裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
刑法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
878 件中 1/18 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
上告を棄却
実関係によれば,本件デジタルビデオカセットは,刑法19条1項2号にいう「犯...したがって,刑法19条1項2号,2項本文により,本件デジタルビデオカセッ...よって,刑訴法414条,386条1項3号,刑法21条により,裁判官全員一
被告人が強姦及び強制わいせつの犯行の様子を隠し撮りした各デジタルビデオカセットが刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供した物」に当たるとされた事例
破棄
刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為は,同条の文言...て,その者の「生存に必要な保護」行為として行うことが刑法上期待される特定の...うことを刑法上の義務として求めているものでないことは明らかである。前記1記載の変更後の訴因によれば,本件の実行行為として,平成26年4月頃
1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
上告を棄却
刑法36条は,急迫不正の侵害という緊急状況の下で公的機関による法的保...のような刑法36条の趣旨に照らし許容されるものとはいえない場合には,侵害の...為全般の状況に照らすと,被告人の本件行為は,刑法36条の趣旨に照らし許容さ
侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合における刑法36条の急迫性の判断方法
上告を棄却
所論に鑑み,本件における刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの。...基づいた虚偽の供述をしたものである。このような被告人の行為は,刑法103条...れさせる性質の行為」とみることができ,刑法103条の隠避に該当する。本件
参考人として警察官に対して犯人との間の口裏合わせに基づいた虚偽の供述をする行為が刑法(平成28年法律第54号による改正前のもの)103条にいう「隠避させた」に当たるとされた事例
控訴を棄却
前の刑法208条の2第2項前段の危険運転致死傷罪(以下「本件罪」という。)...検察官は,目的犯における「目的」の意義は多様であり,外国国章損壊(刑法9...法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段,1項前段に該当する」
「人又は車の通行を妨害する目的」(平成25年法律第86号による改正前の刑法208条の2第2項前段)があるとされる場合
上告を棄却
所論に鑑み,職権で判断する。刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第...49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定(刑法27条の2ないし27条
刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」
上告を棄却
ある同時傷害致死罪の規定(刑法207条)を適用する前提が欠けることになる」...しかし,同時傷害の特例を定めた刑法207条は,二人以上が暴行を加え...死亡の結果が発生したという傷害致死の事案において,刑法207条適用の前提と
1 同時傷害の特例を定めた刑法207条の法意 2 共犯関係にない二人以上の暴行による傷害致死の事案においていずれかの暴行と死亡との間の因果関係が肯定された場合と刑法207条の適用の可否
上告を棄却
「刑法等の一部を改正する法律」(平成16年法律第156号。平成17年1月1...よって,刑訴法408条,181条1項ただし書,刑法21条により,裁判
公訴時効を廃止するなどした「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」(平成22年法律第26号)の経過措置を定めた同法附則3条2項と憲法39条、31条
破棄
刑法第...り,刑法207条の同時傷害の特例が本件に適用されると主張されていることが明ら...令の適用」の項では,被告人A及び同Bの原判示第1の所為について刑法60条,2
二つの暴行のいずれによって傷害が発生したか認めることができないのに、一方の暴行と死亡との因果関係が認められるから刑法207条を適用する前提が欠けると原判決が判断したのは、同条の解釈適用を誤っており、両暴行の機会の同一性に関する事実の誤認もあるとされた事例
