裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61763 
刑事21914民事39849
法律
刑訴法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
844 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9
破棄
本件各原本は大阪地方検察庁の検察官が保管しており,刑訴法47条ただし書の...刑訴法47条は,その本文において,「訴訟に関する書類は,公判の開...類の原本及びその写しは,いずれも刑訴法47条により原則的に公開が禁止される
1 刑訴法47条所定の「訴訟に関する書類」に該当する文書が民訴法220条1号所定の引用文書に該当し、当該文書の保管者による提出の拒否が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用するものであるときは、裁判所は、その提出を命ずることができる 2 捜査に関して作成された書類の写しが民訴法220条1号所定の引用文書又は同条3号所定の法律関係文書に該当し、当該写しを所持する都道府県による提出の拒否が裁量権の範囲を逸脱し又はこれを濫用するものであるときは、裁判所は、その提出を命ずることができる
懲役18年
認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411...刑訴法382条の事実誤認とは,第1審判決の事実認定が論理則,経験則等に照
被告人を殺人及び窃盗の犯人と認めて有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
本件抗告の趣意のうち,刑訴法299条の4,299条の5は,憲法37条...刑訴法299条の4は,検察官が,証人,鑑定人,通訳人又は翻訳人(以...刑訴法299条の5は,1項において,被告人又は弁護人は,検察官のと
刑訴法299条の4、299条の5と憲法37条2項前段
破棄
反,事実誤認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。...所論に鑑み職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411条1号により破棄...あるとした原判断には刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があり,この違法が
1 刑法218条の不保護による保護責任者遺棄罪の実行行為の意義 2 子に対する保護責任者遺棄致死被告事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例 3 裁判員の参加する合議体で審理された保護責任者遺棄致死被告事件について、訴因変更を命じ又はこれを積極的に促すべき義務がないとされた事例
懲役1年6月
をいう点を含め,実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,刑訴法433...した原決定には,刑訴法435条6号の解釈適用を誤った違法があり,取消しを免...よって,刑訴法411条1号を準用して原決定を取り消し,同法434条,42
陳述書等の新証拠が無罪を言い渡すべき明らかな証拠に当たるとして再審開始の決定をした原判断に刑訴法435条6号の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
破棄
体に関する被告人質問の終了後に,刑訴法322条1項に基づき「3月18日に...ちなみに,刑訴法上,供述証拠については,公判期日における供述によるのを...原則とすることから(刑訴法320条1項),とりわけ裁判員の参加する刑事裁
1 検察官から実質証拠として取調べ請求がされた被告人の自白を内容とする取調べ状況の録音録画記録媒体について、取調べの必要性を否定して請求を却下した原審の証拠決定が、裁判所の合理的な裁量を逸脱したものとは認められないとされた事例 2 控訴審において検察官が取調べ請求をした被告人から弁護人を介し共犯者に授受された手紙について、刑訴法382条の2第1項の「やむを得ない事由」があるとされた事例
棄却
ら,本件は,刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができな
刑訴法17条1項2号にいう「裁判の公平を維持することができない虞があるとき」に当たらないとされた事例
上告を棄却
刑不当,原判決後の刑の変更の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たら...部の執行猶予に関する前記各規定の新設は,刑訴法411条5号にいう「刑の変
刑法等の一部を改正する法律(平成25年法律第49号)による刑の一部の執行猶予に関する各規定の新設と刑訴法411条5号にいう「刑の変更」
上告を棄却
って,刑訴法405条の上告理由に当たらない。...あるが,本件事案に照らせば,いまだ刑訴法411条を適用すべきものとは認めら
罪数に関する法令適用の誤りがあるが、刑訴法411条を適用すべきものとは認められないとされた事例
棄却
って,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...所論に鑑み,刑訴法105条の押収拒絶権の行使に関し,職権で判断する。...ジタルビデオカセットは,刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たら
弁護士である弁護人が被告人の委託を受けて保管している同人の犯行状況とされるものを撮影録画したデジタルビデオカセットについて、刑訴法105条の「他人の秘密に関するもの」に当たらないとされた事例
棄却
