裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
入場税法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
入場税法の判決統計
0
0
0
14 件中 1/1 ぺージ
棄却
(二) 右上演会場は入場税法一条にいう興行場等に、また本件演劇の上演は同法...は、左記の理由により入場税法にいう「催物」に該当しない。...楽を目的とした一般演劇とは趣きを異にするもので、入場税法の沿革、入場税その
1 演劇「日本の夜明け」上演につき、政党県委員会(党組織)が、その主催者と認められた事例 2 入場税法(昭和29年法律第96号)2条1項にいう「催物」に当たる演劇の要件 3 人格なき社団である政党県委員会(党組織)が、その主催した記念講演会兼演劇上演会会場の入場者から徴収した金員は、入場税法(昭和29年法律第96号)2条3項にいう「入場料金」に当たるとした事例
控訴を棄却
と規定していない入場税法に矛盾することになる。...二、控訴人らは人格なき社団であるから入場税法上の「主催者」となる資格がな...ところで入場税法上、人格なき社団が納税義務者であるとの明文の規定がないこと
1 入場税法(昭和29年法律第96号)1条1号にいう映画、演劇、音楽等を「多数人に見せ、又は聞かせる場所」の意義 2 人格なき社団であるいわゆる労音の例会は入場税法(昭和29年法律第96号)2条1項にいう「催物」に、右社団は同条2項にいう「主催者」に、これを鑑賞した会員は同条3項にいう「入場者」に、それぞれ当たるとした事例 3 人格なき社団であるいわゆる労音の会費が納入した会員は入場税法(昭和29年法律第96号)2条3項にいう「入場料金」に当たるとした事例 4 人格なき社団は入場税の納税義務を負うとした事例
控訴を棄却
1 いわゆる労演が会員から徴収した会費全額を入場税の課税対象としたことが違法でないとされた事例 2 人格なき社団であるいわゆる労演の例会は入場税法(昭和29年法律第96号)2条1項にいう「催物」に、右社団は同条2項にいう「主催者」に、それぞれ当たるとした事例 3 入場税の納税義務者たる主催者の意義 4 人格なき社団であるいわゆる労演が会員から徴収する会費は、入場税法(昭和29年法律第96号)2条3項にいう「入場料金」に当たるとした事例
棄却
賞していたところ、被告は原告の例会活動について入場税法第一条ないし第三条に...の精神にもとり、したがつて入場税法は憲法第二五条に違反する。...(2) 仮に入場税法そのものが憲法第二五条に違反しないとしても、原告に入場
1 入場税法は憲法第25条第1項に違反するか 2 いわゆる労演に対して入場税を賦課することが憲法第25条に違反するものではないとされた事例 3 人格なき社団は入場税法上納税義務の主体となることができるか 4 人格なき社団であるいわゆる労演の例会は入場税法第2条第1項にいう「催物」に、右社団は同条第2項にいう「主催者」にそれぞれ該当するとした事例 5 人格なき社団であるいわゆる労演の会員が納入した会費は入場税法第2条第3項にいう「入場料金」に該当するとした事例
棄却
二、被告は原告に対し、原告の右例会が入場税法第二条第一項にいわゆる「催物」...(三) 権利能力なき社団は入場税法第三条の「主催者」には含まれず、したがつ...ない入場税法においてはそのいわゆる「主催者」は私法上の権利能力者に限られ、
1 権利能力なき社団は入場税法第3条所定の納税義務者に含まれるか 2 権利能力なき社団であるいわゆる労音の例会は入場税法第2条第1項にいう「催物」に、右社団は同条第2項にいう「主催者」に、これを鑑賞した会員は同条第1項にいう「多数人」および同条第3項にいう「入場者」にそれぞれ該当するとした事例 3 権利能力なき社団であるいわゆる労音の会費の徴収は入場税法第2条第3項にいう「入場料金」の「領収」に該当するとした事例 4 音楽や演劇等の鑑賞を課税対象とする入場税法は憲法第25条に違反するか