上告を棄却
設,運用は日本国外でされているため,被告人らは,刑法1条1項にいう「日本国...そこで検討するに,刑法175条1項後段にいう「頒布」とは,不特定又は...ータ等の記録媒体上に記録,保存させることは,刑法175条1項後段にいうわい
1 刑法175条1項後段にいう「頒布」の意義 2 顧客のダウンロード操作に応じて自動的にデータを送信する機能を備えた配信サイトを利用してわいせつな動画等のデータファイルを同人の記録媒体上に記録、保存させる行為と刑法175条1項後段にいうわいせつな電磁的記録の頒布
上告を棄却
設,運用は日本国外でされているため,被告人らは,刑法1条1項にいう「日本国...そこで検討するに,刑法175条1項後段にいう「頒布」とは,不特定又は...ータ等の記録媒体上に記録,保存させることは,刑法175条1項後段にいうわい
1 刑法175条1項後段にいう「頒布」の意義 2 顧客のダウンロード操作に応じて自動的にデータを送信する機能を備えた配信サイトを利用してわいせつな動画等のデータファイルを同人の記録媒体上に記録、保存させる行為と刑法175条1項後段にいうわいせつな電磁的記録の頒布
上告を棄却
被告人3名の弁護人水島正明の上告趣意のうち,刑法175条(平成23年法律...頁)の趣旨に徴して明らかである。同上告趣意のうち,刑法175条にいう「わい...被告人A及び同Bの弁護人内田剛弘の上告趣意のうち,刑法175条の規定の憲
刑法175条と憲法13条、19条、21条、31条
上告を棄却
いて施設利用をした行為が刑法246条2項の詐欺罪を構成することは明らかであ
入会の際に暴力団関係者を同伴しない旨誓約したゴルフ倶楽部会員において、同伴者が暴力団関係者であることを申告せずに同人に関するゴルフ場の施設利用を申し込み、施設を利用させた行為が、刑法246条2項の詐欺罪に当たるとされた事例
控訴を棄却
たとはいえない,②刑法208条の2第2項にいう「赤色信号(中略)を
対面信号機の赤色表示を認識した時点では交差点手前の停止位置で停止できない場合において、刑法208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」に該当するとされた事例
上告を棄却
そこで検討するに,刑法62条1項の従犯とは,他人の犯罪に加功する意思をも
刑法208条の2第1項前段の危険運転致死傷罪の正犯者である職場の後輩がアルコールの影響により正常な運転が困難な状態であることを認識しながら、車両の発進を了解し、同乗して運転を黙認し続けた行為について、同罪の幇助罪が成立するとされた事例
控訴を棄却
いせつな電磁的記録を含むデータをダウンロードするのは,刑法17...側の送信ではないから,被告人らは,刑法175条1項後段にいうわ...しかし,刑法175条1項後段にいう「頒布」とは,不特定又は多
1 刑法175条1項後段にいうわいせつな電磁的記録等の「頒布」の意義 2 サーバコンピュータからのダウンロードという顧客らの行為を介してわいせつな動画等のデータファイルを顧客らのパソコン等の記録媒体上に取得させる行為と刑法175条1項後段にいうわいせつな電磁的記録等の頒布
控訴を棄却
成立を認めた原判決は,刑法208条の2第2項前段の解釈適用を誤ってお...ところで,刑法208条の2第2項前段にいう「人又は車の通行を妨害す...たということができるから,その目的を肯定して,被告人に刑法208条の
刑法208条の2第2項前段にいう「人又は車の通行を妨害する目的」が肯定された事例
上告を棄却
人が成年被後見人の養父であることは,刑法255条が準用する同法244条1項...合,成年後見人と成年被後見人との間に刑法244条1項所定の親族関係があって...も,同条項を準用して刑法上の処罰を免除することができないことはもとより,そ
1 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無 2 家庭裁判所から選任された成年後見人が成年被後見人所有の財物を横領した場合に成年後見人と成年被後見人との間の親族関係を量刑上酌むべき事情として考慮することの当否
上告を棄却
得た人の秘密を漏示するものとして刑法134条1項の秘密漏示罪に該当すると解...ような秘密を知ることを前提として成り立つものである。刑法134条の秘密漏示...密のみが,刑法134条にいう「秘密」に当たると解し,上記の書面鑑定の場合
1 医師としての知識、経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた医師がその過程で知り得た人の秘密を正当な理由なく漏らす行為と秘密漏示罪の成否 2 医師が医師としての知識、経験に基づく診断を含む医学的判断を内容とする鑑定を命じられた場合の刑法134条1項の「人の秘密」の範囲 3 刑法134条1項の罪の告訴権者
