裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
公正証書原本不実記載
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
4
2
0
111 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
定法違反,公正証書原本不実記載,同行使被告事件
殺人1件、傷害致死1件等の事案につき、無期懲役の量刑が維持された事例(中国人妻による替え玉殺人事件)
上告を棄却
反,公正証書原本不実記載,同行使,麻薬及び向精神薬取締法違反(LSDの製
死刑の量刑が維持された事例(オウム真理教弁護士一家殺人等事件)
上告を棄却
現況調査に訪れた執行官に対して虚偽の事実を申し向けるなどした刑法96条の3第1項該当行為があった時点が刑訴法253条1項にいう「犯罪行為が終つた時」とはならないとされた事例
懲役3年
うち各公正証書原本不実記載の点は刑法60条,157条1項に,各不実公正証書...この公正証書原本不実記載とその行使との間には手段結果の関係があるので,いず...れぞれ日本人との婚姻を偽装して戸籍に不実の記載をさせた公正証書原本不実記載,
上告を棄却
 なお,所論にかんがみ,第1審判決判示第1の公正証書原本不実記載,同行使罪...告人両名につき本件公正証書原本不実記載,同行使の罪の成立を認めた原判断は,
定款に株式譲渡制限の定めのある非上場会社の一人株主がその全株式を同社の債務の担保のため譲渡担保に供するなどした後に同社の役員の解任及び選任等の株式会社変更登記申請を行い同社の商業登記簿の原本にその旨記載させた行為につき公正証書原本不実記載罪が成立するとされた事例
懲役2年
公正証書原本不実記載の点 刑法60条,157条1項...の行使と公正証書原本不実記載とその行使との間には順次手段結果の関係があるの...害者との偽装結婚に伴う有印私文書偽造,同行使,公正証書原本不実記載,同行使
上告を棄却
1 郵便送達報告書の受領者の押印又は署名欄に他人の氏名を冒書する行為と有印私文書偽造罪の成否 2 他人あての送達書類を廃棄するだけの意図で他人を装って受領する行為について詐欺罪における不法領得の意思が認められないとされた事例
上告を棄却
1 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)8条の2の船籍簿と刑法157条1項にいう「権利若しくは義務に関する公正証書の原本」 2 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)4条1項に基づく船籍票の内容虚偽の書換申請と刑法157条1項にいう「虚偽の申立て」
懲役2年
罰条       公正証書原本不実記載   刑法60条,157条1...本件強制執行妨害及び公正証書原本不実記載・同行使の犯意はきわめて強
上告を棄却
自殺させて保険金を取得する目的で被害者に命令して岸壁上から自動車ごと海中に転落させた行為が殺人未遂罪に当たるとされた事例
上告を棄却
司法書士に対し金銭消費貸借契約証書に基づく公正証書の作成の代理嘱託を依頼するに際して偽造の同契約証書を真正な文書として交付する行為と刑法161条1項にいう「行使」
懲役7年
163号 覚せい剤取締法違反,公正証書原本不実記載,同行使被告事件... 被告人の判示第1の所為のうち,公正証書原本不実記載の点は刑法60条,15...1の公正証書原本不実記載とその行使との間には手段結果の関係があるので,刑法
懲役11年
公正証書原本不実記載,同行使,電磁的公正証書原本不実記録,同供用,詐欺(以...                  公正証書原本不実記載の点... した(第1の2事実)という有印私文書偽造,同行使,公正証書原本不実記載,
懲役3年
実),という破産法違反,公正証書原本不実記載,同行使の事案であるところ,隠
控訴を棄却
いて公正証書原本不実記載罪の成立を認めた原判決には判決に影響を及ぼすことの... また、刑法一五七条一項の公正証書原本不実記載罪が、権利、義務に関する公正...であるとして、公正証書原本不実記載、同行使罪の成立を認定めた原判決に事実の
外国人登録原票と刑法一五七条一項にいう権利、義務に関する公正証書の原本
棄却
保釈却下決定に対する特別抗告申立てがされた後、申立人が勾留執行停止決定により釈放された場合の特別抗告の効力
上告を棄却
新株の払込みを仮装のものとして公正証書原本不実記載罪の成立が認められた事例
上告を棄却
 なお、所論にかんがみ、公正証書原本不実記載罪の成否につき職権で検討するに、...と解するのが相当であるから、被告人の本件各所為につき公正証書原本不実記載罪
