裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
威力業務妨害
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
威力業務妨害の判決統計
14
1
0
1
125 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役2年
威力業務妨害,銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件
無罪
そこで,被告人のこれらの行為が威力業務妨害に当たるか検討する。
上告を棄却
威力業務妨害,建造物不退去被告事件
刑訴法316条の17と自己に不利益な供述の強要
懲役1年2月
本件公訴事実中電汽車往来危険,威力業務妨害の点については,被...平成23年6月20日付け起訴状記載の電汽車往来危険,威力業務妨害の公...険,威力業務妨害の点については犯罪の証明がなく,刑事訴訟法336条に
上告を棄却
は,威力を用いて他人の業務を妨害したものというべきであり,威力業務妨害罪の...被告人の本件行為が威力業務妨害罪の構成要件を充足し違法であることは疑いがな
卒業式の開式直前に保護者らに対して大声で呼び掛けを行い、これを制止した教頭らに対して怒号するなどし、卒業式の円滑な遂行を妨げた行為をもって刑法234条の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
上告を棄却
本不実記録,同供用,威力業務妨害の事案,(2)上記偽装交通事故の加害者役の
死刑の量刑が維持された事例(宮崎の2名殺害等事件)
懲役1年6月
判示第1(威力業務妨害)について...弁護人は,本件威力業務妨害の起訴は違法な別件逮捕勾留に基づいてされたもの...ら威力業務妨害についての故意は阻却され,また,本件行為には可罰的違法性がな
控訴を棄却
原判示第9の威力業務妨害の事実について...上記認定に反し,信用できず,上記の原判示第9の威力業務妨害の事実を認定...(原判示第4の事実)や威力業務妨害の犯行(原判示第9の事実)各1件を実
死刑
弁護人は,建造物侵入,威力業務妨害(判示第1),Aに対する殺人及びけ...れ,判示第1の建造物侵入,威力業務妨害を敢行させられたこと,同年終わり...威力業務妨害の点は同法60条,234条,233条に,判示第2の1及び第2の2の
懲役3年
恐喝,暴力行為等処罰に関する法律違反及び威力業務妨害被告事件...1 平成8年10月14日,威力業務妨害の罪により,当裁判所で懲役10月   (4年
懲役1年6月
威力業務妨害,兇器準備集合,公務執行妨害被告事件... (1) 被告人は,昭和45年6月26日,威力業務妨害及び鉄道営業法違反の被疑事実に...より勾留され,同年7月14日,このうち威力業務妨害の事実について公訴提起された(昭
上告を棄却
線路沿いの土地を掘削した行為により電汽車往来危険罪にいう往来の危険が発生したと認められた事例
上告を棄却
なお,所論にかんがみ,本件における威力業務妨害罪の成否について職権で判断す... 3 さらに,本件工事が威力業務妨害罪における業務として保護されるべきもの... 4 以上のとおり,本件工事は,刑法上威力業務妨害罪により保護される業務に
1 東京都による動く歩道の設置に伴う環境整備工事が威力業務妨害罪にいう「業務」に当たるとされた事例 2 東京都による動く歩道の設置に伴う環境整備工事に威力業務妨害罪としての要保護性が肯定された事例
懲役8年6月
なくさせた威力業務妨害の事案(第2事実)である。... さらに,本件威力業務妨害の犯行は,約2000人もの県庁職員等に約1時間3
懲役1年6月
 被告人の判示各所為のうち,各器物損壊の点はいずれも刑法60条,261条に,各威力業務妨害...い威力業務妨害罪の刑でそれぞれ処断することとし,各所定刑中いずれも懲役刑を選択し,以上は同...威力業務妨害の事案である。
破棄
 論旨は、要するに、原判決は、被告人両名の行為が威力業務妨害罪の構成要件に...ル小屋撤去作業の法的性格を論ずるまでもなく、被告人らの行為は威力業務妨害罪...人らの行為は威力業務妨害罪に当たるといわざるを得ない。
威力業務妨害罪を構成するとされた事例
上告を棄却
勢力を用いたものということができるから、形法二三四条にいう「威力ヲ用ヒ」た場合に当たると解するのが相当であり、被告人の本件行為につき威力業務妨害罪が
猫の死がいを被害者の事務机引き出し内に入れておき同人に発見させるなどした行為が刑法二三四条にいう「威力ヲ用ヒ」た場合に当たるとされた事例
上告を棄却
追加補正された訴因事実が有罪認定から除外された場合において、右訴因の追加補正措置につき憲法31条及び判例違反をいう主張が利益を欠くとして不敵法とされた事例
上告を棄却
破壊活動防止法四〇条のせん動を処罰する規定と憲法二一条一項
控訴を棄却
破壊活動防止法四〇条のせん動罪の規定と憲法二一条一項
上告を棄却
県議会委員会の条例案採決等の事務と威力業務妨害罪にいう[業務]
上告を棄却
検察官による上訴申立と憲法三九条、三七条一項
上告を棄却
一 現場写真の証拠能力 二 複数の集団による暴行脅迫と騒擾罪における共同意思 三 騒擾罪にいわゆる「一地方」における公共の平和静謐に対する侵害の有無の判断基準
上告を棄却