上告を棄却
て,刑法208条の2第1項前段(平成19年法律第54号による改正前のもの。...主張する。そこで検討するに,刑法208条の2第1項前段における「アルコール...刑法208条の2第1項前段の「アルコールの影響により正常な運転が困難
1 刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第1項前段にいう「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義 2 飲酒酩酊状態にあった被告人が直進道路において高速で自動車を運転中、先行車両に追突し、死傷の結果を生じさせた事案につき、被告人はアルコールの影響により前方を注視してそこにある危険を的確に把握して対処することができない状態にあったとして、危険運転致死傷罪が成立するとされた事例
上告を棄却
るから,これをもって刑法234条の罪に問うことは,憲法21条1項に違反する...て,被告人の本件行為をもって刑法234条の罪に問うことは,憲法21条1項に
卒業式の開式直前に保護者らに対して大声で呼び掛けを行い、これを制止した教頭らに対して怒号するなどし、卒業式の円滑な遂行を妨げた行為をもって刑法234条の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
上告を棄却
をもって刑法130条前段の罪に問うことは憲法21条1項に違反するとの主張に...事情は認められないから,本件立入り行為について刑法130条前段の罪が成立す...所論は,本件立入り行為をもって刑法130条前段の罪に問うことは憲
1 分譲マンションの各住戸にビラ等を投かんする目的で、同マンションの共用部分に立ち入った行為につき、刑法130条前段の罪が成立するとされた事例 2 分譲マンションの各住戸に政党の活動報告等を記載したビラ等を投かんする目的で、同マンションの共用部分に管理組合の意思に反して立ち入った行為をもって刑法130条前段の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
破棄
以上によれば,本件暴行については,刑法36条1項の正当防衛として違法性が
財産的権利等を防衛するためにした暴行が刑法36条1項にいう「やむを得ずにした行為」に当たるとされた事例
上告を棄却
なお,刑法96条の2にいう「強制執行」には,民事執行法1条所定の「担保権
刑法96条の2にいう「強制執行」と民事執行法1条所定の「担保権の実行としての競売」
上告を棄却
持罪とは併合罪の関係にあると解される。しかし,児童ポルノであり,かつ,刑法...よって,刑訴法414条,386条1項3号,刑法21条により,裁判官全員一
1 児童ポルノを、不特定又は多数の者に提供するとともに、不特定又は多数の者に提供する目的で所持した場合の罪数 2 児童ポルノであり、かつ、刑法175条のわいせつ物である物を、不特定又は多数の者に販売して提供するとともに、不特定又は多数の者に販売して提供する目的で所持した行為が、全体として一罪とされた事例
上告を棄却
所論は,平成19年法律第54号による改正前の刑法208条の2第2項後...よって,刑訴法414条,386条1項3号,181条1項ただし書,刑法21
刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)208条の2第2項後段にいう赤色信号を「殊更に無視し」の意義
懲役2年6月
算刑の執行が不能となるから,第1審判決には刑法18条4項の法令適用の誤りが...たりの換算額に満たない金額を生じるとしても,罰金を完納することができない場合における労役場留置の期間を定めないものとはいえないから,刑法18条4項に...ないものとはいえないから,刑法18条4項に違反したものとはいえない旨の判断
1 労役場留置期間を定めるに当たり、1日に満たない端数を生じる換算率を定めても刑法18条4項所定の同期間を定めない違法があるとはいえない 2 労役場留置期間を定めるに当たり、1日に満たない端数について換算刑の言渡しをしないのは法令違反であるとした高等裁判所の判決は、これに先立つ最高裁判所の判例と相反する判断をしたものであり、刑訴法405条3号の高等裁判所の判例に当たらない
上告を棄却
為をもって刑法130条前段の罪に問うことは憲法21条1項に違反するとの主張...て刑法130条前段の罪に問われているので,まず,被告人らが立ち入った場所が...舎管理者の管理に係るものであるから,居住用の建物の一部として刑法130条に
