裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61818 
刑事21927民事39891
法律
人身保護法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
24 件中 1/1 ぺージ
破棄
よらないで身体の自由を拘束されていると主張して,人身保護法に基づき,被拘束...べきである。よって,被上告人の被拘束者に対する監護が人身保護法及び同規則に...慮すると,被上告人の被拘束者に対する監護が人身保護法及び同規則にいう拘束に該当するとしても,その違法性が顕著であるとは解されず,本件返還決定が確定し
1 国境を越えて日本への連れ去りをされた子の釈放を求める人身保護請求において意思能力のある子に対する監護が人身保護法及び同規則にいう拘束に当たるとされた事例 2 拘束者が国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の実施に関する法律に基づく子の返還を命ずる終局決定に従わないまま子を監護することにより拘束している場合には、特段の事情のない限り、当該拘束に顕著な違法性がある
却下
人身保護法による釈放の請求を却下又は棄却した地方裁判所の決定については,...これに対する不服申立てについて人身保護法及び人身保護規則に特段の規定が置か...れておらず,人身保護法による釈放の請求を却下又は棄却した高等裁判所の決定
人身保護法による釈放の請求を却下又は棄却した高等裁判所の決定は、許可抗告の対象となるか
棄却
なお,人身保護法11条1項にいう「請求の理由のないことが明白なとき」と...て人身保護法に基づき子の引渡し等を求める事案であるところ,抗告人は,アメリ
子の父親が母親らに対し子の引渡し等を求める人身保護請求事件において、人身保護法11条1項に基づく決定によるのではなく、審問手続を経た上で判決により判断を示すべきであるとされた事例
破棄
 四 そうすると、原審の判断には人身保護法二条、人身保護規則四条の解釈適用
離婚等の調停の進行過程における夫婦間の合意に基づく幼児との面接の機会に夫婦の一方が右幼児を連れ去ってした拘束に顕著な違法性があるとして夫婦の他方からした人身保護法に基づく幼児の引渡請求が認められた事例
破棄
 人身保護法に基づく幼児の引渡請求において、拘束が権限なしにされていること...右判例の明示するように、夫婦の一方が他方に対し、人身保護法に基づき、共同親...護権を有する者が監護権を有しない者に対し、人身保護法に基づいて幼児の引渡し
子の監護権を有する者が監護権を有しない者に対し人身保護法に基づき幼児の引渡しを請求する場合における拘束の顕著な違法性
上告を棄却
には、人身保護法二条、人身保護規則四条に規定する顕著な違法性があるものとし
離婚調停において調停委員会の勧めによってされた合意に反する幼児の拘束に顕著な違法性があるとして夫婦の一方から他方に対する人身保護法に基づく幼児の引渡請求が認められた事例
破棄
 1 夫婦の一方(請求者)が他方(拘束者)に対し、人身保護法に基づき、共同...あるとしたものであって、右判断には人身保護法二条、人身保護規則四条の解釈適... 一 人身保護法の母国であるイギリスにおいて、またこれを継受したアメリカに
夫婦の一方が他方に対して人身保護法に基づき幼児の引渡しを請求する場合と拘束の顕著な違法性
上告を棄却
被拘束者に対する監護が人身保護法及び同規則にいう拘束に当たるとした原審の判
意思能力のある子に対する監護が人身保護法及び同規則にいう拘束に当たるとされた事例
破棄
 そこで、検討するのに、意思能力のない幼児の監護はそれ自体人身保護法及び同...はいえない特段の事情があるものというべく、したがつて、被上告人らが被拘束者を監護する行為は、なお人身保護法及び同規則にいう拘束に当たると解すべきもの...している場合に、監護権を有する者が人身保護法に基づいて当該幼児の引渡を請求
一 意思能力のある子に対する監護が人身保護法及び同規則にいう拘束に当たるとされる場合 二 意思能力のある子がその自由意思に基づいて拘束者のもとにとどまつているとはいえない特段の事情があるとされた事例
上告を棄却
行為が人身保護法及び人身保護規則にいう拘束にあたり、かつ、上告人Aが被拘束...し、被上告人は上告人らに対し人身保護法により被拘束者の引渡しを請求すること
離婚した夫が妻の実家から幼児を連れ出し実兄夫婦に預けていることが人身保護法及び人身保護規則にいう拘束にあたるとされた事例
