裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61669 
刑事21893民事39776
罪名
常習賭博
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
常習賭博の判決統計
0
0
0
120 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
上告を棄却
一 刑法186条1項(平成7年法律第91号による改正前のもの)の合憲性(憲法13条) 二 いわゆる鉄火場賭博の検挙・処罰と憲法14条
上告を棄却
わたつて行われた各賭博行為を包括した一個の常習賭博罪と認定する際は、右の程...度の判示で常習賭博罪の罪となるべき事実の具体的摘示として欠けるところはない。
遊技機を設置して行う常習賭博罪の罪となるべき事実の摘示の程度
破棄
 という公訴事実に対し、賭博遊技場経営者に対して常習賭博罪を適用するには、... 旨、右の点が明らかな範囲に縮少して常習賭博罪の成立を認定したにとどまり、...して一個の常習賭博罪が成立するものと解すべきであるから、原判決の右事実認定
賭博遊技機を設置して行う常習賭博罪の成立を認定できる範囲
上告を棄却
の常習癖があつたと認めるに十分でなく、要するに、原判決及び多数意見は、いわゆる営業賭博を直ちに常習賭博に該当すると結論づけることに帰着し、首肯しがた
常習賭博罪の常習性が認められるとされた事例
上告を棄却
賭博罪規定違憲論(一四条)が欠前提で処理された事例
上告を棄却
 なお、常習賭博罪の訴因における常習性については、常習性を示す具体的事実を
常習賭博罪における常習性についての訴因特定方法
上告を棄却
刑法の賭博罪の規定が憲法一四条に違反するとの主張を欠前提で処理した事例
上告を棄却
常習賭博罪の憲法一三条違反の主張が不適法とされた事例
上告を棄却
れが実質上本件常習賭博の事実の捜査に利用される結果を生じたとしても、右常習
起訴されない被疑事実に関する未決勾留日数と本刑算入
上告を棄却
つて、いずれも刑訴法四〇五条の上告理由にあたらない(常習賭博の罪についても、
常習賭博の罪と累犯加重
上告を棄却
刑法二五条二項但書の法意
上告を棄却
判例の具体的摘示なしとされた事例
棄却
弁護人選任届の提出されていない弁護士がなした等の問題点のある抗告が適法視された事例
上告を棄却
賭博の余罪を自供した被告人の供述調書をその常習性認定に使用することが違憲(憲法三一条)であるという論旨が不適法とされた事例
上告を棄却
判例違反の主張を「実質は事実誤認の主張」として棄却された事例
上告を棄却
原判決の結論に影響を及ぼさない違憲の主張
上告を棄却
被告人がやくざの組長である旨の判示と憲法一四条
上告を棄却
被告人が露天商団体の総代であること等の判示と憲法一四条
上告を棄却
刑法一八六条一項の規定を違憲(三一条)とする主張が前提を欠くとされた事例
破棄
一項のいわゆる常習賭博罪は、当該被告人が単に賭銭賭博をしたことのみによつて...為をしたことがその要件である。それ故、右の常習賭博罪は、被告人が賭博行為を...な要件としているものと解されるのである。したがつて、右の常習賭博罪の
賭博の常習性を被告人の公判廷における供述のみにより認定することの可否
破棄
常習賭博罪における常習性の認定資料
上告を棄却
憲法第一四条にいわゆる社会的身分(博徒社会における地位)による差別的処遇をしたものではないとされた事例
上告を棄却
由に当らない(なお、常習賭博の判示方についての原判示は正当であるから、原判
破棄
れこれ混同したものであつて、本件が常習賭博罪たることを否定することはできな
一、 賭金代用のチケツトは刑法第一八五条にいわゆる財物か 二、 賭博の常習性は犯人の所為自体によつても認定し得るか
控訴を棄却
 原判決が、被告人の原判示行為をもつて常習賭博罪を構成するものとして、被告
風俗営業取締法に基く長野県公安委員会の許可条件を無視した遊技営業行為を常習賭博罪とした事例
上告を棄却
常習賭博罪の規定が憲法一四条に違反するものでないことは当裁判所大法廷の判例
控訴を棄却
一、 結審後における検察官の予備的訴因追加請求 二、 予備的訴因につき有罪を認定し刑を言い渡した場合と予備的訴因追加前に生じた訴訟費用の負担
上告を棄却
賭博行為と認められるに至つたと見なければならない。従つて原判決が被告人の行為をもつて常習賭博罪を構成するものと判断したのは正当であつて、法令の解釈又... 所論は、本件と同種の他の事件につき名古屋地方裁判所は常習賭博の点を無罪と
一 「色合せ」と称する遊戯営業行為についての公安委員会の許可の性質と刑法第一八五条 二 遊戯場経営者が公安委員会の定めた遊戯方法とは異つた方法で営業をなした場合に常習賭博罪の成立する一事例
破棄
ず、原判決が右の前科を資料として常習賭博と認定したのは違法である。と主張す...されたものであることを認定することができるので、原判決が本件を常習賭博と認...罰金三百円に、常習賭博罪により(三)同二十二年二月七日懲役四月(四)同二十
刑法第三四条ノ二にあたる賭博前科と常習賭博の認定
上告を棄却
人は常習賭博の前科があり、且つ昭和二五年一二月以来本件犯行の昭和二六年二月...までに数回賭博を反覆していることが認められるから原審が常習賭博と認定したの
上告を棄却
する法律違反、恐喝、常習賭博並びに脅迫等被告事件の記録を調査するに、同事件
刑訴第四一一条にあたらない一事例(共犯者についての無罪判決の確定と被告人に対する有罪判決)
上告を棄却
 弁護人寺田熊雄の上告趣意は、憲法違反を主張するけれども、刑法の常習賭博罪
120 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in