1 管理者が管理する、公務員宿舎である集合住宅の1階出入口から各室玄関前までの部分及び門塀等の囲障を設置したその敷地が、刑法130条の邸宅侵入罪の客体に当たるとされた事例 2 各室玄関ドアの新聞受けに政治的意見を記載したビラを投かんする目的で公務員宿舎である集合住宅の敷地等に管理権者の意思に反して立ち入った行為をもって刑法130条前段の罪に問うことが、憲法21条1項に違反しないとされた事例
上告を棄却
は,実質は単なる法令違反の主張であり,判例違反をいう点は,原判決は刑法24...年被後見人の祖母であるから,刑法255条が準用する同法244条1項により刑...しかしながら,刑法255条が準用する同法244条1項は,親族間の一定
家庭裁判所から選任された未成年後見人が未成年被後見人所有の財物を横領した場合と刑法244条1項の準用の有無
上告を棄却
なお,刑法105条の2にいう「威迫」には,不安,困惑の念を生じさせる文言
刑法105条の2にいう「威迫」の方法
懲役1年
にこの執行猶予期間中であったのであるから,刑法45条後段を適用...護観察に付さなければならないのに,刑法45条後段,刑法25条1...構成する本件行為は上記確定裁判後に終了したのであるから,刑法4
1 包括一罪を構成する一連の行為の中間に別罪の確定裁判が介在した場合と刑法45条後段の適用 2 包括一罪を構成する一連の行為が執行猶予付き懲役刑を言い渡した確定裁判の前後にまたがって行われた場合と刑法25条の適用
上告を棄却
た行為が刑法246条1項の詐欺罪を構成することは明らかである。被告人の本件...よって,刑訴法414条,386条1項3号,刑法21条により,裁判官全員一
預金通帳等を第三者に譲渡する意図を秘して銀行の行員に自己名義の預金口座の開設等を申し込み預金通帳等の交付を受ける行為は、刑法246条1項の詐欺罪に当たるか
上告を棄却
刑法96条の3第1項の偽計を用いた「公の競売又は入札の公正を害すべき行為」
現況調査に訪れた執行官に対して虚偽の事実を申し向けるなどした刑法96条の3第1項該当行為があった時点が刑訴法253条1項にいう「犯罪行為が終つた時」とはならないとされた事例
上告を棄却
刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律(平成18年法律第36号)によ
刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律(平成18年法律第36号)による窃盗罪の法定刑の変更と刑訴法397条1項による第1審判決の破棄の要否
上告を棄却
5の罪につき無期懲役刑をそれぞれ選択するなどした上,これらを刑法45条前段...所論は,刑法21条の解釈上,未決勾留日数は勾留された罪の刑を同条にい...は誤りであるという。そこで検討するに,刑法21条は,裁判所が未決勾留日数の全部又は一部を刑に
刑法46条2項により刑を科さないとされた公訴事実に係る未決勾留日数の算入
上告を棄却
なお,所論にかんがみ職権で判断すると,刑法244条1項は,刑の必要的免除...よって,刑訴法414条,386条1項3号,181条1項ただし書,刑法21
刑法244条1項と内縁の配偶者
懲役3年
いては懲役刑及び罰金刑を選択した上,これらを刑法45条前段の併合罪と認め...所論は,刑法21条の解釈上,未決勾留日数は勾留事実に係る罪の刑を同条...しかし,刑法は,併合罪関係にある数罪を併合審理して刑を言い渡す場合,その数罪を包括的に評価して,それに対し1個の主文による刑を言い渡すべきものとし
併合罪関係にある数罪を併合審理して1個の主文による刑を言い渡す場合と刑法21条にいう「本刑」
上告を棄却
3項の児童ポルノであり,かつ,刑法175条が定めるわいせつ物であった。...児童ポルノを販売する目的で行われたものであり,その所持は,刑法175条後段
児童ポルノ・わいせつ物である光磁気ディスクを販売用コンパクトディスク作成に備えてのバックアップのために製造所持した行為について児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成16年法律第106号による改正前のもの)7条2項の児童ポルノを販売する目的及び刑法175条後段にいう「販売の目的」があるとされた事例
上告を棄却
らの各傷害がこの危険運転行為によるものであることも明らかであって,刑法20...よって,刑訴法414条,386条1項3号,181条1項ただし書,刑法21
交差点手前で信号待ちをしていた先行車両の後方から赤色信号を殊更に無視し対向車線に進出し時速約20kmで普通乗用自動車を運転して同交差点に進入しようとしたため自車を右方道路から左折進行してきた自動車に衝突させ同車運転者らを負傷させた行為が刑法208条の2第2項後段の危険運転致傷罪に当たるとされた事例
懲役1年6月
 【要旨1】第1審判決と原判決の自判部分は,いずれも懲役刑と罰金刑を刑法4
