裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
強盗傷人
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
強盗傷人の判決統計
0
0
1
226 件中 1/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5
懲役11年
D及びBに対する強盗傷人の点...住居侵入と各強盗傷人について,刑法54条1項後段,10条(1罪として刑及び犯情の最も重い...Dに対する強盗傷人罪の刑で処断)
懲役15年
示第1ないし第4)並びに住居侵入,強盗致死及び強盗傷人(判示第6)について,共謀...イ 住居侵入,強盗致死,強盗傷人について...イ 住居侵入,強盗致死,強盗傷人について
上告を棄却
裁判官が公訴棄却の判決をし又はその判決に至る手続に関与したことと再起訴後の審理における刑訴法20条7号本文所定の除斥原因
無期懲役
95号 強盗殺人,銃砲刀剣類所持等取締法違反,建造物侵入,強盗傷人,...強盗傷人罪は成立せず,建造物侵入罪と強盗罪が成立するに止まる旨主...弁護人は,軽微な傷害は強盗傷人罪の「負傷」から除かれるべきであ
控訴を棄却
  妻を奪われ,自身も強盗傷人の被害者となったGは,検察官に対し,被告人ら
懲役2年6月
1 被告人は,①住居侵入,強盗傷人被告事件につき,Bと共謀して,空き巣をし...盗傷人被告事件につき,強盗傷人罪は成立せず,住居侵入及び傷害罪が成立するの...2 住居侵入,強盗傷人被告事件について
懲役12年
第一 (強盗傷人)...て付近に投棄したという強盗傷人,監禁,強盗殺人,死体損壊遺棄の事案である。
懲役7年
たが,未遂に終わったものの,判示の傷害を負わせたという強盗傷人の事案である
上告を棄却
ずれも通りかかった若い女性に対して殺人未遂,強盗傷人,強盗殺人を犯し,更に...の強盗傷人)。その後,被告人は,建設現場等で一時稼働したが,やがてまた自室
死刑の量刑が維持された事例(無期懲役刑の仮出獄中に敢行された女子短大生強盗殺人事件)
上告を棄却
強盗、強盗傷人、詐欺、窃盗を内容とする事案であり、ことに尊い人命を二人まで
死刑事件(女子中学生誘拐殺人等事件)
破棄
の暴行をした事実がないから、原判決が被告人を強盗傷人罪に問擬したのは、法令
強盗傷人罪の暴行にあたる一事例
破棄
 被告人Aの弁護人本間大吉の強盗傷人被告事件に関する控訴の趣意は記録編綴の...とにし、昭和三八年一月一六日前記強盗傷人事件が発生し、同時に売春防止法違反... 第一、 被告人Aに対する強盗傷人の所為は、原判決が判示するとおりであるか
一、 売春防止法第一三条第二項の趣旨 二、 賃貸期間中途における知情と同条項の建物の提供 三、 賃貸借契約の更新特に黙示の更新法定更新と同条項の建物の提供
上告を棄却
は、財産上不法の利益をえることができなかつた場合においても、強盗傷人罪の既
強盗に着手した者が被害者に暴行を加え傷害の結果を生じさせたが財産上不法の利益をえなかつた場合と強盗傷人罪の成否。
一、 他人の身体に対する刑法上の傷害と暴行との区別 二、 創傷の程度が極めて軽微であるとして傷害と認めず強盗致傷罪の成立を否定した事例
上告を棄却
従犯の主張と刑訴法第三三五条第二項。
上告を棄却
刑法第二四〇条前段のいわゆる傷害にあたるとされた事例
上告を棄却
これを犯人の責任外に置くべきものではない。原判決が被告人らに対し強盗傷人罪
刑法第二四〇条前段のいわゆる傷害にあたる事例―ハンカチを被害者の口中に押し込む行為と歯槽膿漏によつて弱つていた歯の脱落
控訴を棄却
金債務を免れるためにした本件の所為が強盗傷人の罪を構成することは当然であ
いわゆる白タクに乗車した者がその運送料金の支払いを免れるため運転者に対し暴行を加え逃走した場合と強盗罪の成立
控訴を棄却
準強盗を共謀した共犯者の一人が他の者にはかることなく強盗を実行した場合と他の共犯者の罪責
上告を棄却
共謀と刑法第三八条第二項
破棄
 検察官の論旨は、原判決が(一)強盗傷人罪の成立を認めなかつたのは強盗傷人... との強盗未遂の事実を認定し、公訴事実たる強盗傷人の事実を認定しなかつた理...ての「傷害」と強盗傷人罪の構成要件要素としての「傷害」とはともに傷害ではあ
一、 傷害罪における傷害と強盗致傷罪における傷害とはその意義を異にするか 二、 創傷の程度は軽微ではあるが強盗致傷罪の成立を認めるべき一場合
