裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
公衆浴場法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
13 件中 1/1 ぺージ
破棄
 三 ところで、本件浴場については、昭和四一年三月一二日に被告人の実父Dが静岡県知事の公衆浴場法二条一項の許可(以下「営業許可」という。)を受けてお...意が認められないことになり、被告人及び被告会社につき、公衆浴場法上の無許可...〇条五号、公衆浴場法八条一号、一一条により被告人及び被告会社の双方につき三
公衆浴場法八条一号の無許可営業罪における無許可営業の故意が認められないとされた事例
上告を棄却
 公衆浴場法(以下「法」という。)二条二項の規定が憲法二二条一項に違反する...及び大阪府公衆浴場法施行条例二条の規定は憲法二二条一項に違反しないと解すべきである。論旨は、採用することができない。
公衆浴場法二条二項及び大阪府公衆浴場法施行条例二条と憲法二二条一項
上告を棄却
 弁護人林弘ほか二名の上告趣意は、公衆浴場法二条二項による公衆浴場の適正配...置規制及び同条三項に基づく大阪府公衆浴場法施行条例二条の距離制限は憲法二二... すなわち、公衆浴場法に公衆浴場の適正配置規制の規定が追加されたのは昭和二
公衆浴場法二条二項、大阪府公衆浴場法施行条例二条の各規定と憲法二二条一項
取り消す
しかるに、公衆浴場法二条一項は物的要件のみを審査基準としているから、本件許...ちなみに、公衆浴場法三条一項の措置、四条の拒否、五条二項の制止等は、これを...三五年五月二七日名古屋市公衆浴場法施行細則四条が公衆浴場営業につき相続があ
1 公衆浴場法2条1項の許可を受けて個室付浴場業を営んでいた者の相続人は、被相続人に対してされた公衆浴場法2条1項の許可が自己に対しても有効であることの確認を求める訴えにつき、その確認がされたとしても右訴えの目的である個室付浴場業の営業が法律上可能になるものではないから、法律上の利益を有しないとした事例 2 公衆浴場法2条1項の許可を受けて個室付浴場業を営んでいた者の相続人は、風俗営業等取締法4条の4第3項所定のいわゆる既得権者に当たるか
棄却
一 原告と被告名古屋市長との間において、昭和四〇年九月二五日付公衆浴場法二...て、被告市長より昭和四〇年九月二五日付をもつて公衆浴場法二条一項(同法七条...四 しかしながら、公衆浴場法二条一項の許可は、同条二項に明らかなとおり、そ
公衆浴場法2条1項に規定する許可の効力は当該許可を受けた者の死亡によって消滅するか
上告を棄却
三九年法律第一二一号による改正前の公衆浴場法((以下同じ))の規整の対象と...判示しているのであつて、所論「トルコ風呂」が公衆浴場法の規整の対象となるこ
いわゆる「トルコ風呂」は公衆浴場法の規整の対象となるか
上告を棄却
は相当であり、所論大阪府条例の規定が公衆浴場法、地方自治法により認められた...  所論公衆浴場法二条、大阪府公衆浴場法施行条例(昭和二五年一二月二二日大
一 大阪府公衆浴場法施行条例(昭和二五年条例第八五号)第二条第三号は公衆浴場法第二条第三項地方自治法第一四条第一項によつて認められた条例制定権の範囲を超えるか 二 公衆浴場法(昭和三九年法律第一二一号による改正前のもの)第二条、前記条例および大阪府浴場審議会規則(昭和二六年規則第一八号)は憲法第二二条に違反するか
破棄
 所論の指摘する原判決の判示中、公衆浴場法二条一項適用の対象となる「公衆浴
公衆浴場法第二条第一項の「公衆浴場」にあたるとされた事例。
上告を棄却
つても、公衆浴場法二条一項による都道府県知事の許可を受けないで、旅館附属の
旅館営業者につき公衆浴場法第二条第一項、第八条第一号の罪の成立する事例。
上告を棄却
 所論公衆浴場法二条及び昭和二四年奈良県条例一条の二が憲法二二条一四条に反
公衆浴場法第二条および昭和二四年奈良県条例第二号公衆浴場法施行条例第一条の二の合憲性。
控訴を棄却
も公衆浴場法第二条第一項には反しないし、同法が浴場営業に許可を要するとした...建設し、公衆浴場法による営業許可を申請して得られなかつた本件建物を買受け、...般公衆浴場と同様の形状及び規模を有する設備をととのえ、公衆浴場法第二条所定
入浴者をある都市を中心とする地域の低額所得の一般労務者およびその家族らに限定した浴場は、公衆浴場法第二条第一項の公衆浴場に該当するか
上告を棄却
公衆浴場法第二条第一項第八条第一号の合憲性
上告を棄却
 論旨は、公衆浴場法二条二項後段は、公衆浴場の設置場所が配置の適正を欠くと...したとおりである。そして所論条例の規定は、公衆浴場法二条三項に基き、同条二... 論旨は、公衆浴場法が公衆浴場の経営について許可を原則とし、不許可を例外と
一 公衆浴場法(昭和二五年法律第一八七号による改正後のもの)第二条第二項後段の規定並びに昭和二五年福岡県条例第五四号第三条の規定と憲法第二二条 二 同条例第三条ないし第五条と憲法第九四条
13 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in