1 第1審判決と控訴審判決の自判部分とがいずれも懲役刑と罰金刑とを刑法48条1項により併科している場合に控訴審判決の刑が刑訴法402条にいう「原判決の刑より重い刑」に当たるかどうかを判断する方法 2 刑訴法402条にいう「原判決の刑より重い刑」に当たらないとされた事例
上告を棄却
用を減損させたものというべきであるから,刑法260条前段にいう「損壊」に当
公園内の公衆便所の外壁にラッカースプレーでペンキを吹き付け「反戦」等と大書した行為が刑法260条前段にいう建造物の「損壊」に当たるとされた事例
棄却
刑法26条の2第2号にいう「その情状が重いとき」の解釈について原決定に判例違反はないとされた事例
上告を棄却
383号による改正前のもの)8条の2の「船籍簿」は,刑法157条1項にいう
1 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)8条の2の船籍簿と刑法157条1項にいう「権利若しくは義務に関する公正証書の原本」 2 小型船舶の船籍及び総トン数の測度に関する政令(平成13年政令第383号による改正前のもの)4条1項に基づく船籍票の内容虚偽の書換申請と刑法157条1項にいう「虚偽の申立て」
懲役3年
 原判示第1の所為のうち,窃盗の点は刑法235条に,公務執行妨害の点は同法...ら,刑法54条1項前段,10条により,これを1罪として重い傷害罪について定
逮捕を免れる目的で警察官からけん銃を奪い取ろうとしたことなどが刑法238条の暴行に当たらないとされた事例
上告を棄却
 よって,刑訴法414条,386条1項3号,181条1項本文,刑法21条に
司法書士に対し金銭消費貸借契約証書に基づく公正証書の作成の代理嘱託を依頼するに際して偽造の同契約証書を真正な文書として交付する行為と刑法161条1項にいう「行使」
懲役10年
 すなわち,刑法47条は,併合罪を構成する個別の罪について暫定的にせよ刑の... 原判決は,第1審判決の刑法47条に関する解釈について論ずるに当たり,同判...法定刑の長期が刑法47条により1.5倍に加重され,その罪について法定刑を超
1 刑法47条の法意 2 刑訴法495条2項2号にいう「上訴審において原判決が破棄されたとき」の意義
上告を棄却
 2 所論は,刑法110条1項にいう「公共の危険」は,同法108条,109... よって,刑訴法414条,386条1項3号,刑法21条により,裁判官全員一
1 刑法110条1項にいう「公共の危険」の意義 2 市街地の駐車場において放火された自動車から付近の2台の自動車に延焼の危険が及んだことなどをもって刑法110条1項にいう「公共の危険」の発生が認められた事例
上告を棄却
者から交付を受けた財産は,当該薬物犯罪との関係では,犯罪行為の用に供するために犯人が取得した財産というべきものであって,刑法19条1項2号の「犯罪行...物犯罪の犯罪行為により得た財産」には当たらないものの,刑法19条1項2号の...刑法19条1項2号により,その全額を没収することが可能であると解すべきであ
1 「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」の意義 2 薬物犯罪を遂行する過程において費消・使用されるものとして犯人が他の共犯者から交付を受けた財産と「国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律」(平成11年法律第136号による改正前のもの)2条3項にいう「薬物犯罪の犯罪行為により得た財産」 3 犯罪を実行した翌日に我が国を出国するため所持していた航空券が刑法19条1項2号にいう「犯罪行為の用に供し、又は供しようとした物」に当たるとされた事例 4 薬物犯罪の犯罪行為を遂行するために費消した上その残額を同行為の報酬として取得することとして共犯者から交付を受けて犯人が所有する金員を全額没収することの可否
上告を棄却
弁護人奥村徹の事件受理申立て理由,同弁護人の刑法233条にいう「信用」の意... 所論は,原判決の刑法233条にいう「信用」の意義に関する判断が,同条の解...たというべきところ,原判決は,刑法233条にいう「信用」には,人の支払能力
販売される商品の品質に対する社会的な信頼と刑法233条にいう「信用」
懲役11年
から,1個の行為で2個の罪名に触れる観念的競合(刑法54条1項前段)に当たる。観...によるのであって,併合罪につき加重主義をとった刑法47条の趣旨及び逮捕監禁致傷...第2の窃盗罪とを刑法45条前段の併合罪として,同法47条本文,10条により重い原
刑法47条の趣旨
878 件中 1/18 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in