裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
につき法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
22 件中 1/1 ぺージ
棄却
マンションの建替えに参加しない旨を回答した又は参加しない旨回答したとみなされた区分所有者は、マンション建替組合の設立を認可する旨の処分の「無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者」に該当するとされた事例
棄却
処分又は裁決の無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者」に...処分又は裁決の無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者」に...原告は,「無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者」であるこ
マンションの建替えに参加しない旨を回答した又は参加しない旨回答したとみなされた区分所有者は、マンション建替組合の設立を認可する旨の処分の「無効等の確認を求めるにつき法律上の利益を有する者」に該当するとされた事例
却下
としても,本件マンションの敷地及びその周辺には,そのことにつき法律...これを所有する者は,当該建築確認の取消しを求めるにつき法律上の利...認の取消しを求めるにつき法律上の利益があるということができる。
1 近隣住民の提起した、建築基準法6条の2第1項に基づく確認の処分の取消しを求める訴えにつき、建築確認に係る建築物の倒壊、炎上等により直接的な被害を受けることが予想される範囲の地域に存する建築物に居住し、又はこれを所有する者、建築確認に係る建築物により日照を阻害される周辺の他の建築物の居住者及び風害を受ける地域内の居住者は、当該建築確認の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者として、前記訴えにおける原告適格を有するとされた事例 2 第三者の建築物に係る建築確認処分に対して審査請求をし、同審査請求を棄却する旨の裁決を受けた者が、同裁決と前後して、複数回受けた前記確認処分に係る計画の一部を変更した計画に係る確認処分につき審査請求を経ずに提起した、前記当初の確認処分及び同変更計画に係る各確認処分の取消しを求める訴えが、行政事件訴訟法8条2項3号所定の正当な理由があるとして、適法とされた事例
控訴を棄却
在留資格が「定住者」から「短期滞在」に変更された外国人が在留資格変更前にした在留期間更新の申請につき法務大臣がした不許可処分の取消しを求める訴えが、訴えの利益を欠くとして、不適法であるとされた事例
取り消す
一 不動産競売事件の期間入札につき競売申立債権者たる法人が代表者の資格を証する文書を提出しないでした入札の効力 二 不動産競売事件の期間入札につき法人のした入札が代表者の資格を証する文書の提出がないため無効である場合と右文書の追完の許否
却下
在留資格が「定住者」から「短期滞在」に変更された外国人が在留資格変更前にした在留期間更新の申請につき法務大臣がした不許可処分の取消しを求める訴えが、訴えの利益を欠くとして、不適法であるとされた事例
棄却
1 市固定資産評価審査委員会を被告として提起した固定資産税の価額決定処分の取消しを求める訴えを、出訴期間経過後に、同委員会を被告とする審査決定の取消しを求める訴えに交換的に変更した場合につき、訴状の記載や訴えの変更の経過等からすれば、原告は、訴え提起の時から被告に対し前記審査決定の取消しを求める趣旨を表明していたということができるから、その変更後の訴えは、出訴期間の遵守に欠けるところがないとした事例 2 固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)と憲法92条、94条、地方税法3条 3 固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)と憲法84条、地方税法3条 4 「固定資産評価基準に基づき自治大臣が別に指示する事項について」(昭和53年11月16日付け自治固第158号及び昭和59年12月25日付け自治固第107号自治省税務局長通達)と憲法84条、地方税法3条 5 固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)の法的拘束力 6 固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)が定める家屋の価格算定の基準が不合理であることを窺わせる事情は認められないから、同基準は家屋の価格算定につき法的拘束力を有するとした事例 7 市長が家屋につき固定資産評価基準(昭和38年自治省告示第158号)に基づいてした評価が適法とされた事例 8 固定資産評価審査委員会が口頭審理外で行った職権調査の結果等を判断の基礎として採用し、審査申出を棄却するときでも、当該調査結果等を口頭審理に上程する手続を経ることを要しないとした事例
破棄
地方税法(昭和五七年法律第一〇号による改正前のもの)六〇三条の二第一項一号、地方税法施行令五四条の四七第一項二号によつて特別土地保有税の納税義務の免除の認定をすべきであるとした認定判断につき法令の解釈適用の誤りひいては理由不備の違法があるとされた事例
破棄
所得税法三〇条一項にいう退職所得にあたるかどうかの認定判断につき法令の解釈適用の誤り及び審理不尽の違法があるとされた事例
控訴を棄却
