裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
内国法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
20 件中 1/1 ぺージ
破棄
本件は,内国法人である上告人が,平成19年4月1日から同20年3月3...措置法66条の6第1項は,同項各号に掲げる内国法人に係る外国関係会...総額のうちに内国法人等が有する直接及び間接保有の株式等の数の合計数又は合計
1 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項にいう株式の保有に係る事業に含まれるとはいえないとされた事例 2 内国法人に係る特定外国子会社等の行う地域統括に関する業務が租税特別措置法(平成21年法律第13号による改正前のもの)66条の6第3項及び4項にいう主たる事業であるとされた事例
控訴を棄却
内国法人がタイ王国に所在する関連法人発行の新株を額面価額で引き受けた場合において、当該株式が法人税法施行令(平成19年政令第83号による改正前のもの)119条1項4号に規定するいわゆる有利発行有価証券に該当するとされた事例
棄却
内国法人の各事業年度の所得の金額は,当該事業年度の益金の...内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上当該事業年度の益...内国法人が有価証券の譲渡をした場合には,その譲渡に係る譲
内国法人がタイ王国に所在する関連法人発行の新株を額面価額で引き受けた場合において、当該株式が法人税法施行令(平成19年政令第83号による改正前のもの)119条1項4号に規定するいわゆる有利発行有価証券に該当するとされた事例
控訴を棄却
本件は,自動二輪車及び四輪車の製造及び販売を主たる事業とする内国法人
自動車の製造及び販売を主たる事業とする内国法人である原告が、その間接子会社である外国法人であり、ブラジル連邦共和国アマゾナス州に設置されたマナウス自由貿易地域(マナウスフリーゾーン)で自動二輪車の製造及び販売事業を行っている国外関連者との間で、自動二輪車の部品等の販売及び技術支援の役務提供を内容とする国外関連取引を行ったことにより支払を受けた対価の額につき、残余利益分割法を適用してした独立企業間価格の算定が違法であるとされた事例
取り消す
本件は,自動二輪車,四輪車の製造及び販売を主たる事業とする内国法人で...する内国法人である。...開発部門を分離して設立された内国法人であり,原告の委託を受けて技術
自動車の製造及び販売を主たる事業とする内国法人である原告が、その間接子会社である外国法人であり、ブラジル連邦共和国アマゾナス州に設置されたマナウス自由貿易地域(マナウスフリーゾーン)で自動二輪車の製造及び販売事業を行っている国外関連者との間で、自動二輪車の部品等の販売及び技術支援の役務提供を内容とする国外関連取引を行ったことにより支払を受けた対価の額につき、残余利益分割法を適用してした独立企業間価格の算定が違法であるとされた事例
控訴を棄却
内国法人が事業年度中にその代表取締役及び取締役に対して支給した役員給与のうち冬季賞与は法人税法34条1項2号の事前確定届出給与に該当せず、その額は前記事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されないとした法人税の更正処分が、適法とされた事例
棄却
本件は,超硬工具の製造及び販売等を業とする内国法人である原告が,本件...法人税法は,内国法人に対して課する各事業年度の所得に対する法人税の...課税標準は各事業年度の所得の金額とする(21条)とし,内国法人の各事
内国法人が事業年度中にその代表取締役及び取締役に対して支給した役員給与のうち冬季賞与は法人税法34条1項2号の事前確定届出給与に該当せず、その額は前記事業年度の所得の金額の計算上、損金の額に算入されないとした法人税の更正処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
タックス・ヘイブン対策税制は,我が国の内国法人