破棄
 弁護人裾分正重の上告趣意一は、憲法三一条違反をいうが、実質は、入場税法二... 「被告人はA興行部名義で倉敷市a町b番地において入場税法一条掲記の興行場...前の入場税法二五条三項により、各犯行の終わつたときから進行を開始したのであ
入場税法三条にいう経営者または主催者の意義
上告を棄却
事実誤認の主張であつて(なお、入場税法二八条は、興行場等の経営者または主催
入場税法第二八条のいわゆる両罰規定の法意
上告を棄却
第五〇号〔入場税法の一部改正法律〕附則四項にいう罰則のうちには、右法律によ...る改正前の入場税法〔昭和二九年法律第九六号〕第二九条の規定も含まれると解す
入場税法の一部を改正する法律(昭和三七年法律第五〇号)附則第四項により適用される罰則の範囲。
上告を棄却
 入場税法二八条は、興行場等の経営者又は主催者(以下、単に経営者等という。...入場税法三条参照。)たる人の代理人使用人その他の従業者が同法二五条一項等に
一 入場税逋脱罪と罪数 二 入場税法第二八条のいわゆる両罰規定の法意
上告を棄却
税標準額である入場料金を実際の額より過少に申告する行為は、入場税法二五条一
入場券の半片を入場者に返さず、これを再度使用し、入場料金を過少に申告する行為と入場税法第二五条第一項第一号の罪。
上告を棄却
 廃止前の入場税法一六条一項と、地方税法(昭和二三年法律第一一〇号旧地方税...である。所論はこの場合、たとえ右地方税法一五一条三項に「入場税法の廃止前に...つても、この規定は単に「入場税法廃止前の行為はなお処罰する」というだけの法
一 法律「廃止前になしたる行為に関する罰則の適用については、なお、従前の令による」との規定の趣旨 二 同種の犯行について、その行為の時期により刑罰規定を異にすることと憲法第一四条 三 入場税法(昭和二二年法律第一四二号による改正前のもの)第一七条ノ三のいわゆる両罰規定の法意 四 入場税法(昭和二二年法律第一四二号による改正前のもの)第一七条ノ三のいわゆる両罰規定と憲法第三九条
上告を棄却
入場税法(昭和二三年法律第一一〇号による廃止前のもの)第一六条第一項にいわゆる「詐欺其ノ他不正ノ行為ニ依リ入場税ヲ逋脱セントシ」の意義
上告を棄却
ると主張しているが、国税たる入場税を規定していた入場税法は旧地方税法の施行... 論旨は、本件入場税法の犯則事件について原判決のように通告処分及び告発を必...るが、入場税法の犯則取締について通告処分や告発を必要とするものと定めるか否
一 昭和二三年七月七日法律第一一〇号による改正後で、同二五年七月三一日法律第二二六号による改正前の地方税法第一三六条第二項の合憲性 二 昭和二三年七月七日法律一一〇号による改正後で、同二後年七月三一日法律第二二六号による改正前の地方税法(以下旧地方税法と略称)第一三六条第二項の不納入罪の成立と同法第四一条の督促との関係 三 旧地方税法第一三六条第二項の犯罪の日時の判示に欠けるところのない事例 四 昭和二三年八月一日以後同二四年六月一日以前に為された入場税および同附加税犯則事件と通告処分および告発 五 入場税法の犯則取締について通告処分や告発を必要とするものと定めるか否かによつて法令の違憲の問題を生ずるか 六 税法違反被告事件について大審院民事判例を引用して判例違反を主張することの適否
上告を棄却
 入場税法(昭和二三年七月七日法律一一〇号により廃止されたが廃止前になした...を判示する必要はない。また本件では税務署長が入場税法六条ノ二但書により申告...る嫌はあるが判示事実を入場税法の諸規定及び原判決挙示の証拠に照らし逋脱罪既
入場税法第一六条第一項の逋脱犯既遂の判示方
14 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in