裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
公文書毀棄
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
公文書毀棄の判決統計
0
0
0
30 件中 1/1 ぺージ
棄却
 右の者に対する道路交通法違反、公然わいせつ、公文書毀棄被告事件(平成六年
跳躍上申立て棄却決定に対する異議の申立てが電報による期間経過後のものとして不適法とされた事例
棄却
上訴提起期間経過後の跳躍上告申立ての適否
上告を棄却
一 いわゆる強制採尿令状により採尿場所まで連行することの適否 二 任意同行を求めるため被疑者を職務質問の現場に長時間違法に留め置いたとしてもその後の強制採尿手続により得られた尿の鑑定書の証拠能力は否定されないとされた事例
破棄
違法な取調のもとで作成中の供述録取書と刑法二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」
上告を棄却
捜索差押令状による差押物件について公文書毀棄罪の成立を認めたことが憲法二一条、三五条に違反する旨の主張が欠前提とされた事例
破棄
 本件公訴事実のうち、所論の指摘する公文書毀棄の事実の要旨は、被告人は、昭
公務員の作成中の文書と刑法二五八条にいう「公務所ノ用ニ供スル文書」
一、 刑法一〇六条の規定と憲法三一条 二、 近接した日時場所において構成員を異にする多数の者がそれぞれした暴行脅迫を包括して一個の騒擾罪を構成するものと評価するための要件 三、 多数の者が集合して暴行脅迫をした場合各個人について騒擾罪の罪責を認めるための要件 四、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」に集団の解散措置を含むか 五、 昭和二五年東京都公安条例四条にいう「所要の措置」として集団を解散させるための要件を備えたものと認められなかつた事例 六、 多衆の者のした暴行脅迫がいまだ一地方の静ひつを害するに足りる程度に達していたものと認められないとして騒擾罪の成立が否定れた事例 七、 刑法一〇六条二号の率先助勢の罪が成立する時期 八、 少年が少年調査官にした供述調書の証拠能力
破棄
たうえ、右は刑法二五八条の公文書毀棄罪にあたるものとして、被告人を懲役四月
上告審において真犯人が別にいることを検察官が認めたことにより原判決に事実誤認の疑いがあるとして破棄自判(無罪)された事例
控訴を棄却
には争議行為とかかわりがなく、公文書毀棄の罪を構成するものというべく、原審
一、 地方公営企業における争議行為と職務命令文書の破棄 二、 地方公営企業労働関係法一一条一項の合憲性
上告を棄却
昭和二九年法律第六一号による改正前の関税法八三条三項および関税法一一八条二項にいう「犯人」の意義
上告を棄却
未完成の供述録取書は刑法第二五八条にいう公務所の用に供する文書にあたるか
破棄
さけ・ます流網漁業等取締規則(昭和三一年四月九日農林省令第一一号による改正後の昭和二七年七月四日農林省令第五二号)第二九条第二項但書の効力。
上告を棄却
一 未完成の弁解録取書は刑法第二五八条の「公務所ノ用ニ供スル文書」にあたるか 二 公文書毀棄罪の成立する一事例
上告を棄却
差押令状または捜索令状における押収または捜索すべき場所を表示する程度
上告を棄却
器物損壊罪における告訴権者 ―法廷の椅子の管理者―
控訴を棄却
一、 未完成の弁解録取書と刑法第二五八条にいう公務所の用に供する文書 二、 同条にいう毀棄の意義
棄却
 論旨は憲法三七条一項違反をいうけれども、その実質は本件公文書毀棄被告事件...ければならない(裁判所の所管公文書毀棄の犯罪事実が当該裁判所に起訴審理され
刑訴一七条一項各号に当らない事例
上告を棄却
一 刑法第二五八条にいわゆる「公務所ノ用ニ供スル文書」にあたる事例 二 封印破毀罪と公文書毀棄罪とは牽連犯となるか
破棄
一、 村役場で受理し保管中の住民登録届書は「公務所ノ用ニ供スル文書」か 二、 村役場の保管する住民登録届綴中の届書をその綴り目の部分から破リ取つて持ち去る行為と刑法第二五八条にいわゆる「毀棄」 三、 右の場合、その文書を持ち去つた期間の長短または後日返還の意思の有無と公文書毀棄罪の成否
破棄
公判の審理に関与しなかつた裁判官が判決に関与した違法と刑訴第四一一条の適用
上告を棄却
ては差押許可状の無効は少しも右公文書毀棄罪及び公務執行妨害罪の成否に影響す
差押の許可の瑕疵は他の差押許可の効力に影響をおよぼすか
上告を棄却
窃取または騙取した郵便貯金通帳を利用して預金を引出した行爲と詐欺罪の成立
30 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in