裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
偽証
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
偽証の判決統計
1
0
0
43 件中 1/1 ぺージ
懲役1年6月
己の記憶に反した虚偽の陳述をし,もって偽証したものである。...本件で偽証として問題とされる証言内容...本件において,検察官が,A事件第17回公判期日において偽証として問題
無罪
に反した虚偽の陳述をし,もって,偽証したものである」というものである。...り,偽証罪が成立するとして起訴された事案である。...ところで,偽証罪は,宣誓をした証人が,その証言時において自己の記憶に
懲役2年
偽証被告事件...がら,D,E,F,GおよびHらと共謀の上,上記被告事件についてDが偽証することを企...である」などと自己の記憶に反した虚偽の陳述をし,もって偽証したものである。
懲役1年
引会社の担当者に依頼して,同人をして虚偽の事実を証言させた,という偽証教唆...者を引き合わせて偽証させるに至っており,犯行態様は計画的かつ巧妙で悪質であ...る。本件偽証の証言内容は,上記公職選挙法違反事件の審理における重要な事実に
控訴を棄却
 第二 所論は、要するに、被告人Bは、本件で道交法違反、偽証教唆被告事件の...人Fに対し同判示のような偽証教唆をした旨認定し、最終的に偽証教唆の行なわれ...右偽証教唆は同弁護士控室前の廊下で行なわれたというのが真実であるから、原判
公判調書に記載のない事項は存在しなかつたものと推定されるか
上告を棄却
執行猶予期間を経過した前科を量刑上参酌することは違法ではないとして憲法一四条一項、三七条一項違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
勾留が必要やむを得ないものである旨の原判断を相当として違憲主張を欠前提とした事例
上告を棄却
詐欺既遂罪が成立するとされた事例
上告を棄却
「犯罪事実に加わつていない被告人を、共謀共同正犯の理論により有罪とした原判決(破棄自判)は、罪刑法定主義を規定した憲法三一条に違反する」との主張を単なる法令違反の主張として処理された事例
控訴を棄却
読させていないし、宣誓の趣旨の諭示、偽証の罰の警告もしていない。また、起立...り宣誓した証人として偽証罪に問擬した原判決には、法令の解釈適用を誤り、ひい... 刑法第一六九条によれば、偽証罪の主体は「法律により宣誓した証人」であるこ
一、 民法第九七六条所定の遺言書の作成名義人 二、 宣誓手続に瑕疵がある場合と偽証罪の成否
上告を棄却
あり(公訴事実中、盛岡地方裁判所一関支部における偽証、同教唆は、その日時・...第二四七号事件の右一関支部における共助事件法廷の証言にかかる偽証、同教唆で
弁護権の行使を不法に制限したことにならない事例。―必要弁護事件につき弁護人の選任がないまま開廷し判決の宣告をした場合―
破棄
を偽証罪をもつて告発し、右偽証被疑事件は同庁において現に捜査中であることを...し右上申書を提出し、もつて右Bにかかわる偽証被疑事件についての証拠を偽造...する被告人名義の告訴状及びさきに確定した被告人に対する偽証教唆事件の確定判
証憑偽造同行使罪にあたる事例
上告を棄却
 所論は先ず、原審の支持する第一審判決は、被告人の本件偽証教唆の事実認定の...資料として、偽証本犯であるAの昭和二七年一一月二一日の第一審公判廷における...証人としてなした供述その他の証拠を挙示しているが、本件偽証教唆罪の成否を決
上告を棄却
 所論は、被告人のする偽証教唆を処罰することは、供述の強要を禁止する憲法三...六一条一項(教唆)、一六九条(偽証)の解釈を誤り、罪とならない行為を有罪と...きは偽証教唆罪の成立を免れないこと当裁判所屡次の判例である(昭和二六年(あ)
上告を棄却
一 偽証教唆被告事件において被教唆者の自白は憲法第三八条第三項の「本人の自白」に含まれるか。 二 釈放直後精神障害を呈した者の勾留中における供述の証拠力。
上告を棄却
権があるからといつて、他人に虚偽の証言をすることを教唆したときは、偽証教唆
上告を棄却
訴一四六条の証言拒否権を持つていたとしても宣誓の上虚偽の陳述をすれば偽証罪...よう教唆したときは偽証教唆罪の成立することは当裁判所の判例である)(昭和二
一 刑訴法第二条第一項にいわゆる「現在地」の意義 二 被告人の黙秘権と偽証教唆罪の成否 三 証人の証拠拒絶権と偽証罪の成否
上告を棄却
実を認めることができるのであるから、被告人に偽証教唆罪を認めたことの正当で... 所論第七回公判廷におけるAの供述が検察官によつて強要された偽証の告白であ
刑訴第三七〇条第一項にいう「当該上訴裁判所であつた最高裁判所」の意義