だし書,刑訴法53条1項ただし書が憲法21条,82条に違反するという点は,...なる法令違反の主張であって,法8条2項,刑訴法433条の抗告理由に当たらな...なお,法4条1項ただし書,刑訴法53条1項ただし書にいう「検察庁の事務に
刑事確定訴訟記録法4条1項ただし書、刑訴法53条1項ただし書にいう「検察庁の事務に支障のあるとき」と関連する他の事件の捜査や公判に不当な影響を及ぼすおそれがある場合
却下
の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...以上のとおり,原決定には,刑訴法60条1項の解釈適用を誤った違法があり,これが決定に影響を及ぼし,原決定を取り消さなければ著しく正義に反するものと...よって,刑訴法411条1号を準用して原決定を取り消し,同法434条,42
業務上横領被疑事件において勾留請求を却下した原々裁判を取り消して勾留を認めた原決定に刑訴法60条1項の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
上告を棄却
弁護人戸舘圭之の上告趣意のうち,刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲を...であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。
刑訴法461条以下の略式手続の規定違憲の主張が原判決の結論に影響のない事項に関するものであるとして不適法とされた事例
棄却
弁護人からの飲食物差入れ拒否及び弁護人への宅下げ禁止のような拘置所職員のした処分と刑訴法430条1項又は2項の準抗告の許否(消極)
上告を棄却
た刑訴法48条3項の憲法31条違反をいう点について...所論は,刑訴法48条3項は,弁護人が最終弁論前に公判調書を謄写する...現行刑訴法は,争点を中心とする充実した審理を集中的・連続的に行うた
公判調書の整理期間を定める刑訴法48条3項と憲法31条との関係
上告を棄却
含め,実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,刑訴法405条の上告理...協力する義務を負う上,被告人又は弁護人は,刑訴法316条の17第1項所定の主張明示義務を負うのであるから,公判期日においてすることを予定している主張...に関する質問や被告人の供述が,刑訴法295条1項により制限されることがあり
公判前整理手続で明示された主張に関しその内容を更に具体化する被告人質問等を刑訴法295条1項により制限することはできないとされた事例
棄却
本件抗告趣意のうち,刑訴法278条の2第3項の憲法31条,37条3項...る申立人らも,被告人に同調して公判期日に出頭せず,刑訴法278条の2第1項...所論は,刑訴法278条の2第1項による当事者への出頭在廷命令の実効
刑訴法278条の2第3項に規定する過料の制裁と憲法31条、37条3項
取り消す
違反,事実誤認の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...決定には,刑訴法90条,426条の解釈適用を誤った違法があり,これが決定に...よって,刑訴法411条1号を準用して原決定を取り消し,同法434条,
準強制わいせつ被告事件において保釈を許可した原々決定を取り消して保釈請求を却下した原決定に刑訴法90条、426条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
上告を棄却
実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当...が,刑訴法321条1項3号所定の要件を満たさないのに同法321条3項のみに...よって,刑訴法414条,386条1項3号により,裁判官全員一致の意見で,
被害者等が被害状況等を再現した結果を記録した捜査状況報告書を刑訴法321条1項3号所定の要件を満たさないのに同法321条3項のみにより採用した第1審の措置を是認した原判決に違法があるとされた事例
棄却
も刑訴法433条の抗告理由に当たらない。
刑訴法435条6号の証拠の明白性を否定した原判断が是認された事例(いわゆる福井女子中学生殺人事件)
却下
刑訴法367条が準用する同法366条1項は,刑事施設にいる被告人が上訴取下書等の書面を裁判所に提出する場合には,刑事施設の内部手続に時間を要...よって,刑訴法434条,426条1項により,裁判官全員一致の意見で,...ても,施設の長を頂点に組織として一体的に運営されている刑事施設にとって不都合なことはないと思われるし,刑訴法366条1項の文言にも反しないと考えられ
刑事施設にいる被告人から交付された上訴取下書を刑事施設職員が受領した場合と刑訴法367条の準用する同法366条1項にいう「刑事施設の長又はその代理者に差し出したとき」
取り消す
誤認の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...決定を取り消して保釈請求を却下した原決定には,刑訴法90条,426条の解釈...審が刑訴法423条2項後段に基づいて原審に送付した意見書によれば,原々審
1 受訴裁判所によってされた刑訴法90条による保釈の判断に対する抗告審の審査の方法 2 詐欺被告事件において保釈を許可した原々決定を取り消して保釈請求を却下した原決定に刑訴法90条、426条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
却下
本件抗告の趣意は,事実誤認,単なる法令違反の主張であって,刑訴法433条...原決定には,刑訴法60条1項,426条の解釈適用を誤った違法があり,これが...よって,刑訴法411条1号を準用して原決定を取り消し,同法434条,42