て妨害した場合は威力業務妨害罪が成立するということになる。...力的現業業務の執行を暴行・脅迫の手段により妨害した場合には公務執行妨害罪が、威力を用いて妨害した場合は威力業務妨害罪が成立するというものと理解される。...その妨害の手段方法の如何により、罪質を異にする公務執行妨害罪と威力業務妨害
国鉄電気機関士の出区点検行為と刑法九五条一項にいう公務員の職務
控訴を棄却
載のとおり、被告人Aに対する暴力行為等処罰に関する法律違反、威力業務妨害、...に対する暴力行為等処罰に関する法律違反、威力業務妨害、窃盗、公務執行妨害の...の器物損壊、威力業務妨害、公務執行妨害、傷害等を含む一連の事犯中で、罪質、
甲事実につき逮捕・勾留中の被疑者に対する乙事実についての取調べが違法とされ、その取調べに基づく被疑者の供述調書の証拠能力が否定される場合
上告を棄却
所為につき、威力業務妨害罪が成立するとした第一審判決を是認した原判断は、正
弁護士の業務用鞄の奪取隠匿行為が刑法二三四条にいう「威力ヲ用ヒ」た場合にあたるとされた事例
上告を棄却
銀行に対する一円振込み行動が憲法二八条の権利行使にあたらないとされた事例
破棄
K駅及びその付近における原判示第二の威力業務妨害行為が端的に示しているとお
一 複数の集団による暴行・脅迫と騒擾罪における共同意思 二 騒擾罪における共同意思と故意との関係 三 騒擾罪の成立が認められた事例
棄却
逮捕に関する裁判と刑訴法四二九条一項所定の準抗告 逮捕に関する裁判と刑訴法四二九条一項所定の準抗告
棄却
不適法な不服申立(特別弁護人選任の許可及びその特別弁護人による被告人質問の申立却下決定に対する抗告)を「理由なし」として棄却した決定に対する特別抗告の処理
上告を棄却
一 民事判決に対する判例違反の主張が欠前提とされた事例 二 公訴提起が憲法一四条一項に違反するとの主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
爆発物取締罰則四条等の違憲をいう主張が前提を欠くとされた事例―いわゆる赤軍派大菩薩峠事件―
上告を棄却
一 余罪を認定した趣旨ではないとして違憲の主張が欠前提とされた事例 二 判例違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
一 国選弁護人の解任がやむをえないとされた事例 二 被告人の国選弁護人選任請求を却下した裁判所の措置の当否と憲法三七条三項 三 国選弁護人の辞任の申出と解任の裁判の要否 四 国選弁護人の解任の裁判と事実の取調
棄却
措置として行われたものであるからといつて、威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務としての性格を失うものではないというべきである。...継続するために必要とした業務であつて、これを威力業務妨害罪によつて保護され... そうすると、威力業務妨害罪又は住居侵入罪に該当する本件車両確保行為には刑
威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務にあたるとされた事例 バス会社のストライキに際し組合側の争議手段として行われたいわゆる車両確保行為が威力業務妨害罪又は建造物侵入罪の違法性に欠けるところがないとされた事例
上告を棄却
る対抗措置として行われたものであるからといつて、威力業務妨害罪によつて保護...継続するために必要とした業務であつて、これを威力業務妨害罪によつて保護され... そうすると、威力業務妨害罪又は建造物侵入罪に該当する本件車両確保行為には
一 威力業務妨害罪によつて保護されるべき業務にあたるとされた事例 二 バス会社のストライキに際し組合側の争議手段として行われたいわゆる車両確保行為が威力業務妨害罪又は建造物侵入罪の違法性に欠けるところがないとされた事例
破棄
が威力業務妨害罪の構成要件に該当するとしながら、公共企業体職員の争議行為に...二項の適用を認め、正当な争議行為として威力業務妨害罪の違法性阻却を肯定した...その支持する第一審判決が認定した被告人らの行為は、威力業務妨害罪の構成要件
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
イキへの協力方を要請することにあつたとしたほかは公訴事実どおりの事実を認定したうえ、被告人らの行為は威力業務妨害罪に該当するとしつつも、東京中郵事件... 原判決及びその支持する第一審判決が認定した前記事実は、威力業務妨害罪の構
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
破棄
というものであつて、右の事実は、威力業務妨害罪及び不退去罪に該当するとして、...起訴されたものである。 第一審判決は、右公訴事実に沿う外形的事実を認定したが、威力業務妨害の点に... 第一審判決に対し、検察官から控訴があつたところ、原判決は、威力業務妨害の
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為として行われた威力業務妨害及び不退去行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
上告を棄却
弁護人依頼権が侵害されたとの主張(憲法三七条三項違反)が欠前提とされた事例)
上告を棄却
公労法一七条一項は憲法二八条、三一条に違反しないとされた事例
125 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in