裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
保険業法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
2 件中 1/1 ぺージ
棄却
7 「2001年11月15日付け保険業法第128条第1項に基づく報告徴...による保険業法第110条に基づく業務報告書(大成火災海上保険株式会社・19...による保険業法第110条に基づく業務報告書(大成火災海上保険株式会社・19
1 海外再保険取引のリスク管理の観点から損害保険会社が金融庁に提出した、又は金融庁作成に係る資料に記載された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イの不開示情報に該当するとされた事例 2 米国における同時多発テロに起因して再保険取引の観点から保険会社が金融庁に提出した、又は金融庁作成に係る資料のうち、保険会社からの金融庁に対する報告内容等に関する情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イの不開示情報のほか、同法5条2号ロの不開示情報の双方に、又は、そのいずれかに該当するとされた事例 3 保険業法110条1項に基づき保険会社から金融庁に提出された業務報告書のうち、事業報告書等の変更に係る部分に記載されている情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イの不開示情報に該当するとされた事例 4 保険業法129条に基づき保険会社に対して実施された立入検査に際して金融庁が作成した資料及び同法128条に基づき保険会社から提出された立入検査結果に対する報告書に記載された情報が、行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条6号イ及び同条2号イ所定の不開示情報に該当するとされた事例 5 行政機関の保有する情報の公開に関する法律5条2号イ所定の不開示情報に該当するとして不開示とした行政文書の中に、他の法令において開示が認められている部分が含まれるとしても、当該不開示情報を細分化して不開示部分を除いた部分を開示すべき義務はないとされた事例
上告を棄却
 所論はいずれも原審が保険業法(以下単に法と略称する。)一〇条三項の解釈を...張するがための前提として主張されている保険業法一〇条三項が新憲法に違反する...たとして、その救済を求める者は、右処分の根拠たる保険業法一〇条三項の違憲無
一、保険業法第一〇条第三項にいう「保険契約者、被保険者又は保険金額を受取るべき者の利益」の意義 二、保険業法第一〇条第三項の主務大臣の処分と保険契約者に対する告知の要否 三、新憲法施行後裁判所は法律が旧憲法に反するか否かの実質的審査権を有するか
2 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in