裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
常習累犯窃盗
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
常習累犯窃盗の判決統計
0
0
0
45 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
う常習累犯窃盗の事案である。取り分け重大事犯である(1)及び(2)の各強盗殺人等
死刑の量刑が維持された事例(茨城の老女連続強盗殺人等事件)
懲役5年
の各事実は,同第1の常習累犯窃盗の事実と包括して評価されるべきものである。した...  (2) 常習累犯窃盗罪としての包括評価について...同第1の常習累犯窃盗に包括され,これと一罪の関係にあると評価すべきである(な
1 常習性の発現として行われた複数の窃盗について、その最初の窃盗行為を基準とすれば常習累犯窃盗の要件に該当するが、その他の窃盗行為を基準とすればその要件に該当しない場合に常習累犯窃盗罪が成立する範囲 2 検察官が常習累犯窃盗の一罪に包括される複数の事実について、その一部を常習累犯窃盗の訴因で、他を住居侵入・窃盗又は住居侵入の訴因で個別に起訴した場合の処理
懲役3年6月
 本件は常習累犯窃盗(手口は仮睡盗)の事案であるが,被告人は,格別の理由も
懲役3年2月
4),その半月後に犯した常習累犯窃盗(同第5)からなる事案である。被告人
懲役1年
 そこで検討すると,常習累犯窃盗罪における常習性とは反復して窃盗行為を行う
懲役2年
 被告人は,(1)平成2年3月5日高知地方裁判所で常習累犯窃盗罪により懲役2年...あるが,被告人は,判示の累犯前科を含め,これまでに窃盗罪や常習累犯窃盗罪等
破棄
 論旨は、要するに、原判決は、常習累犯窃盗の公訴事実に対し、本件犯行は窃盗
常習累犯窃盗罪の常習性が認められるとされた事例
破棄
 1 本件公訴事実の要旨は、被告人は、昭和五二年一二月一六日常習累犯窃盗罪
重度の聴覚障害及び言語を習得しなかったことによる二次的精神遅滞により精神的能力及び意思疎通能力に重い障害を負っている被告人が刑訴法三一四条一項にいう「心神喪失の状態」にはなかったと認められた事例
上告を棄却
与えた影響等に加えて、被告人が常習累犯窃盗罪により懲役三年六月に処せられ仮
死刑事件(徳島・愛知連続強盗殺人事件)
上告を棄却
常習累犯窃盗の罪に刑法所定の累犯加重をすることと憲法39条
破棄
裁判所で常習累犯窃盗罪により懲役三年(同六三年一一月一九日刑執行終了)に、...五年九月七日名古屋地方裁判所豊橋支部で常習累犯窃盗罪により懲役二年四月に各...の前科はこれに含まれないとして常習累犯窃盗罪を認定しなかったのは、判決に影
盗犯等の防止及び処分に関する法律三条にいう「此等ノ罪」と刑法二四〇条の罪
破棄
一 重度の先天性聴覚障害者につき訴訟能力を欠く状態にあるとして公判手続を停止すべきであるとした事例 二 訴訟能力を欠く者に対する起訴状謄本送達の効力
破棄
月二日他の窃盗事件とともに常習累犯窃盗事件として起訴された(同事件逮捕か... 右甲3事件については、同月三一日処分保留となり釈放されたが、常習累犯窃盗
警察署の留置場に被告人をことさら一人にして長期間留置し、留置中の動静を厳しく監視するなどしてほとんど連日長時間取り調べた結果得られた自白の任意性に疑いがあるとされた事例
破棄
盗の前科との関係で常習累犯窃盗罪を構成する可能性があつたことを考慮に容れて
一 被疑者を任意同行した上所持品の入手経路等につき徹夜で取り調べたことが任意捜査として許される限度を逸脱し違法であるとされた事例 二 任意捜査の限度を逸脱する違法な徹夜の取調べののちに得られた自白の任意性
上告を棄却
常習累犯窃盗罪と軽犯罪法一条三号の侵入具携帯罪の罪数関係につき検討する。... 原判決の認定するところによれば、本件起訴にかかる常習累犯窃盗罪は被告人が...異にして犯された常習累犯窃盗と侵入具携帯の両罪は、たとえ侵入具携帯が常習性
常習累犯窃盗の罪と別の機会に窃盗目的で犯された軽犯罪法一条三号(侵入具携帯)の罪との罪数関係
破棄
いて常習累犯窃盗罪により懲役三年六月に処せられ、いずれもそのころ右各刑の執...処分に関する法律三条の常習累犯窃盗の一罪を構成するにとどまり、別罪として軽...実に係る常習累犯窃盗行為と右確定判決に係る侵入具携帯行為は、それぞれ別罪を
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係 三 本来包括一罪となりうる関係にある甲乙両罪のうち乙罪が甲罪に対する一審判決言渡し後に犯され乙罪に対する判決が先に確定した場合における甲罪の公訴の効力
破棄
条(刑法二三五条)に該当する常習累犯窃盗一罪であるとして法令の適用をした...罪」という。)を構成し、原判示第一の常習累犯窃盗罪とは併合罪の関係にあるも...一の常習累犯窃盗の所為及び同第二の侵入具携帯の所為は包括して盗犯等防止法三
