裁判.in > 判例検索
検索対象:
全ての判例:61814 
刑事21926民事39888
法律
医師法
の検索結果
罪名から探す
事件名から探す
判決から探す
法律から探す
判示事項から探す
裁判所から探す
判決:
医師法の判決統計
0
3
0
31 件中 1/1 ぺージ
却下
という。)を受け,さらに,医師法4条4号に規定する医事に関する不正の行為...1 医師法の定め...(1) 医師法4条柱書きは,同条各号のいずれかに該当する者には,免許を与え
医師法7条2項に基づく医業の停止処分又は戒告処分の仮の差止めの申立てにつき、行政事件訴訟法37条の5第1項所定の「償うことのできない損害」を生ずるおそれがあるとは認められないとされた事例
控訴を棄却
県立病院において発生した医療事故に関して作成された医療事故報告書、事故対策委員会報告書、医療事故調査報告書、医師法21条による報告書及び医療事故保険の手続文書に記載された患者の病態、患者・家族の既往歴、診療内容・状況、担当医師名等の診療に関与した職員の情報、治療費等の支払状況、医療事故が発生した場合における交渉経過等の情報及びそれに付随する一切の情報が、いずれも高知県情報公開条例(平成2年高知県条例第1号)6条1項2号後段の「特定の個人を識別することはできないが、公にすることにより、なお個人の権利利益を害するおそれのある情報」に当たるとされた事例
棄却
医師法21条による報告文書...4 医師法21条に
県立病院において発生した医療事故に関して作成された医療事故報告書、事故対策委員会報告書、医療事故調査報告書、医師法21条による報告書及び医療事故保険の手続文書に記載された患者の病態、患者・家族の既往歴、診療内容・状況、担当医師名等の診療に関与した職員の情報、治療費等の支払状況、医療事故が発生した場合における交渉経過等の情報及びそれに付随する一切の情報が、いずれも高知県情報公開条例(平成2年高知県条例第1号)6条1項2号後段の「特定の個人を識別することはできないが、公にすることにより、なお個人の権利利益を害するおそれのある情報」に当たるとされた事例
棄却
2 相手方が抗告人に対して平成17年3月2日付けでした医師法7条2項に基づく医師免
厚生労働大臣から医師法4条4号所定の非違行為の存在を理由とする同法7条2項に基づく医師免許取消処分を受けた産婦人科医師がした、前記処分の取消しを求める訴えを本案とする前記処分の効力停止の申立てが、却下された事例
上告を棄却
けた医師であって(医師法(平成11年法律第160号による改正前のもの。以下
医師法(平成11年法律第160号による改正前のもの)16条の2第1項所定の臨床研修を行う医師と労働基準法(平成10年法律第112号による改正前のもの)9条所定の労働者
却下
 相手方が申立人に対して平成17年3月2日付けでした医師法7条2項に基づく医師免許取消処分(以下...いう。)をしたとして,医師法7条2項所定の医師免許取消し又は医業停止処分をするか否かを判断するため...で,申立人に対し,本件非違行為が医師法4条4号に該当するため,同法7条2項に基づき,同月16日をもっ
厚生労働大臣から医師法4条4号所定の非違行為の存在を理由とする同法7条2項に基づく医師免許取消処分を受けた産婦人科医師がした、前記処分の取消しを求める訴えを本案とする前記処分の効力停止の申立てが、却下された事例
上告を棄却
 1 弁護人高田利廣,同加藤雅明の上告趣意のうち,医師法21条の「検案」の... なお,所論にかんがみ職権で判断すると,【要旨1】医師法21条にいう死体の... 2 同上告趣意のうち,医師法21条の適用につき憲法38条1項違反をいう点
1 医師法21条にいう死体の「検案」の意義 2 死体を検案して異状を認めた医師がその死因等につき診療行為における業務上過失致死等の罪責を問われるおそれがある場合の医師法21条の届出義務と憲法38条1項
懲役1年
第2 医師法違反事実(原判示第一)についての事実誤認の主張について...の旨の届出をさせなかった(原判示第一)という医師法違反の事実を認めたが,①...甲病院での被告人らの会議も医師法上の届出義務を意識したものではなかった,被
医師法21条の法意
上告を棄却
ンズの着脱の各行為が、いずれも医師法一七条にいう「医業」の内容となる医行為
コンタクトレンズの処方のために行われる検眼及びテスト用コンタクトレンズの着脱と医師法一七条にいう「医業」の内容となる医行為
棄却
 所論は、要するに、原判決は、医師法の解釈、適用を誤った結果、本件被告人の... しかし、原判決が、「争点についての判断」の項において医師法の解釈等につい... 一 まず、所論は、原判決は、医師法一七条において医師資格を有しないものが
コンタクトレンズの処方のために行われる検眼及び着脱と医師法一七条に定める医業の内容となる医行為
上告を棄却
 医師法七条二項によれば、医師が「罰金以上の刑に処せられた者」(同法四条二...き上告人を医師法違反等の嫌疑により告発し、上告人は、昭和五三年三月一日仙台簡易裁判所において医師法違反及び公正証書原本不実記載・同行便の罪により略式