控訴人らは被控訴人審査会に対する訴につき法律上の利益を有する。
1 税理士試験委員が税理士法附則30項の規定により実施した特別な税理士試験に、憲法14条1項の規定に違反するなどの違法がないとした事例 2 税理士法6条の規定による税理士試験に合格し税理士業務に従事している者は、税理士試験委員が税理士法附則30項の規定により実施した特別な税理士試験の無効確認を求めるにつき法律上の利益を有しないとした事例
棄却
1 同族会社の系列会社に対する製品の販売につき法人税法132条1項を適用してした更正処分が適法とされた事例 2 同族会社の青色申告に係る法人税の更正処分をするに際し、法人税法132条1項の適用の前提として、右会社の帳簿等により確定される製造原価等の諸要素に基づき右会社が販売した製品の通常の販売価額を算定することは、同法131条に反しないとした事例 3 法人税法132条の「法人税の負担を不当に減少させる結果となる」と認められるか否かは、専ら経済的実質的見地において、法人の行為、計算が経済人の行為として不合理、不自然なものと認められるかどうかを基準とすべきであるとした事例 4 同族会社の系列会社に対する製品の販売が法人税法132条1項にいう「法人税の負担を不当に減少させる結果となる」かどうかは、専ら右同族会社の法人税額によって判断すべきで、右両会社の法人税額の合算額によって判断すべきではないとした事例
却下
処分の取消しの訴えは、当該処分の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者...が特別試験の取消しを求めるにつき法律上の利益を有する者に該当しないことは、...り、原告らは特別試験の実施の差止めを求めるにつき法律上の利益を有する者に該
1 税理士試験委員が税理士法附則30項の規定により実施した特別な税理士試験に、憲法14条1項の規定に違反するなどの違法がないとした事例 2 税理士法6条の規定による税理士試験に合格し現に税理士業務に従事している者は、税理士試験委員が税理士法附則30項の規定により実施した特別な税理士試験の無効確認を求めるにつき法律上の利益を有しないとした事例
却下
安定を来たすか、その他右確認を求めるにつき法律上の利益を有すると解すること
化製場の実質上の設置者のために便宜上同人に名義を貸して右化製場の設置許可を受けたにすぎない者は、右許可の有効確認を求めるにつき法律上の利益を有しないとした事例
却下
1 ゴルフ場として第三者に賃貸されている財産区の固定資産につき法定外普通税を課する旨の条例を新設しないことは、住民訴訟の対象となる公金の賦課徴収及び財産の管理を怠る事実に当たらないとした事例 2 財産区の所有する固定資産に対しては、それがゴルフ場として第三者に賃貸されている場合でも、固定資産税を課することができないとした事例
上告を棄却
所論引用判例は所論事項につき法律判断を示しておらず不適切であるとされた事例
控訴を棄却
株式会社の役員賞与の原資につき法人税を賦課しながら右賞与につきさらに所得税を賦課することは二重課税にあたるか
上告を棄却
実質上の株主が一人である株式会社において法定の選任手続を経ないまま代表取締役として行動してきた右株主が会社を代表してした会社の債権譲渡行為につき法人格否認の法理の適用によりその効力を認めた事例
取り消す
1 未分割遺産につき法定相続分に従って相続税の申告ないし修正申告がされたのちに右相続分に従わない遺産分割があった場合、これを基礎としてされた更正の請求または修正申告および更正の意義 2 未分割遺産につき法定相続分に従って相続税が申告されたのちに右相続分に従わない遺産分割がされ、これを基礎として申告額を減額する更正処分がされた場合、右更正にかかる額が分割により現実に取得した財産を基礎とした額を上回ることを理由にこれを争うことができるか
上告を棄却
一 旧関税法(昭和二九年法律第六一号による改正前のもの)第八三条第三項により追徴を科せられる犯人の範囲。 二 旧関税法第八三条第三項と憲法第三一条、第二九条。 三 刑罰法令の規定にしたがい一の犯罪につき法廷の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは憲法第三九条後段の規定に違反するか。 四 刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法の施行と第三者所有物没収に代わる追徴。
右規定に従い、一の裁判によりその一個の犯罪につき法定の主刑及び没収又は追徴
一 憲法第三九条後段の法意 二 刑罰法令の規定に従い一の犯罪につき法定の主刑を科した上、没収又は追徴を科することは右憲法の規定に違反するか
上告を棄却
一 産米供出個人割当額決定の方法につき法令上具体的の定めがない場合と右決定に当る村長の裁量権の限界 二 証人として尋問すべき者を職権により当事者として尋問した違法と責問権放棄の許否
破棄
一 他人を殺害する目的で銃砲等を所持したと判示しただけでその所持につき法定の除外事由がなかつたことを判示しなかつた判決の正否 二 銃砲等所持禁止令第一條第一項の除外例と舊刑訴法第三六〇條第二項の「法律上犯罪ノ成立ヲ阻却スベキ事由」 三 辯護人の證人申請を却下しながらその證人に對する司法警察官の聽取書を證據に採つた判決の違法 四 綜合認定の場合における各個の證據の價値 五 拘禁中の自白の證據力 六 少年に對し不定期刑を言渡した第一審判決に對する附帯控訴と不利益變更禁止 七 証人申請理由の不明と刑訴応急措置法第一二条第一項による供述者尋問の請求
22 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in