裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61516 
刑事21863民事39653
罪名
有価証券偽造
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
有価証券偽造の判決統計
0
0
0
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3
懲役2年
有価証券偽造,同行使罪について...のである。したがって,被告人に有価証券偽造罪は成立せず,本件手形は偽造...に権限がないとは認識していなかったのであるから,被告人に有価証券偽造
上告を棄却
商社の理事兼企画監理本部長が同社から給与等の支給を受けていなくても商法(平成2年法律第64号による改正前のもの)486条1項にいう「営業ニ関スル或種類若ハ特定ノ事項ノ委任ヲ受ケタル使用人」に当たるとされた事例
上告を棄却
司法書士に対し金銭消費貸借契約証書に基づく公正証書の作成の代理嘱託を依頼するに際して偽造の同契約証書を真正な文書として交付する行為と刑法161条1項にいう「行使」
懲役11年
2 有価証券偽造・同行使(①及び②)については,自己の経営する会社の資金を
棄却
事前に陳述・防禦の機会を与えずに保釈取消・保釈保証金没取の決定をすることと憲法三一条・二九条
上告を棄却
控訴裁判所が控訴趣意に対する判断を遺脱した旨の主張が、単なる訴訟法違反の主張とされた事例
上告を棄却
被告人が経理課長の地位にあつたことを利用して横領等を犯した旨の判示は憲法一四条に違反するとの主張が欠前提とされた事例
破棄
一二日から同年九月一七日までの間に有価証券偽造、同行使、詐欺、窃盗、覚せい
控訴審の手続と刑訴法三一四条一項の準用の有無
破棄
ゴルフ場所有会社の発行したゴルフ倶楽部会員資格保証金預り金証券が刑法上の有価証券に当たらないとされた事例
破棄
らないのに、原判決が被告人に有価証券偽造、同行使罪の成立を認めたのは経済界...前提とする事実関係はいずれも認められない。そして有価証券偽造罪、同行使罪に... 被告人の判示所為中、有価証券偽造の点は刑法六〇条、一六二条一項に、偽造有
偽造有価証券行使未遂罪が成立するとされた事例
破棄
るとし、有価証券偽造、同行使、詐欺及び業務上過失傷害の各罪と併せて、被告人
一 預金等に係る不当契約の取締に関する法律二条、四条一号と金融機関に預金等をする者又は金融機関に預金等をすることについて媒介をする者と通じた特定の第三者の処罰 二 預金等に係る不当契約の取締に関する法律二条二項にいう「金融機関に預金等をすることについて媒介をする者」にあたらないとされた事例
上告を棄却
憲法三七条一項(迅速裁判)違反の主張が「欠前提」とされた事例
控訴を棄却
二項を適用しているが、被告人らの行為は、有価証券偽造に当るものというべく、...義を偽るもので、刑法一六二条一項に定める有価証券偽造に該当する行為といわね...のである。しかしながら、刑法一六二条一項の有価証券偽造罪と同条二項の有価証
株式会社の代表取締役が前代表取締役の署名を冒用して株券を作成する行為と有価証券偽造罪の成否
上告を棄却
判決主文の言直しが有効とされた事例
上告を棄却
代表取締役である被告人が、被告人を取締役に選任する株主総会決議の効力を停止する仮処分決定送達後に、代表取締役名義で約手を振り出した行為につき、有価証券偽造罪の成立を認めた二審判決に対する上告が棄却された事例
上告を棄却
控訴裁判所が事実誤認の有無の審査にあたつて使用できる証拠の範囲
上告を棄却
この行為は有価証券偽造罪にあたるものとしている。しかし、このように、行使の
約束手形の金額を改ざんする行為は有価証券の偽造か変造か
棄却
原判決言渡後被告人が死亡しその後控訴期間中に原審弁護人から申立られた控訴を適法と認め職権で公訴棄却をなした事例
上告を棄却
して組合長振出名義の約束手形を作成した本件行為が有価証券偽造罪にあたるとし
漁業協同組合参事が上司の決裁を受けることなく組合長振出名義の融通手形を作成した行為につき有価証券偽造罪が成立するとされた事例
上告を棄却
商品買受の注文と作為による欺罔行為
上告を棄却
第一審判決の刑を重く変更した控訴審判決に対する上告理由制限の合憲性
上告を棄却
一七九日ないし一九二日の拘禁後の自白と不当に長い抑留もしくは拘禁後の自白
破棄
刑訴法第二〇条第七号にいう前審の「裁判の基礎となつた取調に関与した」ときに当るとして除斥理由が認められた事例。
控訴を棄却
おいて有罪と認定した有価証券偽造・同行使と順次牽連犯の関係に立ち一罪として
偽造小切手を自己の預金口座に振り込んだ場合と詐欺罪の成否
控訴を棄却
出したのを有価証券偽造罪に問擬したことからも窺われる。けだし、この場合、取...成年者名を使用して約束手形を作成したのを有価証券偽造にあたるとした大審<要旨
一、 支払人に関する商法の規定が準用される漁業協同組合参事が組合長振出名義の約束手形を作成した行為につき有価証券偽造罪の成立を認めた事例 二、 偽造約束手形の割引名義で金員を騙取したのちさらに別の偽造約束手形を差し入れて前の約束手形の支払を延期させた行為と刑法第二四六条第二項の罪の成否
上告を棄却
誤信させるに足るような表示をして約束手形を振出すときは、有価証券偽造罪が成...せるに足るものであるから、有価証券偽造罪を構成するものといわなければならな
有価証券の偽造に当るとされた事例。
上告を棄却
の有価証券偽造罪にあたると解すべきである。)
約束手形の振出行為が刑法第一六二条第一項の有価証券偽造罪にあたるとされた事例。
上告を棄却
刑訴法第四〇〇条但書に違反しないとされた事例。
上告を棄却
弁論再開請求に対し何等の決定をしないで判決を宣告した手続の瑕疵と判決への影響。
上告を棄却
冒用したものとして、有価証券偽造罪が成立するものというべきである。この点に
有価証券偽造罪が成立するとされた事例。
控訴を棄却
ことが認められる。右<要旨>のごとき業務上横領の罪と有価証券偽造行使の罪とが...連犯と認めることはできない。その余の原判示業務上横領の各罪と右有価証券偽造...ある。したがつて、原判決が以上業務上横領の罪と右有価証券偽造行使の罪とは別
業務上横領罪と有価証券偽造行使罪との関係
上告を棄却
は、これらの行為を包括的に観察し、同法一六二条一項の有価証券偽造の一罪を構
一個の約束手形の振出人欄の偽造と裏書人欄の虚偽記入との罪数の関係。
上告を棄却
窃取した持参人払式小切手を呈示して小切手支払名下に金員を交付させた行為と詐欺罪の成立
114 件中 1/3 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in