時期を逸しながら人工妊娠中絶の施術を求める女性にこれを断念させて出産させた新生児を内容虚偽の出生証明書を発行してその養育を希望する者にあつせんするいわゆる実子あつせんを行い、医師法違反等により罰金刑に処せられたことを理由としてされた医師に対する六か月の医業停止処分が、裁量権の範囲を逸脱しこれを濫用したものとはいえないとされた事例
棄却
を「記載があるのみである。したがつて、本件処分には、控訴人が医師法四条各号のいず...所は、右の処分の審査にあたり、まず被控訴人大臣に右の処分の権能を授与した医師法の...同一九枚目表末行に「しかしながら」とある次に「、医師法七条二項の文言からみて
医師が新生児を他に実子としてあっせんするために虚偽の出生証明書を発行したことなどの行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられたことを理由として厚生大臣がした右医師に対する医業停止処分が、適法とされた事例
控訴を棄却
に医師の品位を毀損する行為があつたとしても、医師法に基づく処分をすれば足りるはず...はもつぱら胎児の生命と幸福を守る目的から出たもので、その手段につき医師法等の定め...医師法上の処分が医業停止六ケ月であつたことに対比しても、著しく重く且つ報復的な措
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 2 県医師会は、同会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を徹回することができるとした事例 3 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が、新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき、医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、同会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 4 県医師会が、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師に対し、右指定の取消処分をするのに先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 5 新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられ、これが確定したことを理由として、県医師会から、優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分を受けた医師が、右取消処分後にした右指定医師の指定の申請を、同会が、右取消処分と同じ理由により却下したことが、適法とされた事例
上告を棄却
二条一項に違反するものでないこと、及び、歯科医師法一七条、二九条一項一号が、
歯科医師法一七条、二九条一項一号が、明らかに患者に対し保護衛生上危害を生ずるおそれのある行為のみに適用されるとの限定解釈を施さなくても、憲法三一条、二二条一項に違反しないとされた事例
棄却
三年三月一日医師法違反・公正証書原本不実記載・同行使の罪により仙台簡易裁判...対し医師法七条二項の規定に基づき同月一五日から同年一二月一四日までの期間医...書に「医師法七条二項の規定に基づき」との概括的な記載があるのみで、このこと
医師が新生児を他に実子としてあっせんするために虚偽の出生証明書を発行したことなどの行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられたことを理由として厚生大臣がした右医師に対する医業停止処分が、適法とされた事例
棄却
仙台簡易裁判所より、医師法二〇条、三三条、刑法一五七条一項、六〇条違反の犯...一日その一例について仙台区検察庁から医師法二〇条違反(自ら出産に立ち会わな...(二) 医師会は、旧医師法の下では強制設立主義がとられていたが(同法八
1 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に、裁量権の逸脱又は濫用はないとした事例 2 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分に先立って弁明の機会を与えていなくても、右取消処分に対する不服申立ての審査機関である不服審査委員会で事後的に弁明の機会が与えられており、また、右指定が単なる授益的な処分とは考えられないことからみて、右取消処分に関する手続が妥当性を欠くものとは認められないとした事例 3 県医師会は、同会により優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定後において公益に合致しない事情が生じた場合には、法律による明文の根拠がなくても、右指定を撤回することができるとした事例 4 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の取消処分及び同指定申請に対する却下処分は、抗告訴訟の対象となる行政処分に当たるか 5 県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定を受けた医師が新生児を他に実子としてあっせんするため虚偽の出生証明書を作成したこと等の行為につき医師法違反等の罪により罰金刑に処せられこれが確定したことを理由として県医師会が同医師に対してした右指定の取消処分後にした県医師会による優生保護法14条1項に規定する指定医師の指定の申請を県医師会が右取消処分と同じ理由により却下したことが適法とされた事例
