裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
強盗幇助
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
強盗幇助の判決統計
0
0
0
23 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
物の名称につき判文中外国文字を使用することの適否
上告を棄却
被告人と判示強盗幇助の事実との結び付きも裏書されているのであるから、原判決...が以上の各証拠を綜合して、判示強盗幇助の事実を認定したことには、所論のよう
犯罪届書(被害届書)は証拠書類か
上告を棄却
判示強盗幇助の事実を認定しているのである。そしてこの原審のなした事実認定は、
積極的に鉄砲等を預る意思の有無と銃砲等所持禁止令違反罪の成否
上告を棄却
ある住居侵入窃盜を教唆した場合において被教唆者がこれと異る他の被害者に對して住居侵入強盜をしたときの教唆者の罪責
上告を棄却
存在しない事實を前提とする憲法違反の主張
破棄
     原判決中被告人Aに関する部分を破棄し同被告人に対する強盗幇助賍物...者がその賍物を收受した場合には強盗幇助罪と賍物収受罪とか各別<要旨第二>個に...決を見ると前掲賍物収受の事実はこれを認定判示しているけれども前記強盗幇助の
一、 択一的起訴の意義 二、 強盗幇助と賍物収受との択一的起訴の適否
上告を棄却
判決事実と公訴事実との間に強盗幇助としての犯罪事実の同一性につき何等差異が
一 共謀共同正犯における共謀者の責任 二 共謀共同正犯の判示として各共謀者が実行行爲をしたか否かを明示することの要否 三 他事件に併合審理された場合における被告人の出廷及び不拘束の立証
上告を棄却
一 釋放後約一年一〇月後の自白と不當に長い拘禁後の自白 二 被告人が最低限度の生活を營み得ないで爲したという犯罪行爲と憲法第二五條第一項
 原判決は所論強盗幇助(判示第一)の事実については、証人Aの証言の外その挙...こととし原判決の確定した事実に対し法律を適用するに、判示第一の強盗幇助の点...ころ、強盗幇助の点については刑法第六三条第六八条第三号を適用して法律上の減
一 從犯の意義―正犯の盜取した財物をその情を知つて買受けた強盜の幇助者の賍物故買罪の責任 二 賍物の故買者がその賍物の故買物件を運搬する行爲と刑法第二五六條第二項 三 昭和二三年法律第二五一號による罰金額の變更と新舊法の比照
上告を棄却
 所論を要約すると、被告人Cは第一審並びに最初から強盗幇助の犯意を否認しつ...人Cを強盗幇助罪に問擬し所論の同被告人が否認せんとしている強盗幇助の犯意を
一 少年に對する被告事件と他の被告事件と分離して審理する場合と自由裁量 二 舊刑訴法第一三五條と訓示的規定
上告を棄却
公判手續更新の意義と更新前の手續の瑕疵
上告を棄却
一 被告人の公判廷の供述と公判廷外の供述とが異る場合と採證の自由 二 聴取書の供述者に對する辯護人の證人申請を一應却下しながら結局公判期日に同證人に對する訊問の機會を被告人に與えた場合その證言を證據に採ることの可否 三 憲法第三六條にいわゆる「残虐な刑罰」の意義 四 刑法第五六條規定に累犯關係に立たない前科(詐欺罪)についての判斷判示の要否 五 辯護人の主張に對し判斷を示す限度 六 舊刑訴三六〇條所定以外の事項につき判斷を示さないことと憲法違反の有無
上告を棄却
 しかし、原判決挙示の証拠によれば原判決摘示の強盗幇助の事実は十分に之を認...人の行為を強盗幇助と認定したのは正当であつて、論旨は理由がない。
検事の事実及び法律の適用についての意見の陳べ方
上告を棄却
一 強盜傷人罪の既遂の時期と財物取得の有無 二 少年に對する保護處分と事實審の自由裁量權 三 舊刑訴法第七二條の規定の性質と同條違反を理由とする上告の適否
上告を棄却
 しかし、原判決は、被告人の強盗幇助の犯罪を認定するのに、所論被告人の原審
精神状態の判定に關する事實審の專權と公平な裁判を受ける權利
上告を棄却
との事実を認定し上告人Eを強盗幇助罪に問擬したのであるが右強盗幇助の事実を
一 豫審の廢止と豫審調書の効力 二 刑訴應急措置法第一二條と自由心證
23 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in