裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61764 
刑事21914民事39850
法律
労働組合法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
61 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2
破棄
上告人の弱体化を図ったものというべきであり,労働組合法7条1号本文にいう不...る労働組合法7条1号本文にいう不利益な取扱いに当たるとはいえず,被上告人に
旅客鉄道事業等を営む会社である使用者が労働者を運転士に発令しなかったことが、労働組合法7条1号本文にいう不利益な取扱い又は同条3号の支配介入に当たらないとされた事例
破棄
被上告人との関係において労働組合法上の労働者に当たらず,したがって,参加人...って,被上告人との関係において労働組合法上の労働者に当たるということはでき...者としての実態を備えていると認めるべき特段の事情がない限り,労働組合法上の
音響製品等の設置、修理等を業とする会社と業務委託契約を締結して顧客宅等での出張修理業務に従事する受託者につき、上記会社との関係において労働組合法上の労働者に当たらないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
ことを確認の上で業務委託契約を締結しており,労働組合法上の労働者に当たらな...人との関係において労働組合法上の労働者に当たらず,したがって,上告補助参加...て労働組合法上の労働者に当たるということはできない。
住宅設備機器の修理補修等を業とする会社と業務委託契約を締結してその修理補修等の業務に従事する受託者が、上記会社との関係において労働組合法上の労働者に当たるとされた事例
破棄
であるAは労働組合法上の労働者に当たらず,したがって,本件団交申入れに対す...るとは認められず,契約メンバーであるAは労働組合法上の労働者に当たるという...において労働組合法上の労働者に当たると解するのが相当である。
年間を通して多数のオペラ公演を主催する財団法人との間で期間を1年とする出演基本契約を締結した上、各公演ごとに個別公演出演契約を締結して公演に出演していた合唱団員が、上記法人との関係において労働組合法上の労働者に当たるとされた事例
破棄
が被上告人の不当労働行為(労働組合法7条3号)に当たるとして,上告人が被上...救済命令においてE科長の本件各発言が被上告人の不当労働行為(労働組合法7条...労働組合法2条1号所定の使用者の利益代表者に近接する職制上の地位にある者
1 労働組合法2条1号所定の使用者の利益代表者に近接する職制上の地位にある者が使用者の意を体して労働組合に対する支配介入を行った場合における使用者の不当労働行為責任 2 労使協調路線を採る労働組合の組合員である新幹線運転所の指導科長(助役)が同運転所の従業員に対してした同労働組合と対立する労働組合からの脱退を勧める発言等をもって使用者の不当労働行為と認めることはできないとした原審の判断に違法があるとされた事例
破棄
 (2) 上告人は,本件異動が労働組合法7条1号及び3号の各不当労働行為に当... (3) 被上告人は,本件申立てのうち,労働組合法7条1号に係るものについては本件異動は同号の不当労働行為に該当しないとしてこれを棄却し(本件命令主文... 3 原審は,労働組合法7条3号の不当労働行為に係る救済申立ては,労働組合
労働組合法7条3号の不当労働行為を理由とする救済申立てと労働組合の組合員の申立て適格
上告を棄却
ることのみを根拠として,本件組合員の不採用がおよそ労働組合法7条1号本文の...為意思があったとは認められないから,上記不採用は労働組合法7条1号本文の不...し,労働組合法7条1号が禁止する労働組合の組合員であることのゆえをもって不
労働組合の組合員に対する雇入れの拒否と労働組合法7条1号本文にいう不利益な取扱い及び同条3号の支配介入
上告を棄却
程に不当労働行為に該当する行為があったとしても,設立委員ひいては被上告人らは労働組合法7条の使用者としてその責任を負わないと判断した。論旨は,原審の...この判断には改革法及び労働組合法の解釈適用の誤りがある旨をいう。...し,労働組合法7条1号が禁止する労働組合の組合員であることのゆえをもって不
1 JR各社の成立の時の職員の採用について専ら日本国有鉄道が組合差別をした場合におけるJR各社の設立委員ひいてはJR各社の労働組合法7条にいう使用者としての責任 2 雇入れの拒否と労働組合法7条1号本文にいう不利益な取扱い
破棄
て、申立組合の組合員の時間外労働を禁止している行為は、いずれも、労働組合法...不当労働行為に当たるとした原審の判断は、労働組合法七条一号及び三号の解釈適...原審の判断には、労働組合法七条一号及び三号の解釈を誤った違法があり、その違