上告を棄却
 弁護人村岡啓一、同横路民雄の上告趣意のうち、歯科医師法一七条の規定の憲法...三一条違反をいう点は、歯科医師法一七条にいう「歯科医業」の意義が不明確であ...るということはできないから、所論は前提を欠き、歯科医師法一七条の適用の憲法
歯科医師法一七条と憲法一三条、二二条一項、三一条
上告を棄却
 弁護人渡部史郎の上告趣意第一は、憲法三一条違反をいうが、歯科医師法一七条
歯科医師法一七条と憲法三一条
上告を棄却
一 医師法上診察にあたる事例 二 薬事法二四条一項にいう販売の意義
上告を棄却
所定の薬品の投与等の禁止規定に違反し、医師法一七条にいわゆる「医業」を組成...行為は、医師法一七条に違反するとした原判決の判断は、相当であり、原判決には...に属するものであつて、医師法一七条にいわゆる狭義の医業又はそれを組成する医
医師法第一七条にいわゆる「医業」を組成する医行為にあたるとされた事例。
破棄
たときは医師法第十七条にいわゆる医業をなした場合に該当するものと云うべきで...と雖も、右規定に反しこれらの行為を業として行つたときは医師法第十七条...またはこれを指示した場合に当り、被告人の所為が医師法第十七条の規定に触れる
医業類似行為業者と医師法第一七条の適用
上告を棄却
る判断を包含する限り医師法二〇条にいわゆる『診断書』と解すべきものであるこ
不在者投票のための証明書は医師法第二〇条にいう診断書にあたるか
上告を棄却
健康上の状態を証明する部分を包含する限り医師法二〇条にいわゆる「診断書」と
公職選挙法第四九条第三号、同法施行令第五二条第一項第三号に基いて作成される医師の証明書(不在投票者のための証明書)は医師法第二〇条にいわゆる「診断書」にあたるか
上告を棄却
 印象採得、試適及び嵌入の各行為がいずれも歯科医師法一七条にいわゆる歯科医
歯科医師法第一七条の歯科医業の範囲
上告を棄却
あつて、右実地修練は、医師法施行規則一一条に規定する場所で行われるべきもの
一 医師法第一一条一号にいわゆる実地修練の範囲を超える一事例 二 医師法にいわゆる医業の意義
上告を棄却
歯科医師法第一七条の歯科医業の範囲
控訴を棄却
医師法の適用があるから、原判決が被告人の原判示行為を問擬するに原判示法条を...以てしたのは正当である。即ち本件は医師法が日本国の法権の行われる地点におい...て当然適用される場合であるから、医師法中に同法が日本国の法権の行われない地
一、 占領中日本国内にある米空軍基地内の日本人診療所における日本人の日本人に対する医師法違反行為とその処罰 二、 米軍に雇われてなした無免許医業と刑法第三五条の正当業務に該当の有無
上告を棄却
歯科医師法第一七条の歯科医業の範囲
控訴を棄却
てこれを抜歯として歯科医師法第十七条にいわゆる歯科医業の範囲に属するものと...右所為を以つて入歯と認定しこれを以つて歯科医師法第十七条にいわゆる歯科医業
一、 歯科医師法第一七条の歯科医業にあたる抜歯および入歯をした事例 二、 同条の歯科医業にあたる金冠篏装を施した事例
棄却
 医師法第二十条にいわゆる診断書とは、医師が診断の結果に関する判断を表示し...は、医師法第二十条違反罪に該当するものといわねばならない。この理は所論のよ...書を交付したとの事実を認定し、これを医師法第二十条違反罪に問擬しているの
公職選挙法施行令第五二条第一項第三号の医師の証明書と医師法第二〇条にいわゆる診断書
31 件中 1/1 ぺージ

便利な機能
◆事件番号簡単入力機能:
長くて複雑な事件番号が簡単な表記で検索できます。
例:レペタ事件(法廷メモ訴訟)「昭和63年(オ)第436
昭和63オ436」…[括弧]を省略
昭63お436」…昭和
s63お436」…昭和s (※平成はh)
s63o436」…「」をローマ字表記「o
いずれも事件番号として認識し正しく検索できます。
尚、[事件番号]選択時は436だけでも検索できます。
◆判決の統計グラフ機能:
罪名を検索すると判決の統計グラフが表示されます。
統計から罪名ごとの判決の傾向を分析できます。
例:窃盗 殺人
情報元ついて
当サイトは裁判所が公開する裁判例情報を元に自動生成しています。
各判例の最新情報: 最高裁高裁地裁知財
Twitter
判例情報の更新をお知らせする判例botを公開しています。
裁判所の公開した最新判例をいち早くお届けします。
運営者情報
当サイトはsatoru.net(個人)が運営しています。
裁判所や公的な機関が運営するサイトではありません。
ご意見、ご要望はメール or twitterまで
「こんな機能あったらいいのに!」等のご要望、お待ちしてます。
 

saiban.in