裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
尊属殺
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
尊属殺の判決統計
0
0
0
45 件中 1/1 ぺージ
破棄
 よつて案ずるに、刑法二〇〇条は、尊属殺を普通殺と区別してこれにつき別異の...効であるとしなければならず、したがつて尊属殺にも刑法一九九条を適用するのほ... 本判決の多数意見は、刑法二〇〇条が普通殺のほかに尊属殺という特別の罪を設け、その刑を加重すること自体はただちに違憲とはいえないけれども、その加重の
刑法二〇〇条と憲法一四条一項
破棄
 よつて案ずるに、刑法二〇〇条は、尊属殺を普通殺と区別してこれにつき別異の...効であるとしなければならず、したがつて尊属殺にも刑法一九九条を適用するのほ... 本判決の多数意見は、刑法二〇〇条が普通殺のほかに尊属殺という特別の罪を設
刑法二〇〇条と憲法一四条一項
破棄
は、中国古法制に渕源しわが国の律令制度や徳川幕府の法制にも見られる尊属殺重...にいたつてかかる思想はしだいにその影をひそめ、尊属殺重罰の規定を当初から有...しない国も少なくない。そして、かつて尊属殺重罰規定を有した諸国においても近
刑法二〇〇条と憲法一四条一項
破棄
 記録によれば、被告人は、本件起訴前である昭和四四年三月二九日、本件尊属殺
控訴審が被告人の控訴に基づき第一審判決を破棄する場合と未決勾留日数の刑法二一条による本刑算入
控訴を棄却
いのに、原判決が、被告人も被害者も共に韓国人である本件につき、尊属殺人未遂... 然らば原判決が被告人に対し尊属殺人未遂罪として刑法二〇〇条、二〇三条を適... 所論は、本件については尊属殺の法条の適用がないことを前提とし、原判決の量
韓国人が同国籍の実父を殺害した場合における刑法二〇〇条の適用
上告を棄却
刑法第二〇〇条(尊属殺)の規定は憲法第一四条に違反するか。
破棄
 以上の見解に立つて、わたくしは、被告人がCを殺害したことによつて、尊属殺
一 刑法上の直系尊属にあたらないとされた事例 二 刑法上の直系尊属としての養親の解釈について、民法上の追認に関する法理を容れる余地の有無
控訴を棄却
 所論は、原判決が被告人に対し尊属殺の法定刑(無期懲役刑選択)を自首減軽し
確定的故意を未必的故意と誤認したことと判決に対する影響
上告を棄却
Cに対する尊属殺人罪とその他の五名に対する殺人罪とはすべて一罪として犯情の...重いBに対する尊属殺人罪(法定刑は「死刑又ハ無期懲役」のみ)の刑に従らべき
破棄
ら、嘱託殺人の成立することあるは格別、原認定のような尊属殺人の成立する余地
尊属殺人を嘱託殺人と認めた一事例
破棄
 原審がEを被告人の養父であるとして被告人に尊属殺の法条を適用処断したのは
瑕疵ある代諾による養子緑組が追認されたものとして尊属殺の成立する一事例
上告を棄却
配偶者の直系尊属に対する殺人の規定(刑法第二〇〇条)と憲法第一四条。
上告を棄却
刑法第二〇〇条は憲法第一四条に違反するか。
棄却
最高裁判所のした保釈取消決定に対する異議申立。
上告を棄却
勾留中の被告人が原審の公判期日外の証人尋問に立ち合わなかつた場合と憲法第三七条第二項。
控訴を棄却
鉄砲で父、兄夫婦等七名を順次射殺した殺人事件を犯行時だけ一過性の精神障碍の状態にあつたとして無罪とした事例
上告を棄却
障がい未遂と認むべき一事例
破棄
九九条を適用すべき場合に当り、同法二〇〇条のいわゆる尊属殺の行為には当らな... 刑法二〇〇条が、いわゆる尊属殺を普通殺人と区別し、特に重刑を定めたことが、...裁判所に差し戻すを相当と考える。わたくしの見解によれば、尊属殺傷に関する刑
刑法第二〇〇条にいわゆる配偶者の直系尊属の意義
上告を棄却
遂げなかつた事実を認定し、後者を尊属殺人未遂罪に問擬していることは正当であ
妻を殺害し同一機会に更に妻の母を殺害せんとしたときと刑法第二〇〇条の罪責
上告を棄却
刑法第二〇〇条の罪は犯人の身分により構成すべき犯罪か
破棄
る殺人未遂(被告人Aについては尊属殺未遂)の事実を認定したが、Cの与えた右...ているのであつて、同被告人等にDに対する殺人既遂(被告人Aについては尊属殺...べく、従つて、同被告人等にはDに対する殺人既遂罪(被告人Aについては尊属殺
ある行為が結果の発生を助長促進した場合の因果関係
控訴を棄却
刑法第二〇〇条にいう配偶者の直系尊属の意義
破棄
上明確に認定できるから原審がこれをAに対する尊属殺人、C、B、D、Eに対す... 被告人のAに対する所為を尊属殺人と認定したことが憲法違反であるとの所論に...のと解するを相当とする、然るに原審が原判示直系尊属殺害の点につき無期懲役、
刑法第四六条第二項適用の場合の酌量減軽
上告を棄却
原判決の判断の通りとすれば第一審判決を破棄自判しなければならない場合に控訴を棄却した誤りがあつても結局同一の刑に処するときは、刑訴第四一一条に当らない
上告を棄却
失うに至つたとしても、既に成立した尊属殺の成立を阻却しないばかりでなく、犯
一 刑法第二〇〇条の犯罪成立後の民法改正と刑の変更 二 日本国憲法の施行に伴う民法の応急的措置に関する法律施行後も姻族関係は、夫婦の一方が死亡しただけで消滅するか
控訴を棄却
刑法第四六条第二項の「他の刑」の意義
棄却
みると、本件は、被告人Aに対する尊属殺人等被告事件に関する原審第七回公判期
証言が伝聞証拠であるか否かに関する決定と特別抗告の許否
上告を棄却
綜合認定をした数個の証拠中に証拠調を経ていないものがあつても判決破棄の理由にならない一事例
控訴を棄却
の証拠を必要としないものと解すべきである。原判決が被告人に対する本件尊属殺...人の自白の補強証拠となすに充分である。されば、原判決が、本件尊属殺人の公訴
自白の補強証拠
上告を棄却
尊属殺人の規定(刑法第二〇〇条)の合憲性(第一四条)
一 刑法第六八條の法律上刑の減輕をなすべき原由が數個の場合と減輕の回數 二 綜合證據中の一部について適法な證據調をしない判決の違法
上告を棄却
一 死刑の合憲性 二 被告人に精神病の懸念があることの主張と刑訴法第三六〇條第二項
45 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in