一 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と住居侵入罪との罪数関係 二 軽犯罪法一条三号所定の侵入具携帯罪と常習累犯窃盗罪との罪数関係
上告を棄却
憲法三七条二項違反の主張が欠前提とされた事例
上告を棄却
 1 本件は、二三個の窃盗と一個の住居侵入を内容とする常習累犯窃盗の事案で
未決勾留日数の本刑算入過少と刑訴法四一一条二号
棄却
 記録によれば、申立人に対する常習累犯窃盗、道路交通法違反被告事件につき、
勾留理由開示に関し不服をいう特別抗告が利益を欠くとして不適法とされた事例
上告を棄却
常習累犯窃盗の罪とは法律上一罪を構成するとした原判決が所論引用の仙台高等裁...関する法律三条中常習累犯窃盗に関する部分は、一定期間内に数個の同種前科のあ...ちろん、窃盗の着手にまで至らなかつた場合にも、右常習累犯窃盗の罪と一罪の関
一 常習累犯窃盗の罪と窃盗の着手に至らない窃盗目的の住居侵入の罪との罪数関係 二 不起訴となつた住居侵入の罪についての未決勾留日数を右と一罪の関係にある常習累犯窃盗の罪の本刑に算入することの可否
破棄
違法な任意同行に引き続く身柄拘束中の自白の証拠能力が否定された事例
上告を棄却
盗犯等の防止及び処分に関する法律三条、二条と憲法一四条、三九条
上告を棄却
違憲の主張が具体性を欠くとされた事例
上告を棄却
憲法三八条二項違反の主張が欠前提とされた事例(自白の任意性を疑う資料は認められない。)
控訴を棄却
二のうち、常習累犯窃盗に関する論旨は、量刑の事情として主張する旨述べた)及...常習累犯窃盗の動機、経緯、態様、回数、結果、罪質、前科等に、被害者らに対し... <要旨>なお、原判決は、常習累犯窃盗の罪は重い事後強盗未遂罪に包括されると
常習累犯窃盗と事後強盗との関係
破棄
 記録によれば、被告人は、本件公訴事実中の常習累犯窃盗(第一審判決判示第一)
原審の未決算入に誤りがあり、判例違反として破棄された事例
破棄
六年四月九日大津地方裁判所で住居侵入、常習累犯窃盗罪((三)の刑の執行終了
一、 盗犯等の防止及処分に関する法律二条と同法三条の両要件を具備する窃盗に対する擬律 二、 同法二条四号の常習夜間侵入窃盗と同一機会に常習性の発露としてなされた住居侵入未遂に対する擬律
上告を棄却
一点は、違憲(三七条一項、三九条後段違反)をいうが、いわゆる常習累犯窃盗の
常習累犯窃盗の罪に刑法所定の累犯加重をすることと憲法三九条後段
上告を棄却
憲法三八条違反の主張が不適法とされた事例
破棄
各窃盗を犯した旨の常習累犯窃盗の事実を認定判示し、証拠として、常習性につき...とは所論のとおりである。ところで、常習累犯窃盗は、所要の前科があつて、窃盗... なお原判示第一の事実は常習累犯窃盗の一罪として一個の刑で処断されるのであ
常習累犯窃盗罪を構成する数個の窃盗行為と補強証拠の範囲
上告を棄却
原判決が法律判断を示していない事項についての判例違反の主張が不適法とされた事例 原審において主張判断を経ていない違憲主張が不適法とされた事例
破棄
おいて、被告人は、本件常習累犯窃盗被告事件に対する陳述として、「私は、品物
証拠とすることの同意があつたとは認められないとされた事例
上告を棄却
二の起訴事実(常習累犯窃盗)との間に公訴事実の同一性があることを前提とする
上告を棄却
盗犯等の防止及び処分に関する法律三条にいう三回以上の懲役刑と刑法五六条の要件の要否
上告を棄却
 いわゆる常習累犯窃盗の罪を規定した盗犯等の防止及び処分に関する法律三条は、... もし、同法三条所定のいわゆる常習累犯窃盗の罪を犯した者に対して、刑法所定...律三条の趣旨に反する結果となる。したがつて、いわゆる常習累犯窃盗の罪につい
一 盗犯等の防止及び処分に関する法律三条の趣旨 二 いわゆる常習累犯窃盗の罪と累犯加重
上告を棄却
に関する法律三条に該当する常習累犯窃盗の一罪として起訴され、第一審判決もこ...決は失当である。)とを総合すれば、右大牟田市における各窃盗も盗犯等の防止及び処分に関する法律三条所定の常習累犯窃盗に該当するものとみるべきであり、ま...各窃盗犯行と共に一個の常習累犯窃盗罪を構成すべきものであつたといわなければ
一 盗犯等の防止及び処分に関する法律第三条にいう「此等ノ罪」に従犯が含まれるか 二 同法第三条に該当する常習累犯窃盗の一罪として起訴された数個の窃盗犯行の中間に同種の窃盗罪の確定判決が存在する場合の措置
上告を棄却
判例にいわゆる「真実の高度の蓋然性」があるとされた事例。
破棄
本件常習累犯窃盗被告事件についての勾留中の昭和三二年一〇月三〇日から更にそ
常習累犯窃盗罪の常習性の認定。
45 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in