併存する企業内組合の一つが使用者の提案する賃金計算方法の変更を承認しないことを理由に使用者が右組合との間で労働基準法三六条所定の協定を締結することを拒否しその組合員の時間外労働を禁止している行為が労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為に当たらないとされた事例
破棄
業員との関係では、被上告人は労働組合法七条の「使用者」に当たらず、したがって、被上告人と上告補助参加人との間では同条二号の不当労働行為が成立する余地... 1 労働組合法七条にいう「使用者」の意義について検討するに、一般に使用者...できる地位にあったものというべきであるから、その限りにおいて、労働組合法七
雇用主との間の請負契約により労働者の派遣を受けている事業主が労働組合法七条にいう「使用者」に当たるとされた事例
破棄
題等が中心であり、裏面の記事は不当労働行為について労働組合法七条を引用して...があったとの事実を推認することはできないから、労働組合法七条三号の不当労働...懲戒処分は、労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為を構成するものというに
一 私立学校の校内において教職員が組合活動として行ったビラの配布行為が無許可のビラ配布等を禁止する就業規則に違反しないとされた事例 二 私立学校の教員を学級担任に選任しなかった行為が労働組合法七条一号の不当労働行為に当たるとされた事例
上告を棄却
たときは、右救済の申立ては、労働組合法二七条二項の定める期間内にされたもの
昇給に関する考課査定に基づく賃金上の差別的取扱いの是正を求める救済申立てと労働組合法二七条二項の定める期間の遵守
棄却
せ」の配布、(5) チェック・オフの中止が労働組合法(以下「法」という。)七
一 いわゆるチェック・オフと労働基準法(昭和六二年法律第九九号による改正前のもの)二四条一項 二 いわゆるチェック・オフの中止が労働組合法七条三号の不当労働行為に該当しないとされた事例
上告を棄却
いえず、したがつて、右使用制限等が労働組合法七条三号所定の不当労働行為に当...会社の右行為が労働組合法七条一号及び三号所定の不当労働行為に当たらないとし...ら、被上告会社の右行為が労働組合法七条三号所定の不当労働行為に当たらないと
併存する企業内労働組合のうち貸与条件を受け入れた一方の組合には組合掲示板を貸与しながら右条件を拒否した他方の組合に対してその貸与を拒否した使用者の行為が労働組合法七条三号の不当労働行為に当たらないとされた事例
上告を棄却
化を図ろうとする意図を推認させるものとして、労働組合法七条三号の不当労働行...する意図を推認させるものとして、労働組合法七条三号の不当労働行為に当たると
併存する企業内労働組合の一方の組合には組合事務所等を貸与しながら他方の組合に対してその貸与を拒否する使用者の行為が労働組合法七条三号の不当労働行為に当たるとされた事例
破棄
を組織しているところ、被上告人は両楽団の楽団員との関係において労働組合法七... 二 原審は、被上告人は両楽団の楽団員との関係において労働組合法七条にいう...一般的な指揮命令の権限を有していたものというべきである。そうすると、被上告人は、G及びIを含む両楽団の楽団員に対する関係において労働組合法七条にいう
キヤバレーにおいて演奏する楽団の楽団員につき当該キヤバレーを経営する会社が労働組合法七条にいう使用者に当たるとされた事例
上告を棄却
として、労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為の成立を肯認することができ...具体的に認められ、これが労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為に該当する
賞与における人事考課率の査定が労働組合法七条一号及び三号の不当労働行為に当たるとされた事例
破棄
 ところで、労働組合法二七条の規定による救済命令の名宛人とされる「使用者」...義務を負担し、確定した救済命令(労働組合法二七条九項)又は緊急命令(同条八項)を履行しないときは過料の制裁を受けることとされているのであるから、右の...ある。以上によれば、法人組織の構成部分を名宛人とする救済命令は、労働組合法
一 法人組織の構成部分と労働組合法二七条及び七条所定の使用者 二 法人組織の構成部分を名宛人とする救済命令の効力 三 法人組織の構成部分とこれを名宛人とする救済命令についてのA1委員会の再審査申立棄却命令の取消訴訟における当事者能力の有無
上告を棄却
これを維持していることが労働組合法(以下「労組法」という。)七条三号の不当
併存する企業内労働組合の一つが使用者の提案する残業の条件を拒否していることを理由にその組合員に対して残業を命じていない使用者の行為が労働組合法七条三号の不当労働行為に当たるとされた事例