迷惑行為防止条例違反被疑事件において勾留請求を却下した原々裁判を取り消して勾留を認めた原決定に刑訴法60条1項、426条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
懲役6年
認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。...しかしながら,所論に鑑み,職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411...当裁判所は,原判決が第1審判決に事実誤認があるとした判断を是認できない。すなわち,刑訴法382条の事実誤認とは,第1審判決の事実認定が論理則,経験
保護責任者遺棄致死被告事件について、被害者の衰弱状態等を述べた医師らの証言が信用できることを前提に被告人両名を有罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
棄却
訟手続には,①財務事務官作成の写真撮影報告書や差押調書等を刑訴法321条...財務事務官作成の写真撮影報告書や差押調書等を刑訴法321条3項により...た書面に刑訴法321条3項を準用又は類推適用することはできない,②
税関職員が犯則事件の調査において作成した書面と刑訴法321条3項
上告を棄却
刑訴法405条の上告理由に当たらない。...刑訴法382条の事実誤認とは,第1審判決の事実認定が論理則,経験則...理であることを具体的に示して事実誤認があると判断したものといえ,刑訴法38
覚せい剤の密輸入事件について、共犯者供述の信用性を否定して無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
棄却
よって,刑訴法施行法2条,旧刑訴法466条1項により,裁判官全員一致の意
有罪の言渡しを受けた者の養子である申立人の死亡を理由とする旧刑訴法による再審請求事件の手続終了宣言に対する特別抗告が棄却された事例
上告を棄却
違反をいう点を含め,実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,刑訴法4...ず,刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があり,ひいては事実誤認があるとい...82頁参照),刑訴法382条の解釈適用の誤りはないし,事実誤認もない。
密輸組織が関与する覚せい剤の密輸入事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
死刑
反,事実誤認の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...00号167頁は,4つの証拠群について刑訴法435条6号該当性を否定した上...たこととは矛盾するものではなく,証拠群3は,刑訴法435条6号には該当する
刑訴法435条6号所定の再審事由が認められないとした原判断が是認された事例(いわゆる名張毒ぶどう酒殺人事件第7次再審請求の差戻し後の特別抗告事件)
上告を棄却
用の判例は,原判決の宣告後になされたものであるから,刑訴法405条2号にい...所論は,事実誤認を理由に第1審判決を破棄して自判した原判決には刑訴法38...決に刑訴法382条の解釈適用の誤りはなく,原判決の認定に事実誤認はない。
覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めながら共謀を認めずに無罪とした第1審判決には事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用の誤りはないとされた事例
上告を棄却
務を定めている刑訴法316条の17が,憲法38条1項に違反する旨主張する。...側の主張やその取調べ請求証拠が明らかにされなければならないことから,刑訴法...えないから,憲法38条1項違反をいう所論は前提を欠き,刑訴法405条の上告
刑訴法316条の17と自己に不利益な供述の強要
棄却
って,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...なお,所論に鑑み,刑訴法448条2項による刑の執行停止決定に対する抗告の...の執行停止を申し立てたことが認められる。原決定は,「刑訴法448条2項に基
刑訴法448条2項による刑の執行停止決定に対する不服申立ての方法
棄却
人数を指定するもの)に対しては,刑訴法419条により高等裁判所に抗告の申立
被疑者の弁護人の人数超過許可決定に対する刑訴法419条による抗告申立ての可否
棄却
本件再審請求は,刑訴法436条1項所定の事由の主張がないため不適法である...よって,刑訴法446条により,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定す
上告棄却の確定決定に対する再審請求について、刑訴法436条1項所定の再審事由の主張がなく不適法であることが明らかであるとして、刑訴規則285条2項による訴訟手続の停止決定を取り消し、棄却した事例
破棄
実誤認の主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。...所論に鑑み職権をもって調査すると,原判決は,刑訴法411条1号により破棄...刑訴法は控訴審の性格を原則として事後審としており,控訴審は,第1審
1 刑訴法382条にいう事実誤認の意義 2 刑訴法382条にいう事実誤認の判示方法 3 覚せい剤を密輸入した事件について、被告人の故意を認めず無罪とした第1審判決に事実誤認があるとした原判決に、刑訴法382条の解釈適用を誤った違法があるとされた事例
上告を棄却