1 香港特別行政区に本店を有する内国法人の子会社が、租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)66条の6第1項の特定外国子会社等に当たり、かつ、同条3項1号に掲げる事業を主たる事業として行うものではないとして、前記内国法人の所得の計算上、同条1項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を益金の額に算入してされた法人税の更正処分及び過少申告課税額の賦課決定処分が、適法とされた事例 2 内国法人の香港特別行政区に本店を有する子会社が、租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)66条の6第1項の特定外国子会社等に当たり、かつ、同条3項2号にいう、その事業を主として本店又は主たる事務所の所在する国又は地域において行つている場合に当たらないとして、前記内国法人の所得の計算上、同条1項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を益金の額に算入してされた法人税の更正処分及び過少申告課税額の賦課決定処分が、適法とされた事例
破棄
本件は,被上告人が,損害保険業を営む内国法人である上告人の別紙処分目...措置法66条の6第1項は,同項各号に掲げる内国法人に係る同条2項1号...所定の外国関係会社(外国法人で,その発行済株式総数のうちに内国法人が有する
内国法人によりチャネル諸島ガーンジーに設立された子会社において、0%超30%以下の範囲で税務当局に申請し承認された税率が適用税率になるとの制度に基づき26%の税率でガーンジーに納付した所得税が、法人税法(平成13年法律第6号による改正前のもの、平成14年法律第79号による改正前のもの及び平成21年法律第13号による改正前のもの)69条1項、法人税法施行令141条1項にいう外国法人税に該当しないとはいえないとされた事例
棄却
内国法人に係る特定外国子会社等の留保金額の益金算入...措置法66条の6第1項において,内国法人(国内に本店又は主たる事...8号)に係る「外国関係会社」とは,外国法人(内国法人以外の法人等を
1 香港特別行政区に本店を有する内国法人の子会社が、租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)66条の6第1項の特定外国子会社等に当たり、かつ、同条3項1号に掲げる事業を主たる事業として行うものではないとして、前記内国法人の所得の計算上、同条1項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を益金の額に算入してされた法人税の更正処分及び過少申告課税額の賦課決定処分が、適法とされた事例 2 内国法人の香港特別行政区に本店を有する子会社が、租税特別措置法(平成17年法律第21号による改正前)66条の6第1項の特定外国子会社等に当たり、かつ、同条3項2号にいう、その事業を主として本店又は主たる事務所の所在する国又は地域において行つている場合に当たらないとして、前記内国法人の所得の計算上、同条1項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を益金の額に算入してされた法人税の更正処分及び過少申告課税額の賦課決定処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
置法66条の6によってシンガポール法人であるP1社の利得を内国法人で...ある特定外国子会社等の所得の一部を,その親会社である「内国法人の収益
内国法人のシンガポール共和国における子会社である外国法人が、租税特別措置法(平成12年法律第97号による改正前)66条の6第1項所定の特定外国子会社等に当たるとして、前記内国法人の所得の計算上、同項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を益金の額に算入してされた法人税の更正処分及び過少申告課税額の賦課決定処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
内国法人が,法人の所得等に対する税負担が全くないか,又は極端に低...活動を行いながら,本来内国法人に帰属すべき所得をその子会社に留保...このようにタックス・へイブン対策税制は,我が国の内国法人がタッ
1 法人税について更正の請求をした者が、増額更正処分を受け、その後、前記更正の請求について更正すべき理由がない旨の通知処分を受け、同処分に対して審査請求を経た上、前記増額更正処分の取消請求の訴えを提起した場合につき、前記通知処分に対する審査請求を経ていれば、前記増額更正処分に対する審査請求を経由したものといえるとして、前記訴えが適法とされた事例 2 法人税に係る同一の納税義務に関し、更正の請求に対する更正すべき理由がない旨の通知処分と増額更正処分とがされ、両処分に対する取消しの訴えを提起した場合につき、前記通知処分の取消しを求める訴えが、取消しを求める利益又は必要がないとして、不適法とされた事例 3 外国法人の発行済株式の全てを保有する内国法人に対し、同外国法人が租税特別措置法66条の6第1項所定の特定外国子会社等に該当するとして、同項の課税対象留保金額に相当する金額を前記内国法人の所得の金額の計算上益金の額に算入してした更正処分が、適法とされた事例