上告を棄却
 右事実関係のもとにおいては、分会長に対する本件警告行為が労働組合法七条三...の基礎となる出勤率を計算するに当たりストライキによる不就労を欠勤として扱つた措置は労働組合法七条一号の不当労働行為にあたるとした原審の判断は、結論に
夏季一時金算定の基礎となる出勤率を計算するにあたりストライキによる不就労を欠勤として扱つた措置が労働組合法七条一号の不当労働行為にあたるとされた事例
上告を棄却
労働組合法二七条に基づく救済の申立があつた場合における使用者の同法七条違反の有無の判断と労働委員会の裁量権
破棄
それが労働組合法(以下「労組法」という。)一条一項の目的を達成するためのも...いては、労働組合法(昭和二十四年法律第百七十四号)(第五条第二項第八号、第七条第一号但書、第八条及び第十八条から第三十二条までの規定を除く。)の定め...労法の制定に至る立法経過」であつて、年代的にみれば、旧労働組合法の施行され
一、公共企業体等労働関係法一七条一項と憲法二八条 二、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用 三、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と刑事法上の処罰阻却 四、郵政職員の争議行為に参加を呼びかけた行為が郵便法七九条一項の罪の幇助罪による処罰を阻却されないとされた事例 五、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた犯罪構成要件該当行為について違法性阻却事由の有無を判断する一般的基準 六、公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為に際しこれに付随して行われた建造物侵入行為が刑法上の違法性を欠くものではないとされた事例
控訴を棄却
た争議行為であり、労働組合法一条二項にいう「労働組合の団体交渉その他の行...復、強化するための正当な組合活動であり、同じく労働組合法一条二項により刑責...個人の標示物汚損行為にすぎないから労働組合法一条二項の適用がないと説示して
一、 いわゆる公訴権濫用の主張を排斥した事例 二、 市職組の争議中組合の執行委員の一人が争議不参加を呼びかける市長名義の職務命令書を書きかえて汚損し正反対の意味になるようにした事案につき労働組合法一条二項の適用を否定した事例
上告を棄却
に対し原判示の組合休暇を与えなかつたことが労働組合法七条三号の不当労働行為...由があつたと認めることはできない。それゆえ、右団体交渉の拒否が労働組合法七
一、全逓信労働組合の組合員に対するいわゆる組合休暇の不承認が労働組合法七条三号の不当労働行為にあたるとされた事例 二、郵便局長がいわゆる服務表につき全逓信労働組合支部との団体交渉に応ずる権限を有するものと認められた事例
上告を棄却
の労働組合法上の使用者にあたるとした原審の判断は、同法一条、三条、七条の解...の就業規則が適用されていなくても、両者の間には労働組合法の適用を受けるべき
いわゆる社外工につきその受入会社が労働組合法七条の使用者にあたるとされた事例
上告を棄却
るとして、楽団員の組織する被上告人組合と会社との間に労働組合法七条二号の不...対する関係において労働組合法の適用を受けるべき労働者にあたると解すべきであ
民間放送会社の放送管弦楽団員が労働組合法上の労働者と認められた事例
上告を棄却
なんら労働組合法七条一号に違反するものではない。原判決に所論の違法はなく、
賞与協定中の欠勤控除条項に基づきストライキによる不就労の日数に応じて賞与から控除することが労働組合法七条一号に違反しないとされた事例
上告を棄却
て。 労働組合法一七条の規定により拡張適用される労働協約の範囲は、労働条件およ...動が争議行為にあたることを前提とする所論違憲の主張および労働組合法七条一号
一、民間会社における従業員の在籍専従と使用者の承諾義務 二、労働組合法一七条の規定により拡張適用される労働協約の範囲 三、在籍専従に関する労働協約の規定の法的性質
破棄
たもので、かかる争議行為については労働組合法(以下「労組法」という。)一条
一、 組合員の就労を阻止したピケツテイングが労働組合法一条二項にいわゆる正当性の範囲を逸脱したものとして威力業務妨害罪が成立するとされた事例 二、 現に犯罪が行なわれている場合における警察官の制止行為と警察官職務執行法五条との関係
破棄
した警察官の排除行為を適法な職務行為であるとしているのである。 しかし、同条項に違反してなされた争議行為にも、労働組合法一条二項の適用が...行為には、労働組合法一条二項の適用ないし準用はないものと解すべきである。そ
一 公共企業体等労働関係法一七条一項の合憲性 二 公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
上告を棄却
