裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61808 
刑事21925民事39883
法律
労働関係調整法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
8 件中 1/1 ぺージ
上告を棄却
配薬、診療の補助、看護等の業務を放棄することは、労働関係調整法三六条に違反... しかしながら、労働関係調整法三六条は、人命保護のために設けられた規定では...療法を実施する社会福祉法人であるが、その各従業員組合は、労働関係調整法所定
一 精神病院の薬剤師、看護人らが争議行為として投配薬、看護等の業務を放棄することは、労働関係調整法第三六条に違反するか。 二 精神病院従業員の争議行為の正当性の限界。
上告を棄却
から、団結権団体交渉権等についても、一般の勤労者とは違つて特別の取扱を受けることがあるのは当然である。従来の労働組合法又は労働関係調整法において非現...に憲法に基いて制定された労働組合法、労働関係調整法等にかかわりなく有效であ...七五号による改正前の労働関係調整法三八条)前記警察官吏等と同じ理由即ち公共
一 昭和二〇年勅令第五四二号と日本国憲法との関係 二 昭和二三年政令第二〇一号は昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令か 三 (イ)昭和二三年七月二二日付連合国最高司令官の内閣総理大臣宛書簡は連合国最高司令官の要求といえるか。 四 (ロ)昭和二〇年勅令第五四二号に基く命令を発し得るのは国会の議決を求めるいとまのない場合に限るか。 五 (ハ)書簡にいわゆる公務員の意義。 六 (ニ)政令第二〇一号が当時係属中の国又は地方公共団体を当事者とする労働争議の斡旋、調停または仲裁に関する手続を中止したことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 七 (ホ)政令第二〇一号が公務員の団体交渉権を禁止しながらその労働条件の改善について別途の措置を講ずるとしたことは書簡の要求範囲を逸脱したものといえるか。 八 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二八条。 九 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第一八条。 一〇 昭和二三年政令第二〇一号と憲法第二五条。 一一 昭和二三年政令第二〇一号第二条第一項にいわゆる争議手段にあたる一事例。 一二 昭和二三年政令第二〇一号と労働組合法、労働関係調整法との関係。 一三 昭和二三年一二月三日法律第二二二号国家公務員法の一部を改正する法律附則第八条の意味。 一四 昭和二三年政令第二〇一号にいわゆる業務の運営能率を阻害する行為の意義。
上告を棄却
 以下、労働組合は労組法、労働基準法は労基法、労働関係調整法は労調法と各略
一 旧労働関係調整法(昭和二一年法律第二五号)第四〇条の「調整」の意義 二 旧労働関係調整法(昭和二一年法律第二五号)第四〇条により労働者を解雇するについて労働委員会の同意を要する場合 三 単一労働組合の解散とその一構成分子である支部、使用者間の団体協約の効力 四 労働組合解散後の団体協約中解雇承認条項のいわゆる予後効の問題 五 違法な争議行為の一事例。 六 労働基準法第一〇六条違反と就業規則の効力。 七 違法な争議行為を理由に就業規則により労働者を解雇することの当否。
上告を棄却
から労働関係調整法七条にいう「阻害」にあたらないと主張する。しかし右法条は...に原判決が労働関係調整法七条に違反するという論旨は理由なきものである。... いわゆる生産管理が労働関係調整法七条にいう「その他」の行為に含まれるとし
一 生産管理と威力による業務妨害罪の成立 二 生産管理の違法性 三 労働関係調整法第七条と争議行為の適法性
棄却
働組合C本部D支部E分会が労働関係調整法(以下単に労調法と略称する)第三十
単一労働組合の支部又は分会が組合本部の統制に違反して争議ま行つた場合における労働関係調整法第三九条第一項の責任の主体
却下
 (一) 労働関係調整法(旧)第四十条違反を理由とする無効原因の存否。...得ていないから、労働関係調整法(昭和二十四年法律第百七十五号を以て改正され... 前記労働関係調整法第四十条には、「使用者は、この法律による労働争議の調整
労働関係調整法(改正前)第四〇条の争議行為の範囲
上告を棄却
一 争議行為にあたる一事例 二 労働関係調整法第四〇条にいわゆる「争議行為を理由として解雇した」の意義 三 労働関係調整法(改正前)第四〇条違反の罪の判示方 四 労働関係調整法第四〇条違反罪の公訴事実の同一性 五 労働者が雇傭関係のない他の事業場における争議行為に関与すること労働関係調整法第四〇条 六 団体交渉の当事者が単一組合と単一会社である場合に右各支部組合と各支部会社間に労働争議があれば他の支部組合会社も争議の当事者となるか。 七 労働争議における連合体たる労団組合を構成する単位組合と単一労働組合の支部との差異 八 労働調整委員会の請求と労働関係調整法第四〇条違反罪の公訴事実の同一性 九 会社側の一方的工場閉鎖宣言とその後の労働争議の成否
上告を棄却
と共に、生産管理が労働関係調整法第七条にいわゆる「その他」の行為の中に含ま
一 労働関係調整法第七条と正当争議行為 二 生産管理開始のときから占有していた物を後に領得した行為の擬律 三 労働組合法第一条第二項と刑法第三五―争議行為の正当性 四 生産管理において労働者の団体が工場、設備、資材等を接収してその占有下においた場合には会社側の占有を完全に離脱するか 五 労働者が生産管理中の工場から争議期間中の賃金支払にあてる目的をもつて工場資材を工場外に搬出した行為と窃盗罪の成立 六 生産管理と同盟罷業との関係―生産管理の違法性 七 憲法と勤労者の争議権―争議行為の正当性の限界 八 生産管理と労働関係調整法第七条にいわゆる「その他」の行為
8 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in