上告を棄却
為を伴うものであるから、その監護自体が人身保護法および同規則にいう拘束にあ... 離婚した男女の間で、親権を有する一方が、他方に対し、人身保護法により、そ...ことが明らかに被拘束者の幸福に反するものとは認められないから、被上告人は上告人に対し人身保護法により被拘束者の引渡しを請求することができるとした原審
一、年令六年五月余の児童に対する監護と人身保護法および同規則にいう拘束 二、離婚した当事者間の親権を有する一方から他方に対する人身保護法に基づく幼児引渡請求許否の判断基準
却下
 人身保護法による釈放の請求を排斥した決定に対しては、憲法違反を理由とする
人身保護法と最高裁判所への抗告理由
上告を棄却
 論旨は、違憲をいうが、実質は、人身保護法所定の拘束の事実を認めないで本件
未成年の子を同居させることが子に意思能力があるため人身保護法および同規則にいう拘束にあたらないとされた事例
破棄
 しかしながら、人身保護法に基づく救済の申立は、ある者が身体の自由を拘束さ
精神衛生法三三条により精神病院に収容されている者が人身保護法に基づく救済を与えられるための要件
棄却
人身保護法に基づく救済請求を決定をもつて棄却することと憲法三二条・八二条
上告を棄却
限する行為を伴うものであるから、その監護行為自体が人身保護法および同規則に...夫婦の一方が他方に対し人身保護法にもとづき共同親権に服する幼児の引渡を請求... 意思能力のない幼児を手元において監護する行為は当然に人身保護法および同規
一、夫婦の一方から他方に対する人身保護法に基づく幼児の引渡請求許否の判定基準 二、人身保護規則五条と被拘束者の意思能力
上告を棄却
て人身保護法を適用し、請求を認容すべき根拠とならないことも、また叙上判例の
夫婦の一方から他方に対する人身保護法に基づく幼児引渡請求許否の判断基準
上告を棄却
る行為が伴なうものであるから、その監護自体を人身保護法および同規則にいわゆ... 夫婦関係が破綻に瀕しているときに、夫婦の一方が他方に対し、人身保護法にも... 上告人が指摘するとおり、人身保護法による救済の請求については、人身保護規
一、意思能力のない幼児の監護と人身保護法および同規則にいう拘束 二、夫婦の一方から他方に対する人身保護法に基づく幼児引渡請求許否の判断基準
却下
由について。所論は人身保護法第二一条の解釈を云々するが、同条にいう判決には...決定は包含されず、人身保護法による釈放の請求を排斥した決定に対しては、憲法
人身保護法第二一条の判決には決定をも含むか。
上告を棄却
らかであり、従つて、被上告人の本件救済の請求は人身保護法二条及び人身保護規
一 精神障害者の拘束につき人身保護法による救済請求が理由ありとされた事例 二 人身保護規則第三七条所定の処分は裁判所の自由裁量によるか
上告を棄却
人身保護法によつて救済を請求することができるのは、その拘束又は拘束に関する...なければならぬことの諸制約が存在している。そしてそれらの制約は、人身保護法...人身保護法による救済は請求の方式、管轄裁判所、上訴期間、事件の優先処理等手
一 人身保護法による救済請求の要件 二 幼児の引渡請求と人身保護制度 三 人身保護規則第四条にいわゆる「顕著である」場合か否かの判定
棄却
 人身保護法により救済を請求することができるのは、法律上正当な手続によらな...いで身体の自由を拘束されている者で、(人身保護法二条)その拘束又は拘束に関...しく、且つ顕著である場合に限定したのは、人身保護法が、基本的人権を保障する
一 人身保護法による救済請求の要件 二 平和条約第一一条及び昭和二七年法律第一〇三号を違憲とする主張を前提とする人身保護法による戦犯釈放請求の当否
上告を棄却
上子の監護権を有する他の一方から、人身保護法にもとづいて、これが救済を請求...旨のいうように、たゞ人身保護法第二条の「法律上正当な手續によらないで」という意義を、B1にも子に対する監護權があるという論旨のいわゆる「形式的」にの...うことは人身保護法の使命とするところであるけれども、かりに暴力で奪つたとい
一 子の監護権と人身保護請求。 二 不法に始められた拘束と人身保護法の適用のない場合。
却下
ることを主張して人身保護法にもとづく釈放を求めた。二、然るに原決定は人身保
一 人身保護法と最高裁判所への抗告理由 二 人身保護法上適法な抗告理由とならない場合
24 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in