裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
公文書偽造行使
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
32 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
被告人に対する上告趣意書最終提出日の告知の不適法と、上告趣意書が期限内に提出なしとして上告を棄却した決定への影響
上告を棄却
人につき第一審判決判示のA検査員B名義の公文書偽造行使罪の成立を認めること
破棄
実在しない公務所名義を使用しても公文書偽造罪が成立するとした事例
上告を棄却
 被告人の論旨は公文書偽造行使詐欺には関与しておらず、相被告人A等の所為で
被告事件の陳述を聴かないで審判したことにならない事例
破棄
刑訴第三四〇条に違反する疑のある公訴提起の事例
棄却
期間の経過により無効になつた輸送証明書の利用による文書偽造
上告を棄却
一 一部僞造の箇所のある轉出證明書用紙を素材としてその未完成部分に虚僞の事實を記入した場合と公文書僞造罪の成否 二 配給所主任を欺罔して米麥を騙取しさらにその米麥を統制額を超過して販賣した場合の擬律 三 物價統制令第三六條第三三條に依り懲役及び罰金を併科する場合にその情状を判示することの要否
上告を棄却
一 配給停止證明書の公文書性 二 昭和一九年法律第四號經濟關係罰則ノ整備ニ關スル法律第一條の罰則の適用範圍
上告を棄却
判示事實と證據との間における瑣末な點の不一致と理由不備
上告を棄却
一 公定代金の支拂と詐欺罪の成立 二 三八日間の拘禁と憲法第三八條第二項
上告を棄却
一 昭和二二年法律第一二四號刑法の一部を改正する法律附則第四項と刑法第五五條 二 昭和二二年法律第一二四號附則第四項の規定を舉示しない判決と上告の適否 三 刑法第五四條第五五條の適用順序 四 刑法第五四條の「最モ重キ刑ヲ以テ處斷ス」の意義
32 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in