官公署の不動産登記の嘱託と刑法一五七条一項にいう「申立」
控訴を棄却
残るから、この点からも右「嘱託」が公正証書原本不実記載罪の「申立」に当たる
不動産登記法三〇条、三一条一項に基づく嘱託は、刑法一五七条一項にいう申立に当たるか(積極)
控訴を棄却
一 刑訴法三八二条の二第三項後段所定の疎明を欠き、同条一項、三八二条による控訴趣意として不適法とされた事例 二 刑訴法三八二条の二第三項前段所定の疎明を欠き、同条一項、三八二条による控訴趣意として不適法とされた事例
上告を棄却
判例違反の主張が原判決の結論に影響のない事項についてのものであるとして不適法とされた事例
上告を棄却
一 道路運送車両法に規定する電子情報処理組織による自動車登録フアイルと刑法一五七条一項にいう「権利、義務ニ関スル公正証書ノ原本」 二 道路運送車両法に規定する電子情報処理組織による自動車登録フアイルの「使用の本拠の位置」等についての虚偽の記載と刑法一五七条一項にいう「不実ノ記載」
上告を棄却
五〇年一二月二六日、別紙二記載の公正証書原本不実記載・同行使の事実により、...るに当り最も重要である公正証書原本不実記載の内容として「保存登記」と記載さ...ては併合罪関係に立つ建物の表示登記と保存登記に関する各公正証書原本不実記載・
一 訴因の特定が十分でない起訴状による公訴提起と公訴時効停止の効力 二 二個の事実のいずれに対する起訴であるのか一見まぎらわしく訴因の特定が十分でない起訴状による公訴提起が一方の事実に関する公訴時効停止の効力を有するとされた事例 三 再起訴に対する判断が旧起訴に対する確定判決のいわゆる内容的確定力に抵触しないとされた事例 (三につき反対意見がある)
控訴を棄却
たにすぎず、従つて被告人A2に公正証書原本不実記載等の故意がなかつたし、も
預金等に係る不当契約の取締に関する法律二条二項によつて禁止された自己媒介行為にあたるとされた事例
棄却
 右の者に対する公正証書原本不実記載等被告事件について、昭和五四年二月一三
不服申立の対象たる裁判は存在しないとして不適法とされた事例
破棄
ち公正証書原本不実記載幇助の点はいずれも刑法六二条一項、一五七条一項、昭和...時措置法三条一項一号)に該当するが、右の各公正証書原本不実記載幇助と各同行
一 応預合罪の成立に必要とされる「通謀」の内容 二 仮装払込の一部のみについて応預合罪が成立するとされた事例 三 払込方法を異にする仮装払込の全部について応預合罪が成立するとされた事例
上告を棄却
仮装による所有権移転登記を刑法一五七条一項によつて処罰するのは憲法二九条に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
憲法三六条、三八条違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
違憲の主張がその実質は判例変更を求めて単なる法令違反を主張するものであるとして斥けられた事例
上告を棄却
執行猶予期間を経過した前科を量刑上参酌することは違法ではないとして憲法一四条一項、三七条一項違反の主張が欠前提とされた事例
破棄
審判の請求を受けない事件について判決をした違法があるとされた事例
控訴を棄却
したが、公正証書原本不実記載の訴因については、本件台帳が刑法一五七条のいわ
軽自動車税納税義務発生の申告に基き作成された軽自動車税課税台帳と刑法一五七条一項にいう「権利義務ニ関スル公正証書ノ原本」
控訴を棄却
戸籍簿上夫になっている被告人の妻である女性に対する詐欺罪に刑法二五一条、二四四条の適用を否定した事例
上告を棄却
住民基本台帳法に基づく住民票の原本と刑法一五七条一項の「権利、義務ニ関スル公正証書ノ原本」
上告を棄却
検察官上訴による不利益変更が憲法三九条後段に違反しない旨の二五・九・二七大判・刑集四・九・一八〇五が再確認された事例
上告を棄却
ついての公正証書原本不実記載、同行使罪の成立を否定したのは、株主総会の決議...によらない取締役選任登記は公正証書原本不実記載罪を構成するとする大審院昭和...不実のものということはできないとして、この点についての公正証書原本不実記載、
国税犯則取締法一三条一項但書所定の要件の判断の誤りと告発の効力
上告を棄却
金融機関の捜査関係事項照会に対する回答書の証拠能力
上告を棄却
し、公正証書原本不実記載罪が成立するものというべきである(昭和三九年(あ)
株金の払込がいわゆる見せ金による仮装のものであるにかかわらず増資の登記をした場合と公正証書原本不実記載罪の成否
上告を棄却
公正証書原本不実記載罪の成立があるとした原判決の判断は、是認できる。)また、
111 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in