棄却
る。故に、同証人の虚偽の陳述を以て本件偽証教唆罪の成立要件として刑法第一六
一、 一旦証人尋問をした後再尋問の請求があつた証人が病気出頭不能となつた場合と刑訴第三一四条第三項の適用の有無 二、 刑法第一六九条「法律ニ依リ宣誓シタル証人」の意味と刑訴規則第一一八条
上告を棄却
一 刑訴第三七九条にいう「訴訟手続に法令の違反があつてその違反が判決に影響を及ぼすことが明らかである」の意義 二 刑法第一二七条にいう「前条」には刑法第一二六条第三項を含むか 三 刑法第一二六条第三項にいう「人」には車外の人を含むか 四 刑法第一二七条にいう「汽車又は電車」には刑法第一二五条の犯行に供用されたものを含むか 五 過失致死の結果的加重犯について死刑を定めた刑法第一二七条は憲法第一三条、第三六条に違反するか 六 刑訴第四〇〇条但書によるいわゆる自判の限界 七 被告人が犯罪の実行者であることについて自白のみによる認定は憲法第三八条第三項に違反するか 八 日本国有鉄道職員の争議禁止は憲法第二八条に違反するか 九 刑訴法第三七九条の法意 一〇 判決に影響を及ぼすことが明らかでない訴訟手続の違法ある判決と憲法第三一条 一一 第一審の訴訟手続の違法が判決に影響を及ぼしたことが明らかといえない場合と刑訴第三七九条 一二 憲法第三八条第二項にいう「不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白」にあたらない一事例 一三 控訴申立をした検察庁の検察官が作成した控訴趣意書を控訴裁判所に対応する検察庁の検察官が提出することは違法か
上告を棄却
所在不明による証人召喚状の不送達と証拠調施行の不能
上告を棄却
裁判所が当事者の申請により証拠決定をしながら不施行のまま結審した場合、申請当事者は証拠決定の施行を維持する意思がないものと解すべきか。
上告を棄却
して偽証させた場合は理論上自己の被告事件に関する証憑湮滅行為に外ならないか...ら刑法一〇四条の趣旨により偽証教唆罪に問擬すべきではないというに帰する。し...たときは偽証教唆の責を免れないことは既には当裁判所の判例とするところであり
一 被告人の黙祕権と偽証教唆罪の成否 二 刑法第一〇四条の証憑の偽造には証人の偽証を包含するか 三 証人の証言拒絶権と偽証罪の成否
上告を棄却
て偽証したのではないから、被告人の偽証教唆罪は成立しないと前提して、原判決...の如き内容虚偽の証言をして偽証をなした事実を肯認することができる。この点に...関する原判示は正当であるから、被告人が右の如き偽証教唆罪の責任を負うべきは
上告を棄却
事実を肯定しなかつたので、検察官は右証言に偽証の疑ありとして、逮捕状を得て...(Aは偽証罪として起訴され、別件として同一裁判所に繋属するに至つた)...一審裁判所は公判外においてAに対する前記偽証被告事件を被告人Bに対する本件被告事件と併合審理する旨決定し、同公判期日には両被告事件が既に併合されたも
「証拠調に異議なし」と述べたことと証拠とすることの同意
破棄
     同偽証の点につき被告人は無罪。... 次に本件公訴事実中、被告人に対する偽証の点につき次のとおり判断する。... 弁護人清瀬一郎の上告趣意第二点の要旨は、原判決の被告人に対する偽証罪の認
一 証言拒絶権ある証人を宣誓させて尋問した場合と憲法第三八条第一項 二 宣誓させないで尋問すべき証人に宣誓させた場合と偽証罪の成否
上告を棄却
人等に酒や料理を出しません」と虚偽の陳述をして偽証し...は出して居ません」と虚偽の陳述をして偽証し...言渡を受け、又前示犯罪事実中偽証罪の点(第一(二))については、同証言は真
一 原判決後に大赦があつたときと上告趣意書の不提出 二 上告を申し立てた共同被告人にともに原判決後大赦があつた場合と上告趣意書を提出しなかつた共同被告人の一人に対する裁判
破棄
     原審の訴訟費用中、被告人に対する偽証被告事件(昭和二四年(は)第...趣旨を説明し、これを理解することができるものと認めて宣誓させ、偽証の罰及び... しかし、偽証罪の規定は宣誓によつて担保された供述の正確性を保持し、よつて
一、 刑訴第一四六条の証言拒絶権を有する者が証言した場合における証言の任意性とその尋問手続の憲法第三八条違反の有無 二、 自己の犯罪事実に関する虚偽の陳述と偽証罪の成否
上告を棄却
つて、他人に虚偽の陳述をするよう教唆したときは偽証教唆の責を免れないことい
被告人の黙祕権と偽証教唆罪の成立
控訴を棄却
人Aに対する偽証被告事件記録編綴の...供述及び取寄せに係るAの偽証被告事件記録を綜合して前記判断の正当性を裏づけ
証言を拒絶した者の供述を録取した検事調書の証拠能力
43 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in