判例検索β > 昭和41年(あ)第574号
住居侵入、窃盗、詐欺
事件番号昭和41(あ)574
事件名住居侵入、窃盗、詐欺
裁判年月日昭和41年9月8日
法廷名最高裁判所第一小法廷
裁判種別決定
結果棄却
判例集等巻・号・頁集刑 第160号637頁
原審裁判所名東京高等裁判所
原審裁判年月日昭和41年2月22日
裁判日:西暦1966-09-08
情報公開日2017-10-17 14:15:26
戻る / PDF版
主 文
本件上告を棄却する
当審における未決勾留日数中三〇日を本刑に算入する。 理 由
弁護人石川悌二の上告趣意第一は、違憲(三八条)をいうけれども、本件事案に徴し、被告人の抑留、拘禁が不当に長いものとは認められず、被告人の自白に任意性を疑うべき証跡は認められないから、違憲の主張は前提を欠くものであつて適法な上告理由とならず、同第二は、事実誤認の主張であり、同第三は、量刑不当の主張であつて、いずれも刑訴法四〇五条の上告理由に当らない。
被告人本人の上告趣意は、事実誤認、量刑不当の主張であつて、同法四〇五条の上告理由に当らない。
よつて、同法四一四条、三八六条一項三号、一八一条一項但書、刑法二一条により、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり決定する。
昭和四一年九月八日
最高裁判所第一小法廷
裁判長裁判官 岩 田 誠 裁判官 入 江 俊 郎 裁判官 長 部 謹 吾 裁判官 松 田 二 郎
トップに戻る

saiban.in