裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
優生保護法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
5 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
会(以下「被上告人医師会」という。)から、優生保護法一四条一項により人工妊
いわゆる実子あつせんをしたことを理由に優生保護法一四条一項による指定医師の指定を撤回することができるとされた事例
控訴を棄却
)が昭和五三年五月二四日付をもつて控訴人に対してなした優生保護法一四条に基...を受けるに際し何らの附款も付せられていなかつたし、また優生保護法及び同法に基づく...されない。その上、控訴人の行為は優生保護法の目的や規定に違反するところはなく、た
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 県医師会は、同会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を徹回することができるとした事例 3 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が、新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき、医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、同会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 4 県医師会が、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師に対し、右指定の取消処分をするのに先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 5 新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、県医師会から、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分を受けた医師が、右取消処分後にした右指定医師の指定の申請を、同会が、右取消処分と同じ理由により却下したことが、適法とされた事例
棄却
月二四日付をもつて原告に対してなした優生保護法一四条に基づく指定医師の指定...(二) 優生保護法(昭和二三年七月一三日法律第一五六号。以下「法」とい...して、同法(優生保護法)によつて適法性の限界が示されてはいるが、その制限を
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 2 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 3 県医師会は、同会により優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を撤回することができるとした事例 4 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 5 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分後にした県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の申請を県医師会が右取消処分と同じ理由により却下したことが適法とされた事例
控訴を棄却
 所論は、原判決第一の事実につき、本件手術は、優生保護法第二八条の対象にな
一、 正当な医療行為にあたらないとされた事例 二、 優生保護法二八条の「手術」の意味
上告を棄却
とができない。また、本件手術当時Bは優生保護法の規定する姙娠中絶の適応症状...難乃至法令違反を主張するものであつて、適法な上告理由にあたらない。なお、優生保護法(昭和二三年法律第一五六号)は、昭和二七年五月一七日法律第一四一号...如く優生保護法が右の如く昭和二七年法律第一四一号によつて改正された後におい
一 優生保護法第一四条第一項第四号による人工妊娠中絶と堕胎罪の成否。 二 最高裁判所、大審院または高等裁判所の判例がない場合、地方裁判所の判例を援用して判例の違反を主張することができるか。
5 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in