裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
会社法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
会社法の判決統計
0
1
0
18 件中 1/1 ぺージ
却下
対象会社」という。)の株式を公開買付けにより取得して会社法(以下「法」とい
会社法179条の4第1項1号の通知又は同号及び社債、株式等の振替に関する法律161条2項の公告がされた後に会社法179条の2第1項2号に規定する売渡株式を譲り受けた者が、同法179条の8第1項の売買価格の決定の申立てをすることの可否
棄却
ら」という。)が,会社法172条1項(平成26年法律第90号による改正前の...らは,会社法172条1項所定の期間内に,取得価格の決定の申立てをした。...私は,法廷意見に賛同するものであるが,会社法172条1項に基づく全部取得
株式会社の株式の相当数を保有する株主が当該株式会社の株式等の公開買付けを行い、その後に当該株式会社の株式を全部取得条項付種類株式とし、当該株式会社が同株式の全部を取得する取引において、上記公開買付けが一般に公正と認められる手続により行われた場合における会社法(平成26年法律第90号による改正前のもの)172条1項にいう「取得の価格」
棄却
人が,会社法786条2項に基づき,価格の決定の申立てをした事案である。...A社は非上場会社であるところ,非上場会社において会社法785条1項に基づ...会社法786条2項に基づき株式の価格の決定の申立てを受けた裁判所は,吸収
非上場会社において会社法785条1項に基づく株式買取請求がされ、裁判所が収益還元法を用いて株式の買取価格を決定する場合に、非流動性ディスカウント(当該会社の株式には市場性がないことを理由とする減価)を行うことの可否
上告を棄却
本件準共有株式について,会社法106条本文の規定に基づく権利を行使...主張して,上告人に対し,会社法831条1項1号に基づき,本件各決議の取消し...を請求する訴えである。会社法106条本文の規定に基づく指定及び通知を欠いた
1 共有に属する株式について会社法106条本文の規定に基づく指定及び通知を欠いたまま権利が行使された場合における同条ただし書の株式会社の同意の効果 2 共有に属する株式についての議決権の行使の決定方法
却下
につき協議が調わないため,会社法117条2項に基づき,それぞれ当該株式の価...抗告人X 1 は,平成21年7月11日,会社法172条1項に基づき,そ...抗告人X 1 は,平成21年7月30日,相手方に対し,会社法116条1
1 振替株式について会社法116条1項に基づく株式買取請求を受けた株式会社が、同法117条2項に基づく価格の決定の申立てに係る事件の審理において、同請求をした者が株主であることを争った場合における、社債等振替法154条3項所定の通知の要否 2 会社法116条1項に基づく株式買取請求をした株主が当該株式を失った場合における、当該株主による同法117条2項に基づく価格の決定の申立ての適否
棄却
告をしたことにつき,同人らに任務懈怠行為等があり,会社法423条等に...基づきB社に対する損害賠償責任を負うと主張して,会社法847条に基づ...そして,株主が,会社法847条に基づき,審判事件の対象をなす違
1 金融商品取引法185条の13にいう利害関係人の範囲 2 会社法847条に基づき、金融商品取引法違反行為を原因として損害を被った有価証券の取得者である株式会社を代表して株主代表訴訟を提起した株主と同法185条の13にいう利害関係人
破棄
の決定を求める事案である。振替株式についての会社法172条1項に基づく価格...株について,会社法172条1項1号に基づく価格の決定の申立てをした。上記4...会社法172条1項所定の価格決定申立権の行使に個別株主通知がされることを要
社債等振替法128条1項所定の振替株式についての会社法172条1項に基づく価格の決定の申立てを受けた会社が、裁判所における株式価格決定申立て事件の審理において、申立人が株主であることを争った場合における、社債等振替法154条3項所定の通知の要否
破棄
される趣旨を含むものと解されるから,会社法361条1項にいう報酬等に当た
株主総会の決議を経て内規に従い支給されることとなった会社法361条1項にいう取締役の報酬等に当たる退職慰労年金につき、集団的、画一的な処理が制度上要請されているという理由のみから、内規の廃止により未支給の退職慰労年金債権を失わせることの可否