反するものであつても、労働組合法一条二項によつてその正当性の有無を判断すべ...ものはありえない。したがつて、このような争議行為には、労働組合法一条二項の... 原判決は、本件争議行為にも労働組合法一条二項の適用があることを前提として、
公共企業体等労働関係法一七条一項違反の争議行為と労働組合法一条二項の適用
控訴を棄却
がら、右ビラ貼り行為は労働組合法一条二項本文の適用ある正当な組合活動である...告人らの本件ビラ貼りの行為と労働組合法一条二項本文にいわゆる争議行為として...して労働組合法一条二項本文の適用があるとして罪責を否定したのは、右法条の解
一、 いわゆる闘争手段としてのビラ貼りの行為が刑法第二六〇条の建造物損壊および同法第二六一条の器物損壊に該当するとされた事例 二、 右ビラ貼りの行為が労働組合法第一条第二項本文にいわゆる正当な組合活動にあたるとしてその罪責をいずれも否定すべきものとされた事例
破棄
 所論は、原判決が被告人らの原判示行為を労働組合法一条二項但書にいわゆる暴...行為をあえてするがごときは、労働組合法一条二項但書にいう暴力の行使と目すべ
一、 タクシー会社の労働争議の際組合員が会社所有の自動車の車輪を撤去する行為と労働組合法第一条第二項但書の暴力の行使 二、 右労働争議の際組合員が会社所有の車検とキイの抑留を継続する行為と威力業務妨害罪の成否 三、 争議行為の正当性の限界を越えた争議手段の一事例
控訴を棄却
条一項に違反してなされた争議行為については、労働組合法(以下「労組法」とい...(一)まず、旧労働組合法(昭和二〇年法律五一号)下においては、国家および地
一、 地方公営企業労働関係法第一一条第一項違反の争議行為と労働組合法第一条第二項の適用 二、 市電乗務員に対するいわゆるピケツテイングを正当な争議行為として威力業務妨害罪の成立を否定した事例
破棄
の主張と公労法一七条一項に違反する争議行為には労働組合法(以下労組法と略称...違反する旨及び公労法一七条一項に違反する争議行為には労働組合法(以下労組法...正当性のない違法な争議行為に労働組合法(以下労組法と略称する。)一条二項の
一 公共企業体等労働関係法第一七条第一項の合憲性 二 公共企業体等労働関係法第一七条第一項違反の争議行為と労働組合法第一条第二項の適用
上告を棄却
違反してなされた公共企業体等の職員の争議行為に対し労働組合法一条二項の適用...性の限界如何を論ずる余地はなく、したがつて労働組合法一条二項の適用はないも... それゆえ、原判決が公労法一七条に違反してなされた争議行為に対し労働組合法
公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と労働組合法第一条第二項。
上告を棄却
違反してなされた公共企業体等の職員の争議行為に対し労働組合法一条二項の適用...性の限界如何を論ずる余地はなく、したがつて労働組合法一条二項の適用はないも... それゆえ、原判決が公労法一七条に違反してなされた争議行為に対し労働組合法
公共企業体等労働関係法第一七条違反の争議行為と労働組合法第一条第二項。
控訴を棄却
は労働組合法第一条第二項の正当な行為と認めるか又は期待不可能性による免責を...なものについては労働組合法(以下労組法と略称する)第一条第二項によつて刑事...第五項及び地方公務員法第三七条第一項と同様であるから、労働組合法の適用のあ
一、 国鉄の業務は業務妨害罪の対象となるか 二、 公共企業体等の職員の争議行為について労働組合法第一条第二項の適用の有無
上告を棄却
被告人両名の所為が労働組合法一条一項の目的達成のためにする正当行為であると
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例。
上告を棄却
るが、昭和二四年法律一七四号により改正された労働組合法一条二項の規定も、同...為が労働組合法一条一項の目的達成のためにする正当行為であると認めることので
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例。
破棄
ける争議行為であつて、労働組合法一条二項の適用を受くべき正当な行為であるか...る。従つて右納金ストを目して労働組合法一条二項に規定する正当な行為の限界を...ら、右行為は全体として労働組合法一条二項に規定する正当な行為の限界を逸脱す
一 いわゆる納金ストが労働組合法第一条第二項にいう「正当な行為」にあたらない事例。 二 いわゆる納金ストと横領罪の成否。 三 いわゆる納金ストが労働組合法第一条第二項にいう「正当な行為」にあたらないとする判断の合憲性(憲法第二八条)。
上告を棄却
職せしめるためになされたというのであるから、右が労働組合法一条一項所定の目
労働組合法第一条第二項を適用すべき場合にあたらない一事例
破棄
 労働組合法第五条の立法趣旨は、労働委員会をして同法第二条および第五条第二... 中央労働委員会規則第二五条は、組合が労働組合法第二条及び第五条第二項の要