上告を棄却
本件は,海運業を営む内国法人である上告人が,パナマ共和国(以下「パナ...措置法66条の6第1項は,同項各号に掲げる内国法人に係る外国関係会社...(外国法人で,その発行済株式等のうちに内国法人等の有する直接及び間接保有の
内国法人の所得の計算に当たり、当該内国法人に係る租税特別措置法(平成10年法律第23号による改正前のもの)66条の6第1項所定の特定外国子会社等に生じた欠損の金額を損金の額に算入することの可否
棄却
であって、居住者及び内国法人によって発行済株式等の50%超を直...占める割合が5%以上である内国法人に係る外国関係会社のうち、本...を有する場合には、その適用対象留保金額のうち、当該内国法人の有
内国法人のシンガポール共和国における子会社である外国法人が、租税特別措置法66条の6第1項所定の特定外国子会社等に当たるとして、同項に規定する課税対象留保金額に相当する金額を前記内国法人の所得の計算上、益金の額に算入してされた法人税の更正処分が、適法とされた事例
却下
であって、居住者及び内国法人によって発行済株式等の50%超を直...占める割合が5%以上である内国法人に係る外国関係会社のうち、本...を有する場合には、その適用対象留保金額のうち、当該内国法人の有
1 法人税について更正の請求をした者が、増額更正処分を受け、その後、前記更正の請求について更正すべき理由がない旨の通知処分を受け、同処分に対して審査請求を経た上、前記増額更正処分及び前記通知処分の取消請求の訴えを提起した場合につき、前記通知処分に対する審査請求を経ていれば、前記増額更正処分に対する審査請求を経由したものといえるとして、前記各訴えが適法とされた事例 2 法人税に係る同一の納税義務に関し、更正の請求に対する更正すべき理由がない旨の通知処分と増額更正処分とがされた場合につき、前記通知処分の取消しを求める訴えは、取消しを求める利益又は必要がないとして、不適法とされた事例 3 外国法人の発行済株式の全てを保有する内国法人に対し、同外国法人が租税特別措置法66条の6第1項所定の特定外国子会社等に該当するとして、同項の課税対象留保金額に相当する金額を前記内国法人の所得の金額の計算上益金の額に算入してした更正処分が、適法とされた事例
上告を棄却
米国に製品を輸出していた内国法人と米国において同種製品の製造技術につき特許権を有する外国法人との間で締結された和解契約に基づき内国法人から外国法人にロイヤルティとして支払われた金員が所得税法(平成14年法律第15号による改正前のもの)161条7号イ所定の国内源泉所得に当たる使用料ではないとされた事例
棄却
式の全てを内国法人である原告が保有していたから、旧措置法六六条の六第一項所...等の発行済株式等を一定割合以上保有している内国法人等について、特定外国子会...める金額(適用対象留保金額)のうち、右内国法人の有する当該特定外国子会社等
内国法人の100パーセント出資により設立された外国子会社につき、租税特別措置法(平成4年法律第14号による改正前)66条の6で定めるいわゆるタックスヘイブン課税の適用除外要件のうち管理支配基準を満たさないとしてされた法人税及び法人臨時特別税の更正が、適法とされた事例
控訴を棄却
内国法人が米国法人との間で締結した、同米国法人等主催の各種スポーツ競技のテレビ放映権の取得に係る契約に基づき、前記米国法人に支払われた金員が国内源泉所得に当たるとしてした源泉所得税の納税告知が、適法とされた事例
却下
内国法人が米国法人との間で締結した、同米国法人等主催の各種スポーツ競技のテレビ放映権の取得に係る契約に基づき、前記米国法人に支払われた金員が国内源泉所得に当たるとしてした源泉所得税の納税告知が、適法とされた事例
棄却
法人税法施行令七二条は、「当該役員のその内国法人の業務に従事した期間」と規...法人税法施行令七二条は、「当該役員のその内国法人の業務に従事した期間」と規
内国法人が支給した退職給与につきいわゆる功績倍率法によって不相当に高額な部分の金額を算定し、これを事業所得の金額の計算上損金の額に算入しないこととしてした法人税の更正の取消請求が、課税庁において、同金額の算定に当たり当該退職給与が生命保険金を原資としたことを考慮しなかったことが不合理とはいえないなどとして、棄却された事例
20 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in