上告を棄却
会社法346条1項に基づき退任後もなお会社の役員としての権利義務を有
会社法346条1項に基づき退任後もなお会社の役員としての権利義務を有する者に対する解任の訴えの許否
棄却
よるものであるから,会社法(以下「法」という。)247条1号及び2号に該当
1 株主平等の原則の趣旨は株主に対して新株予約権の無償割当てをする場合に及ぶか 2 株主に対する差別的取扱いが株主平等の原則の趣旨に反しない場合 3 特定の株主による経営支配権の取得に伴い、株式会社の企業価値がき損され、株主の共同の利益が害されることになるか否かについての審理判断の方法 4 株式会社が特定の株主による株式の公開買付けに対抗して当該株主の持株比率を低下させるためにする新株予約権の無償割当てが、株主平等の原則の趣旨に反せず、会社法247条1号所定の「法令又は定款に違反する場合」に該当しないとされた事例 5 株式会社が特定の株主による株式の公開買付けに対抗して当該株主の持株比率を低下させるためにする新株予約権の無償割当てが、会社法247条2号所定の「著しく不公正な方法により行われる場合」に該当しないとされた事例
上告を棄却
ての地位に基づいて社員総会の決議不存在確認の訴えを提起するには、有限会社法...もそも、有限会社法二二条、商法二〇三条二項による権利行使者の指定及び通知の
有限会社法二二条、商法二〇三条二項にいう社員の権利を行使すべき者の指定方法
上告を棄却
できなくなり右会社の取締役に対し有限会社法三〇条ノ三第一項の規定に基づく損
有限会社に対する売掛債権の譲渡と譲渡人の取締役に対する有限会社法三〇条ノ三第一項に基づく損害賠償請求権の承継の成否
破棄
に該当するとして、日本電信電話公社法(前記日本電信電話株式会社法附則一一条
日本電信電話公社(昭和五九年法律第八五号日本電信電話株式会社法附則一一条による廃止前の日本電信電話公社法に基づき設立されたもの)がその職員に対し頸肩腕症候群総合精密検診の受診を命じた業務命令が有効であるとしてこれに違反したことを理由とする戒告処分が適法であるとされた事例
取り消す
属する日本専売公社は、同年四月一日、日本たばこ産業株式会社法附則一二条により解散
1 日本専売公社地方局長が、たばこ災害補償金交付申請に対し、申請者と他の耕作者の葉たばこが混合されて納入された結果申請者の被害の状況及び程度が認定できないとしてした補償金不交付処分が、たばこ専売法(昭和24年法律第111号。昭和59年法律第68号による廃止前)24条、同法施行規則(昭和24年大蔵省令第41号。昭和60年大蔵省令第7号による廃止前)7条に反するとして、違法とされた事例 2 日本専売公社地方局長を被告として提起された災害補償金不交付決定取消請求事件係属中に、同公社が日本たばこ産業株式会社法附則12条により解散した場合には、同訴訟の被告たる地位は、行政事件訴訟法11条2項の類推適用により、国が承継するとした事例
破棄
ということはできないから、有限会社法三〇条ノ三所定の取締役の責任を論ずるま...上告人が有限会社法三〇条ノ三により損害賠償義務を負うと判断した原判決には、
有限会社の代表取締役が代表者印等の保管につき善管義務を尽さないにもかかわらず有限会社法三〇条ノ三による損害賠償義務を負うべきでない場合
上告を棄却
 有限会社法三〇条ノ三は、株式会社の取締役の第三者に対する責任に関する商法...限会社法三〇条ノ三第一項について、私は、これを取締役が対外的の業務執行につ...上告人の有限会社法三〇条ノ三に基づく本訴請求は、既にこの点において排斥を免
有限会社法三〇条ノ三第一項の取締役の第三者に対する責任に関し代表取締役の任務懈怠と第三者の被つた損害との間に相当因果関係がないとされた事例
上告を棄却
渡会社の運命に重大な影響を及ぼす場合であつても、有限会社法四八条の特別決議
有限会社法第四〇条第一項第一号にいう「営業ノ全部又ハ重要ナル一部ノ譲渡」の意義
棄却
過失のあつた場合には有限会社法第三〇条の三により取締役個人として第三者に対...きものがあるというのほかなく、有限会社法第三〇条の三所定の取締役が職務を行...めるのであるが、有限会社取締役の第三者に対する責任は有限会社法第
一、 有限会社取締役が有限会社法第三〇条ノ三により第三者に対し賠償責任を負う一事例 二、 右損害賠償の遅延損害金の起算点
18 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in