裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
偽造有価証券行使
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
偽造有価証券行使の判決統計
0
0
0
13 件中 1/1 ぺージ
懲役5年
 被告人の判示第1,第4ないし第8の各所為中,各偽造有価証券行使の点はいず...所為中,偽造有価証券行使の点は同法163条1項に,詐欺未遂の点は同法250...券行使と各詐欺との間及び判示第9の偽造有価証券行使と詐欺未遂との間には,そ
棄却
 右の者に対する偽造有価証券行使被告事件(昭和五四年(あ)第八九号)について、
弁護人であつた者からなされた訴訟費用執行免除の申立が、右申立をするについて被告人の委任を欠いたため不適法とされた事例
控訴を棄却
偽造有価証券行使、詐欺の本件被告事件につき、昭和三四年二月二一日判決の宣告
一、 宣告された刑と判決書に記載された刑とが相違しておる場合に刑訴第四〇二条にいう原判決の刑 二、 不利益変更禁止と検察官の控訴理由
上告を棄却
もつてこれを人に交付した者は、同法一六三条の偽造有価証券行使罪又は同交付罪
上告を棄却
その情を知つてこれを行使した者は同法一六三条の偽造有価証券行使罪の適用を受
昭和二六年の改正商法施行以前において増資新株式証拠金領収書を偽造する所為は刑法第一六二条の有価証券偽造罪を構成するか。
上告を棄却
被告人が書面を証拠とすることに同意したと認められる一事例
上告を棄却
一 辯護人が上告趣意書記載の主張を撤回した場合にこれに對し判斷を與えることの要否 二 權限なく列車急行券を作成した行爲と有價證券偽造罪の成立 三 「盜賍たることが當然判る筈である」旨の供述は知情の事實を認定する證據となり得るか
13 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in