棄却
は強盗傷人罪を以つて律せらるべきではない。原判決は、この点において、事実を...結果をふくめて強盗傷人罪に問擬することのできないことは、勿論であるが、本件...について、被告人らが強盗傷人罪の責任を免れないことは、当然である。)斯る場
強盗の犯意を生ずる前後にわたる一連の暴行によリ傷害の績果を与えた場合の擬律
控訴を棄却
がそれを一個の強盗傷人罪と認定したことは事実の認定を誤つたものであると主張...を抑圧してこれを強取したものと認めざるを得ない。したがつて原審が強盗傷人罪...ども、本件の恐喝ならびに強盗傷人の二罪は順次相接続する機会になされた
相接続する機会になされた恐喝および強盗傷人が強盗傷人の一罪と認められる事例
控訴を棄却
横領罪の成立に必要な不法領得の意思
破棄
ことを肯認し得るのであり、強盗傷人罪を構成することが明らかである。(因み... ところで、強盗傷人罪を構成するためには、傷害が強盗の機会において加えられ...は強盗と傷害の結合犯たる強盗傷人罪の構成部分たる傷害であり、その意味におい
一、 強盗の犯意発生前の単純傷害とこれに引き続く強盗傷人との罪数 二、 傷害が強盗の犯意発生の前後いずれの暴行によつて生じたか不明の場合と強盗傷人罪の成否
上告を棄却
刑法第二三八条の「逮捕ヲ免レ」るための暴行にあたる事例。
破棄
治約二ケ月を要する頭部、顔面打撲裂創等の傷害を負わせた」旨の準強盗傷人罪の...のとおり準強盗傷人罪に問擬処断するのが相当であると解すべきである。されば原...の余の事実(同別表第一(16)を除く、右犯罪は準強盗傷人罪の一部)は総て右
準強盗罪における窃盗の機会継続を認めた事例
上告を棄却
り傷害を生ぜしめた強盗傷人の訴因であり、原判決また右訴因どおりの事実を認定
強盗傷人罪の成立する一事例
上告を棄却
外国人たる被告人の検察官に対する供述調書として証拠能力の認められる事例
上告を棄却
げ込んだ際被つたものだとしても、強盗傷人罪の傷害たるに妨げはない)。
共謀による強盗傷人の一罪として処断すべき事例
破棄
中二回にわたる強盗乃至強盗傷人の犯行において被告人は出刃庖丁或は薪割用鉈を...至(五)及び第四の各所為中、住居侵入は強盗傷人、強盗、窃盗、同未遂のいずれ...も重い強盗傷人、強盗、窃盗、同未遂の罪の刑に従い、以上は同法第四五条前段の
強盗未遂罪が準強盗既遂罪に吸収される一事例
上告を棄却
名強盗傷人の公訴事実として右犯罪と同一の事実の記載があり、(三)第一審第一
控訴を棄却
ことができるのであるから、原判決がその挙示する証拠によつて右強盗傷人の事実... Aが被告人の暴行により受けた前段説示の程度の傷害は、強盗傷人罪について特
一、 欺罔者が財物を騙取した後それに相当する金員の請求を受けてその支払を免れるため被欺罔者に暴行を加えて傷害におよんだ場合と強盗致傷罪の成否 二、 刑法第二三六条第二項にいう不法利得には被害者の処分行為を要するか
上告を棄却
的を遂げない場合でも強盗傷人罪の既遂をもつて論ずべきであることは、当裁判所...同第二点は、事実誤認、法令違反の主張であり(強盗傷人罪は、強盗たる身分を有
強盗傷人罪の成立。
上告を棄却
一 犯行の謀議の一過程に属する事実を共同被告人中の一人の自白だけで認定することは憲法第三八条第三項に違反するか 二 証人の証言拒否を理由としてその検察官に対する供述調書を刑訴法第三二一条第一項第二号により証拠として取り調べた後、右証人が態度を変え真実を供述するといつているからとの理由で再尋問の申請があつた場合にこれを取り調べることの要否 三 被告人甲の検察官に対する供述調書中に共同被告人乙からの伝聞の供述が含まれている場合にこれを刑訴法第三二一条第一項第二号第三二四条により被告人乙に対する証拠とすることの可否 四 右の場合にその証拠能力を認めることは憲法第三七条第二項に違反するか
上告を棄却
刑法第四二条第一項の刑の減軽と刑訴法第三三五条第二項にいう法律上刑の減免の理由となる事実
棄却
 原判決の認定した被告人両名の強盗傷人の事実は、原判決引用の証拠によりこれ...に被告人両名の原判示所為を強盗傷人罪の既遂を以て論じているのであるが、被告...はないし、Cの受けた右の程度の傷害は強盗傷人罪について特に重刑が規定されて
刑法第二四三条の規定する同法第二四〇条の未遂罪
226 件中 1/5 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in