なお,所論に鑑み記録を調査しても,刑訴法411条を適用すべきものとは認め...体的事実関係を前提とすれば,上記供述調書等を刑訴法321条1項3号により採...よって,刑訴法414条,396条,181条1項ただし書により,裁判官全員
国際捜査共助に基づき中華人民共和国において同国の捜査官によって作成された供述調書が刑訴法321条1項3号の書面に当たるとされた事例
棄却
って,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...記録によると,本件証拠開示に関する裁定請求は,弁護人において,刑訴法31
弁護人に対し証拠開示することを命じる旨求めた弁護人からの証拠開示命令請求(刑訴法316条の26第1項)の棄却決定に対する即時抗告提起期間の起算日
懲役2年6月
て刑訴法96条3項の適用ないし準用により保釈保証金の没取を求めるものであ...刑訴法96条3項は,その文理及び趣旨に照らすと,禁錮以上の実刑判決が確定
保釈された者が実刑判決を受けた後、逃亡等を行ったが判決確定前にそれが解消された場合に刑訴法96条3項により保釈保証金を没取することができるか
懲役16年
反,事実誤認の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...に合理的な疑いを生じさせる余地はなく,本件につき刑訴法435条6号所定の再
刑訴法435条6号の証拠の明白性を否定した原判断が是認された事例
破棄
乙58ないし61,65ないし71)を刑訴法321条1項2号前段の要件を...検察官は,同じ原審第4回公判期日において,前記の各検察官調書を刑訴法3...刑訴法321条1項2号前段に供述者が公判準備若しくは公判期日に
共犯者とされる証人の証言拒絶が刑訴法321条1項2号前段のいわゆる供述不能に当たるとしてその検察官調書を採用した訴訟手続に法令違反があるとされた事例
上告を棄却
るから,刑訴法405条3号にいう判例に当たらず,その余は,単なる法令違反の...主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。
高等裁判所の判決中の判断がその上告審である最高裁判所の決定において否定された場合における上記判決の刑訴法405条3号の「判例」該当性
棄却
いう点を含め,実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,いずれも刑訴法
刑訴法435条6号による再審請求を認容すべきものとした原決定が是認された事例(いわゆる布川事件再審請求)
棄却
しかしながら,刑訴法96条3項は,保釈された者について,禁錮以上の実刑判
保釈された者につき、刑訴法96条3項所定の事由が認められる場合、刑事施設に収容され刑の執行が開始された後に保釈保証金を没取することができるか
破棄
しかしながら,原判決は,刑訴法294条,379条,刑訴規則208条の...解釈適用を誤ったものであって,刑訴法411条1号により破棄を免れない。その...案の真相を解明することが求められるが,平成16年に刑訴法の一部改正が行わ
被告人の検察官調書の取調べ請求を却下した第1審の訴訟手続について、同調書が犯行場所の確定に必要であるとして、その任意性に関する主張立証を十分にさせなかった点に審理不尽があるとした控訴審判決が、刑訴法294条、379条、刑訴規則208条の解釈適用を誤っているとされた事例
上告を棄却
いての有罪の陳述(刑訴法350条の8)と,同手続によることについての被告人...刑訴法403条の2第1項は,上記のような即決裁判手続の制度を実効あらしめ...そうすると,刑訴法403条の2第1項が,憲法32条に違反するものでないこ
1 刑訴法403条の2第1項と憲法32条 2 即決裁判手続の制度が虚偽の自白を誘発するか
懲役3年
及びFの捜査官に対する各供述調書につき,刑訴法321条1項2号...そこで検討すると,Aほか5名の各供述調書につき,刑訴法321...できない場合において,その検察官調書を刑訴法321条1項2号に
裁判所が証人尋問の決定をした後に強制送還された外国人の供述調書を刑訴法321条1項2号ないし3号に基づき証拠とすることが許容された事例
上告を棄却
主張であって,刑訴法405条の上告理由に当たらない。
火災原因の調査、判定に関し特別の学識経験を有する私人が燃焼実験を行ってその考察結果を報告した書面について、刑訴法321条3項は準用できないが、同条4項の書面に準じて同項により証拠能力が認められるとされた事例
棄却
の主張であって,刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...定判決が認定した事実のうち,殺人事件には関与しておらず,無罪であり,刑訴法...つき刑訴法435条6号所定の再審事由は認められないとした原決定は相当であ
刑訴法435条6号所定の再審事由が認められないとした原判断が是認された事例(渋谷暴動事件)
控訴を棄却
訴の趣意としては刑訴法403条の2第1項により不適法である。...なお,所論は,刑訴法403条の2第1項は,事実誤認の点について裁判...損なうおそれがある。このような事態になることを防ぐため,刑訴法403
刑訴法403条の2第1項と憲法32条
棄却
刑訴法433条の抗告理由に当たらない。...よって,刑訴法434条,426条1項により,裁判官全員一致の意見で,主文
1 犯罪捜査に当たった警察官が犯罪捜査規範13条に基づき当該捜査状況等を記録した備忘録は、刑訴法316条の26第1項の証拠開示命令の対象となり得るか 2 警察官が捜査の過程で作成し保管するメモが証拠開示命令の対象となるものか否かの判断を行うために、裁判所が検察官に対し同メモの提示を命ずることの可否
844 件中 1/17 ぺージ
◀前    次▶
1 2 3 4 5 6 7 8 9

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in