一 不当労働行為の救済命令が労働組合法第二条の要件を欠く組合の申立に基き発せられたことを理由として、右命令の取消を求めることの許否 二 中央労働委員会規則第二五条の適用範囲
上告を棄却
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例
却下
ると解することは法の体系を誤まるものに外ならない。殊に労働組合法第二十七条
労働組合法第二七条第九項に基く裁判に対する労働委員会の抗告権の有無
上告を棄却
ら違法性を阻却するものであることを前提とし、これを労働組合法上正当な行為と...到底労働組合法上正当な行為とは認められないからその犯責を免れない」とだけ説...行為の手段方法において、右は労働組合法一条二項所定の正当行為とは認められないとした趣旨と解すべきであるから、この原審の判断は当裁判所の判例(昭和二二
労働組合法第一条第二項の正当行為と認められない事例
上告を棄却
定した事実関係の下において、被告人等の所為が労働組合法一条一項の目的達成の
労働組合法第一条第一項の目的達成のための正当行為と認められない事例
上告を棄却
の記載がなければならないことは、労働組合法二七条四項、中央労働委員会規則四
一 不当労働行為に対する労働委員会の救済命令書には認定事実の記載を要する旨の中央労働委員会規則第四三条第二項の法意 二 客観的に組合の運営に対する介入と認められる発言につき使用者が主観的認識乃至目的を欠く場合と労働組合法第七条第三号の不当労働行為の成否。
上告を棄却
 労働組合法(昭和二〇年法律第五一号)が施行されたのは昭和二一年三月一日か... 被告人等の本件犯行は、昭和二一年二月中旬のことであつて、所論労働組合法及...び憲法のいまだ施行されない以前のことにかかる。従つて、原判決に右労働組合法
一 人を逮捕し、引き続き監禁した場合の擬律 二 監禁罪が成立するために要する脅迫の程度 三 監禁の動機目的と監禁罪の成否 四 同時に同一場所に数人を監禁した行為と罪数 五 憲法ならびに労働組合法施行前の労働組合の団体交渉と刑法第三五条 六 権利を実行する行為が違法とならない要件 七 逮捕監禁の所為が単純一罪として起訴されているとき、監禁の事実のみを有罪とする場合の判示方 ―逮捕の点についても説示することを要するか― 八 いわゆる人民裁判による判決の履行のために監禁することは適法か
上告を棄却
から、団結権団体交渉権等についても、一般の勤労者とは違つて特別の取扱を受けることがあるのは当然である。従来の労働組合法又は労働関係調整法において非現...に憲法に基いて制定された労働組合法、労働関係調整法等にかかわりなく有效であ...法二八条の勤労者であるということはできない。されば旧労働組合法四条一項の警
一 昭和二〇年勅令第五四二号と日本国憲法との関係 二 昭和二三年政令第二〇一号は昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令か 三 (イ)昭和二三年七月二二日付連合国最高司令官の内閣総理大臣宛書簡は連合国最高司令官の要求といえるか。 四 (ロ)昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令を発し得るのは国会の議決を求めるいとまのない場合に限るか。 五 (ハ)書簡にいわゆる公務員の意義。 六 (ニ)政令第二〇一号が当時係属中の国又は地方公共団体を当事者とする労働争議の斡旋、調停または仲裁に関する手続を中止したことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 七 (ホ)政令第二〇一号が公務員の団体交渉権を禁止しながらその労働条件の改善について別途の措置を講ずるとしたことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 八 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二八条。 九 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第一八条。 一〇 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二五条。 一一 昭和二三年政令第二〇一号第二条第一項にいわゆる争議手段にあたる一事例。 一二 昭和二三年政令第二〇一号と労働組合法、労働関係調整法との関係。 一三 昭和二三年一二月三日法律第二二二号国家公務員法の一部を改正する法律附則第八条の意味。 一四 昭和二三年政令第二〇一号にいわゆる業務の運営能率を阻害する行為の意義。
61 件中 1/2 ぺージ
◀前    次▶
1 2

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in