裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
法律
すべて法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
4 件中 1/1 ぺージ
取り消す
金は,すべて法人税に係る益金及び消費税に係る資産の譲渡等の対価の額に含
自ら保有する住宅ローン債権を対象とする信託契約を締結し、その信託受益権を優先的に償還される優先受益権と優先受益権の元本が全額償還された後に元本が償還される劣後受益権の2種類の信託受益権に分割し、優先受益権を第三者に売却するとともに劣後受益権を自らが保有するという仕組みの取引につき、劣後受益権による収益配当金をすべて法人税に係る益金及び消費税に係る資産の譲渡等の対価の額に含まれるとしてした法人税の更正処分及び課税期間の消費税の更正処分が、いずれも違法とされた事例
棄却
ところ,日本橋税務署長が,上記劣後受益権の収益配当金は,すべて法人税に
自ら保有する住宅ローン債権を対象とする信託契約を締結し、その信託受益権を優先的に償還される優先受益権と優先受益権の元本が全額償還された後に元本が償還される劣後受益権の2種類の信託受益権に分割し、優先受益権を第三者に売却するとともに劣後受益権を自らが保有するという仕組みの取引につき、劣後受益権による収益配当金をすべて法人税に係る益金及び消費税に係る資産の譲渡等の対価の額に含まれるとしてした法人税の更正処分及び課税期間の消費税の更正処分が、いずれも適法とされた事例
上告を棄却
 犯罪の構成要件は、すべて法律そのもので定められなければならないものではな
犯罪の構成要件はすべて法律そのもので定められなければならないか。
上告を棄却
  しかし、憲法三一条はかならずしも刑罰がすべて法律そのもので定められなけ
一 憲法第三一条の趣旨―刑罰はすべて法律そのもので定めなければならないか 二 地方自治法第一四条第五項およびこれに基づく昭和二五年大阪市条例第六八号第二条第一項の合憲性
4 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in