裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
失火
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
失火の判決統計
0
0
0
39 件中 1/1 ぺージ
禁錮3年
業務上失火被告事件...焼損した業務上失火の事案である。
禁錮4年6月
重過失失火の点...〔ただし,罰金額の多額は重過失失火罪のそれによ...たことを考慮しても,本件は重過失失火,重過失致死傷の事案の中では最も重い部
禁錮1年
業務上失火の点...現場に居合わせた者に傷害を負わせたという業務上失火,業務上過失傷害の事案で
禁錮1年6月
焼させたという業務上失火の事案である。
禁錮2年
による火災や第三者の放火・失火等を窺わせる事情は存しない。...本件は,倉庫内の空調機設置工事にあたり失火により倉庫を全焼させたという事案
上告を棄却
鉄道トンネル内における電力ケーブルの接続工事を施工した業者につきトンネル内での火災発生の予見可能性が認められた事例
破棄
ついて、業務上失火の同時犯ではなく、その共同正犯としての責任を負うべきもの
業務上失火の共同正犯が成立するとされた事例
上告を棄却
火を失し、死者を伴う火災を発生させた場合には、業務上失火罪及び業務上過失致... 一 本件被告人の所為を、刑法一一七条の二前段の業務上失火罪及び同法二一一条前段の業務上過失致死罪として処断する場合、右両法条にいう業務の意味につい...念を用いているが、前者が単純失火罪の加重類型として、そして、後者が単純過失
一 刑法一一七条の二の業務の意義 二 人の生命・身体の危険を防止することを義務内容とする業務と刑法二一一条の業務 三 易燃物の管理責任者につき業務上失火罪及び業務上過失致死罪が成立するとされた事例
上告を棄却
給油作業の過誤による火災発生の予見可能性があつたとされた事例
上告を棄却
るから、被告人らが原判決の認定する経過で火を失した場合には、業務上失火罪に
サウナ風呂の開発・製作の担当者がその構造につき耐火性を検討・確保しなかつた場合と業務上失火罪の成否
上告を棄却
火災原因が被告人らの過失によるものではないとの主張が排斥された事例
上告を棄却
告人の右所為は重過失失火罪に該当するものと解するのが相当である。)。
重過失失火罪の成立が認められた事例
破棄
決認定の如きものであるとしても、被告人Aの行為は、失火罪における過失にあた...と、および同被告人の行為は失火罪の構成要件を実現する実行行為にあたらないこ...予防の業務に従事していたと認定し、本件失火を業務上失火と判断したのは誤りで
刑法一一七条ノ二前段にいう業務上の注意義務にあたるとされた事例
上告を棄却
も刑訴法四〇五条の上告理由にあたらない(なお、原判決は、被告人の本件失火に...つき、刑法一一七条ノ二前段に規定する業務上失火罪の成立を是認した第一審判決...るから、被告人が第一審判決の認定する経過で火を失した場合には、業務上失火罪
デイーゼル・エンジン自動車の運転者の失火と業務上失火罪の成否
破棄
同人による被告人の取調べが始まり、途中一時間ぐらいずつの食事時間を除いて、午後一〇時すぎごろまで取調べが継続されたという。この日は、被告人は、失火の...供述によると、前日に引き続き取調べは被告人の失火の一点に終始し、「たばこを...ので、本件において被告人に原判決認定のような失火があつたと断ずるにはなお合
控訴を棄却
火災の危険を予見し得たものとして被告人に失火の責任を問うているが、被告人...右するに足りる証左は存しないから、被告人は原判示失火の責を免れず原判決には
工場長が工場内でその機械を業者に修理させるにあたり右修理工事中に発生した火災につき失火罪の責任を問われた事例
上告を棄却
は、本件が業務上失火罪に該当するとした原審の判断は正当である)、その余の論
高圧ガス販売業者のガス器具設置方法に過失があつた場合と業務上失火罪の成否
上告を棄却
論一四個の放火事実を、本件各重過失失火罪成立の要件である注意義務の存在を認
起訴猶予処分となつている放火の事実を重過失失火罪成立の要件である注意義務の存在を認定する資料として判示することと憲法第三九条後段
破棄
 検察官の所論は、本件業務上失火の公訴事実は、その証明十分であるに拘らず、...る。(罪名業務上失火、罰条刑法第百十七条の二)... 1、 司法警察員L作成の失火被疑事件捜査報告書
ドラム罐外部の表示と内容物とが一致しない場合における石油類の販売業務に従事する者の注意義務
上告を棄却
公衆浴場経営者の業務上の注意業務。
上告を棄却
審院刑事判例は、煙突の占有者に雇使されてその掃除に従事する者の失火責任に関...の責任者であるとは判示していない。また東京高裁判例は重失火罪、重過失致死傷...ため、失火責任なしとされた事例を判示せるものであつて、本件とは事案の内容を
重過失失火罪における他人の過去の存在と重過失者の罪責。
上告を棄却
 所論は刑法一一七条の二前段の業務上失火罪の規定にいう「業務」とは、火災の
一 刑法第一一七条の二前段にいう「業務」の意義。 二 行政官庁の許可を受けていない夜警勤務と刑法第一一七条ノ二の「業務」としての刑事責任。
控訴を棄却
ろうそくの火の不始末に起因する失火の罪における注意義務懈怠の事実摘示として理由不備の違法なしとした事例
上告を棄却
昏睡者に対する注意義務と過失致死の責任
棄却
第一>果云々」と判示するのみであることは論旨の指摘する如くではあるが重失火罪...過失致死傷罪においてはいやしくも自己の重大なる過失が失火或は他人...なつて他人を死傷に致した場合には被告人に重失火、重過失致死傷の責任のあるこ
一、 重失火罪重過失致死傷罪における他人の過失の存在と重過失者の罪責 二、 乗合自動車車掌の注意義務
棄却
 検事藤原正雄の控訴趣意第一点(被告人四名に対する失火事件)について。...めるものありとして失火の公訴事実につき証明不十分を理由に無罪の言渡をしたの...なく炬燵、喫煙、電気座布団の配線工事その他施設による失火又は自然発火でない
一、 出火原因の可能性と失火罪の証明不十分 二、 電気座布団は禁止需用設備か 三、 従業者と電気事業法第三六条の刑事責任
上告を棄却
よつて本件の大火を生じたのであるから、被告人に対し業務上失火罪の責任を認め
上告を棄却
の発火を敢えてしたのであるから、重過失失火の責を免れない。たとえ、論旨の云
盛夏晴天の日ガソリン給油場内においてライターを使用した者の重過失による失火の責任
39 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in