴を棄却
 論旨は、ひつきよう、被告人には不法監禁の事実がなく、これをあるものと認定
不法監禁にあたる事例
上告を棄却
権利行使の方法が社会通念上一般に忍容すべきものと認められる程度を逸脱している事例
上告を棄却
ない。(引用の判例は、不法監禁の手段としての単純な暴行、脅迫に関するもので...あつて、本件のごとく不法監禁の手段たる暴行、脅迫の行為が、暴力行為等処罰に
一 暴力行為等処罰に関する法律第一条第一項にいわゆる「数人共同シテ」同条項に掲げる刑法各条の罪を犯すことを共謀したが自らは実行行為を分担しなかつた者の責任 二 同条項の「数人共同シテ」の「数人」には「多衆」を含むか 三 本件ラムネ弾は、爆発物取締罰則にいわゆる「爆発物」にあたるか
上告を棄却
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例。
破棄
 所論は、原判決が本件被告人らに不法監禁の成立を認めたのは、期待可能性がな...行われた暴行、脅迫及び不法監禁なる一連の違法行為について、その前半の暴行、...脅迫のみを切り離してこれを期待可能性がないものとして無罪とし、後半の不法監禁は期待可能性がないとはいえないとして有罪としているのである。ところで刑法
一 期待可能性がないとした判断が法令の適用の誤または理由不備であるとされた事例。 二 原判決が一部無罪、一部有罪としたとき、上告審が無罪の部分の判断が誤りであるとする場合の措置。
上告を棄却
憲法第二八条の保障する団体行動権の行使にあたらない事例。
上告を棄却
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例
上告を棄却
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例
上告を棄却
被告人の本件強要、不法監禁の所為を、労働争議において社会通念上許容される限
上告を棄却
不法監禁罪にあたることは勿論であるから、所論の違法は認められない。)、同第
刑法第二三〇条第一項にいう「監禁」とは
棄却
 右の者に対する当庁昭和二八年(あ)第一五三二号不法監禁、昭和二五年政令第
上告を棄却
不法監禁罪の成立に欠けるところはない旨を判示するにあること、同判文に照し明
破棄
 よつて、第一審判決の確定した事実を法律に照らすと、同判示第一の不法監禁の
上告を棄却
争議行為の正当性の限界 ―不法監禁、住居侵入罪の成立する場合―
控訴を棄却
の本件強要、不法監禁の所為を暴力の行使と認め、労働組合法第一条第二項本文の...実が認められ、その被告人の所為が刑法上強要罪及び不法監禁罪を構成することも... しかし、原判決が適法に認定した被告人の判示所為が刑法の強要罪及び不法監禁
正当な争議行為に当らない一事例
上告を棄却
国外における日本人俘虜の犯罪と我が裁判権
上告を棄却
所為も不法監禁の所為に該当することは明らかである。そしてかゝる所為は正当な
棄却
あるから、昭和二十一年二月初頃同所において犯された被告人等の本件不法監禁行...後段の不法監禁罪を以てこれに擬せんとするものと解すべく、同項前段の不法逮捕...わゆる不法監禁には該当せずむしろ不法逮捕の典型的な場合に属することが明かで
復員軍人が外国に在る間に犯した罪に対する国内裁判所の裁判権
上告を棄却
日本官憲を守護し朝鮮人に対する民族的偏見に基づいて政策的に有罪判決をしたという主張と上告の適否
上告を棄却
情等を審理検討した上、本件不法監禁行為は、労働争議中に発生したことではある
團体交渉の目的達成の手段として使用者側を約三五時間に亘り閉じ込めた行爲と改正前の勞働組合法第一條第二項
上告を棄却
止まつていたのであるから本件を不法監禁罪として処断した原判決には理由齟齬の... 従つて原判決が被告人の判示所為を不法監禁罪として処断したのは相当であつて、
一 公開禁止決定の効力 二 不法監禁罪が成立する一事例
棄却
     被告人両名に対し不法監禁、強姦致傷被告事件の第一審における未決勾... 不法監禁、強姦致傷被告事件における訴訟費用は全部被告人両名及原審相被告人...て本件の不法監禁罪と、強姦致傷罪とは、たまたま手段結果の関係にあるが、通常
一 強姦に際し婦女に傷害の結果を與えた行爲の擬律 二 強姦の共謀者中傷害の結果について認識を缺く者と強姦致傷罪の成立 三 二人以上共謀して暴行傷害を爲した場合と刑法第二〇七條の適用の有無 四 強姦致傷の被害者が告訴を取下げた場合と公訴棄却の裁判の有無 五 共犯者が順次同一人を強姦した所爲は單純一罪でなく連續犯であるとする上告理由の適否 六 不法監禁罪と強姦致傷罪とを併合罪として處罰した判決と牽連犯の成否 七 刑法第一七七條の法意 八 沒収の言渡をしながら法條を適用しない判決の違法 九 数名共謀による強姦致傷罪と共犯者の一人の犯行の中止 一〇 審判の公開を禁止した旨の記載を缺く公判調書と審判公開の有無
35 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in